2030年までに温室効果ガスを半減させる方法

環境

“For the first time, we are forced to consider the real risk of destabilizing the entire planet,” says climate impact scholar Johan Rockstrom. In a talk backed by vivid animations of the climate crisis, he shows how nine out of the 15 big biophysical systems that regulate the climate — from the permafrost of Siberia to the great forests of the North to the Amazon rainforest — are at risk of reaching tipping points, which could make Earth uninhabitable for humanity. Hear his plan for putting the planet back on the path of sustainability over the next 10 years — and protecting the future of our children.

「私たちは初めて、地球全体を不安定にする本当のリスクを考慮する必要に迫られています」と気候影響学者のヨハン・ロックストロムは言う。

気候危機の鮮やかなアニメーションをバックにした講演の中で、シベリアの永久凍土から北部の大森林、アマゾンの熱帯雨林に至るまで、気候を調節する15の大きな生物物理システムのうち9つがどのように危機に瀕しているかを示した。地球が人類にとって居住不可能になる可能性のある転換点に達する可能性があります。

今後 10 年間で地球を持続可能性の道に戻し、子供たちの未来を守るための彼の計画を聞いてください。

タイトル
10 years to transform the future of humanity – or destabilize the planet
人類の未来を変える10年、さもなければ地球を不安定にする
スピーカー ヨハン・ロックストロム
アップロード 2020/10/15

「人類の未来を変える10年、さもなければ地球を不安定にする(10 years to transform the future of humanity – or destabilize the planet)」の文字起こし

Ten years is a significant span of time for us humans on Earth. It marks ten turns around the sun. A decade ago, when I stood on the TED stage, I discussed planetary boundaries crucial for maintaining a state conducive to human prosperity. These boundaries, once breached, lead to multiplying risks. Climate and biodiversity are core boundaries that impact all others.

At that time, while warning signs were evident, we believed we had more time. However, since then, evidence has mounted, indicating that we are rapidly departing from the safe operating space for humanity. Climate has escalated to a global crisis, with record-breaking extremes occurring over the past decade: fires raging in Australia, Siberia, California, and the Amazon, floods devastating regions in China, Bangladesh, and India, and heatwaves sweeping across the entire northern hemisphere.

We stand on the brink of crossing tipping points that could shift the planet from being resilient to our impacts to working against us, amplifying the heat. The real risk of destabilizing the entire planet looms before us. Our children recognize this urgency, taking to the streets to demand action and lamenting our failure to avert potentially catastrophic risks.

The next decade, leading up to 2030, must witness the most profound transformation the world has ever seen. This is our mission. This is the countdown.

Around a decade ago, my scientific colleagues reported on climate tipping points, identifying one area in serious decline: Arctic sea ice. Other tipping points seemed distant, perhaps 50 or 100 years away. Yet, last year brought a sobering revelation: we are merely decades from witnessing an Arctic devoid of summer sea ice.

In Siberia, permafrost is thawing at alarming rates. Greenland is losing trillions of tons of ice, potentially nearing a tipping point. Northern forests are ablaze, emitting smoke clouds the size of Europe. The Atlantic ocean circulation is decelerating. The Amazon rainforest is weakening and may emit carbon within 15 years. Half of the Great Barrier Reef’s coral has perished. West Antarctica might have already passed a tipping point today, while parts of East Antarctica’s solid glaciers become unstable.

Nine out of fifteen major biophysical systems that regulate climate are in flux, showing concerning signs of decline and nearing tipping points. Tipping points pose three threats: first, sea level rise, with projections of up to one meter this century, endangering the homes of 200 million people. Adding the melting ice from Antarctica and Greenland could lead to a two-meter rise, with potentially worsening consequences. Second, carbon stores like permafrost and forests emitting carbon would complicate efforts to stabilize temperatures. Third, these interconnected systems increase the risk of triggering additional tipping points when one is crossed.

Consider where we stand: the stability of our civilization and biodiversity hinges on a stable climate. Everything is built upon this foundation. Civilization has flourished within a Goldilocks zone—neither too hot nor too cold—for the past 10,000 years since the last ice age. Zooming out further, over three million years, temperatures have never surpassed the two-degree Celsius limit. Earth has self-regulated within a narrow range, from plus two degrees in warm interglacials to minus four degrees in deep ice ages.

Yet, we are now on a trajectory toward a three to four-degree world in just three generations, potentially rewinding the climate clock by five to ten million years. We are drifting perilously toward a hot-house Earth.

For every one-degree rise in temperature, approximately one billion people will be compelled to live in conditions we currently deem uninhabitable. This isn’t just a climate emergency—it’s a planetary emergency. My concern isn’t that Earth will suddenly plummet off a cliff on January 1st, 2030. Rather, it’s that we’ll trigger irreversible changes within the Earth system.

The next decade will likely determine the state of the planet we bequeath to future generations. Our children have every right to be alarmed. It’s imperative that we take decisive action to stabilize our planet.

Two frontiers will guide this transformation. The first lies in science. We must establish a new equation for a sustainable planet: planetary boundaries plus global commons equals planetary stewardship. We need to carve out a safe corridor for humanity, allowing us all to become stewards of the entire planet—not to save the planet itself, but to ensure a prosperous future for all people.

The second frontier lies in society. We require a new economic paradigm centered on well-being. We now have the ability to set science-based targets for all global commons, applicable to every company and city worldwide.

Our first task is clear: we must halve global emissions by 2030 and achieve net-zero emissions by 2050 or sooner. This necessitates decarbonizing the major systems underpinning our lives: energy, industry, transport, and buildings. The era of fossil fuels must come to an end. We must transition agriculture from an emitter of greenhouse gases to a carbon sink. Additionally, it’s imperative that we safeguard our oceans and lands, the natural ecosystems that absorb half of our emissions.

The encouraging news is that we possess the knowledge, technology, and understanding of the social and economic benefits of these actions. When we succeed, we can breathe in fresh air, embrace healthy lifestyles, and foster resilient economies in livable cities.

We’re all passengers on this journey around the sun. Earth is our only home. Our mission is clear: to safeguard the future of our children. Thank you.

「人類の未来を変える10年、さもなければ地球を不安定にする(10 years to transform the future of humanity – or destabilize the planet)」の和訳

地球上の私たち人間にとって、10年は重要な時間の経過です。それは太陽の周りを10回回ったことを示します。10年前、私がTEDのステージに立っていた時、人類の繁栄に好適な状態を維持するために重要な地球規模の境界について議論しました。これらの境界は一度破られると、リスクが倍増します。気候と生物多様性は、他のすべての境界に影響を与える中核的な境界です。

当時、警告サインは明らかでしたが、私たちはもっと時間があると信じていました。しかし、その後、証拠が蓄積され、私たちが安全な人間の活動領域から急速に離れていることが示されました。気候は世界的な危機に発展し、過去10年間には記録的な極端な事象が発生しています:オーストラリア、シベリア、カリフォルニア、アマゾンで猛火が燃え、中国、バングラデシュ、インドで地域を荒廃させる洪水、そして北半球全体を席巻する熱波。

私たちは、地球が私たちの影響に対して弾力的である状態から、私たちに逆らって作用し、熱を増幅する状態に移行する可能性がある転換点を目前にしています。地球全体を不安定化させる実際のリスクが私たちの前に立ちはだかっています。私たちの子どもたちはこの緊急性を認識し、行動を求めて街頭に立ち、潜在的に壊滅的なリスクを回避できなかった私たちの失敗を嘆いています。

2030年までの次の10年は、世界がこれまでに目にした最も根本的な変革を目撃しなければなりません。これが私たちの使命です。これがカウントダウンです。

約10年前、私の科学的な同僚たちは気候の転換点について報告し、深刻な衰退を示している領域を特定しました:北極海の氷。他の転換点は遠くに見えました、おそらく50年または100年先のことでした。しかし、昨年は気を引き締めるような発見がありました:私たちは夏の海氷がない北極を目撃するまで、数十年しかありません。

シベリアでは、永久凍土が驚くほどの速さで解凍されています。グリーンランドは、数兆トンの氷を失っており、転換点に近づいている可能性があります。北部の森林が炎上し、ヨーロッパのサイズと同じくらいの煙雲を放出しています。大西洋の海洋循環が減速しています。アマゾンの熱帯雨林が衰弱し、15年以内に炭素を放出する可能性があります。グレート・バリアリーフのサンゴの半分が枯死しました。西アンターコティカはすでに今日、転換点を超えてしまったかもしれませんが、東アンターコティカの一部の固体氷河が不安定になっています。

気候を規制する主要な15の生物物理学的システムのうち、9つが変動しており、衰退の懸念のある兆候を示し、転換点に近づいています。転換点は3つの脅威をもたらします:まず、海面上昇で、今世紀に最大1メートルの予測があり、2億人の家が危険にさらされます。南極大陸とグリーンランドからの氷の融解が加わると、2メートルの上昇につながり、悪化する可能性があります。第二に、永久凍土や森林などの炭素貯蔵庫が炭素を放出すると、気温を安定させる取り組みが複雑化します。第三に、これらの相互接続されたシステムは、一つが超えられると追加の転換点を引き起こすリスクを高めます。

私たちが立っている場所を考えてみてください:文明と生物多様性の安定性は、安定した気候にかかっています。すべてはこの基盤の上に築かれています。過去1万年間、最後の氷河時代以来、文明は「ゴールディロックスゾーン」内で繁栄してきました。これまでの300万年間、気温は2度の上限を超えたことがありません。地球は、温暖な間氷期でのプラス2度から、深い氷期でのマイナス4度まで、狭い範囲内で自己調整してきました。

しかし、今、たった3世代で3〜4度の世界に向かう軌道に乗っており、気候の時計を500〜1000万年巻き戻す可能性があります。私たちは危険なほどホットハウス地球に向かって漂っています。

1度の気温上昇につき、約10億人が現在私たちが住めないと考えている状況で生活せざるを得なくなるでしょう。

これは単なる気候非常事態ではなく、地球全体の緊急事態です。私の懸念は、地球が2030年1月1日に突然断崖から落ちることではありません。むしろ、私たちは地球システム内で不可逆的な変化を引き起こす可能性があるということです。

次の10年は、将来の世代に遺す地球の状態を決定するでしょう。私たちの子どもたちは警戒する権利があります。地球を安定させるために断固とした行動をとることが重要です。

この変革を導く二つのフロンティアがあります。一つ目は科学にあります。持続可能な地球のための新しい方程式を確立しなければなりません:地球規模の境界に加えて、地球管理が地球管理の等式を成立させます。人類に安全な通路を確保する必要があります。これにより、私たちはすべての人が地球全体の管理者となることができ、地球そのものを救うためではなく、すべての人々に繁栄した未来を保証することができます。

二つ目のフロンティアは社会にあります。福祉を中心とした新しい経済パラダイムが必要です。現在、世界中のすべての企業と都市に適用可能な地球規模の科学に基づいた目標を設定する能力を持っています。

私たちの最初の課題は明確です:2030年までに世界の排出量を半減し、2050年までには排出量をゼロにするか、それ以前にする必要があります。これには、私たちの生活の基盤となっている主要なシステム、エネルギー、産業、交通、建築のデカーボン化が必要です。化石燃料の時代は終わらせる必要があります。農業を温室効果ガスの排出源から炭素貯留地への転換させる必要があります。また、私たちの排出量の半分を吸収する自然生態系である海洋と陸地を保護することが不可欠です。

奨励すべきニュースは、これらの行動の知識、技術、社会経済的利益を理解していることです。成功すれば、新鮮な空気を吸い込み、健康的な生活様式を受け入れ、住みやすい都市で強靭な経済を育成することができます。

私たちはみな、太陽の周りの旅の乗客です。地球は私たち唯一の家です。私たちの使命は明確です:子どもたちの未来を守ることです。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました