イスラエルからのメールが導いた8万人の親戚との再会

社会

あなたはまだ知らないかもしれませんが、A. J. ジェイコブスはたぶんあなたの親類です(かなり遠縁ですが)。系譜学ウェブサイトを使って、彼は意外な結びつきをたどって行き、我々皆を―かなり遠く離れていますが―関係づけるのです。彼の目標は、世界最大の親族会を開くことです。ではそこでお会いしましょう!

タイトル 世界最大の親族会…皆さんもご招待!
スピーカー A. J. ジェイコブス
アップロード 2014/06/14
スポンサーリンク

「A. J. ジェイコブス: 世界最大の親族会…皆さんもご招待!」の文字起こし

Six months ago, I got an email from a man in Israel who had read one of my books, and the email said, “You don’t know me, but I’m your 12th cousin.” And it said, “I have a family tree with 80,000 people on it, including you, Karl Marx, and several European aristocrats.” Now I did not know what to make of this. Part of me was like, okay, when’s he going to ask me to wire 10,000 dollars to his Nigerian bank, right? I also thought, 80,000 relatives, do I want that? I have enough trouble with some of the ones I have already. And I won’t name names, but you know who you are.

But another part of me said, this is remarkable. Here I am alone in my office, but I’m not alone at all. I’m connected to 80,000 people around the world, and that’s four Madison Square Gardens full of cousins. And some of them are going to be great, and some of them are going to be irritating, but they’re all related to me. So this email inspired me to dive into genealogy, which I always thought was a very staid and proper field, but it turns out it’s going through a fascinating revolution, and a controversial one.

Partly, this is because of DNA and genetic testing, but partly, it’s because of the Internet. There are sites that now take the Wikipedia approach to family trees, collaboration and crowdsourcing, and what you do is, you load your family tree on, and then these sites search to see if the A.J. Jacobs in your tree is the same as the A.J. Jacobs in another tree, and if it is, then you can combine, and then you combine and combine and combine until you get these massive, mega-family trees with thousands of people on them, or even millions.

I’m on something on Geni called the world family tree, which has no less than a jaw-dropping 75 million people. So that’s 75 million people connected by blood or marriage, sometimes both. It’s in all seven continents, including Antarctica. I’m on it. Many of you are on it, whether you know it or not, and you can see the links. Here’s my cousin Gwyneth Paltrow. She has no idea I exist, but we are officially cousins. We have just 17 links between us. And there’s my cousin Barack Obama.

And he is my aunt’s fifth great-aunt’s husband’s father’s wife’s seventh great-nephew, so practically my old brother. And my cousin, of course, the actor Kevin Bacon –?

who is my first cousin’s twice removed’s wife’s niece’s husband’s first cousin once removed’s niece’s husband. So six degrees of Kevin Bacon, plus or minus several degrees. Now, I’m not boasting, because all of you have famous people and historical figures in your tree, because we are all connected, and 75 million may seem like a lot, but in a few years, it’s quite likely we will have a family tree with all, almost all, seven billion people on Earth. But does it really matter? What’s the importance? And I do think it is important, and I’ll give you five reasons why, really quickly.

First, it’s got scientific value. This is an unprecedented history of the human race, and it’s giving us valuable data about how diseases are inherited, how people migrate, and there’s a team of scientists at MIT right now studying the world family tree. Number two, it brings history alive. I found out I’m connected to Albert Einstein, so I told my seven-year-old son that, and he was totally engaged. Now Albert Einstein is not some dead white guy with weird hair. He’s Uncle Albert. And my son wanted to know, “What did he say? What is E = MC squared?” Also, it’s not all good news. I found a link to Jeffrey Dahmer, the serial killer, but I will say that’s on my wife’s side. So I want to make that clear. Sorry, honey.

Number three, interconnectedness. We all come from the same ancestor, and you don’t have to believe the literal Bible version, but scientists talk about Y chromosomal Adam and mitochondrial Eve, and these were about 100,000 to 300,000 years ago. We all have a bit of their DNA in us. They are our great-great-great-great-great-great — continue that for about 7,000 times — grandparents, and so that means we literally all are biological cousins as well, and estimates vary, but probably the farthest cousin you have on Earth is about a 50th cousin. Now, it’s not just ancestors we share, descendants. If you have kids, and they have kids, look how quickly the descendants accumulate. So in 10, 12 generations, you’re going to have thousands of offspring, and millions of offspring.

Number four, a kinder world. Now, I know that there are family feuds. I have three sons, so I see how they fight. But I think that there’s also a human bias to treat your family a little better than strangers. I think this tree is going to be bad news for bigots, because they’re going to have to realize that they are cousins with thousands of people in whatever ethnic group they happen to have issues with, and I think you look back at history, and a lot of the terrible things we’ve done to each other is because one group thinks another group is sub-human, and you can’t do that anymore. We’re not just part of the same species. We’re part of the same family. We share 99.9 percent of our DNA.

Now the final one is number five, a democratizing effect.

Some genealogy has an elitist strain, like people say, “Oh, I’m descended from Mary Queen of Scots and you’re not, so you cannot join my country club.” But that’s really going to be hard to do now, because everyone is related. I’m descended from Mary Queen of Scots — by marriage, but still. So it’s really a fascinating time in the history of family, because it’s changing so fast. There is gay marriage and sperm donors and there’s intermarriage on an unprecedented scale, and this makes some of my more conservative cousins a little nervous, but I actually think it’s a good thing. I think the more inclusive the idea of family is, the better, because then you have more potential caretakers, and as my aunt’s eighth cousin twice removed Hillary Clinton says — ? it takes a village.

So I have all these hundreds and thousands, millions of new cousins. I thought, what can I do with this information? And that’s when I decided, why not throw a party? So that’s what I’m doing. And you’re all invited. Next year, next summer, I will be hosting what I hope is the biggest and best family reunion in history.

Thank you. I want you there. I want you there. It’s going to be at the New York Hall of Science, which is a great venue, but it’s also on the site of the former World’s Fair, which is, I think, very appropriate, because I see this as a family reunion meets a world’s fair. There’s going to be exhibits and food, music. Paul McCartney is 11 steps away, so I’m hoping he brings his guitar. He hasn’t RSVP’d yet, but fingers crossed. And there is going to be a day of speakers, of fascinating cousins. It’s early, but I’ve already, I’ve got some lined up. Cass Sunstein, my cousin who is perhaps the most brilliant legal scholar, will be talking. He was a former member of the Obama administration. And on the other side of the political spectrum, George H.W. Bush, number 41, the father, he has agreed to participate, and Nick Kroll, the comedian, and Dr. Oz, and many more to come. And, of course, the most important is that you, I want you guys there, and I invite you to go to GlobalFamilyReunion.org and figure out how you’re on the family tree, because these are big issues, family and tribe, and I don’t know all the answers, but I have a lot of smart relatives, including you guys, so together, I think we can figure it out. Only together can we solve these big problems. So from cousin to cousin, I thank you. I can’t wait to see you. Goodbye.

「A. J. ジェイコブス: 世界最大の親族会…皆さんもご招待!」の和訳

6か月前、イスラエルの男性からメールが届きました。彼は私の本を読んだことがあり、「あなたは私の12番目の従兄弟です」と書いてありました。さらに、「私は8万人の家系図を持っており、その中にはあなた、カール・マルクス、そしてヨーロッパの貴族が含まれています」とも書いてありました。正直、どう受け取るべきかわかりませんでした。一部では、これは詐欺で、私に1万ドルをナイジェリアの銀行に送金させるつもりなのかと思いました。また、8万人の親戚を持つことに対しても疑問を抱きました。既にいる親戚だけでも十分に問題を抱えているのに。

しかし、別の部分では、これは驚くべきことだとも思いました。私は一人でオフィスにいるように見えますが、実際には世界中の8万人の人々と繋がっているのです。これがきっかけで、私は家系学に興味を持ちました。家系学は非常に伝統的で堅苦しい分野だと思っていましたが、実際には非常に興味深い革命が進行中でした。

これは部分的にはDNAと遺伝子検査によるものですが、インターネットも大きな要因です。現在では、家系図にWikipediaのアプローチ、つまり協力とクラウドソーシングを取り入れたサイトがあります。これらのサイトに家系図をアップロードすると、他の家系図に同じ名前がないか検索し、見つかればそれらを結びつけていきます。こうして巨大な家系図が形成され、何千人、あるいは何百万もの人々が繋がるのです。

私はGeniというサイトで「世界家系図」に参加しています。ここには驚異的な7500万人が登録されています。これは血縁や結婚による繋がりであり、7大陸すべてに存在しています。私もその一部ですし、皆さんの中にもいるかもしれません。リンクを見れば分かります。例えば、私のいとこのグウィネス・パルトロウ。彼女は私の存在を知りませんが、公式にはいとこです。私たちは17のリンクで繋がっています。そして、いとこのバラク・オバマもいます。

彼は私の叔母の5代前の叔母の夫の父の妻の7代前の甥です。つまり、ほとんど兄弟のようなものです。そして、もちろん俳優のケビン・ベーコンもいます。彼は私のいとこの2度離れた妻の姪の夫のいとこの1度離れた姪の夫です。ケビン・ベーコンの6つの関係、プラスまたはマイナス数度です。私は自慢しているわけではありません。皆さんも有名人や歴史的人物が家系図に含まれているはずです。なぜなら、私たちは皆繋がっているからです。7500万人は多いように見えますが、数年後には、地球上のほぼ全員が含まれる家系図ができるでしょう。

では、それが本当に重要なのでしょうか?重要だと思う理由を5つ紹介します。

第一に、科学的価値があります。これは人類の前例のない歴史であり、遺伝病の遺伝や人々の移動に関する貴重なデータを提供します。MITの科学者チームが現在、世界家系図を研究しています。第二に、歴史が生き生きと感じられます。私はアルベルト・アインシュタインと繋がっていることが分かり、7歳の息子に話しました。息子は大いに興味を持ちました。アインシュタインが単なる歴史上の人物ではなく、「おじさんアルバート」になったのです。そして、息子は「E=MC²って何?」と聞きました。また、あまり良いニュースではありませんが、連続殺人犯のジェフリー・ダーマーとも繋がっていることが分かりました。ただし、それは私の妻の側の家系です。ごめんね、ハニー。

第三に、私たちは皆同じ祖先から来ています。科学者たちはY染色体アダムやミトコンドリア・イブについて話しています。これらは10万年から30万年前の人物で、私たちのDNAの一部が彼らから受け継がれています。彼らは私たちの遠い祖先であり、私たちは皆生物学的にいとこ同士です。地球上で最も遠いいとこは50代目のいとこ程度でしょう。また、祖先だけでなく子孫も共有しています。子供がいて、その子供がまた子供を持てば、10代、12代後には数千人、数百万人の子孫ができます。

第四に、より優しい世界を作ることができます。確かに家族の間にも争いがありますが、家族を他人よりも少しだけ良く扱う傾向があります。この家系図は偏見にとって悪いニュースです。なぜなら、彼らが嫌っている人々ともいとこだということを認識せざるを得ないからです。歴史を振り返ると、私たちが他のグループを人間以下と見なしてきたことが多くの悲劇を生みました。しかし、今や私たちは同じ種族だけでなく、同じ家族の一員です。私たちは99.9%のDNAを共有しています。

最後に、民主化効果があります。かつて家系図にはエリート主義的な側面がありました。「私はスコットランド女王メアリーの子孫だから、あなたは私のクラブには入れない」と言う人がいました。しかし、今や誰もが繋がっているため、それは難しいでしょう。私はスコットランド女王メアリーの子孫です(結婚によるものですが)。

家族の歴史は急速に変化しています。同性愛者の結婚、精子提供者、前例のない規模の異人種間結婚があります。これにより、私の保守的な従兄弟たちは少し不安を感じていますが、私はそれが良いことだと思います。家族の概念がより包括的であれば、それだけ多くの潜在的な介護者がいることになります。私の叔母の8代目のいとこであるヒラリー・クリントンが言うように、「村が必要なのです」。

この情報をどう活用できるか考えました。そこでパーティーを開くことにしました。皆さん全員を招待します。来年の夏、史上最大で最高の家族再会を開催する予定です。

ニューヨーク科学館で開催します。ここはかつて万国博覧会の会場でもあり、非常にふさわしい場所です。家族再会と万国博覧会が融合したようなイベントです。展示、食事、音楽があります。ポール・マッカートニーは11ステップ先の親戚なので、彼がギターを持って来ることを期待しています。まだ返事はもらっていませんが、指をクロスして待っています。さらに、多くの興味深いいとこたちがスピーカーとして参加します。すでに何人か決まっています。オバマ政権の元メンバーであるカス・サンスタイン、コメディアンのニック・クロール、ドクター・オズなどが参加予定です。そしてもちろん、最も重要なのは皆さんです。ぜひ、GlobalFamilyReunion.orgにアクセスして、自分が家系図にどのように繋がっているか確認してください。これらは大きな問題であり、家族と部族についての答えはすべてわかりませんが、私には多くの賢いいとこがいます。皆さんもその一員です。共に大きな問題を解決できると信じています。いとこからいとこへ、ありがとう。会えるのを楽しみにしています。さようなら。

タイトルとURLをコピーしました