小規模農家を支援することで貧困から抜け出す方法

社会

Half of the world’s poorest people have something in common: they’re small farmers. In this eye-opening talk, social entrepreneur Andrew Youn shows how his group, One Acre Fund, is helping these farmers lift themselves out of poverty by delivering to them life-sustaining farm services that are already in use all over the world. Enter this talk believing we’ll never be able to solve hunger and extreme poverty and leave it with a new understanding of the scale of the world’s biggest problems.

世界で最も貧しい人々の半数には、小規模農家であるという共通点があります。

この目を見張るような講演の中で、社会起業家アンドリュー・ユンは、彼のグループであるワン・エーカー基金が、すでに世界中で利用されている生命を維持する農業サービスを農家に提供することで、農家が貧困から抜け出すのをどのように支援しているかを示します。

私たちが飢餓と極度の貧困を解決することは決してできないと信じてこの講演に参加し、世界最大の問題の規模について新たな理解を深めてください。

タイトル
3 reasons why we can win the fight against poverty
私たちが貧困との戦いに勝つことができる3つの理由
スピーカー アンドリュー・ユン
アップロード 2016/07/07

「私たちが貧困との戦いに勝つことができる3つの理由(3 reasons why we can win the fight against poverty)」の文字起こし

I’ve been living in rural East Africa for about 10 years, and I want to share a field perspective with you on global poverty. I believe that the greatest failure of the human race is the fact that we’ve left more than one billion of our members behind. Hungry, extreme poverty: these often seem like gigantic, insurmountable problems, too big to solve. But as a field practitioner, I believe these are actually very solvable problems if we just take the right strategies. Archimedes was an ancient Greek thinker, and he taught us that if we lean on the right levers, we can move the world. In the fight against extreme poverty, I believe there are three powerful levers that we can lean on. This talk is all about those levers, and why they make poverty a winnable fight in our lifetimes.

What is extreme poverty? When I first moved to rural East Africa, I stayed overnight with a farm family. They were wonderful people. They invited me into their home. We sang songs together and ate a simple dinner. They gave me a blanket to sleep on the floor. In the morning, however, there was nothing to eat. And then at lunchtime, I watched with an increasingly sick feeling as the eldest girl in the family cooked porridge as a substitute for lunch. For that meal, every child drank one cup to survive. And I cannot tell you how ashamed I felt when they handed one of those cups to me, and I knew I had to accept their hospitality.

Children need food not only to survive but also to grow physically and mentally. Every day they fail to eat, they lose a little bit of their future. Amongst the extreme poor, one in three children are permanently stunted from a lifetime of not eating enough. When that’s combined with poor access to health care, one in 10 extremely poor children die before they reach age five. And only one quarter of children complete high school because they lack school fees. Hunger and extreme poverty curb human potential in every possible way. We see ourselves as a thinking, feeling and moral human race, but until we solve these problems for all of our members, we fail that standard, because every person on this planet matters.

This child matters. These children matter. This girl matters.

You know, we see things like this, and we’re upset by them, but they seem like such big problems. We don’t know how to take effective action. But remember our friend Archimedes. Global poverty has powerful levers. It’s a problem like any other. I live and work in the field, and as a practitioner, I believe these are very solvable problems.

So for the next 10 minutes, let’s not be sad about the state of the world. Let’s engage our brains. Let’s engage our collective passion for problem-solving and figure out what those levers are.

Lever number one: most of the world’s poor are farmers. Think about how extraordinary this is. If this picture represents the world’s poor, then more than half engage in farming as a major source of income. This gets me really excited. All of these people, one profession. Think how powerful this is.

When farmers become more productive, then more than half the world’s poor earn more money and climb out of poverty. And it gets better. The product of farming is, of course, food. So when farmers become more productive, they earn more food, and they don’t just help themselves, but they help to feed healthy communities and thriving economies.

And when farmers become more productive, they reduce environmental pressure. We only have two ways we can feed the world: we can either make our existing farmland a lot more productive, or we can clear cut forest and savannah to make more farmland, which would be environmentally disastrous.

Farmers are basically a really important leverage point. When farmers become more productive, they earn more income, they climb out of poverty, they feed their communities and they reduce environmental land pressure. Farmers stand at the center of the world.

And not a farmer like this one, but rather this lady. Most of the farmers I know are actually women. Look at the strength and the will radiating from this woman. She is physically strong, mentally tough, and she will do whatever it takes to earn a better life for her children.

If we’re going to put the future of humanity in one person’s hands, then I’m really glad it’s her.

There’s just one problem: many smallholder farmers lack access to basic tools and knowledge. Currently, they take a little bit of saved food grain from the prior year, they plant it in the ground and they till it with a manual hand hoe. These are tools and techniques that date to the Bronze Age, and it’s why many farmers are still very poor. But good news, again.

Lever number two: humanity actually solved the problem of agricultural poverty a century ago. Let me walk you through the three most basic factors in farming. First, hybrid seed is created when you cross two seeds together. If you naturally pollinate a high-yielding variety together with a drought-resistant variety, you get a hybrid that inherits positive traits from both of its parents.

Next, conventional fertilizer, if used responsibly, is environmentally sustainable. If you micro-dose just a pinch of fertilizer to a plant that’s taller than I am, you unlock enormous yield gain. These are known as farm inputs. Farm inputs need to be combined with good practice. When you space your seeds and plant with massive amounts of compost, farmers multiply their harvests. These proven tools and practices have more than tripled agricultural productivity in every major region of the world, moving mass numbers of people out of poverty.

We just haven’t finished delivering these things to everybody just yet, particularly in Sub-Saharan Africa. So overall, this is amazing news. Humanity actually solved agricultural poverty a century ago, in theory. We just haven’t delivered these things to everybody just yet.

In this century, the reason that people remain poor is because maybe they live in remote places. They lack access to these things. Therefore, ending poverty is simply a matter of delivering proven goods and services to people. We don’t need more genius types right now. The humble delivery guy is going to end global poverty in our lifetime.

So these are the three levers, and the most powerful lever is simply delivery. Wherever the world’s companies, governments and nonprofits set up delivery networks for life-improving goods, we eliminate poverty.

OK, so that sounds really nice in theory, but what about in practice? What do these delivery networks look like? I want to share the concrete example that I know best, my organization, One Acre Fund.

We only serve the farmer, and our job is to provide her with the tools that she needs to succeed. We start off by delivering farm inputs to really rural places. Now, this may appear initially very challenging, but it’s pretty possible. Let me show you. We buy farm inputs with the combined power of our farmer network, and store it in 20 warehouses like this. Then, during input delivery, we rent hundreds of 10-ton trucks and send them out to where farmers are waiting in the field. They then get their individual orders and walk it home to their farms. It’s kind of like Amazon for rural farmers. Importantly, realistic delivery also includes finance, a way to pay. Farmers pay us little by little over time, covering most of our expenses. And then we surround all that with training. Our rural field officers deliver practical, hands-on training to farmers in the field every two weeks. Wherever we deliver our services, farmers use these tools to climb out of poverty.

This is a farmer in our program, Consolata. Look at the pride on her face. She has achieved a modest prosperity that I believe is the human right of every hardworking person on the planet. Today, I’m proud to say that we’re serving about 400,000 farmers like Consolata.

The key to doing this is scalable delivery. In any given area, we hire a rural field officer who delivers our services to 200 farmers, on average, with more than 1,000 people living in those families. Today, we have 2,000 of these rural field officers growing very quickly. This is our delivery army, and we’re just one organization. There are many companies, governments and nonprofits that have delivery armies just like this. And I believe we stand at a moment in time where collectively, we are capable of delivering farm services to all farmers. Let me show you how possible this is. This is a map of Sub-Saharan Africa, with a map of the United States for scale. I chose Sub-Saharan Africa because this is a huge delivery territory.

It’s very challenging. But we analyzed every 50-mile by 50-mile block on the continent, and we found that half of farmers live in just these shaded regions. That’s a remarkably small area overall. If you were to lay these boxes next to each other within a map of the United States, they would only cover the Eastern United States. You can order pizza anywhere in this territory and it’ll arrive to your house hot, fresh and delicious. If America can deliver pizza to an area of this size, then Africa’s companies, governments and non-profits can deliver farm services to all of her farmers. This is possible.

I’m going to wrap up by generalizing beyond just farming. In every field of human development, humanity has already invented effective tools to end poverty. We just need to deliver them. So again, in every area of human development, super-smart people a long time ago invented inexpensive, highly effective tools. Humanity is armed to the teeth with simple, effective solutions to poverty. We just need to deliver these to a pretty small area.

Again using the map of Sub-Saharan Africa as an example, remember that rural poverty is concentrated in these blue shaded areas. Urban poverty is even more concentrated, in these green little dots. Again, using a map of the United States for scale, this is what I would call a highly achievable delivery zone. In fact, for the first time in human history, we have a vast amount of delivery infrastructure available to us. The world’s companies, governments and non-profits have delivery armies that are fully capable of covering this relatively small area. We just lack the will. If we are willing, every one of us has a role to play.

We first need more people to pursue careers in human development, especially if you live in a developing nation. We need more front line health workers, teachers, farmer trainers, sales agents for life-improving goods. These are the delivery people that dedicate their careers to improving the lives of others.

But we also need a lot of support roles. These are roles available at just my organization alone, and we’re just one out of many. This may surprise you, but no matter what your technical specialty, there is a role for you in this fight. And no matter how logistically possible it is to end poverty, we need a lot more resources. This is our number one constraint.

For private investors, we need a big expansion of venture capital, private equity, working capital, available in emerging markets. But there are also limits to what private business can accomplish. Private businesses often struggle to profitably serve the extreme poor, so philanthropy still has a major role to play. Anybody can give, but we need more leadership. We need more visionary philanthropists and global leaders who will take problems in human development and lead humanity to wipe them off the face of the planet. If you’re interested in these ideas, check out this website. We need more leaders.

Humanity has put people on the moon. We’ve invented supercomputers that fit into our pockets and connect us with anybody on the planet. We’ve run marathons at a five-minute mile pace. We are an exceptional people. But we’ve left more than one billion of our members behind. Until every girl like this one has an opportunity to earn her full human potential, we have failed to become a truly moral and just human race.

Logistically speaking, it’s incredibly possible to end extreme poverty. We just need to deliver proven goods and services to everybody. If we have the will, every one of us has a role to play. Let’s deploy our time, our careers, our collective wealth. Let us deliver an end to extreme poverty in this lifetime. Thank you.

「私たちが貧困との戦いに勝つことができる3つの理由(3 reasons why we can win the fight against poverty)」の和訳

約10年間、私は東アフリカの農村地域に住んでいます。そして、世界の貧困についての現場の視点を皆さんと共有したいと思います。私は、人類の最大の失敗は、10億人以上のメンバーを取り残してきたという事実です。飢えや極度の貧困:これらはしばしば解決するのが難しい巨大で克服不可能な問題のように思えます。しかし、現場の実践者として、これらは実際には非常に解決可能な問題だと信じています。アルキメデスは古代ギリシャの思想家で、彼は私たちに、正しいレバーに寄りかかれば、世界を動かすことができると教えてくれました。極度の貧困との戦いでは、私は3つの強力なレバーがあり、それらに寄りかかることができると信じています。このトークは、そのレバーについてのすべてと、なぜそれらが私たちの生涯で貧困を克服可能な戦いにするのかについてです。

極度の貧困とは何でしょうか?私が初めて東アフリカの農村地域に移住したとき、農家の家族と一緒に一晩過ごしました。彼らは素晴らしい人々でした。彼らは私を家に招待してくれました。一緒に歌を歌い、シンプルな夕食を食べました。彼らは私に床で寝る毛布をくれました。しかし、朝には何も食べるものがありませんでした。そして昼食時に、家族の長女が昼食の代わりに粥を作るのを見て、ますます気分が悪くなりました。その食事では、子どもたちは生きるために1杯だけ飲みました。そして、彼らが私にその1杯を手渡すとき、私が彼らのおもてなしを受け入れなければならないことを知って、どれほど恥ずかしい思いをしたか言葉では表現できません。

子どもたちは、生存するだけでなく、肉体的にも精神的にも成長するために食べ物が必要です。彼らが食べることに失敗するたびに、彼らの将来の一部が失われます。極度の貧困の中で、3人に1人の子どもが一生分の食事不足から永久的に発育不良になります。それが健康保険へのアクセスの不足と組み合わされると、10人に1人の極度の貧困にある子どもが5歳になる前に死亡します。そして、学費が不足しているため、高校を卒業する子どもは四分の一しかいません。飢えと極度の貧困は、あらゆる方法で人間の可能性を抑制します。私たちは自分たちを思考的で感情的で道徳的な人類と見なしていますが、私たちのすべてのメンバーの問題を解決しない限り、私たちはその基準に達していません。なぜなら、この地球上のすべての人が重要だからです。

この子供は重要です。これらの子供たちが重要です。この少女は重要です。

このようなことを見ると、私たちは悲しむけれども、これらは非常に大きな問題のように見えます。私たちはどのように効果的な行動を取るかわかりません。しかし、私たちの友人であるアルキメデスを覚えてください。世界の貧困には強力なレバーがあります。これは他の問題と同様の問題です。私は現場で生活し、仕事をしていますが、実践者として、これらは非常に解決可能な問題だと信じています。

では、次の10分間、世界の状況について悲しむのではなく、私たちの脳を使いましょう。私たちの問題解決への集団的な情熱を活かし、それらのレバーが何であるかを見つけ出しましょう。

レバー1:世界の貧困層のほとんどは農民です。これがどれほど驚くべきことか考えてみてください。もしこの絵が世界の貧困層を表しているとしたら、半分以上が主要な収入源として農業に従事しています。これは私を本当に興奮させます。これらすべての人々が1つの職業に従事していると考えてください。これがどれほど強力なものかを考えてみてください。

農民がより生産的になると、世界の貧困層の半分以上が収入を増やし、貧困から抜け出します。さらに、農業の生産物は食料です。ですから、農民がより生産的になると、彼らはより多くの食料を得るだけでなく、健康なコミュニティと繁栄する経済に貢献します。

そして、農民がより生産的になると、環境への圧力が軽減されます。世界を食べさせる方法は2つしかありません:私たちは既存の農地を非常に生産的にするか、森林やサバンナを切り開いて新たな農地を作るかです。これは環境にとって壊滅的な結果になるでしょう。

農民は基本的に非常に重要なレバーです。農民がより生産的になると、彼らはより多くの収入を得て、貧困から抜け出し、自分たちのコミュニティを支え、環境への土地圧力を軽減します。農民は世界の中心に立っています。

そして、このような農民ではなく、むしろこの女性です。私が知っている農民のほとんどは実際に女性です。この女性から放射される力と意志を見てください。彼女は肉体的に強く、精神的にタフであり、子どもたちのためにより良い生活を得るために必要なことを何でもします。

もし人類の未来を1人の手に託すことがあるなら、私は彼女であることを本当にうれしく思います。

ただ1つ問題があります:多くの小規模農家が基本的な道具や知識にアクセスできません。現在、彼らは前年の保存食穀の一部を取り、地面に植え、手作業の鍬で耕します。これらは青銅器時代からの道具や技術であり、そのため多くの農家が依然として非常に貧しいのです。しかし、またもや良いニュースがあります。

レバー2:実際、人類は100年前に農業の貧困問題を解決しました。農業における最も基本的な3つの要因を説明しましょう。まず、ハイブリッド種子は、2つの種子を交配することによって作成されます。高収量の品種と耐乾燥性の品種を自然受粉させると、両親から良い特性を受け継ぐハイブリッドが得られます。

次に、従来の肥料は、責任を持って使用すれば、環境的に持続可能です。私の身長よりも背が高い植物に肥料のわずかな一つまみを微量投与すると、巨大な収量増が得られます。これらは農業の入力として知られています。農業の入力は、良い実践と組み合わせる必要があります。種子を適切な間隔で植え、大量の堆肥を使用すると、農民は収穫を増やすことができます。これらの実証されたツールと実践は、世界のすべての主要地域で農業生産性を3倍以上にし、多くの人々を貧困から脱出させてきました。

ただ、まだこれらのことをすべての人々に届けることができていません。特に、サハラ以南のアフリカではまだです。全体的に見れば、これは驚くべきニュースです。実際、人類は100年前に農業の貧困を解決しました。理論的には。ただ、まだこれらのことをすべての人々に届けることができていません。

この世紀において、人々が貧しいままでいる理由は、おそらく彼らが遠隔地に住んでいるためです。彼らはこれらのものにアクセスできません。したがって、貧困を終わらせることは、単に実証済みの商品やサービスを人々に届けることです。今は天才型が必要ではありません。謙虚な配達員が私たちの生涯で世界の貧困を終わらせるでしょう。

ですから、これらが3つのレバーであり、最も強力なレバーは単純に配達です。世界の企業、政府、非営利団体が生活向上の商品の配達ネットワークを設立すれば、貧困を撲滅できます。

では、理論的には聞こえがいいですが、実際にはどうでしょうか?これらの配達ネットワークはどのように見えるのでしょうか?私が一番よく知っている具体例を共有したいと思います。それは、私の組織であるワンエーカーファンドです。

私たちは農家のために尽力し、彼女が成功するために必要なツールを提供することが私たちの仕事です。まず、農村部に農業資材を配送します。これは最初は非常に困難に見えるかもしれませんが、かなり可能です。見せてあげましょう。私たちは農家のネットワークの力を結集して農業資材を購入し、このような20の倉庫に保管します。その後、資材の配送中に、数百の10トントラックを借りて、農家が待っている畑に送り出します。そして彼らは個々の注文を受け取り、それを自分の農場に持ち帰ります。農村の農家向けのAmazonのようなものです。重要なのは、リアルな配送には支払い方法も含まれます。農家は徐々に私たちに支払い、ほとんどの費用をカバーします。そして、それを周りにトレーニングで取り囲みます。私たちの農村フィールドオフィサーは、2週間ごとに現地の農家に実践的なトレーニングを提供しています。私たちのサービスを提供する場所では、農家はこれらのツールを使って貧困から脱出します。

これは私たちのプログラムの農家、コンソラータです。彼女の顔に見られる誇りを見てください。彼女は、私が信じる、地球上のすべての働き者の人間の権利であると思われる控えめな繁栄を達成しました。今日、私たちはコンソラータのような農家約40万人にサービスを提供していることを誇りに思います。これを実現する鍵は、スケーラブルな配送です。任意の地域で、農村のフィールドオフィサーを1人雇い、平均して200人の農家にサービスを提供し、それらの家族には1,000人以上の人が住んでいます。今日、私たちは急速に成長している2,000人の農村フィールドオフィサーを持っています。これが私たちの配送部隊であり、私たちはたった1つの組織に過ぎません。このような配送部隊を持っている企業、政府、非営利団体は多くあります。そして、私たちは、農家全員に農業サービスを提供することができる時代に集合していると信じています。どれだけ可能かを示しましょう。これは、サハラ以南のアフリカの地図で、米国の地図が規模として表示されています。

これは非常に困難です。しかし、私たちは大陸のすべての50マイル四方のブロックを分析しました。そして、農家の半分がちょうどこれらの影のある地域に住んでいることがわかりました。全体として非常に小さな面積です。これらのボックスを米国の地図内に並べると、米国東部をカバーするだけです。この領域のどこでもピザを注文すれば、熱々で新鮮でおいしいピザが自宅に届きます。アメリカがこのような領域にピザを配達できるなら、アフリカの企業、政府、非営利団体も全ての農家に農業サービスを提供できます。これは可能です。

最後に、農業に限らず一般化して結びつけます。人間の発展のあらゆる分野において、貧困を終わらせる効果的なツールはすでに発明されています。私たちはそれらを提供する必要があります。ですから、人間の発展のあらゆる分野で、非常に賢い人々がずっと前に、安価で非常に効果的なツールを発明しています。人類は貧困に対する簡単で効果的な解決策を手に入れています。私たちは、これを比較的小さな領域に配送するだけです。

再びサハラ以南のアフリカの地図を例に挙げると、農村の貧困はこれらの青い影のある地域に集中しています。都市の貧困は、これらの緑色の小さな点にさらに集中しています。スケールとして米国の地図を使用すると、これは非常に実現可能な配送ゾーンと呼ぶことができます。実際、人類史上初めて、私たちには膨大な配送インフラが利用可能です。世界の企業、政府、非営利団体は、完全にこの比較的小さな領域をカバーする能力を持つ配送部隊を保有しています。私たちにはただ意思が足りません。意志があれば、私たち一人一人が役割を果たすことができます。

まず第一に、人間の発展のキャリアを追求する人がもっと必要です、特に開発途上国に住んでいる場合。私たちは、より多くの最前線の医療従事者、教師、農家トレーナー、生活向上の商品の販売代理店を必要としています。これらは、自分のキャリアを他人の生活を向上させることに捧げる配達員です。

しかし、支援には多くのサポート役も必要です。これらは私の組織だけで利用可能な役割であり、私たちは多くの中の1つに過ぎません。これは驚かれるかもしれませんが、あなたの技術的な専門性に関係なく、この闘いにはあなたにとっての役割があります。貧困を終わらせるためにロジスティック的に可能であるにもかかわらず、私たちはもっと多くのリソースを必要としています。これが私たちの最大の制約です。

民間投資家にとって、新興市場でのベンチャーキャピタル、プライベートエクイティ、運転資本の大幅な拡大が必要です。しかし、民間企業が達成できることには限界もあります。民間企業は、極度の貧困層に対して利益を上げるのが難しいことがよくありますので、フィランソロピーは依然として重要な役割を果たします。誰もが与えることができますが、私たちはもっとリーダーシップを必要としています。私たちは、人間の発展の問題を引き受け、人類を地球上から根絶させるためにリーダーシップをとるビジョン豊かな寄付者やグローバルリーダーがもっと必要です。これらのアイデアに興味がある方は、このウェブサイトをチェックしてください。私たちはもっとリーダーが必要です。

人類は月に人を送りました。私たちはポケットに収まる超コンピューターを発明し、地球上の誰とでもつながることができます。私たちは5分の1マイルのペースでマラソンを走っています。私たちは例外的な人々です。しかし、私たちは十数億人のメンバーを置き去りにしています。このような女の子が自分の人間の可能性を最大限に発揮する機会を得るまで、私たちは真に道徳的で公正な人類になることに失敗しています。

ロジスティック的に見て、極度の貧困を終わらせるのは非常に可能です。私たちが意志を持てば、私たちのそれぞれには役割があります。私たちの時間、キャリア、集合的な富を展開しましょう。私たちがこの生涯で極度の貧困に終止符を打ちましょう。

ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました