1.2百万票の黒人票を動かしたスタイシー・エイブラムスの挑戦

自己啓発

How you respond to setbacks is what defines your character, says Stacey Abrams, the first black woman in the history of the United States to be nominated by a major party for governor. In an electrifying talk, she shares the lessons she learned from her campaign for governor of Georgia — and some advice on how to change the world. “Be aggressive about your ambition,” Abrams says.

米国史上初めて黒人女性として主要政党から州知事に指名されたステイシー・エイブラムス氏は、挫折にどう対応するかがその人の性格を決めると語る。衝撃的なトークの中で、彼女はジョージア州知事選挙のキャンペーンから学んだ教訓と、世界を変える方法についてのアドバイスを共有します。

「自分の野心に対して積極的になってください」とエイブラムスは言う。

タイトル 3 questions to ask yourself about everything you do
自分の行動すべてについて自問すべき3つの質問
スピーカー ステイシー・エイブラムス
アップロード 2019/01/09

「自分の行動すべてについて自問すべき3つの質問(3 questions to ask yourself about everything you do)」の文字起こし

When I was in high school at the age of 17 — I graduated from high school in Decatur, Georgia, as valedictorian of my high school — I was very proud of myself. I was from a low-income community, I had grown up in Mississippi, we’d moved from Mississippi to Georgia so my parents could pursue their degrees as United Methodist ministers. We were poor, but they didn’t think we were poor enough, so they were going for permanent poverty.

And so, while they studied at Emory, I studied at Avondale, and I became valedictorian.

Well, one of the joys of being valedictorian in the state of Georgia is that you get invited to meet the governor of Georgia. I was mildly interested in meeting him. It was kind of cool. I was more intrigued by the fact that he lived in a mansion, because I watched a lot of “General Hospital” and “Dynasty” as a child.

And so I got up that morning, ready to go to visit the governor. My mom and my dad, who were also invited, got up, and we went outside. But we didn’t get in our car. And in the South, a car is a necessary thing. We don’t have a lot of public transit, there aren’t a lot of options. But if you’re lucky enough to live in a community where you don’t have a car, the only option is public transit. And that’s what we had to take. And so we got on the bus.

We took the bus from Decatur all the way to Buckhead, where the Governor’s Mansion sat on this really beautiful acreage of land, with these long black gates that ran the length of the property. We get to the Governor’s Mansion, we pull the little lever that lets them know this is our stop, we get off the bus, my mom, my dad and I, we walk across the street. We walk up the driveway, because there are cars coming up, cars bringing in students from all across the state of Georgia. So we’re walking along the side. And as we walk single file along the side, my mom and dad sandwiching me to make sure I don’t get hit by one of the cars bringing in the other valedictorians, we approach the guard gate.

When we get to the guard gate, the guard comes out. He looks at me, and he looks at my parents, and he says, “You don’t belong here, this is a private event.” My dad says, “No, this is my daughter, Stacey. She’s one of the valedictorians.” But the guard doesn’t look at the checklist that’s in his hands. He doesn’t ask my mom for the invitation that’s at the bottom of her very voluminous purse. Instead, he looks over our shoulder at the bus, because in his mind, the bus is telling him a story about who should be there. And the fact that we were too poor to have our own car — that was a story he told himself. And he may have seen something in my skin color, he may have seen something in my attire; I don’t know what went through his mind. But his conclusion was to look at me again, and with a look of disdain, say, “I told you, this is a private event. You don’t belong here.”

Now, my parents were studying to become United Methodist ministers, but they were not pastors yet.

And so they proceeded to engage this gentleman in a very robust discussion of his decision-making skills.

My father may have mentioned that he was going to spend eternity in a very fiery place if he didn’t find my name on that checklist. And indeed, the man checks the checklist eventually, and he found my name, and he let us inside. But I don’t remember meeting the governor of Georgia. I don’t recall meeting my fellow valedictorians from 180 school districts. The only clear memory I have of that day was a man standing in front of the most powerful place in Georgia, looking at me and telling me I don’t belong.

And so I decided, 20-some-odd years later, to be the person who got to open the gates.

Unfortunately, you may have read the rest of the story. It didn’t quite work out that way. And now I’m tasked with figuring out: How do I move forward? Because, you see, I didn’t just want to open the gates for young black women who had been underestimated and told they don’t belong. I wanted to open those gates for Latinas and for Asian Americans. I wanted to open those gates for the undocumented and the documented. I wanted to open those gates as an ally of the LGBTQ community. I wanted to open those gates for the families that have to call themselves the victims of gun violence. I wanted to open those gates wide for everyone in Georgia, because that is our state, and this is our nation, and we all belong here.

But what I recognized is that the first try wasn’t enough. And my question became: How do I move forward? How do I get beyond the bitterness and the sadness and the lethargy and watching an inordinate amount of television as I eat ice cream?

What do I do next?

And I’m going to do what I’ve always done. I’m going to move forward, because going backwards isn’t an option and standing still is not enough.

You see, I began my race for governor by analyzing who I was and what I wanted to be. And there are three questions I ask myself about everything I do, whether it’s running for office or starting a business; when I decided to start the New Georgia Project to register people to vote; or when I started the latest action, Fair Fight Georgia.

No matter what I do, I ask myself three questions: What do I want? Why do I want it? And how do I get it? And in this case, I know what I want. I want change. That is what I want. But the question is: What change do I want to see? And I know that the questions I have to ask myself are: One, am I honest about the scope of my ambition? Because it’s easy to figure out that once you didn’t get what you wanted, then maybe you should have set your sights a little lower, but I’m here to tell you to be aggressive about your ambition. Do not allow setbacks to set you back.

Number two, let yourself understand your mistakes. But also understand their mistakes, because, as women in particular, we’re taught that if something doesn’t work out, it’s probably our fault. And usually, there is something we could do better, but we’ve been told not to investigate too much what the other side could have done. And this isn’t partisan — it’s people. We’re too often told that our mistakes are ours alone, but victory is a shared benefit.

And so what I tell you to do is understand your mistakes, but understand the mistakes of others. And be clearheaded about it. And be honest with yourself and honest with those who support you. But once you know what you want, understand why you want it. And even though it feels good, revenge is not a good reason.

Instead, make sure you want it because there’s something not that you should do, but something you must do. It has to be something that doesn’t allow you to sleep at night unless you’re dreaming about it; something that wakes you up in the morning and gets you excited about it; or something that makes you so angry, you know you have to do something about it. But know why you’re doing it. And know why it must be done. You’ve listened to women from across this world talk about why things have to happen. But figure out what the “why” is for you, because jumping from the “what” to the “do” is meaningless if you don’t know why. Because when it gets hard, when it gets tough, when your friends walk away from you, when your supporters forget you, when you don’t win your first race — if you don’t know why, you can’t try again.

So, first know what you want. Second, know why you want it, but third, know how you’re going to get it done. I faced a few obstacles in this race.

Just a few. But in the pursuit, I became the first black woman to ever become the nominee for governor in the history of the United States of America for a major party.

But more importantly, in this process, we turned out 1.2 million African American voters in Georgia. That is more voters than voted on the Democratic side of the ticket in 2014.

Our campaign tripled the number of Latinos who believed their voices mattered in the state of Georgia. We tripled the number of Asian Americans who stood up and said, “This is our state, too.” Those are successes that tell me how I can get it done. But they also let me understand the obstacles aren’t insurmountable. They’re just a little high.

But I also understand that there are three things that always hold us hostage. The first is finances. Now, you may have heard, I’m in a little bit of debt. If you didn’t hear about it, you did not go outside.

And finances are something that holds us back so often, our dreams are bounded by how much we have in resources. But we hear again and again the stories of those who overcome those resource challenges. But you can’t overcome something you don’t talk about. And that’s why I didn’t allow them to debt-shame me in my campaign. I didn’t allow anyone to tell me that my lack of opportunity was a reason to disqualify me from running. And believe me, people tried to tell me I shouldn’t run. Friends told me not to run. Allies told me not to run. “USA Today” mentioned maybe I shouldn’t run.

But no matter who it was, I understood that finances are often a reason we don’t let ourselves dream. I can’t say that you will always overcome those obstacles, but I will tell you, you will be damned if you do not try.

The second is fear. And fear is real. It is paralyzing. It is terrifying. But it can also be energizing, because once you know what you’re afraid of, you can figure out how to get around it.

And the third is fatigue. Sometimes you just get tired of trying. You get tired of reading about processes and politics and the things that stop you from getting where you want to be. Sometimes, fatigue means that we accept position instead of power. We let someone give us a title as a consolation prize, rather than realizing we know what we want and we’re going to get it, even if we’re tired. That’s why God created naps.

But we also learn in those moments that fatigue is an opportunity to evaluate how much we want it. Because if you are beaten down, if you have worked as hard as you can, if you have done everything you said you should, and it still doesn’t work out, fatigue can sap you of your energy.

But that’s why you go back to the “why” of it. Because I know we have to have women who speak for the voiceless. I know we have to have people of good conscience who stand up against oppression. I know we have to have people who understand that social justice belongs to us all.

And that wakes me up every morning, and that makes me fight even harder. Because I am moving forward, knowing what is in my past. I know the obstacles they have for me. I know what they’re going to do, and I’m fairly certain they’re energizing and creating new obstacles now.

But they’ve got four years to figure it out.

Maybe two.

But here’s my point: I know what I want, and that is justice. I know why I want it, because poverty is immoral, and it is a stain on our nation. And I know how I’m going to get it: by moving forward every single day.

Thank you so much.

「自分の行動すべてについて自問すべき3つの質問(3 questions to ask yourself about everything you do)」の和訳

私が高校生だった17歳の時、私はジョージア州ディケーターで高校を卒業し、私の高校の卒業生として最高成績でした。私は自分にとても誇りを感じていました。私は低所得のコミュニティ出身で、ミシシッピで育ち、両親がメソジスト派の牧師としての学位を取るためにミシシッピからジョージアに引っ越しました。私たちは貧しかったですが、彼らは私たちが十分に貧しいとは思っていなかったので、永久的な貧困に向けて進んでいました。

それで、彼らがエモリー大学で勉強している間、私はアボンデールで勉強し、最優秀生徒となりました。

ジョージア州で最優秀生徒であるという喜びの一つは、ジョージア州知事に会う機会があることです。私は彼に会うことに興味がありました。それはなかなかカッコいいことでした。私は、彼が屋敷に住んでいるという事実に興味を持っていました。なぜなら、子供の頃に「ジェネラル・ホスピタル」や「ダイナスティ」をたくさん見ていたからです。

そして、その朝、ジョージア州知事を訪ねる準備をしていました。招待された両親も私も起きて、外に出ました。しかし、車には乗りませんでした。南部では、車は必需品です。公共交通機関があまりないし、選択肢もありません。もし車を持たずに暮らすことができるコミュニティに住む幸運があれば、唯一の選択肢は公共交通機関です。そして、私たちはバスに乗りました。

ディケーターからバックヘッドまでバスに乗り、そこにはジョージア州の知事の屋敷が美しい土地に座っていました。敷地の長い黒い門が続いていました。私たちはジョージア州の最優秀生徒を乗せた車が到着するのを見ながら、道を歩きます。そして、車がやってくるので、私たちは脇を歩いています。私たちは車道を歩き、警備ゲートに近づきます。

警備員がゲートにやって来ました。彼は私を見て、両親を見て、「君たちはここにはいない、これはプライベートイベントだ」と言いました。父は「いや、これは私の娘、ステーシーだ。彼女は最優秀生徒の一人だ」と言いました。しかし、警備員は手に持っているチェックリストを見ませんでした。母親には彼女のかなり大きな鞄の底にある招待状を求めることもありませんでした。代わりに、彼は私たちの後ろのバスを見ました。彼の考えでは、バスはそこにいるべき人々についての物語を彼に語っていたのです。私たちが自分たちの車を持つほど裕福でなかったこと – それは彼が自分自身に語りかけた物語でした。彼は私の肌の色に何かを見たかもしれませんし、私の服装に何かを見たかもしれません。私が知らない間に彼の頭の中を何が通ったかはわかりません。しかし、彼の結論は私に再び見向きもせず、「私が言ったでしょう、これはプライベートイベントだ。君たちはここにいない」と軽蔑のまなざしを浴びせました。

今、私の両親はメソジスト派の牧師になるために勉強していましたが、まだ牧師ではありませんでした

そして彼らは、その男性と彼の意思決定能力について非常に活発な議論を交わしました。

父は、もしこのリストに私の名前がない場合、彼が非常に炎の中で永遠に過ごすことになるかもしれないと口にしたかもしれません。そして実際に、その男性は最終的にリストを確認し、私の名前を見つけて私たちを中に入れました。しかし、私はジョージア州知事に会ったことを覚えていません。180の学区からの仲間の最優秀生徒に会ったことも覚えていません。私がその日にはっきりと覚えていることは、最も強力な場所の前に立つ男性が私を見て、「君たちはここにいない」と言ったということだけでした。

それで、20年以上後、私がゲートを開ける人になることに決めました。

残念ながら、おそらく物語の残りを読んだかもしれません。それはちょっとうまくいかなかったんです。そして今、私はどうやって前進すればいいのかを考えなければなりません。なぜなら、私は自分を過小評価されたと言われ、ここには属していないと言われた若い黒人女性のためにゲートを開けたかったからです。私はそれらのゲートをラテン系とアジア系アメリカ人のために開けたかったのです。私はそれらのゲートを合法的でない移民と合法的な移民のために開けたかったのです。私はLGBTQコミュニティの味方としてそれらのゲートを開けたかったのです。私は銃の暴力の犠牲者として自らを呼ぶ家族のためにそれらのゲートを広く開けたかったのです。私たちの州であるジョージアのみんなのために、私はそれらのゲートを広く開けたかったのです。なぜなら、これは私たちの州であり、これは私たちの国なのです。そして私たちはみんなここに属しているのです。

しかし、私が認識したのは、最初の試みだけでは足りなかったということでした。そして、私の問いは次のようになりました。どうやって前進するか?苦しみや悲しみ、無気力さ、そして過剰なテレビ視聴とアイスクリームを食べることから抜け出すにはどうすればいいのか?次に何をすべきか?

そして、私はこれまでしてきたことをするつもりです。前進します。なぜなら、後退する選択肢はなく、立ち止まることは十分ではないからです。あなたにご紹介するのは、私が知っている3つの質問です。何を望むのか?それを望む理由は何か?そして、それをどうやって手に入れるか?私が知っているのは、私が変化を求めているということです。それが私の望むものです。しかし、問題は、どのような変化を望んでいるのかです。そして、自問自答しなければならない質問は次のとおりです。まず、私の野心の範囲について正直であるかどうかです。自分が望んでいたものが得られなかったら、目標を少し下げればいいとわかることは簡単ですが、私はあなたに自分の野心に積極的であるよう奨めます。挫折があなたを後ろに引き戻すことを許さないでください。

二番目に、自分の間違いを理解することを許してください。しかし、彼らの間違いも理解してください。特に女性として、何かがうまくいかないと、それはおそらく私たちのせいだと教えられています。通常、私たちはもっと良くすることができることがありますが、私たちは他の側が何をすべきだったかをあまり調査することを教えられています。これは党派的な問題ではなく、人々の問題です。私たちは自分の間違いが私たち自身のものであるとしばしば言われますが、勝利は共有される利益です。

だからこそ、私はあなたに、自分の間違いを理解することを許してください、と言いたいのです。しかし、他者の間違いも理解してください。それについては冷静であり、自分自身と支持してくれる人々に正直であることです。しかし、一度求めるものがわかったら、それをなぜ求めるのかを理解してください。そして、それが良い理由である場合でも、復讐は良い理由ではありません。

代わりに、それを望む理由は、あなたがすべきではない、ではなく、あなたがしなければならないことがあるからである必要があります。それは、あなたがそれについて夢を見ないと眠れないものであること、朝目が覚めてそれに興奮すること、またはあなたをとても怒らせることが必要です。何かをしなければならないと感じることです。しかし、なぜそれをやるのかを知ってください。そして、なぜそれをやらなければならないのかを知ってください。あなたはこの世界中の女性たちがなぜ何かが起こらなければならないかについて話すのを聞いてきました。しかし、あなた自身のために「なぜ」が何かを見つけてください。なぜなら、「何」から「やる」に飛ぶことは、なぜを知らなければ意味がありません。なぜなら、それが難しくなったとき、厳しくなったとき、友達があなたから離れ、支持者があなたを忘れ、最初の競争に勝てなかったとき、もしあなたがなぜを知らないなら、再び試すことはできません。

だから、まず自分が何を望んでいるのかを知ってください。第二に、それをなぜ望んでいるのかを知ってくださいが、第三に、それをどのようにして達成するかを知ってください。この競争でいくつかの障害に直面しました。わずかですが。しかし、その追求の中で、私はアメリカ合衆国の歴史上、大きな政党の候補者として初めて黒人女性としてゴヴァナーの指名を受けた最初の人になりました。しかし、さらに重要なことに、このプロセスで、私たちはジョージア州で120万人のアフリカ系アメリカ人有権者を動員しました。それは、2014年に民主党の候補者票を投じた人数よりも多いです。私たちのキャンペーンは、自分たちの声が重要だと信じるラテン系の人々の数を3倍に増やしました。私たちはジョージア州でも私たちの州だと言い立てるアジア系アメリカ人の数を3倍に増やしました。それらは、私がそれをどのようにやるかを私に教える成功例です。しかし、それらは障害が乗り越えられないものではないことを私に理解させます。それらはちょっと高いだけです。

しかし、私も常に私たちを人質にする3つのことがあることを理解しています。その最初は財政です。今、あなたは聞いたかもしれませんが、私は少しだけ借金があります。もしそれを聞いていないなら、外に出ていませんでした。

そして、財政は私たちをしばしば後ろに引き戻すものであり、私たちの夢は資源の量によって制限されます。しかし、何度も何度も、それらの資源の課題を乗り越えた人々の物語を聞いてきました。しかし、あなたは話題にしないものを克服することはできません。だからこそ、私はキャンペーン中に借金を恥じることを許しませんでした。私のチャンスの不足が私の立候補の資格を失う理由だと言う人に誰も私に言わせませんでした。そして、信じてください、私が立候補すべきではないと言おうとする人がいました。友人が私に立候補しないように言いました。協力者が私に立候補しないように言いました。USAトゥデイが私が立候補すべきではないかもしれないと言いました。

しかし、誰が何と言おうとも、私は財政が自分たちが夢を見ることを許さない理由であることを理解しています。私が常にそれらの障害を乗り越えるとは言えませんが、試さなければならないことを伝えます。

2つ目は恐怖です。恐怖は現実です。それは麻痺させるものです。それは恐ろしいものです。しかし、それは活力にもなり得ます。なぜなら、一度何を恐れているのかわかれば、それを回避する方法がわかるからです。

そして3つ目は疲労です。時には、単に試みるのに疲れます。プロセスや政治、自分が望む場所に到達するのを妨げるものについて読むのに疲れることがあります。時には、疲労は、地位を受け入れることを意味します。私たちは、慰めの賞品として誰かに肩書きを与えさせ、私たちが何を望んでいて、それを手に入れると決心することを理解しないでいます。

でも、私たちはまた、そのような瞬間で学びます。疲労はそれを望むかどうかを評価する機会であることを。もし打ちのめされて、自分ができる限りのことをやってきたら、やるべきことをすべてやってきたら、それでもうまくいかないなら、疲労はあなたのエネルギーを奪うことができます。

しかし、それがなぜ「なぜ」に戻る理由です。なぜなら、無口な人々のために話す女性が必要だとわかっています。圧政に立ち向かう善良な良心の持ち主が必要です。社会的正義が私たち全員に属していることを理解する人々が必要です。

それが私を毎朝目覚めさせ、私をより一層戦わせる理由です。なぜなら、私は過去を知っている中で前進しているからです。彼らが私に用意している障害を知っています。彼らが何をするつもりなのかを知っていますし、彼らは今、活力を与え、新しい障害を作り出しているとかなり確信しています。

しかし、彼らはそれを理解する時間が4年あります。

多分2年です。

しかし、ここが私のポイントです:私は何を望んでいるかを知っています。それは正義です。私がそれを望む理由は、貧困が非道徳的であり、それは私たちの国にとって汚点であるからです。そして、私がそれを手に入れる方法を知っています:毎日前進することによって。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました