87%の科学者が信じる!気候変動と人間の関係を解説

気候

What shapes our perceptions (and misperceptions) about science? In an eye-opening talk, meteorologist J. Marshall Shepherd explains how confirmation bias, the Dunning-Kruger effect and cognitive dissonance impact what we think we know — and shares ideas for how we can replace them with something much more powerful: knowledge.

科学に対する私たちの認識(および誤った認識)は何によって形作られているのでしょうか?

気象学者の J. マーシャル・シェパードは、目を見張るような講演の中で、確証バイアス、ダニング=クルーガー効果、認知的不協和が、私たちが知っていると思っていることにどのような影響を与えるかを説明し、それらをより強力なもの、つまり知識に置き換える方法についてのアイデアを共有します。

タイトル 3 kinds of bias that shape your worldview
あなたの世界観を形作る3種類の偏見
スピーカー J. マーシャル・シェパード
アップロード 2019/01/03

「あなたの世界観を形作る3種類の偏見(3 kinds of bias that shape your worldview)」の文字起こし

I’m a meteorologist by degree, I have a bachelor’s, master’s and PhD in physical meteorology, so I’m a meteorologist, card carrying. And so with that comes four questions, always. This is one prediction I will always get right.

And those questions are, “Marshall, what channel are you on?”

“Dr. Shepherd, what’s the weather going to be tomorrow?”

And oh, I love this one:

“My daughter is getting married next September, it’s an outdoor wedding. Is it going to rain?”

Not kidding, I get those, and I don’t know the answer to that, the science isn’t there. But the one I get a lot these days is, “Dr. Shepherd, do you believe in climate change?” “Do you believe in global warming?” Now, I have to gather myself every time I get that question. Because it’s an ill-posed question — science isn’t a belief system.

My son, he’s 10 — he believes in the tooth fairy. And he needs to get over that, because I’m losing dollars, fast.

But he believes in the tooth fairy. But consider this. Bank of America building, there, in Atlanta. You never hear anyone say, “Do you believe, if you go to the top of that building and throw a ball off, it’s going to fall?”

You never hear that, because gravity is a thing. So why don’t we hear the question, “Do you believe in gravity?” But of course, we hear the question, “Do you believe in global warming?” Well, consider these facts. The American Association for the Advancement of Science, AAAS, one of the leading organizations in science, queried scientists and the public on different science topics.

Here are some of them: genetically modified food, animal research, human evolution. And look at what the scientists say about those, the people that actually study those topics, in red, versus the gray, what the public thinks. How did we get there? How did we get there? That scientists and the public are so far apart on these science issues.

Well, I’ll come a little bit closer to home for me, climate change. Eighty-seven percent of scientists believe that humans are contributing to climate change. But only 50 percent of the public? How did we get there?

So it begs the question, what shapes perceptions about science? It’s an interesting question and one that I’ve been thinking about quite a bit. I think that one thing that shapes perceptions in the public, about science, is belief systems and biases. Belief systems and biases. Go with me for a moment.

Because I want to talk about three elements of that: confirmation bias, Dunning-Kruger effect, and cognitive dissonance. Now, these sound like big, fancy, academic terms, and they are. But when I describe them, you’re going to be like, “Oh! I recognize that; I even know somebody that does that.”

Confirmation bias. Finding evidence that supports what we already believe. Now, we’re probably all a little bit guilty of that at times. Take a look at this.

I’m on Twitter. And often, when it snows, I’ll get this tweet back to me.

“Hey, Dr. Shepherd, I have 20 inches of global warming in my yard, what are you guys talking about, climate change?” I get that tweet a lot, actually. It’s a cute tweet, it makes me chuckle as well. But it’s oh, so fundamentally scientifically flawed. Because it illustrates that the person tweeting doesn’t understand the difference between weather and climate. I often say, weather is your mood and climate is your personality. Think about that.

Weather is your mood, climate is your personality. Your mood today doesn’t necessarily tell me anything about your personality, nor does a cold day tell me anything about climate change, or a hot day, for that matter.

Dunning-Kruger.

Two scholars from Cornell came up with the Dunning-Kruger effect. If you go look up the peer-reviewed paper for this, you will see all kinds of fancy terminology: it’s an illusory superiority complex, thinking we know things. In other words, people think they know more than they do. Or they underestimate what they don’t know. And then, there’s cognitive dissonance.

Cognitive dissonance is interesting. We just recently had Groundhog Day, right? Now, there’s no better definition of cognitive dissonance than intelligent people asking me if a rodent’s forecast is accurate.

But I get that, all of the time.

But I also hear about the Farmer’s Almanac. We grew up on the Farmer’s Almanac, people are familiar with it. The problem is, it’s only about 37 percent accurate, according to studies at Penn State University. But we’re in an era of science where we actually can forecast the weather. And believe it or not, and I know some of you are like, “Yeah, right,” we’re about 90 percent accurate, or more, with weather forecast. You just tend to remember the occasional miss, you do.

So confirmation bias, Dunning-Kruger, and cognitive dissonance. I think those shape biases and perceptions that people have about science. But then, there’s literacy and misinformation that keep us boxed in, as well. During the hurricane season of 2017, media outlets had to actually assign reporters to dismiss fake information about the weather forecast. That’s the era that we’re in. I deal with this all the time in social media. Someone will tweet a forecast — that’s a forecast for Hurricane Irma, but here’s the problem: it didn’t come from the Hurricane Center. But people were tweeting and sharing this; it went viral. It didn’t come from the National Hurricane Center at all.

So I spent 12 years of my career at NASA before coming to the University of Georgia, and I chair their Earth Science Advisory Committee, I was just up there last week in DC. And I saw some really interesting things. Here’s a NASA model and science data from satellite showing the 2017 hurricane season. You see Hurricane Harvey there? Look at all the dust coming off of Africa. Look at the wildfires up in northwest US and in western Canada. There comes Hurricane Irma. This is fascinating to me.

But admittedly, I’m a weather geek. But more importantly, it illustrates that we have the technology to not only observe the weather and climate system, but predict it. There’s scientific understanding, so there’s no need for some of those perceptions and biases that we’ve been talking about. We have knowledge. But think about this …

This is Houston, Texas, after Hurricane Harvey. Now, I write a contribution for “Forbes” magazine periodically, and I wrote an article a week before Hurricane Harvey made landfall, saying, “There’s probably going to be 40 to 50 inches of rainfall.” I wrote that a week before it happened. But yet, when you talk to people in Houston, people are saying, “We had no idea it was going to be this bad.” I’m just…

A week before. But — I know, it’s amusing, but the reality is, we all struggle with perceiving something outside of our experience level. People in Houston get rain all of the time, they flood all of the time. But they’ve never experienced that. Houston gets about 34 inches of rainfall for the entire year. They got 50 inches in three days. That’s an anomaly event, that’s outside of the normal.

So belief systems and biases, literacy and misinformation. How do we step out of the boxes that are cornering our perceptions? Well we don’t even have to go to Houston, we can come very close to home.

Remember “Snowpocalypse?”

Snowmageddon? Snowzilla? Whatever you want to call it. All two inches of it.

Two inches of snow shut the city of Atlanta down.

But the reality is, we were in a winter storm watch, we went to a winter weather advisory, and a lot of people perceived that as being a downgrade, “Oh, it’s not going to be as bad.” When in fact, the perception was that it was not going to be as bad, but it was actually an upgrade.

Things were getting worse as the models were coming in. So that’s an example of how we get boxed in by our perceptions. So, the question becomes, how do we expand our radius? The area of a circle is “pi r squared”. We increase the radius, we increase the area. How do we expand our radius of understanding about science? Here are my thoughts.

You take inventory of your own biases. And I’m challenging you all to do that. Take an inventory of your own biases. Where do they come from? Your upbringing, your political perspective, your faith — what shapes your own biases?

Then, evaluate your sources — where do you get your information on science? What do you read, what do you listen to, to consume your information on science?

And then, it’s important to speak out. Talk about how you evaluated your biases and evaluated your sources.

I want you to listen to this little 40-second clip from one of the top TV meteorologists in the US, Greg Fishel, in the Raleigh, Durham area. He’s revered in that region. But he was a climate skeptic. But listen to what he says about speaking out.

Greg Fishel: The mistake I was making and didn’t realize until very recently, was that I was only looking for information to support what I already thought, and was not interested in listening to anything contrary. And so I woke up one morning, and there was this question in my mind, “Greg, are you engaging in confirmation bias? Are you only looking for information to support what you already think?” And if I was honest with myself, and I tried to be, I admitted that was going on. And so the more I talked to scientists and read peer-reviewed literature and tried to conduct myself the way I’d been taught to conduct myself at Penn State when I was a student, it became very difficult for me to make the argument that we weren’t at least having some effect. Maybe there was still a doubt as to how much, but to say “nothing” was not a responsible thing for me to do as a scientist or a person.

JMS: Greg Fishel just talked about expanding his radius of understanding of science. And when we expand our radius, it’s not about making a better future, but it’s about preserving life as we know it. So as we think about expanding our own radius in understanding science, it’s critical for Athens, Georgia, for Atlanta, Georgia, for the state of Georgia, and for the world. So expand your radius. Thank you.

「あなたの世界観を形作る3種類の偏見(3 kinds of bias that shape your worldview)」の和訳

気象学者の学位を持っています。学士号、修士号、物理気象学の博士号を取得していますので、気象学者です。それに伴って、常に4つの質問があります。これは私が常に正確な予測を行うことができる1つの予測です。

そして、それらの質問は、「マーシャル、どのチャンネルに出ていますか?」

「シェパード博士、明日の天気はどうなりますか?」

そして、これは大好きです。「娘が来年の9月に結婚式を挙げます。屋外で行われますが、雨が降るでしょうか?」

冗談ではないですが、これらの質問をよく受けますが、答えはわかりません。科学的な根拠がありません。でも、最近よく受ける質問の1つは、「シェパード博士、気候変動を信じますか?」、「地球温暖化を信じますか?」です。私がその質問を受けるたびに、自分自身を集めなければなりません。なぜなら、これは不明確な質問です。科学は信念の体系ではありません。

私の息子は10歳ですが、彼は歯の妖精を信じています。でも、彼はそれを乗り越えなければなりません、なぜなら私は急激にお金を失っています。

でも彼は歯の妖精を信じています。でも考えてみてください。アトランタのあの場所にあるバンク・オブ・アメリカ・ビルディング。誰も「あの建物の頂上に行ってボールを投げると、それが落ちると信じますか?」とは言いません。なぜなら、重力は事実だからです。ですからなぜ「地球温暖化を信じますか?」という質問を聞かないのでしょうか?

しかし、もちろん、「重力を信じますか?」という質問は聞こえます。さて、これらの事実を考えてみてください。アメリカ科学振興協会(AAAS)は、科学の主要な組織の一つで、科学者と一般市民にさまざまな科学的トピックについて尋ねました。

以下に、その一部を示します。遺伝子組み換え食品、動物実験、人類の進化。これらについて、実際にそのトピックを研究している科学者たちがどのように考えているか(赤)、一般市民がどのように考えているか(灰)を見てください。どうしてここまで違いが広がったのでしょうか?どうして科学者と一般市民がこれらの科学的問題についてそんなに遠く離れているのでしょうか?

よく、私の専門である気候変動について、もう少し身近なところに来てみましょう。87%の科学者が人間が気候変動に寄与していると信じています。しかし、一般市民はわずか50%です。これはどうしてなのでしょうか?

では、科学に関する認識を形作るのは何でしょうか?これは興味深い問いであり、私がかなり考えている問題の一つです。私は、一般市民の科学に関する認識を形成する要素の1つは信念体系と偏見であると考えています。信念体系と偏見です。少し付き合ってみてください。

なぜなら、私はこれについて話したいと思います:確証バイアス、ダニング・クルーガー効果、認知的不協和です。これらは大げさで難しい学術用語のように聞こえるかもしれませんが、私が説明すれば、「ああ、それわかる。そのような人を知っている」と思うでしょう。

まずは確証バイアスです。自分がすでに信じていることを支持する証拠を見つけることです。おそらく私たちは皆、時折それに少し罪悪感を感じることがあります。これを見てください。

私はTwitterを使っています。そして、しばしば雪が降ると、このようなツイートを返信してきます。「おっと、シェパード博士、私の庭には20インチの地球温暖化がありますよ。気候変動について何を話しているんですか?」実際に、このようなツイートをよく受け取ります。それはかわいいツイートであり、私も笑います。しかし、科学的には基本的に誤りです。なぜなら、ツイートしている人が天気と気候の違いを理解していないことが示されているからです。私はよく言います、天気はあなたの気分であり、気候はあなたの人格です。それを考えてみてください。

天気はあなたの気分であり、気候はあなたの人格です。今日の気分が必ずしもあなたの人格について何かを教えてくれるわけではありませんし、寒い日が気候変動について何かを教えてくれるわけでもありませんし、暑い日も同じです。

次はダニング・クルーガー効果です。

コーネル大学の二人の学者がダニング・クルーガー効果を提唱しました。もし、この効果についての査読付き論文を調べると、さまざまな専門用語が見られます。それは錯覚的な優越感であり、自分たちが何かを知っていると思っていることです。言い換えれば、人々は実際よりも自分が知っていると思っているか、自分が知らないことを過小評価しているのです。そして、認知的不協和もあります。

認知的不協和は興味深いですね。ちょうど最近、グラウンドホッグ・デーがありましたね。今、知的な人々が、ネズミの予報が正確かどうかを私に尋ねることが、認知的不協和の定義にはもっとぴったりのものはありません。

でも、私はそれをいつも聞きます。

でも、ファーマーズ・アルマナックについても聞きます。私たちはファーマーズ・アルマナックで育ち、人々はそれを知っています。しかし、問題は、ペンシルベニア州立大学の研究によると、それはわずか37%の正確さしかないのです。しかし、私たちは実際に天気予報を行う科学の時代にいます。信じられないかもしれませんが、多くの人が「そんなわけない」と思うかもしれませんが、私たちは天気予報で約90%の正確さ、あるいはそれ以上を達成しています。たまに外れることを覚えているだけなのです。

確証バイアス、ダニング・クルーガー効果、認知的不協和。

これらが人々が科学について持つ偏見と認識を形成すると思います。そして、私たちを閉じ込めてしまう識字率と誤情報もあります。2017年のハリケーンシーズン中、メディアは実際に偽の情報についての気象予報を否定するために記者を割り当てなければなりませんでした。これが私たちの時代です。私はソーシャルメディアでこれにいつも対処しています。誰かがツイートした予報がこれです、それはハリケーンアイルマの予報ですが、問題はそれがハリケーンセンターからではないことです。しかし、人々はツイートしてシェアし、それがバイラルになりました。それはまったく国立ハリケーンセンターからではありませんでした。

私はジョージア大学に来る前にNASAで12年間のキャリアを過ごし、そこで地球科学諮問委員会の議長を務めています。先週、ワシントンDCに行ってきました。そして、そこで興味深いことを見ました。こちらはNASAのモデルと衛星からの科学データで2017年のハリケーンシーズンを示しています。ハリケーンハービーがそこに見えますか?アフリカから出ているすべての塵を見てください。アメリカ北西部とカナダ西部での山火事も見てください。そこにハリケーンアイルマが来ます。これは私にとって興味深いものです。

認めます、私は気象マニアです。しかし、さらに重要なことは、気象や気候システムを観測するだけでなく、予測する技術があるということを示しています。科学的な理解があるので、私たちが話してきたようないくつかの認識や偏見は不要です。私たちは知識を持っています。でも、これを考えてみてください…

これはハリケーンハービーの後のテキサス州ヒューストンです。今、私は定期的に「フォーブス」誌に寄稿していますが、ハリケーンハービーが上陸する1週間前に、「おそらく40から50インチの降水があるだろう」という記事を書きました。それを起こる前の1週間前に書いたんです。しかし、それでも、ヒューストンの人々に話を聞くと、「こんなにひどいとは思わなかった」と言います。

私はただ…

1週間前に。でも――知っています、それは面白いですが、現実は、私たちは皆、経験レベル外のものを認識するのに苦労しています。ヒューストンの人々はいつも雨に降られて、いつも洪水になります。でも、彼らはそれを経験したことがありません。ヒューストンの年間降水量は約34インチです。彼らは3日間で50インチの雨を降らせました。それは異常な出来事であり、通常とは異なります。

信念と偏見、リテラシーと誤情報。私たちの認識を角に追いやっている箱から抜け出す方法はどうすればいいのでしょうか?私たちはヒューストンに行かなくても、非常に身近なところでそれをすることができます。

「スノーポカリプス」を覚えていますか?

スノーマゲドン?スノーズィラ?なんでもいいですね。2インチの雪だけです。2インチの雪でアトランタ市が閉鎖されました。

しかし、実際のところ、私たちは冬の嵐の警戒をして、冬の天候のアドバイザリーに変わりましたが、多くの人々はそれをダウングレードと見なしました。「ああ、そんなにひどくはないだろう」と。実際は、その認識がひどくなるとは思われていませんでしたが、実際にはアップグレードでした。

事態はモデルが入ってくるにつれて悪化していました。これは、私たちがどのようにして自分の認識に閉じ込められるかの例です。そこで、問題は、どのようにして私たちの半径を拡大するかです。円の面積は「πrの2乗」です。半径を増やすと、面積が増えます。科学の理解の半径をどのように拡大するか?以下に私の考えがあります。

まず、自分自身の偏見を洗い出します。皆さんにもこれを挑戦してほしいと思います。自分の偏見を洗い出してください。それらはどこから来るのでしょうか?育ち方、政治的な視点、信仰――何が自分の偏見を形成していますか?

次に、情報源を評価します。科学に関する情報はどこから得ていますか?何を読んでいますか、何を聞いていますか、科学の情報を得るために何を消費していますか?

そして、声を上げることが重要です。自分の偏見と情報源をどのように評価したかについて話し合いましょう。

こちらの40秒の小さなクリップを聞いてほしいのですが、それは米国のトップ気象学者の一人であり、ローリー・ダーラム地域のテレビ気象予報士、グレッグ・フィッシェルのものです。彼はその地域で尊敬されています。しかし、彼はかつて気候変動の懐疑論者でした。しかし、彼が声を上げることについてどう語っているか、聞いてください。

Greg Fishel: 「私が最近まで気づかなかった間違いは、自分がすでに考えていることを支持する情報だけを探しており、逆の意見を聞くことには興味がなかったことでした。そこである朝目が覚めて、私の心にこの疑問が浮かびました。『グレッグ、あなたは確証バイアスに陥っているのですか? あなたはすでに持っている考えを支持する情報だけを探しているのですか?』そして、自分自身に正直でありたいと思いましたが、それが起こっていると認めざるを得ませんでした。そして、私が科学者と話し、査読済みの文献を読み、学生時代にペンシルベニア州立大学で教わったように自分自身を振る舞おうとしたほど、私には私たちが少なくとも何らかの影響を与えていないと主張するのが非常に難しくなりました。どれくらいの影響があるかについては疑問が残るかもしれませんが、「何もない」と言うことは、私としても科学者としても責任のあることではありませんでした。」

JMS: グレッグ・フィッシェルは科学の理解を拡大することについて語りました。そして、私たちが自分自身の理解を拡大するとき、それはより良い未来を築くことではなく、私たちが知っている生命を保存することです。科学の理解を拡大することについて考えるとき、それはアテネ、ジョージア州、アトランタ、ジョージア州、そして世界にとって重要です。だから、あなたの理解を広げてください。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました