ドローダウンとは?温室効果ガス削減で地球を守る具体的な方法

環境

What if we took out more greenhouse gases than we put into the atmosphere? This hypothetical scenario, known as “drawdown,” is our only hope of averting climate disaster, says strategist Chad Frischmann. In a forward-thinking talk, he shares solutions to climate change that exist today — conventional tactics like the use of renewable energy and better land management as well as some lesser-known approaches, like changes to food production, better family planning and the education of girls. Learn more about how we can reverse global warming and create a world where regeneration, not destruction, is the rule.

大気中に排出する温室効果ガスよりも多くの温室効果ガスを排出したらどうなるでしょうか?

ストラテジストのチャド・フリッシュマン氏は、「ドローダウン」として知られるこの仮想シナリオが、気候災害を回避する唯一の希望であると語る。

先進的な講演の中で、彼は今日存在する気候変動に対する解決策を共有します。これには、再生可能エネルギーの利用や土地管理の改善などの従来の戦術だけでなく、食料生産の変更、家族計画の改善など、あまり知られていないアプローチも含まれます。女子の教育。地球温暖化を逆転させ、破壊ではなく再生が原則となる世界を作り出す方法について詳しく学びましょう。

タイトル
100 solutions to reverse global warming
地球温暖化を逆転させる100の解決策
スピーカー チャド・フリッシュマン
アップロード 2018/12/20

「地球温暖化を逆転させる100の解決策(100 solutions to reverse global warming)」の文字起こし

Hello.
I’d like to introduce you to a word you may never have heard before, but you ought to know: drawdown. Drawdown is a new way of thinking about and acting on global warming. It’s a goal for a future that we want, a future where reversing global warming is possible. Drawdown is that point in time when atmospheric concentrations of greenhouse gases begin to decline on a year-to-year basis. More simply, it’s that point when we take out more greenhouse gases than we put into Earth’s atmosphere.

Now, I know we’re all concerned about climate change, but climate change is not the problem. Climate change is the expression of the problem. It’s the feedback of the system of the planet telling us what’s going on. The problem is global warming, provoked by the increasing concentrations of greenhouse gases caused by human activity.

So how do we solve the problem? How do we begin the process of reversing global warming? The only way we know how is to draw down, to avoid putting greenhouse gases up and to pull down what’s already there. I know. Given the current situation, it sounds impossible, but humanity already knows what to do. We have real, workable technologies and practices that can achieve drawdown. And it’s already happening.

What we need is to accelerate implementation and to change the discourse from one of fear and confusion, which only leads to apathy, to one of understanding and possibility, and, therefore, opportunity.

I work for an organization called Project Drawdown. And for the last four years, together with a team of researchers and writers from all over the world, we have mapped, measured, and detailed 100 solutions to reversing global warming. Eighty already exist today, and when taken together, those 80 can achieve drawdown. And 20 are coming attractions, solutions on the pipeline, and when they come online, will speed up our progress.

These are solutions that are viable, scalable, and financially feasible. And they do one or more of three things: replace existing fossil fuel-based energy generation with clean, renewable sources; reduce consumption through technological efficiency and behavior change; and to biosequester carbon in our plants’ biomass and soil through a process we all learn in grade school, the magic of photosynthesis. It’s through a combination of these three mechanisms that drawdown becomes possible.

So how do we get there? Well, here’s the short answer. This is a list of the top 20 solutions to reversing global warming. Now, I’ll go into some detail, but take a few seconds to look over the list. It’s eclectic, I know, from onshore wind turbines to educating girls, from plant-rich diets to rooftop solar technology.

So let’s break it down a little bit. To the right of the slide, you’ll see figures in gigatons, or billions of tons. That represents the total equivalent carbon dioxide reduced from the atmosphere when the solution is implemented globally over a 30-year period. Now, when we think about climate solutions, we often think about electricity generation. We think of renewable energy as the most important set of solutions, and they are incredibly important.

But the first thing to notice about this list is that only five of the top 20 solutions relate to electricity. What surprised us, honestly, was that eight of the top 20 relate to the food system. The climate impact of food may come as a surprise to many people, but what these results show is that the decisions we make every day about the food we produce, purchase, and consume are perhaps the most important contributions every individual can make to reversing global warming. And how we manage land is also very important. Protecting forests and wetlands safeguards, expands, and creates new carbon sinks that directly draw down carbon. This is how drawdown can happen. And when we take food and land management together, 12 of the top 20 solutions relate to how and why we use land. This fundamentally shifts traditional thinking on climate solutions.

But let’s go to the top of the list because I think what’s there may also surprise you. The single most impactful solution, according to this analysis, would be refrigeration management, or properly managing and disposing of hydrofluorocarbons, also known as HFCs, which are used by refrigerators and air conditioners to cool the air. We did a great job with the Montreal Protocol to limit the production of chlorofluorocarbons, CFCs, because of their effect on the ozone layer. But they were replaced by HFCs, which are hundreds to thousands of times more potent a greenhouse gas than carbon dioxide. And that 90 gigatons reduced is a conservative figure. If we were to account for the impact of the Kigali agreement of 2016, which calls for the phaseout of hydrofluorocarbons and replace them with natural refrigerants, which exist today, this number could increase to 120, to nearly 200 gigatons of avoided greenhouse gases. Maybe you’re surprised, as we were.

Now, before going into some details of specific solutions, you may be wondering how we came to these calculations. Well, first of all, we collected a lot of data, and we used statistical analysis to create ranges that allow us to choose reasonable choices for every input used throughout the models. And we chose a conservative approach, which underlies the entire project. All that data is entered in the model, ambitiously but plausibly projected into the future, and compared against what we would have to do anyway. The 84 gigatons reduced from onshore wind turbines, for example, results from the electricity generated from wind farms that would otherwise be produced from coal or gas-fired plants. We calculate all the costs to build and to operate the plants and all the emissions generated. The same process is used to compare recycling versus landfilling, regenerative versus industrial agriculture, protecting versus cutting down our forests. The results are then integrated within and across systems to avoid double-counting and add it up to see if we actually get to drawdown.

Okay, let’s go into some specific solutions. Rooftop solar comes in ranked number 10. When we picture rooftop solar in our minds we often envision a warehouse in Miami covered in solar panels. But these are solutions that are relevant in urban and rural settings, high and low-income countries, and they have cascading benefits. This is a family on a straw island in Lake Titicaca receiving their first solar panel. Before, kerosene was used for cooking and lighting, kerosene on a straw island. So by installing solar, this family is not only helping to reduce emissions, but providing safety and security for their household.

And tropical forests tell their own story. Protecting currently degraded land in the tropics and allowing natural regeneration to occur is the number five solution to reversing global warming. We can think of trees as giant sticks of carbon. This is drawdown in action every year, as carbon is removed from the atmosphere through photosynthesis, which converts carbon dioxide to plants’ biomass and soil organic carbon.

And we need to rethink how we produce our food to make it more regenerative. There are many ways to do this, and we researched over 13 of them, but these aren’t new ways of producing food. They have been practiced for centuries, for generations. But they are increasingly displaced by modern agriculture, which promotes tillage, monocropping, and the use of synthetic fertilizers and pesticides which degrade the land and turn it into a net emitter of greenhouse gases. Regenerative agriculture, on the other hand, restores soil health and productivity, increases yield, improves water retention, benefits smallholder farmers and large farming operations alike, and brings carbon back to the land. It’s a win-win-win-win-win.

And it’s not just how we produce food, but what we consume that has a massive impact on global warming. A plant-rich diet is not a vegan or a vegetarian diet, though I applaud any who make those choices. It’s a healthy diet in terms of how much we consume, and particularly how much meat is consumed. In the richer parts of the world, we overconsume. However, low-income countries show an insufficient caloric and protein intake. That needs rebalancing, and it’s in the rebalancing that a plant-rich diet becomes the number four solution to reversing global warming.

Moreover, approximately a third of all food produced is not eaten, and wasted food emits an astounding eight percent of global greenhouse gases. We need to look where across the supply chain these losses and wastage occur. In low-income countries, after food leaves the farm, most food is wasted early in the supply chain due to infrastructure and storage challenges. Food is not wasted by consumers in low-income countries which struggle to feed their population. In the developed world, instead, after food leaves the farm, most food is wasted at the end of the supply chain by markets and consumers, and wasted food ends up in the landfill where it emits methane as it decomposes.

This is a consumer choice problem. It’s not a technology issue. Preventing food waste from the beginning is the number three solution. But here’s the interesting thing. When we look at the food system as a whole and we implement all the production solutions like regenerative agriculture, and we adopt a plant-rich diet, and we reduce food waste, our research shows that we would produce enough food on current farmland to feed the world’s growing population a healthy, nutrient-rich diet now until 2050 and beyond. That means we don’t need to cut down forests for food production. The solutions to reversing global warming are the same solutions to food insecurity.

Now, a solution that often does not get talked enough about, family planning. By providing men and women the right to choose when, how and if to raise a family through reproductive health clinics and education, access to contraception and freedom devoid of persecution can reduce the estimated global population by 2050. That reduced population means reduced demand for electricity, food, travel, buildings and all other resources. All the energy and emissions that are used to produce that higher demand is reduced by providing the basic human right to choose when, how and if to raise a family. But family planning cannot happen without equal quality of education to girls currently being denied access.

Now, we’ve taken a small liberty here, because the impact of universal education and family planning resources are so inextricably intertwined that we chose to cut it right down the middle. But taken together, educating girls and family planning is the number one solution to reversing global warming, reducing approximately 120 billion tons of greenhouse gases.

So is drawdown possible? The answer is yes, it is possible, but we need all 80 solutions. There are no silver bullets or a subset of solutions that are going to get us there. The top solutions would take us far along the pathway, but there’s no such thing as a small solution. We need all 80.

But here’s the great thing. We would want to implement these solutions whether or not global warming was even a problem, because they have cascading benefits to human and planetary well-being.

Renewable electricity results in clean, abundant access to energy for all. A plant-rich diet, reduced food waste results in a healthy global population with enough food and sustenance. Family planning and educating girls? This is about human rights, about gender equality. This is about economic improvement and the freedom of choice. It’s about justice.

Regenerative agriculture, managed grazing, agroforestry, silvopasture restores soil health, benefits farmers and brings carbon back to the land. Protecting our ecosystems also protects biodiversity and safeguards planetary health and the oxygen that we breathe. Its tangible benefits to all species are incalculable.

But one last point, because I know it’s probably on everybody’s mind; how much is this going to cost? Well, we estimate that to implement all 80 solutions would cost about 29 trillion dollars over 30 years. That’s just about a trillion a year.

Now, I know that sounds like a lot, but we have to remember that global GDP is over 80 trillion every year, and the estimated savings from implementing these solutions is 74 trillion dollars, over double the costs. That’s a net savings of 44 trillion dollars. So drawdown is possible. We can do it if we want to. It’s not going to cost that much, and the return on that investment is huge.

Here’s the welcome surprise. When we implement these solutions, we shift the way we do business from a system that is inherently exploitative and extractive to a new normal that is by nature restorative and regenerative. We need to rethink our global goals, to move beyond sustainability towards regeneration, and along the way reverse global warming. Thank you.

「地球温暖化を逆転させる100の解決策(100 solutions to reverse global warming)」の和訳

こんにちは。

あなたに、以前聞いたことがないかもしれない言葉を紹介したいのですが、それは重要なものです:ドローダウン。ドローダウンは、地球温暖化に対処する新しい考え方や行動です。それは、私たちが望む未来、地球温暖化を逆転させることが可能な未来の目標です。ドローダウンとは、大気中の温室効果ガス濃度が年々減少し始める時点です。単純に言えば、地球大気に排出するよりも温室効果ガスを取り除く時点です。

さて、皆さんが気にしているのはわかりますが、気候変動自体が問題ではありません。気候変動は問題の表れです。地球のシステムが何が起こっているかを私たちに伝えるフィードバックなのです。問題は、人間の活動によって引き起こされる温暖化です。

では、この問題をどのように解決するのでしょうか?地球温暖化を逆転させるプロセスをどのように開始するのでしょうか?私たちが知っている唯一の方法は、ドローダウンです。温室効果ガスの排出を避け、既存のものを取り除くことです。現状を考えると、不可能だと思われるかもしれませんが、人類は既に何をすべきかを知っています。ドローダウンを実現するための実際の、実用的な技術と手法があり、すでに進行中です。

必要なのは、実施を加速し、恐れと混乱からの議論を変えて、理解と可能性、そして機会へと転換することです。

私は「プロジェクト・ドローダウン」という組織で働いています。

過去4年間、世界中の研究者やライターと協力して、地球温暖化を逆転させるための100の解決策をマッピングし、詳細に調査してきました。そのうち80はすでに実現可能であり、それらをまとめると、ドローダウンを実現することができます。残りの20の解決策は今後の展望であり、実施されれば私たちの進展を加速させるでしょう。

これらの解決策は実用的で、拡大可能であり、財政的に実現可能です。それらは、既存の化石燃料ベースのエネルギー発生をクリーンで再生可能な源に置き換えること、技術的効率向上や消費の削減を通じて、エネルギーを消費すること、そして光合成の魔法として私たちが小学校で学ぶプロセスを通じて、植物や土壌中に炭素を吸収することなど、3つの主要なメカニズムを通じて機能します。これらの組み合わせによって、ドローダウンが可能になります。

それでは、どうすれば目標にたどり着くのでしょうか?簡単な答えをお伝えします。これが地球温暖化を逆転させるためのトップ20の解決策のリストです。リストを見てみてください。オンショア風力タービンから女子教育まで、多岐にわたります。

では、少し詳しく見てみましょう。スライドの右側には、ギガトン(十億トン)の数字が表示されています。これは、各解決策が世界的に実施された場合、30年間で大気中から除去される炭素ダイオキシドの総量を表しています。気候変動の解決策を考えるとき、我々はよく電力の生成を思い浮かべます。再生可能エネルギーは確かに重要ですが、それだけが気候変動の解決策ではありません。

しかし、このリストの最初の注目すべき点は、トップ20の解決策のうち、電気関連のものはわずか5つしかないことです。正直に言うと、驚いたのは、トップ20のうち8つが食品システムに関連していることでした。食品の気候への影響は多くの人々にとって驚きかもしれませんが、これらの結果から分かるのは、私たちが毎日行う食品の生産、購入、消費に関する決定が、おそらく個々の人々が地球温暖化を逆転させるためにできる最も重要な貢献だということです。また、土地の管理方法も非常に重要です。森林や湿地を保護することは、炭素を直接吸収し、拡大し、新しい炭素貯留地を作ることにつながります。これがドローダウンが実現する方法です。そして、食品と土地管理を一緒に考えると、トップ20の解決策のうち12つが、どのようにして土地を使用し、なぜ使用するかに関連しています。これは、気候変動の伝統的な解決策に対する根本的な考え方の変化をもたらします。

しかし、リストのトップに行ってみましょう。そこにあるものもあなたを驚かせるかもしれません。この分析によれば、単一で最も影響力のある解決策は、冷蔵管理、または水素フルオロカーボンの適切な管理であり、これは冷蔵庫やエアコンで使用される水素フルオロカーボン(HFC)の処分を意味します。

私たちは、オゾン層に与える影響のために塩素フルオロカーボン(CFC)の生産を制限するためにモントリオール議定書で素晴らしい仕事をしました。しかし、それらはHFCに置き換えられましたが、それらは二酸化炭素よりも何百倍も何千倍も温室効果ガスの影響力が高いです。

そして、90ギガトンの減少は保守的な数字です。2016年のキガリ協定の影響を考慮すると、水素フルオロカーボンの段階的廃止とそれらを天然冷媒で置き換えることが求められるため、この数字は120に増加し、温室効果ガスの回避量がほぼ200ギガトンになる可能性があります。あなたも私たちと同じように驚かれるかもしれません。

さて、具体的な解決策について詳しく見てみましょう。屋根上のソーラーパネルは、第10位にランクされています。私たちが心に思い描く屋根上のソーラーといえば、しばしばマイアミの倉庫に太陽光パネルが覆われている光景を想像します。しかし、これらは都市部と農村部、高所得国と低所得国において関連性があり、連鎖的な利点を持つ解決策です。これは、ティティカカ湖の藁でできた島に住む家族が初めて太陽光パネルを受け取る様子です。以前は、この藁の島で料理や照明に石油が使用されていました。つまり、藁の島で石油が使用されていたのです。ですから、太陽光パネルを設置することで、この家族は排出量を削減するだけでなく、家庭の安全と安心を提供しています。

そして、熱帯の森も独自の物語を語ります。熱帯地域の現在劣化している土地を保護し、自然再生を許すことは、地球温暖化を逆転させるための第五の解決策です。木々を巨大な炭素の棒と考えることができます。これは毎年行われるドローダウンの実践であり、光合成によって二酸化炭素が植物の生物量や土壌有機炭素に変換されることで大気から炭素が除去されます。

また、食品の生産方法を再考し、より再生可能なものにする必要があります。これを行う方法はたくさんありますが、私たちは13以上の方法を調査しました。しかし、これらは新しい食品の生産方法ではありません。何世紀にもわたって、何世代にもわたって実践されてきました。しかし、現代農業によって徐々に取って代わられつつあります。現代農業は耕作、単作、合成肥料や農薬の使用を促進し、土地を劣化させ、温室効果ガスの排出源に変えてしまいます。一方、再生可能な農業は土壌の健康と生産性を回復し、収量を増やし、水保持力を向上させ、小規模農家や大規模農業経営の両方に利益をもたらし、炭素を土地に戻します。これはまさに五つのWinです(笑)。

そして、私たちが食べるものが地球温暖化に与える影響も非常に大きいです。植物性豊富な食事は、ヴィーガンやベジタリアンの食事ではありませんが、それらの選択を称賛します。それは、どれだけ多くを消費するか、特に肉をどれだけ消費するかという点で健康的な食事です。世界の裕福な地域では、我々は過剰に消費しています。しかし、低所得国では十分なカロリーやタンパク質の摂取が不足しています。これを再均衡させる必要があり、再均衡によって植物性豊富な食事が地球温暖化を逆転させるための第四の解決策となります。

さらに、生産された食品の約3分の1が食べられず、廃棄された食品は驚くべきことに世界の温室効果ガスの8%を排出しています。これらの損失と廃棄が供給チェーン全体でどこで発生しているかを見直す必要があります。低所得国では、農場を出た後、ほとんどの食品がインフラや貯蔵の課題によって供給チェーンの早い段階で廃棄されています。人口を養うのに苦労している低所得国の消費者によって食品が廃棄されることはありません。一方、先進国では、農場を出た後、ほとんどの食品が市場や消費者によって供給チェーンの最後の段階で廃棄され、廃棄された食品は分解される際にメタンを発生し、埋立地に投棄されます。

これは消費者の選択の問題です。技術的な問題ではありません。食品廃棄物を最初から防ぐことが第三の解決策です。

しかし、興味深いことに、食品システム全体を見ると、再生可能な農業などのすべての生産解決策を実施し、植物性豊富な食事を採用し、食品廃棄物を減らすと、私たちの調査によれば、現在の農地で2050年までおよびそれ以降、世界の成長する人口に健康で栄養価の高い食事を提供する十分な食品を生産することができます。

つまり、食品生産のために森林を切り倒す必要はありません。地球温暖化を逆転させる解決策は、食料不安の解決策と同じです。

さて、あまり話題にならない解決策があります。それは家族計画です。生殖健康クリニックや教育を通じて、男性と女性が家族をいつ、どのように、そして育てるかを選択する権利を与えることにより、避妊具へのアクセスと迫害から解放された自由により、2050年までに世界の推定人口を減らすことができます。その減少した人口は、電力、食品、旅行、建物、および他のすべての資源への需要の減少を意味します。家族を育てる権利を与えることで生じる高い需要に対して使用されるエネルギーと排出物は、削減されます。しかし、家族計画は、現在アクセスが拒否されている女性に対する均等な教育の質なしには実現しません。

今回、われわれは小さな自由を取ったのですが、普遍的な教育と家族計画の影響は非常に密接に結びついているため、中立的な立場を取りました。しかし、教育と家族計画を組み合わせると、地球温暖化を逆転させるための第一の解決策となり、推定1200億トンの温室効果ガスが削減されます。

では、ドローダウンは可能でしょうか?答えは「はい」です。可能ですが、すべての80の解決策が必要です。シルバーバレットや解決策のサブセットはありません。上位の解決策が私たちを遠くまで導くでしょうが、小さな解決策は存在しません。私たちは全ての80を必要とします。

でも、ここが素晴らしいところなんです。これらの解決策は、地球温暖化が問題であるかどうかに関係なく、人間と地球の健康に連鎖的な利益をもたらします。

再生可能エネルギーは、清潔で豊富なエネルギーアクセスをすべての人々にもたらします。植物性の豊かな食事と食品廃棄物の削減は、十分な食料と栄養を持つ健康な世界人口をもたらします。家族計画と女子教育は、人権の問題であり、ジェンダー平等にも関わります。これは経済的な向上と選択の自由にも関連しています。正義の問題でもあります。

再生農業、管理された放牧、農林業、林牧場は土壌の健康を回復し、農家に利益をもたらし、土地に炭素をもたらします。生態系を保護することは、生物多様性を守り、地球の健康と私たちが呼吸する酸素を確保します。これらの解決策は、すべての種にとっての具体的な利益は計り知れないものです。

最後に一つだけ、皆さんが気になっていることがあると思いますが、これにいくらかかるのでしょうか?

まあ、私たちはすべての80の解決策を実施するために約29兆ドルかかると推定しています。それは年間約1兆ドルです。

今、それは多いように聞こえるかもしれませんが、私たちは世界のGDPが毎年80兆ドル以上あることを覚えておかなければなりません。そして、これらの解決策を実施することによる推定節約額は74兆ドルであり、コストの2倍以上です。それは約44兆ドルの純節約です。ですから、減少は可能です。私たちが望めばできるのです。それほど多くの費用はかかりませんし、その投資のリターンは莫大です。

ここで驚くべきことは、これらの解決策を実施することで、我々が行うビジネスの仕方が、本質的に搾取的で採取的なシステムから、本来の回復的で再生的な新しい常態へと移行することです。私たちのグローバルな目標を再考し、持続可能性から再生に向かう必要があります。そしてその過程で地球温暖化を逆転させるのです。

ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました