仕事と私生活の境界を守る方法。小さな工夫で大きな効果

人生

Have you answered a work email during an important family event? Or taken a call from your boss while on vacation? According to behavioral scientist and Harvard Business School professor Ashley Whillans, “always-on” work culture is not only ruining our personal well-being ? but our work, as well. She shares which bad habits are stopping us from getting what we need out of our free time and three practical steps for setting boundaries that stick.

家族の重要なイベント中に仕事のメールに返信しましたか?

それとも休暇中に上司から電話がありましたか?行動科学者でハーバード・ビジネス・スクール教授のアシュリー・ウィランズ氏によると、「常時稼働」の労働文化は私たちの個人的な幸福を台無しにするだけではありません。

しかし、私たちの仕事も同様です。彼女は、自由時間から必要なものを得るのを妨げている悪い習慣と、継続的な境界線を設定するための 3 つの実践的なステップを紹介します。

タイトル 3 rules for better work-life balance
ワークライフバランスをより良くするための3つのルール
スピーカー アシュリー・ウィランズ
アップロード 2021/09/28

「ワークライフバランスをより良くするための3つのルール(3 rules for better work-life balance)」の文字起こし

For so many of us, myself included, our days feel filled with a million small interruptions. And this is true even of our days off. Maybe you’ve taken a call at the beach, texted your boss from the grocery store or emailed a colleague while on a picnic with your family.

We’ve convinced ourselves that these behaviors are no big deal. It’s just one email. But there’s a real cost to these interruptions, and there are smart strategies we can all take to better protect our time.

These moments seem so small at the time, and yet research suggests they add up to a tremendous loss. The constant creep of work into our personal lives can increase our stress and undermine our happiness. So just what is the cost?

In one study, researchers recruited parents who were visiting a science museum with their kids. Some parents were told to check their phone as much as possible; others were told to check their phone as little as possible. After the visit, parents who used their phones reported that the experience was significantly less meaningful. They also felt much lonelier.

In another study, tourists who were asked to have their phones out while visiting an iconic church remembered fewer details a week later. And in my research, employees who were paid for their performance spent increasingly less time interacting with friends and family, and more and more time interacting with colleagues and clients.

These constant interruptions come at a cost to organizations, too. Companies lose 32 days of productivity each year to employee depression, which is often caused by the stress and burnout of our always-on culture.

Despite knowing better, I, too, have found myself focusing on “urgent work distractions” over important life moments. Most recently, I found myself texting a client while in the middle of my first child’s first ultrasound … happy client, guilty mom-to-be.

When you add up all of these moments, the sum total is a life shortchanged on meaning, joy, connection and even memory. As we remake our models of work in the wake of the pandemic, now is our opportunity to create a new culture that respects time.

And the way to make this really big change is through small steps that we can take right now. The first step that we need to take is to reframe rest. Reflect for a moment about what you think about when you hear the word “rest.” Sounds amazing, right?

But in my mind, I immediately worry about not being productive enough or letting down my colleagues. When we do have time off, we need to find ways in which we can enjoy the present moment and savor the leisure time that we have available, as opposed to seeing it as an unproductive barrier to our work.

One specific strategy we can take is to treat our upcoming weekend like a vacation. On Friday afternoon, jot down how you would act and behave as if you were on a holiday. Maybe you and your partner will buy a bottle of wine and watch online clips of the Eiffel Tower. Maybe you’ll visit a local cafe and listen to some live music. Or maybe you’ll go for a long walk in the middle of the day with no phone and no agenda. The plan doesn’t have to be expensive or extravagant.

Another strategy you can take is to create clear boundaries for your time off. Instead of saying, “I’m out of the office. Feel free to Slack me whenever,” say, “I’ll be offline. Call me only if it’s urgent.” To uphold these personal goals, work together as a team. Set team goals for personal time. Do it publicly, collect data and hold each other accountable. These goals could sound like, “I will not check email between 6:00 and 8:00pm;” “I will have dinner with my family four nights a week;” or “I will go for a jog midday.” Check in on your team’s progress and see how everyone’s doing. If you or your teammates are unsuccessful, work together to help accomplish personal goals.

Lastly, you can negotiate for more time to prevent work from creeping into your personal life. In business school, I teach students to negotiate for salary but realize I spoke almost nothing about negotiating for more time. What does this look like in practice? You can ask for more time on adjustable deadlines at work. If your client asks for a deliverable Monday morning, ask for an extension until Tuesday afternoon so you don’t find yourself working on your well-deserved weekend. And don’t worry too much about reputation. Quality truly is the metric that matters most. In my data, employees who proactively asked for more time reported lower levels of stress and burnout, and were seen as more committed and professional by their colleagues.

These are small but powerful changes to not only reframe rest, but to reclaim it. Once you discover the profound impact that these changes can have, you’ll feel empowered to demand that others respect and accommodate your approach to time. Maybe they’ll even feel inspired to piece together the fractured moments of their lives, too.

「ワークライフバランスをより良くするための3つのルール(3 rules for better work-life balance)」の和訳

私たちの多く、私を含めて、日々は何百万もの小さな中断で満ちているように感じられます。そして、休日でも同様です。ビーチで電話を取ったり、食料品店で上司にテキストを送ったり、家族とピクニック中に同僚にメールをしたりしたことがあるかもしれません。

私たちはこれらの行動が大したことではないと自分たちを納得させています。たった1通のメールだけです。しかし、これらの中断には実際にコストがかかり、私たち全員が時間をより良く保護するための賢明な戦略があります。

これらの瞬間は当時とても小さなように思えますが、研究によるとそれらは莫大な損失につながるとされています。仕事が私たちのプライベートな生活に入り込むことは、私たちのストレスを増大させ、幸福を損なう可能性があります。では、そのコストは具体的に何でしょうか?

ある研究では、科学博物館を訪れている子供を連れた親を集めました。一部の親はできるだけ多くスマートフォンをチェックするように指示され、他の親はできるだけ少なくチェックするように言われました。訪問後、スマートフォンを使用した親たちは体験が著しく意味がないと報告しました。また、彼らははるかに孤独を感じました。

別の研究では、アイコニックな教会を訪れる間にスマートフォンを使うように依頼された観光客は、1週間後には詳細を覚えていることが少なかったです。また、私の研究では、業績に報酬を支払われている従業員は、友人や家族との交流時間がますます減少し、同僚や顧客との交流時間がますます増加していました。

これらの常に発生する中断は、組織にもコストがかかります。企業は、従業員のうつ病によるストレスや過労から生じる32日間の生産性を失っています。

よりよく理解しているにもかかわらず、私も「緊急の仕事の邪魔」に集中してしまうことがあります。最近では、最初の子供の最初の超音波検査中にクライアントにテキストメッセージを送っている自分に気づきました…喜んでいるクライアント、罪悪感のある母親でした。

これらすべての瞬間を合計すると、意味、喜び、つながり、さらには記憶までが削減された人生となります。パンデミックの後、私たちが仕事のモデルを再構築するとき、今が時間を尊重する新しい文化を作り出すチャンスです。

そして、この本当に大きな変化を実現する方法は、今すぐ取ることのできる小さなステップを通じてです。最初に取るべきステップは、休息の枠組みを再構築することです。 「休息」という言葉を聞いたとき、あなたは何を考えますか? 素晴らしいと思いませんか?

しかし、私の心の中では、すぐに生産性が足りないとか同僚をがっかりさせるのではないかと心配になります。時間があるときには、私たちが現在の瞬間を楽しんだり、余暇の時間を味わったりする方法を見つける必要があります。それを仕事の邪魔で非生産的な障壁と見なすのではなく。

具体的な戦略の1つは、週末を休暇のように扱うことです。金曜日の午後に、休暇中と同じように振る舞う方法を書き留めます。おそらく、あなたとパートナーはワインを買って、オンラインでエッフェル塔の映像を見るでしょう。地元のカフェに行って、ライブ音楽を聴くかもしれません。あるいは、昼間に電話も予定もなしに長い散歩に出かけるかもしれません。計画は高価や贅沢である必要はありません。

もう1つの戦略は、休暇中の自分の時間に明確な境界線を設定することです。 「オフィスを離れます。いつでもSlackでメッセージを送ってください」と言う代わりに、「オフラインになります。緊急の場合のみ電話してください」と言います。これらの個人的な目標を維持するために、チームで協力します。個人の時間のためのチーム目標を設定します。公に行い、データを集めて互いに責任を負います。これらの目標は、「午後6時から8時の間にメールをチェックしません」「週に4回、家族と夕食をとります」「昼間にジョギングに行きます」などといったものです。チームの進捗状況を確認し、みんながどうしているかを見ます。あなたやチームメイトが成功しない場合は、個人の目標を達成するのに協力します。

最後に、仕事が私生活に入り込むのを防ぐために、時間を増やす交渉をすることもできます。ビジネススクールでは、学生に給与の交渉を教えますが、時間を増やすことについてはほとんど何も話しませんでした。実際にはどうなのでしょうか? 仕事で調整可能な締切についての時間をもっと求めることができます。クライアントが月曜日の朝に成果物を要求した場合、土日に仕事をすることなく火曜日の午後までの延長を求めることができます。そして、評判をあまり心配しないでください。品質こそが最も重要な指標です。私のデータによれば、積極的に時間を要求した従業員は、ストレスと燃え尽き感のレベルが低くなり、同僚からはよりコミットメントがあり、プロフェッショナルだと見なされました。

これらは、休息を再構築するだけでなく、それを取り戻すための小さながらも強力な変化です。これらの変化が与える深い影響を発見したら、他の人が時間に対するあなたのアプローチを尊重し、適応するよう要求することに自信を持つようになります。おそらく、彼らも自分の生活の断片的な瞬間を組み合わせることに感銘を受けるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました