日夜を通して見る自然の美しさと変動

エンターテインメント

“Nature reveals itself to us in unique ways, if we stop and look at the world through a window of time,” says photographer Stephen Wilkes. Using a special photographic technique that reveals how a scene changes from day to night in a single image, Wilkes exposes the Earth’s beautiful complexity and the impacts of climate change — from the disruption of flamingo migrations in Africa to the threat of melting ice — with unprecedented force.

「立ち止まって時間の窓を通して世界を眺めると、自然はユニークな方法で私たちに姿を現します」と写真家のスティーブン・ウィルクスは言います。

ウィルクスは、一枚の画像で昼から夜に場面がどのように変化するかを明らかにする特別な写真技術を使用して、地球の美しい複雑さと、アフリカでのフラミンゴの大移動の混乱から氷が溶ける脅威に至るまでの気候変動の影響を明らかにします。かつてない勢いで。

タイトル 24 hours on Earth — in one image
地球上の24 時間を1枚の画像で
スピーカー スティーブン・ウィルクス
アップロード 2020/11/05

「地球上の24 時間を1枚の画像で(24 hours on Earth — in one image)」の文字起こし

Nature reveals itself to us in unique ways, if we stop and look at the world through a window of time. Over the last decade, I’ve observed endangered species and habitats around the world, using a photographic technique that captures the passage of time, literally from day to night, all within a single image, the fleeting moments between wildlife and the natural habitat as time changes over the course of a single day.

In the Serengeti, during a five-week drought, I discovered a watering hole and watched, for 26 hours, diverse and competitive wildlife calmly share our planet’s most precious resource: water. On Lake Bogoria in Kenya, I photographed the great migration of flamingos. This happens normally during the peak of dry season, but climate change has created evening thunderstorms, turning normally dry hills green and creating freshwater streams in which the flamingos joyously bathe.

Our planet is changing before our eyes. But to witness that change is also to witness the remarkable relationships between all of nature, to see the infinite beauty of it, to learn how much bigger than us it is and why it is worth fighting for.

In 2019, the Greenland ice sheet was experiencing its largest melt in recorded history: 200 billion tons of ice liquified into the ocean. When glacial ice melts, caving icebergs release sediments and particles into the seawater, initiating our ocean’s food chain. Plankton feed on the sediment, krill eat plankton, and the humpback whales feed on the krill. This photograph is the result of witnessing with my camera a 36-hour feast by humpback whales.

We assume that the greatest threat of glacial melt will be sea level rise, which will certainly have major impacts on coastlines and populations around the world. But within this image, we discover that perhaps the greatest threat from glacial melt might be our ocean’s ability to feed itself. Without ice, the ocean food chain may break.

「地球上の24 時間を1枚の画像で(24 hours on Earth — in one image)」の和訳

自然は時間の窓を通して世界を眺めると、私たちに独自の方法で姿を現します。過去10年間、私は絶滅の危機に瀕する種や世界中の生息地を観察してきました。その際、1枚の画像内で文字通り昼から夜までの時間の経過を捉える写真技術を使用しました。野生動物と自然の生息地の間の移り変わる瞬間を、1日の間に時間が経つにつれて捉えました。

セレンゲティでは、5週間にわたる干ばつの間、水場を発見しました。そこで26時間にわたり、多様で競争の激しい野生動物たちが地球上で最も貴重な資源である水を静かに分かち合っている様子を見ました。ケニアのボゴリア湖では、フラミンゴの大移動を撮影しました。通常は乾期のピーク時に起こるのですが、気候変動により夕方に雷雨が発生し、通常は乾燥した丘が緑になり、フラミンゴが喜んで入浴する淡水の流れが生まれました。

私たちの惑星は私たちの目の前で変化しています。しかし、その変化を目撃することは、すべての自然の間の驚くべき関係を目撃することでもあります。その無限の美しさを見ることで、それが私たちよりもはるかに大きいこと、なぜそれを守る価値があるのかを学ぶことができます。

2019年、グリーンランドの氷床は史上最大の融解を経験していました。2000億トンの氷が海に液化しました。氷河の氷が溶けると、氷山が海水中に堆積物や粒子を放出し、海洋の食物連鎖を開始します。プランクトンが堆積物を食べ、カイアシがプランクトンを食べ、ザトウクジラがカイアシを食べます。この写真は、私のカメラで見たザトウクジラによる36時間の饗宴の結果です。

氷河の融解の最大の脅威は海面上昇だと想定されていますが、それは間違いなく世界中の海岸線や人口に大きな影響を与えるでしょう。しかし、この画像からは、氷河の融解からの最大の脅威はおそらく海洋が自給できる能力かもしれないことが分かります。氷がなくなると、海洋の食物連鎖が崩壊するかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました