ブリスベン出身のTom Thumが語るビートボックスの魅力と世界巡り

エンターテインメント

ビートボクサーのトム・サムの魅力全開のパフォーマンス。彼の口からは、ビート、ユーモアいっぱいのトークの他、様々な楽器の音色が奏でられます。創造性と笑いが溢れる11分間を、お楽しみください。

タイトル 口で奏でるオーケストラ
スピーカー トム・サム
アップロード 2013/07/20

「口で奏でるオーケストラ」の文字起こし

My name is Tom, and I’ve come here today to come clean about what I do for money. Basically, I use my mouth in strange ways in exchange for cash. I usually do this kind of thing in seedy downtown bars and on street corners, so this mightn’t be the most appropriate setting, but I’d like to give you guys a bit of a demonstration about what I do.

And now, for my next number, I’d like to return to the classics.We’re going to take it back, way back, back into time.

Billie Jean is not my lover She’s just a girl who claims that I am the one But the kid is not my son All right. Wassup.

Thank you very much, TEDx. If you guys haven’t figured it out already, my name’s Tom Thum, and I’m a beatboxer, which means all the sounds that you just heard were made entirely using just my voice, and the only thing was my voice. And I can assure you there are absolutely no effects on this microphone whatsoever. And I’m very, very stoked —

You guys are just applauding for everything. It’s great. Look at this, Mom! I made it! I’m very, very stoked to be here today, representing my kinfolk and all those that haven’t managed to make a career out of an innate ability for inhuman noisemaking. Because it is a bit of a niche market, and there’s not much work going on, especially where I’m from. You know, I’m from Brisbane, which is a great city to live in. Yeah! All right! Most of Brisbane’s here. That’s good.

You know, I’m from Brizzy, which is a great city to live in, but let’s be honest — it’s not exactly the cultural hub of the Southern Hemisphere. So I do a lot of my work outside Brisbane and outside Australia, and so the pursuit of this crazy passion of mine has enabled me to see so many amazing places in the world. So I’d like to share with you, if I may, my experiences.

So ladies and gentlemen, I would like to take you on a journey throughout the continents and throughout sound itself. We start our journey in the central deserts. India.China.Germany. Party, party, yeah.

And before we reach our final destination, ladies and gentlemen, I would like to share with you some technology that I brought all the way from the thriving metropolis of Brisbane. These things in front of me here are called Kaoss Pads, and they allow me to do a whole lot of different things with my voice. For example, the one on the left here allows me to add a little bit of reverb to my sound, which gives me that flavor. And the other ones here, I can use them in unison to mimic the effect of a drum machine or something like that. I can sample in my own sounds and I can play it back just by hitting the pads here.

TEDx.I got way too much time on my hands.

And last but not least, the one on my right here allows me to loop loop loop loop loop loop loop loop my voice. So with all that in mind, ladies and gentlemen, I would like to take you on a journey to a completely separate part of Earth as I transform the Sydney Opera House into a smoky downtown jazz bar.

All right boys, take it away.

Ladies and gentlemen, I’d like to introduce you to a very special friend of mine, one of the greatest double bassists I know. Mr. Smokey Jefferson, let’s take it for a walk. Come on, baby.

All right, ladies and gentlemen, I’d like to introduce you to the star of the show, one of the greatest jazz legends of our time. Music lovers and jazz lovers alike, please give a warm hand of applause for the one and only Mr. Peeping Tom. Take it away.

Thank you. Thank you very much.

「口で奏でるオーケストラ」の翻訳

僕はトム。今日は僕の“仕事”をみなさんにお見せしましょう。実は、僕の口を使って行うあることが金になるんですよ(笑)。普段は都会の小さなバーとか路上が舞台だ。だから会場の雰囲気は違うけど、「まずはちょっとやって見せましょう」、いきますよ。

それではもう1曲、懐かしい名曲です(拍手)。

取り戻そう、戻ろう、あの頃へ(ビートボックス「ビリー・ジーン」)。ビリー・ジーンは俺の恋人じゃない。「アイツが勝手に俺を恋人だと言っているだけ」、子どもだって俺とは関係ない。

みなさん、どうもありがとう。改めて、ビートボクサーのトム・サムです。実は、みなさんが今聞いた音はすべて僕の声なんです。他の音はありません。証明しましょう、ほらね、このマイクにはまったく―、タネも仕掛けもありません。調子が出てきたぞ。

何にでも拍手してもらえて嬉しいな、母さん! ついにやったよ! 僕は今、最高に幸せです。同じ才能があっても、これを仕事にできない人もいる。僕は人間離れした声の代表です。まだ市場規模が小さくて、仕事が少ないんですよ。特に僕の故郷はね、ブリスベンは住むには最高です。おお! 街中の人が来てるようだ。

僕はブリスベン出身です。住みやすい街ですよ。でも率直に言うと、「南半球の文化の中心ではないんです」。だから僕の仕事は街の外、むしろ―国外が中心です。僕はこの仕事に熱中したおかげで、見られたんです。世界中の素晴らしい場所をね。だから、みなさんに僕の経験を共有したい。

それでは皆様、世界旅行へ出発です。大地を越えて、音で世界を旅しましょう。「出発地はオーストラリア中部の砂漠です」。

インド
中国
ドイツ

さあ、パーティーだ(笑)。

いよいよ次は最後の目的地ですが、その前に新技術をお見せします。ブリスベンから持参しました。これはカオスパッドという機械です。僕の声に様々な効果を加えられるんです。まずはこの左の機械。これを使うと、声がよく響くようになります。そして僕の声に…(トランペット)雰囲気が出る。

次はこっちの機械。色々な音を録音して組み合わせることができます。ドラムマシンのように、「僕の声を録音してこのボタンを押すと」再生できます(音)。

時間を持て余してしまったのでね、では最後はこれ。

僕の右側にある機械です。僕の声を繰り返し、繰り返し―再生します。これらの機械すべてを駆使して、皆さんをお連れしますのは完全なる別世界。シドニー・オペラ・ハウスを街のジャズ・バーに変えてみせます。

では、聞いてください。みなさんに僕の分身を紹介します。

一流のベーシスト“スモーキー・ジェファーソン”です。それでは、みなさん、最後に本日のメインイベント。有名なジャズの奏者の登場です。音楽好きもジャズ好きも、温かい拍手をお願いします。“ピーピング・トム”がラストを飾ります。

どうもありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました