レバノン出身の私が体験した女性のキャリアと家庭の両立

人生

Professional Arab women juggle more responsibilities than their male counterparts, and they face more cultural rigidity than Western women. What can their success teach us about tenacity, competition, priorities and progress? Tracing her career as an engineer, advocate and mother in Abu Dhabi, Leila Hoteit shares three lessons for thriving in the modern world.

プロのアラブ人女性は、男性に比べてより多くの責任をこなしており、西洋人女性よりも文化的な厳格さに直面している。

彼らの成功は、粘り強さ、競争、優先順位、進歩について何を教えてくれるでしょうか?アブダビでのエンジニア、擁護者、母親としてのキャリアをたどり、レイラ・ホテイトが現代世界で成功するための 3 つの教訓を共有します。

タイトル
3 lessons on success from an Arab businesswoman
アラブの実業家からの成功に関する3つの教訓
スピーカー レイラ・ホテイト
アップロード 2016/08/18

「アラブの実業家からの成功に関する3つの教訓(3 lessons on success from an Arab businesswoman)」の文字起こし

“Mom, who are these people?” It was an innocent question from my young daughter Alia around the time when she was three. We were walking along with my husband in one of Abu Dhabi’s big fancy malls.

Alia was peering at a huge poster standing tall in the middle of the mall. It featured the three rulers of the United Arab Emirates. As she tucked in my side, I bent down and explained that these were the rulers of the UAE who had worked hard to develop their nation and preserve its unity. She asked, “Mom, why is it that here where we live, and back in Lebanon, where grandma and grandpa live, we never see the pictures of powerful women on the walls? Is it because women are not important?”

This is probably the hardest question I’ve had to answer in my years as a parent and in my 16-plus years of professional life, for that matter. I had grown up in my hometown in Lebanon, the younger of two daughters to a very hard-working pilot and director of operations for the Lebanese Airlines and a super-supportive stay-at-home mom and grandma.

My father had encouraged my sister and I to pursue our education even though our culture emphasized at the time that it was sons and not daughters who should be professionally motivated. I was one of very few girls of my generation who left home at 18 to study abroad. My father didn’t have a son, and so I, in a sense, became his.

Fast-forward a couple of decades, and I hope I didn’t do too badly in making my father proud of his would-be son. As I got my Bachelor’s and PhD in electrical engineering, did R and D in the UK, then consulting in the Middle East, I have always been in male-dominated environments.

Truth be told, I have never found a role model I could truly identify with. My mother’s generation wasn’t into professional leadership. There were some encouraging men along the way, but none knew the demands and pressures I was facing, pressures that got particularly acute when I had my own two beautiful children.

And although Western women love to give us poor, oppressed Arab women advice, they live different lives with different constraints. So Arab women of my generation have had to become our own role models. We have had to juggle more than Arab men, and we have had to face more cultural rigidity than Western women.

As a result, I would like to think that we poor, oppressed women actually have some useful, certainly hard-earned lessons to share, lessons that might turn out useful for anyone wishing to thrive in the modern world. Here are three of mine.

There is this word that everybody is touting as the key to success: resilience. Well, what exactly is resilience, and how do you develop it? I believe resilience is simply the ability to transform shit into fuel.

In my previous job, well before my current firm, I was working with a man we will call John. I had teamed up with John and was working hard, hoping he would notice how great I was and that he would come to support my case to make partner at the firm. I was, in addition to delivering on my consulting projects, writing passionately on the topic of women economic empowerment.

One day, I got to present my research to a roomful of MBA students. John was part of the audience listening for the first time to the details of my study. As I proceeded with my presentation, I could see John in the corner of my eye. He had turned a dark shade of pink and had slid under his chair in apparent shame.

I finished my presentation to an applauding audience and we rushed out and jumped into the car. There he exploded. “What you did up there was unacceptable! You are a consultant, not an activist!” I said, “John, I don’t understand. I presented a couple of gender parity indices, and some conclusions about the Arab world. Yes, we do happen to be today at the bottom of the index, but what is it that I said or presented that was not factual?” To which he replied, “The whole premise of your study is wrong. What you are doing is dangerous and will break the social fabric of our society.” He paused, then added, “When women have children, their place is in the home.”

Time stood still for a long while, and all I could think and repeat in the chaos of my brain was: “You can forget about that partnership, Leila. It’s just never going to happen.” It took me a couple of days to fully absorb this incident and its implications, but once I did, I reached three conclusions.

One, that these were his issues, his complexes. There may be many like him in our society, but I would never let their issues become mine. Two, that I needed another sponsor, and fast.

I got one, by the way, and boy, was he great. And three, that I would get to show John what women with children can do. I apply this lesson equally well to my personal life. As I have progressed in my career, I have received many words of encouragement, but I have also often been met by women, men and couples who have clearly had an issue with my husband and I having chosen the path of a dual-career couple.

So you get this well-meaning couple who tells you straight out at a family gathering or at a friends gathering, that, come on, you must know you’re not a great mom, given how much you’re investing in your career, right? I would lie if I said these words didn’t hurt. My children are the most precious thing to me, and the thought that I could be failing them in any way is intolerable. But just like I did with John, I quickly reminded myself that these were their issues, their complexes.

So instead of replying, I gave back one of my largest smiles as I saw, in flashing light, the following sign in my mind’s eye.

You see, as a young woman in these situations, you have two options. You can either decide to internalize these negative messages that are being thrown at you, to let them make you feel like a failure, like success is way too hard to ever achieve, or you can choose to see that others’ negativity is their own issue, and instead transform it into your own personal fuel.

I have learned to always go for option two, and I have found that it has taken me from strength to strength. And it’s true what they say: success is the best revenge. Some women in the Middle East are lucky enough to be married to someone supportive of their career. Correction: I should say “smart enough,” because who you marry is your own choice, and you’d better marry someone supportive if you plan to have a long career. Still today, the Arab man is not an equal contributor in the home. It’s simply not expected by our society, and even frowned upon as not very manly. As for the Arab woman, our society still assumes that her primary source of happiness should be the happiness and prosperity of her children and husband.

She mostly exists for her family. Things are changing, but it will take time. For now, it means that the professional Arab woman has to somehow maintain the perfect home, make sure that her children’s every need is being taken care of and manage her demanding career. To achieve this, I have found the hard way that you need to apply your hard-earned professional skills to your personal life. You need to work your life.

Here is how I do this in my personal life. One thing to know about the Middle East is that nearly every family has access to affordable domestic help. The challenge therefore becomes how to recruit effectively. Just like I would in my business life, I have based the selection of who would support me with my children while I’m at work on a strong referral. Cristina had worked for four years with my sister and the quality of her work was well-established. She is now an integral member of our family, having been with us since Alia was six months old. She makes sure that the house is running smoothly while I’m at work, and I make sure to empower her in the most optimal conditions for her and my children, just like I would my best talent at work. This lesson applies whatever your childcare situation, whether an au pair, nursery, part-time nanny that you share with someone else. Choose very carefully, and empower.

If you look at my calendar, you will see every working day one and a half hours from 7pm to 8:30pm UAE time blocked and called “family time.” This is sacred time. I have done this ever since Alia was a baby. I do everything in my power to protect this time so that I can be home by then to spend quality time with my children, asking them about their day, checking up on homework, reading them a bedtime story and giving them lots of kisses and cuddles. If I’m traveling, in whatever the time zone, I use Skype to connect with my children even if I am miles away. Our son Burhan is five years old, and he’s learning to read and do basic maths. Here’s another confession: I have found that our daughter is actually more successful at teaching him these skills than I am.

It started as a game, but Alia loves playing teacher to her little brother, and I have found that these sessions actually improve Burhan’s literacy, increase Alia’s sense of responsibility, and strengthen the bonding between them, a win-win all around. The successful Arab women I know have each found their unique approach to working their life as they continue to shoulder the lion’s share of responsibility in the home.

But this is not just about surviving in your dual role as a career woman and mother. This is also about being in the present. When I am with my children, I try to leave work out of our lives. Instead of worrying about how many minutes I can spend with them every day, I focus on turning these minutes into memorable moments, moments where I’m seeing my kids, hearing them, connecting with them.

Arab women of my generation have not been very visible in the public eye as they grew up. This explains, I think, to some extent, why you find so few women in politics in the Arab world. The upside of this, however, is that we have spent a lot of time developing a social skill behind the scenes, in coffee shops, in living rooms, on the phone, a social skill that is very important to success: networking. I would say the average Arab woman has a large network of friends and acquaintances. The majority of those are also women.

In the West, it seems like ambitious women often compare themselves to other women hoping to be noticed as the most successful woman in the room. This leads to the much-spoken-about competitive behavior between professional women.

If there’s only room for one woman at the top, then you can’t make room for others, much less lift them up. Arab women, generally speaking, have not fallen for this psychological trap. Faced with a patriarchal society, they have found that by helping each other out, all benefit.

In my previous job, I was the most senior woman in the Middle East, so one could think that investing in my network of female colleagues couldn’t bring many benefits and that I should instead invest my time developing my relationships with male seniors and peers. Yet two of my biggest breaks came through the support of other women.

It was the head of marketing who initially suggested I be considered as a young global leader to the World Economic Forum. She was familiar with my media engagements and my publications, and when she was asked to voice her opinion, she highlighted my name. It was a young consultant, a Saudi lady and friend, who helped me sell my first project in Saudi Arabia, a market I was finding hard to gain traction in as a woman. She introduced me to a client, and that introduction led to the first of very many projects for me in Saudi.

Today, I have two senior women on my team, and I see making them successful as key to my own success. Women continue to advance in the world, not fast enough, but we’re moving. The Arab world, too, is making progress, despite many recent setbacks. Just this year, the UAE appointed five new female ministers to its cabinet, for a total of eight female ministers. That’s nearly 28 percent of the cabinet, and more than many developed countries can claim.

This is today my daughter Alia’s favorite picture. This is the result, no doubt, of great leadership, but it is also the result of strong Arab women not giving up and continuously pushing the boundaries. It is the result of Arab women deciding every day like me to convert shit into fuel, to work their life to keep work out of their life, and to join forces and not compete.

As I look to the future, my hopes for my daughter when she stands on this stage some 20, 30 years from now are that she be as proud to call herself her mother’s daughter as her father’s daughter. My hopes for my son are that by then, the expression “her mother’s son” or “mama’s boy” would have taken on a completely different meaning.

Thank you.

「アラブの実業家からの成功に関する3つの教訓(3 lessons on success from an Arab businesswoman)」の和訳

“ママ、この人たちは誰?”

それは、私の幼い娘アリアからの無邪気な質問でした。彼女が3歳ごろだった頃、私たちはアブダビの大きな高級モールのひとつを歩いていました。

アリアはモールの中央に立っている巨大なポスターをじっと見つめていました。それにはアラブ首長国連邦の三人の統治者が描かれていました。彼女が私の横に寄りかかると、私は身をかがめて、これらはアラブ首長国連邦の統治者であり、彼らは国を発展させ、その統一を保つために一生懸命働いてきた人々だと説明しました。彼女は尋ねました。「ママ、なぜここ、私たちの住んでいる場所や、おばあちゃんとおじいちゃんが住んでいるレバノンでは、強力な女性の写真を壁に掲示しているのを見たことがないの?女性は大切ではないからですか?」

これはおそらく、私が親として過ごした年月や、16年以上の専門的な経歴の中で、最も難しい質問でしょう。私はレバノンの故郷で育ち、非常に一生懸命働くパイロットであり、レバノン航空の運航部長である父と、サポートの手厚い専業主婦の母と祖母の次女として育ちました。

私の父は、当時文化的には息子でなければ職業的なやる気を持つべきではないと強調されていたにもかかわらず、私と姉妹に教育を追求するよう促しました。私は18歳で海外留学のために家を出た、私の世代の非常に少数の女の子の1人でした。私の父には息子がいなかったので、私がある意味で彼の息子になりました。

数十年が経ち、私は父を誇らしく思わせることができたと思います。電気工学の学士号と博士号を取得し、英国で研究開発をし、その後中東でコンサルティングを行い、私は常に男性が多い環境にいました。

正直なところ、私は自分に本当に共感できるロールモデルを見つけることはありませんでした。母の世代はプロのリーダーシップに興味がありませんでした。途中でいくつかの励ましを受けた男性はいましたが、誰も私が直面している要求やプレッシャーを知りませんでした。私自身が美しい2人の子供を持ったとき、そのプレッシャーは特に強くなりました。

そして、西洋の女性は私たちかわいそうで抑圧されたアラブの女性にアドバイスを与えるのが大好きですが、彼らは異なる制約の下で異なる生活を送っています。そのため、私の世代のアラブの女性は自分たちのロールモデルにならなければなりませんでした。私たちはアラブの男性よりも多くのことを抱えなければならず、西洋の女性よりも文化的な硬直さに直面しなければなりませんでした。

その結果、私は実際に私たちかわいそうで抑圧された女性たちが、実用的で確かに手に入れた教訓をいくつか持っていると考えています。これらの教訓は、現代社会で繁栄したいと願う人にとって役立つかもしれません。ここに私の教訓の3つがあります。

Resilienceって言葉が成功の鍵としてみんなに持ち上げられているけど、それって一体何なのかしら?それをどうやって身につけるのかしら?私は、Resilience(回復力)とは単純に、クソを燃料に変える能力だと信じています。

以前の職場、今の会社よりもずっと前の仕事で、ある男性、ここではジョンと呼ぼう、と一緒に仕事をしていました。私はジョンとチームを組んで一生懸命働いていたのです。彼が私の素晴らしさに気付き、私がパートナーになるための支持をしてくれることを期待していました。私は、コンサルティングプロジェクトをこなすだけでなく、女性の経済的自立に関する情熱的な記事も書いていました。

ある日、私は自分の研究をMBAの学生たちの前でプレゼンする機会を得ました。ジョンもその場にいて、私の研究の詳細を初めて聞いていました。プレゼンを進める中で、目の端にジョンが見えました。彼は暗いピンク色になり、恥ずかしそうに椅子の下に潜り込んでいました。

私はプレゼンを終えると、拍手する観客の前で会場を出て車に飛び乗りました。そこで彼は爆発しました。「君がそこでやったことは許されない!君はコンサルタントであり、アクティビストではない!」私は「ジョン、わからない。私はジェンダー平等指数とアラブ世界に関するいくつかの結論を提示しただけよ。そう、今日はその指数の一番下にいるかもしれないけど、何が事実ではなかったの?」と言いました。それに彼は、「あなたの研究の全体的な前提が間違っている。あなたがしていることは危険で、社会の結束を壊すだろう」と答えました。そして、「女性が子供を産むとき、彼女たちの居場所は家庭にある」と付け加えました。

その時間はずっと止まっていたようで、私が考え、混乱した頭の中で繰り返していたのは「パートナーシップのことは忘れていいわ、レイラ。絶対に実現しないから」という言葉でした。この出来事とその意味を完全に理解するのに数日かかりましたが、理解した後、私は3つの結論に達しました。

一つは、彼の問題であり、彼の複雑な問題だということ。私たちの社会には彼のような人がたくさんいるかもしれませんが、彼らの問題を私の問題にすることは決して許しません。二つは、私には別のスポンサーが必要で、急いで。

私は一人、とっても素晴らしいパートナーを見つけたんだけどね。彼は本当にすごかったわ。そして三つ目、私はジョンに女性が子供を持つことができることを示すことができると信じているわ。この教訓を私の個人生活にも同様に適用しています。キャリアを積んでいく中で、多くの励ましの言葉をいただいた一方で、私と夫がデュアルキャリアの道を選んだことに明らかに問題を抱いている女性や男性、カップルにしばしば出会います。

たとえば、家族の集まりや友人の集まりで、率直に「もちろん、キャリアにどれだけエネルギーを注いでいるのかを考えると、君が素晴らしい母親だとは思えないよね?」と言われることがあります。これらの言葉が傷つかないと言ったら嘘になります。私の子供たちは私にとって最も尊い存在であり、彼らを何らかの方法で失敗してしまう可能性があるという考えは許容できません。でも、ジョンの時と同様に、私はすぐにこれは彼らの問題、彼らの複雑な問題だと自分に言い聞かせました。

だから、返事をせずに、私の最も大きな笑顔を返したのです。心の中で、次の言葉が文字通り私の目に浮かびました。(拍手) 若い女性にとって、このような状況で二つの選択肢があります。ネガティブなメッセージを内面化して、自分を失敗者のように感じさせ、成功は達成不可能だと感じさせるか、他人の否定的な面を彼ら自身の問題と見なし、それを自分の燃料に変えることができます。

私は常に後者を選ぶようになり、それが私を次々と強くしていったことを実感しています。彼らが言うように、成功は最高の復讐です。中東の一部の女性は、キャリアを支援してくれる人と結婚する幸運に恵まれています。訂正:「賢明な人」と言うべきですね。だって、結婚する相手は自分で選ぶことができるし、長いキャリアを持ちたいなら、支援的な人と結婚した方がいいからね。今でも、アラブの男性は家庭での平等な貢献者ではありません。それは単に私たちの社会では期待されておらず、あまり男らしくないと見なされています。アラブの女性に関しては、私たちの社会は彼女の幸福の主要な源が子供や夫の幸福と繁栄であると仮定しています。

彼女の大部分の時間は家族のために存在しています。状況は変わりつつありますが、時間がかかります。現時点では、プロのアラブ女性は何とか完璧な家庭を維持し、子供たちのすべてのニーズを確実に満たし、要求の厳しいキャリアを管理しなければなりません。これを実現するには、私は自らが学んだ難しい道を通って、自分の専門的なスキルを個人生活に適用する必要があることを知りました。自分の人生を仕事として取り組む必要があります。

私が個人生活でこれをどのように実践しているかを説明します。中東について知っておくべきことの一つは、ほぼすべての家族が手頃な価格で家事労働者を雇うことができるということです。したがって、課題は効果的に採用する方法です。ビジネスで行うのと同じように、私は仕事中に子供たちをサポートしてくれる人を選ぶ際に強力な紹介に基づいています。クリスティーナは私の姉と4年間一緒に働いており、彼女の仕事の質は確立されています。彼女は今やアリアが6か月のときから私たちと一緒にいる私たちの家族の不可欠なメンバーです。私が仕事中に家がスムーズに運営されていることを確認し、私は彼女を私の最高の才能と同様に最適な状況で力づけるようにしています。この教訓は、あなたの保育状況に関係なく適用されます。お手伝いさん、保育園、他の誰かと共有するパートタイムのベビーシッターです。非常に注意して選び、力を与えることです。

私のカレンダーを見ると、毎週の仕事日の7時から8時半までの1時間半が「家族の時間」としてブロックされています。これは神聖な時間です。これをアリアが赤ちゃんのときから行っています。私はその時間を保護するためにできる限りのことをします。家族との質の高い時間を過ごすために、家に帰ることができるように、彼らの一日を尋ねたり、宿題をチェックしたり、寝る前の物語を読んだり、たくさんのキスやハグをします。私が旅行中でも、どのようなタイムゾーンでも、私はSkypeを使用して子供たちとつながります。私たちの息子ブルハンは5歳で、読み書きや基本的な数学を学んでいます。もう1つの告白ですが、私の娘の方がこれらのスキルを彼に教えるのに実際に私よりも成功していることがわかりました。

ゲームから始まったものの、アリアは弟に先生役をすることが大好きで、これらのセッションが実際にブルハンの読み書き能力を向上させ、アリアの責任感を高め、彼らの絆を強めることがわかりました。すべてがWin-Winです。私が知っている成功したアラブの女性たちは、それぞれが家庭内の責任の大部分を肩代わりしながら、彼ら自身の人生を働かせるユニークな方法を見つけました。

しかし、これは単にキャリアウーマンと母親の二重の役割で生き残ることに関するものではありません。これはまた、現在にいることです。子供たちと一緒にいるとき、私は仕事を私たちの生活から排除しようとします。毎日彼らとどれだけの時間を過ごせるかを心配する代わりに、私はこれらの時間を思い出に変えることに焦点を当てます。子供たちを見て、彼らの声を聞いて、彼らとつながる瞬間です。

私たちの世代のアラブ女性は、成長していく中であまり公の場には現れていませんでした。これがアラブ世界の政治に女性が少ない理由の一部を説明していると思います。ただし、その反面、私たちは、コーヒーショップ、リビングルーム、電話で、舞台裏で社会的なスキルを開発するために多くの時間を費やしました。成功に非常に重要なネットワーキングです。私は、平均的なアラブの女性が多くの友人や知人のネットワークを持っていると言います。その大部分は女性です。

西洋では、野心的な女性はしばしば他の女性と比較して、部屋で最も成功した女性として注目されることを期待しています。これは、プロの女性の間で話題になっている競争行動につながります。

もし頂点に一人しか女性がいる余地がないなら、他の女性に場所を与えることなどできません、それどころか、彼女たちを支えることもできません。一般的にアラブの女性は、この心理的な罠に陥ることはありませんでした。父権的な社会に直面して、彼らは互いに助け合うことで、みなが利益を受けることがわかりました。

私の以前の仕事では、中東で最も高い地位にいた女性でした。そのため、女性同僚のネットワークに投資することが多くの利益をもたらさないと考えるかもしれませんし、むしろ時間を費やして男性の上司や同僚との関係を築くべきだと思われるかもしれません。しかし、私にとって最大のチャンスは他の女性の支援によってもたらされました。

最初に私を世界経済フォーラムの若手グローバルリーダーとして検討するよう提案してくれたのは、マーケティング部長でした。彼女は私のメディアでの取り組みや出版物を知っており、彼女に意見を述べるよう求められたとき、私の名前を強調しました。初めてのサウジアラビアでのプロジェクトを売るのを手伝ってくれたのは、若いコンサルタントであり、サウジアラビア人の友人でした。私が女性として市場で足場を築くのが難しいと感じていた市場です。彼女は私をクライアントに紹介し、その紹介が私にとってサウジアラビアでの最初のプロジェクトのきっかけとなりました。

今日、私のチームには2人のシニア女性がいます。彼女たちの成功を私自身の成功にとって重要なものと見なしています。女性は世界で進歩し続けています、速度は十分ではありませんが、進んでいます。アラブ世界も多くの最近の挫折にもかかわらず、進歩しています。今年、UAEは新しい女性閣僚を5人任命し、合計8人の女性閣僚がいます。それは内閣のほぼ28%であり、多くの先進国よりも多いです。

これは今日、私の娘アリアのお気に入りの写真です。これは間違いなく偉大なリーダーシップの結果ですが、強力なアラブの女性があきらめずに常に限界を押し広げてきた結果でもあります。これは、私のような毎日のように糞を燃料に変え、仕事を人生から排除し、力を合わせて競争しないことを選んだアラブの女性たちの結果です。

未来を見据えると、20年、30年後にこのステージに立つ娘に対する私の願いは、彼女が父の娘と同じくらい誇りに思うことです。私の息子に対する願いは、その時には、「彼女の息子」という言葉がまったく異なる意味を持つようになっていることです。

ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました