未来の自分を守るための貯蓄法3選具体的なステップで始めよう

お金

We all want to save more money — but overall, people today are doing less and less of it. Behavioral scientist Wendy De La Rosa studies how everyday people make decisions to improve their financial well-being. What she’s found can help you painlessly make the commitment to save more and spend less.

誰もがもっとお金を節約したいと考えていますが、全体として、今日の人々は節約することがますます少なくなっています。

行動科学者のウェンディ・デ・ラ・ロサは、日常の人々が経済的幸福を改善するためにどのように意思決定を行っているかを研究しています。彼女が発見したことは、より多くのお金を節約し、支出を減らすという決意を苦労せずに達成するのに役立ちます。

タイトル 3 psychological tricks to help you save money
お金を節約するための3つの心理的トリック
スピーカー ウェンディ・デ・ラ・ロサ
アップロード 2019/02/09

「お金を節約するための3つの心理的トリック(3 psychological tricks to help you save money)」の文字起こし

We all know that saving is important and is something that we should be doing. And yet, overall, we’re doing less and less of it. We know what we need to do. The question is: How do we do it? And that’s what I’m here to teach you. Your savings behavior isn’t a question of how smart you are or how much willpower you have. The amount we save depends on the environmental cues around us.

Let me give you an example. We ran a study in which, in one group, we showed people their income on a monthly basis. In another group, we showed people their income on a weekly basis. And what we found was that people who saw their income on a weekly basis were able to budget better throughout the month. Now, it’s important to know that we didn’t change how much money people were receiving, we just changed the environment in which they understood their income. And environmental cues like this have an impact.

So I’m not going to share tricks with you that you already know. I’m not going to tell you how to open up a savings account or how to start saving for your retirement. What I am going to share with you is how to bridge this gap from your intentions to save and your actions. Are you ready?

Here’s number one: harness the power of pre-commitment. Fundamentally, we think about ourselves in two different ways: our present self and our future self. In the future, we’re perfect. In the future, we’re going to save for retirement, we’re going to lose weight, we’re going to call our parents more. But we oftentimes forget that our future self is exactly the same person as our present self.

We know that one of the best times to save is when you get your tax return. So we tried an A/B test. In the first group, we texted people in early February, hopefully before they even filed for their taxes. And we asked them, “If you get a tax refund, what percentage would you like to save?” Now this is a really hard question.

They didn’t know if they would receive a tax refund or how much. But we asked the question anyway. In the second group, we asked people right after they received their refund, “What percentage would you like to save?” Now, here’s what happened. In that second condition, when people just received their tax refund, they wanted to save about 17 percent of their tax refund. But in the condition when we asked people before they even filed their taxes, savings rates increased from 17 percent to 27 percent when we asked in February. Why? Because you’re committing for your future self, and of course your future self can save 27 percent.

These large changes in savings behavior came from the fact that we changed the decision-making environment. We want you to be able to harness that same power. So take a moment and think about the ways in which you can sign up your future self for something that you know today will be a little bit hard. Sign up for an app that lets you make savings decisions in advance. The trick is, you have to have that binding contract.

Number two: use transition moments to your advantage. We did an experiment with a website that helps older adults share their housing. We ran two ads on social media, targeted to the same population of 64-year-olds. In one group, we said, “Hey, you’re getting older. Are you ready for retirement? House sharing can help.” In the second group, we got a little bit more specific and said, “You’re 64 turning 65. Are you ready for retirement? House sharing can help.” What we’re doing in that second group is highlighting that a transition is happening. All of a sudden, we saw click-through rates, and ultimately sign-up rates, increase when we highlight that.

In psychology, we call this the “fresh start effect.” Whether it’s the start of a new year or even a new season, your motivation to act increases. So right now, put a meeting request on your calendar for the day before your next birthday. Identify the one financial thing you most want to do. And commit yourself to it.

The third and final trick: get a handle on small, frequent purchases. We’ve run a few different studies and found that the number one purchase people say they regret, after bank fees, is eating out. It’s a frequent purchase we make almost every day, and it’s death by a thousand cuts. A coffee here, a burrito there … It adds up and decreases our ability to save.

Back when I lived in New York City, I looked at my expenses and saw that I spent over 2,000 dollars on ride-sharing apps. It was more than my New York City rent. I vowed to make a change. And the next month, I spent 2,000 dollars again — no change, because the information alone didn’t change my behavior. I didn’t change my environment. So now that I was 4,000 dollars in the hole, I did two things.

The first is that I unlinked my credit card from my car-sharing apps. Instead, I linked a debit card that only had 300 dollars a month. If I needed more, I had to go through the whole process of adding a new card, and we know that every click, every barrier, changes our behavior. We aren’t machines. We don’t carry around an abacus every day, adding up what we’re spending, in comparison to what we wanted. But what our brains are very good at is counting up the number of times we’ve done something.

So I gave myself a limit. I can only use ride-sharing apps three times a week. It forced me to ration my travels. I got a handle on my car-sharing expenses to the benefit of my husband, because of the environmental changes that I did. So get a handle on whatever that purchase is for you, and change your environment to make it harder to do so.

Those are my tips for you. But I want you to remember one thing. As human beings, we can be irrational when it comes to saving and spending and budgeting. But luckily, we know this about ourselves, and we can predict how we’ll act under certain environments. Let’s do that with saving. Let’s change our environment to help our future selves.

「お金を節約するための3つの心理的トリック(3 psychological tricks to help you save money)」の和訳

皆さんもご存知の通り、貯蓄は重要で、私たちが行うべきことの一つです。しかし、全体的に見て、私たちはますますそれを行っていません。私たちは何をすべきかを知っています。問題は、それをどうやって実行するかです。そして、それを教えるためにここにいるのです。貯蓄行動は、あなたがどれだけ賢いかや意志力があるかという問題ではありません。私たちが貯蓄する金額は、私たちの周りの環境的な刺激に依存します。

例を挙げましょう。あるグループでは、人々の収入を月次で表示し、別のグループでは週次で表示しました。すると、週次で収入を見た人々が月全体で予算を立てるのに役立ったことがわかりました。重要なことは、人々が受け取る金額を変えていないことです。収入を理解する環境だけを変えたのです。こうした環境的な刺激は影響を与えます。

ですから、既に知っているトリックを共有するつもりはありません。貯蓄口座を開設する方法や、将来のために貯蓄を始める方法を教えるつもりはありません。私が皆さんと共有するのは、意図した貯蓄と行動の間のギャップを埋める方法です。準備はいいですか?

まず第一に、先行コミットメントの力を利用することです。基本的に、私たちは自分自身を2つの異なる方法で考えます。現在の自分と未来の自分です。未来では、私たちは完璧です。将来、私たちは老後のために貯蓄をし、体重を減らし、親をより多く呼びます。しかし、私たちは時々、未来の自分が現在の自分とまったく同じ人物であることを忘れてしまいます。

私たちは、税金還付を受け取った時が最適な貯蓄のタイミングの一つであることを知っています。そこで、A/Bテストを行いました。最初のグループでは、2月初旬に人々にテキストメッセージを送り、彼らが税金の還付を受け取った場合、何パーセントを貯蓄するかを尋ねました。これは本当に難しい質問です。

彼らは税金還付を受け取るかどうか、またいくら受け取るかを知りませんでした。しかし、とにかくその質問をしました。第二のグループでは、人々が税金還付を受け取った直後に、「何パーセントを貯蓄したいですか?」と尋ねました。では、何が起こったかを見てみましょう。その第二の条件では、人々は税金還付を受け取ったばかりの時に、その還付の約17パーセントを貯蓄したいと考えていました。しかし、税金を申告する前に尋ねた2月に、貯蓄率が17パーセントから27パーセントに増加しました。なぜでしょうか?なぜなら、未来の自分は27パーセントを貯蓄できるからです。

貯蓄行動の大幅な変化は、意思決定環境を変えたことから生じました。私たちは、あなたが同じ力を利用できるようにしたいのです。ですから、今日知っていることが少し難しいことに未来の自分を登録する方法を考えてみてください。将来の貯蓄を事前に決定できるアプリに登録してみてください。そのトリックは、拘束力のある契約を持っている必要があります。

第二に、移行時の利点を活用してください。私たちは、高齢者が住居を共有するのを手助けするウェブサイトの実験を行いました。同じ64歳の人口を対象に、ソーシャルメディアで2つの広告を掲載しました。第一のグループでは、「年を取っています。退職の準備はできていますか?家の共有が役立ちます。」と言いました。第二のグループでは、少し具体的になり、「あなたは65歳になる64歳です。退職の準備はできていますか?家の共有が役立ちます。」と言いました。その第二のグループでは、移行が起こっていることを強調しています。そのように強調すると、クリックスルーや最終的な登録率が急上昇しました。

心理学では、これを「新しい始まりの効果」と呼びます。新しい年の始まりや新しい季節の始まりで、行動する意欲が高まります。だから、今すぐ次の誕生日の前日にカレンダーに会議のリクエストを入れてください。あなたが最もしたい財務上のことを特定して、それにコミットしてください。

第三かつ最後のヒント:小さな頻繁な購入に対処する。いくつかの異なる研究を行い、銀行手数料に続いて人々が最も後悔している購入は外食だとわかりました。これはほぼ毎日行う頻繁な購入であり、千切りによる死です。ここで1杯のコーヒー、そこで1個のブリトー…。これが積み重なり、私たちの貯蓄能力を低下させます。

私がニューヨーク市に住んでいたとき、私は自分の支出を見て、ライドシェアアプリに2000ドル以上を使っていることがわかりました。それは私のニューヨーク市の家賃よりも多かったのです。私は変えることを誓いました。そして、次の月、私は再び2000ドルを使いました–何も変わりませんでした。情報だけでは行動が変わりませんでした。私は環境を変えませんでした。だから、今では4000ドルの負債があり、2つのことをしました。

まず、クレジットカードをライドシェアアプリから解除しました。代わりに、月に300ドルしかないデビットカードをリンクしました。必要があれば、新しいカードを追加するための手順をすべて経なければなりませんでした。私たちは機械ではありません。毎日持ち歩いている算盤で、支出をしているわけではありません。しかし、私たちの脳は私たちが何をしたかを数えるのに非常に優れています。

だから、私は自分に制限を与えました。週に3回しかライドシェアアプリを使えません。私の移動を配給するようになりました。私は自分の車の共有の費用を把握しました。そして、私が行った環境の変化のおかげで、夫の利益にもなりました。だから、あなたにとってそれが何であるかを理解し、環境を変えてそれを行うのが得策です。

これが私のあなたへのヒントです。しかし、1つだけ覚えておいて欲しいことがあります。我々人間は、貯蓄や支出、予算立てに関しては非合理的になることがあります。しかし、幸いなことに、私たちは自分たちについてこれを知っており、特定の環境下でどのように行動するかを予測することができます。貯蓄でもそうしましょう。私たちは将来の自分を助けるために環境を変えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました