成功するビジネス運営の3つの原則 個性と直感を活かす

仕事

Have an idea you’re yearning to turn into a business? Julissa Prado, founder and CEO of Rizos Curls, explains how she was inspired by the Latino and immigrant communities she grew up in — and shares 3 principles that guide her in her work.

ビジネスにしたいと考えているアイデアはありますか?

リゾス カールズの創設者兼 CEO であるジュリッサ・プラドは、彼女が育ったラテン系アメリカ人や移民のコミュニティからどのようにインスピレーションを受けたかを説明し、彼女の仕事の指針となる 3 つの原則を共有します。

タイトル 3 rules to help you build a successful business
ビジネスを成功させるための3つのルール
スピーカー ジュリッサ・プラド
アップロード 2021/11/02

「ビジネスを成功させるための3つのルール(3 rules to help you build a successful business)」の文字起こし

Running a business means being a constant problem solver.

Every day it’s something new, whether it’s product development, distribution, creating content or, I don’t know, deciding what to do during a pandemic. The trick isn’t always knowing all the answers but becoming adept at figuring them out.

My entrepreneurial spirit comes from growing up in Latino neighborhoods in LA and being surrounded by so many people who are immigrants.

It takes heart and ingenuity to move to a new country and rebuild your life. I grew up seeing firsthand so many examples of people getting creative with limited resources, whether it was the pupusa lady outside, rain or shine, or my dad, who started as a field worker and now owns his own restaurant.

In 2017, I left my corporate job and used my entire life savings to launch Rizos Curls.

Helping people embrace their natural hair texture has been my personal passion since I was a teenager. Learning to love my hair in its natural state was the first step to learning to love myself.

Today, I’m running a self-funded, multimillion dollar business that has been profitable since day one.

Growing up where I’m from, building a successful business felt unattainable.

But turns out that entrepreneurial spirit was there all along. Here are my top three principles that guide me in doing business.

One: Get personal with your customers.

With every transaction, your customer is giving you power, so don’t take that power for granted. I feel so immersed with our customers because I see them in my family, my tias, my cousins, my parents and even in myself.

And that means nobody, not even the haircare giants, can speak to them like I can.

We get to know our customers on a personal level because we take the time to really listen. Building that kind of relationship creates an authentic, reciprocal understanding between brand and customers.

Two: Don’t be afraid to break the rules.

As a Latina-owned, self-funded small business, I’m constantly entering spaces where my business is the first of its kind.

This year, we launched Rizos Curls into a mainstream retailer where we became the first Latina-owned curly hair care brand to be carried in their stores.

It was a big deal for us. Traditional business wisdom says that we should have invested a lot of marketing dollars on that type of launch, but instead I showed up on a horse, with a mariachi and recorded TikToks.

I spent less than a 1,000 dollars on that launch. So my point is, don’t be afraid to try things differently.

Don’t expect the same rules to apply to your small business as they do to Fortune 500 companies.

Embrace what makes you you, and make it a part of your strategy rather than following the same old playbook that’s out there for everyone to see.

Three: Make your intuition your BFF.

Running a business is noisy and demanding. There’s retailers, customers, your team, your finances, and things happening in the world beyond your control.

How do you make big and important decisions with all of that?

Yes, facts and data matter, but at the end of the day, you’ve got to trust your gut. Your intuition is your best friend.

OK, here’s what I do. I have daily check-ins with myself, and I have a checklist that I go through after every big meeting where I ask myself questions like, “Am I uneasy? Am I excited? How do they make me really feel?”

It’s a thing that can’t be explained through numbers or logic. But when I go through my list of questions, I’m able to quiet the noise and tune into that voice inside me that helps me stay true to myself and my mission.

It’s important to know who you are and who you are not.

That means knowing when to say no. For me, that’s meant turning down outside capital.

Yeah, that extra cash flow would have been amazing, but investors would want to maximize profits and in turn, compromise a community and culture aspects of what we stand for.

And for me, that’s non-negotiable.

At the end of the day, you have to be grateful.

No one has to work for you, and no one has to be your customer. People have choices, so remember to appreciate every employee effort and every sale.

「ビジネスを成功させるための3つのルール(3 rules to help you build a successful business)」の和訳

ビジネスを運営することは、絶え間ない問題解決者であることを意味します。

毎日何か新しいことがあります。製品開発であったり、流通であったり、コンテンツの作成であったり、えーと、パンデミックの間に何をするかを決めることであったりします。トリックは、常にすべての答えを知っていることではなく、それらを見つけ出すことに巧みになることです。

私の起業家精神は、LAのラテン系の地域で育ち、多くの移民がいる環境に身を置いて育ったことから来ています。

新しい国に移住し、自分の人生を立て直すには、心と創造力が必要です。私は、限られたリソースを活用して創造的になる多くの人々の実例を直接目にして育ちました。それが、雨の日でも晴れの日でも路上で売っているパプサや、父親のことです。彼は元は野外労働者で、今では自分のレストランを経営しています。

2017年に、私は企業の仕事を辞め、自分の生涯の貯金を使ってRizos Curlsを立ち上げました。

人々が自然な髪のテクスチャーを受け入れるのを手助けすることは、10代の頃から私の個人的な情熱でした。自然な状態の髪を愛することを学ぶことは、自分を愛することを学ぶ第一歩でした。

今日、私は自己資金で立ち上げられ、初日から利益を上げている数百万ドルのビジネスを運営しています。

私が育った場所では、成功したビジネスを構築することは手の届かないもののように感じました。

しかし、結局のところ、起業家精神は常にそこにあったのです。ここで私のビジネスを行う上でのトップ3の原則を紹介します。

1つ目:お客様と個人的な関係を築くこと。

各取引で、お客様はあなたに力を与えています。ですから、その力を当然のものとしては受け取らないでください。私は、私の家族、ティア(おばさん)、従兄弟、両親、そして自分自身の中に彼らを見ているので、私はお客様と非常に深く関わっていると感じています。

それはつまり、誰も、ヘアケアの巨人たちでさえ、私のように彼らと話すことはできないということです。

私たちは、本当に聞く時間をかけることで、お客様を個人レベルで知ることができます。そのような関係を築くことは、ブランドとお客様の間に本物の相互理解を生み出します。

2つ目:ルールを破ることを恐れないでください。

ラティーナが所有し、自己資金で運営されている小規模ビジネスとして、私は常に自分のビジネスがその種類で初めての場所に入っています。

今年、私たちはRizos Curlsを主要小売業者に展開し、彼らの店舗で取り扱われる初のラティーナが所有するカーリーヘアケアブランドになりました。

それは私たちにとって大きなイベントでした。伝統的なビジネスの知恵は、そのような展開に多額のマーケティング費用を投資すべきだったと言いますが、代わりに私は馬に乗って、マリアッチと一緒に現れ、TikTokの動画を撮りました。

私はその展開に1,000ドル未満しか使いませんでした。だから私のポイントは、異なる方法を試すことを恐れないでください。

フォーチュン500社に適用されるルールが小規模ビジネスにも適用されることを期待しないでください。

あなたをあなたたらしくするものを受け入れ、それをあなたの戦略の一部にして、みんなに見られる同じ古い手法に従うのではなく、新しい戦術を作り上げましょう。

3つ目:直感を親友にしてください。

ビジネスを経営することは、騒々しく要求されることです。小売業者、顧客、チーム、財務、そしてあなたのコントロールを超えた世界で起こっていることがあります。

そのすべてとどうやって大切な決定を下すのでしょうか?

はい、事実とデータは重要ですが、最終的には自分の直感を信じなければなりません。あなたの直感があなたの最良の相談相手です。

わかりました、私が行うことはこうです。私は自分自身と毎日チェックインを行い、大きな会議の後に私が自分に尋ねる質問のチェックリストを持っています。「不安ですか? ワクワクしていますか? どのように感じさせますか?」

これは数字や論理では説明できないことです。しかし、私が質問リストを見直すと、騒音を静かにし、私が自分自身と私の使命に忠実でいられるように内なる声に耳を傾けることができます。

自分が何者であり、何者でないかを知ることが重要です。

つまり、断るべき時を知ることです。私にとって、それは外部資本を断ることを意味しました。

そうです、その余分な現金流入は素晴らしいものでしたが、投資家は利益を最大化したいと思うでしょうし、それによって私たちが代表するコミュニティと文化の側面が妥協されるかもしれません。

そして、私にとっては、これは譲れないことです。

最終的に、感謝の気持ちを持つことが重要です。

誰もあなたのために働かなければならず、誰もあなたの顧客になる必要はありません。人々には選択肢がありますので、従業員の努力や販売のそれぞれを評価することを忘れないでください。

タイトルとURLをコピーしました