オンラインショッピングのトリックに打ち勝つ3つの方法

IT

Online retailers resort to all kinds of strategies to separate you from your hard-earned money. Behavioral scientist Wendy De La Rosa names three tactics to look out for — and shares how you can keep yourself from falling for them.

オンライン小売業者は、あなたを苦労して稼いだお金から引き離そうと、あらゆる種類の戦略に訴えます。行動科学者のウェンディ・デ・ラ・ロサは、注意すべき戦術を 3 つ挙げ、それらの戦術に陥らないようにする方法を共有しています。

タイトル ウェブサイトがお金を使わせるために使う3つの卑劣な戦術
3 sneaky tactics that websites use to make you spend
スピーカー ウェンディ・デ・ラ・ロサ
アップロード 2021/03/03

「ウェブサイトがお金を使わせるために使う3つの卑劣な戦術(3 sneaky tactics that websites use to make you spend)」の文字起こし

Worldwide, online retail has been on the rise. In 2019 alone, shoppers spent nearly 3.8 trillion dollars online. And to keep those figures climbing, some companies are pulling out all of the stops to hold your attention and to keep you spending.

To help you regain control of your shopping environment, I’ll identify three of their tactics and share three tips to counteract them.

One online gimmick that sites use is gamification, and this is where websites use game design elements to get you to spend more time and more money on their sites. Now, some sites have a virtual wheel for you to spin to get a chance at that day’s discounts. Others, they let you accrue loyalty points based on how you interact with the site. And that kind of gamification, in my mind, is really dangerous. In one classic experiment, lab rats were more captivated by the random chance of pushing a lever and receiving a food pellet than by the certainty of a fixed food schedule. And we as humans are just the same. We’re enticed by the chance to win. Just like at a slot machine in Vegas, you increase your dopamine levels every time you try your luck.

So my tip here is to avoid temptation altogether by unsubscribing from online shopping emails. You can’t buy what you can’t see, and these emails are constant reminders that are intended to lure us back to the site with its gamifications and its gimmick, when you’d otherwise not be thinking about them.

A second tactic online retailers use is scarcity. Many sites now tell you how many other customers are also viewing the same item, making it seem like that item is very popular, and it’s likely to go quickly. Similarly, websites will use a timer for your basket, pushing and pushing the message that these potential items won’t be available for long. Research shows that the perceptions of a product’s scarcity can increase its value in the eye of the shopper and increase a shopper’s willingness to buy. Scarcity can also make people feel more competitive and selfish as well.

So here’s my tip to help you combat scarcity: when scarcity is tempting you, back away from the website, back away from the car and sleep on it. That can help you decide whether or not you really need whatever it is that you were planning on buying. Leave the site for at least an entire day and see if you’re still itching for the item. This approach works best if you use an incognito browser so you won’t be haunted by the ads for the product everywhere you go.

The third tactic that companies use is to allow you to pay in installments. A number of e-commerce sites have adopted payment schemes that will let you order an item and pay for it later. Now, installment plans are useful if you’re replacing a large, expensive item, like a broken refrigerator. But I think these installment plans veer towards predatory when you’re purchasing less urgent, less important items. Looking at small monthly payments psychologically decreases the cost of those new sneakers or new pair of jeans. And that mental trickery means that you’re more likely to buy additional items. And while it may feel different from a credit card, you still owe these companies money. So at the end of the day, you’re still taking on debt and potentially adding late fees and interest, and you may find yourself owing a lot more than the original sticker value for those jeans.

So here’s my third and final tip: above all else, do not use these payment installment plans. If you want an actual discount, there are browser plug-ins you can use that will help you find the best deals. Online retail has made shopping incredibly convenient, but not every day needs to feel as overwhelming as Black Friday. By putting these tips into practice, you can tune out some of the tricks and the gimmicks, and once again, regain control of your shopping environment.

「ウェブサイトがお金を使わせるために使う3つの卑劣な戦術(3 sneaky tactics that websites use to make you spend)」の和訳

世界中で、オンライン小売りが拡大しています。2019年だけでも、ショッパーはオンラインで約3.8兆ドルを費やしました。そして、これらの数字を伸ばすため、一部の企業はあなたの注意を引き、支出を続けさせるために全力を尽くしています。

あなたのショッピング環境を取り戻すために、彼らの戦術のうち3つを特定し、それらに対抗する3つのヒントを共有します。

一つ目のオンラインの仕掛けはゲーミフィケーションです。ウェブサイトがあなたにより多くの時間とお金を使わせるために、ゲームデザインの要素を使用するのです。今、一部のサイトではその日の割引を得るためにスピンする仮想のルーレットがあります。他のサイトでは、サイトとのやり取りに基づいて忠誠ポイントを蓄積することができます。この種のゲーミフィケーションは、私にとって本当に危険だと思います。ある古典的な実験では、ラットは定期的な食事スケジュールよりも、レバーを押して食べ物をもらうランダムなチャンスにより魅了されました。そして、私たち人間も同じです。勝つチャンスに誘惑されます。まるでラスベガスのスロットマシンのように、運試しをするたびにドーパミンレベルが上がります。

ですから、私のヒントは、オンラインショッピングのメールの購読を解除して誘惑を避けることです。見えないものは買えませんし、これらのメールは私たちをサイトに戻らせるための定期的なリマインダーです。

二つ目のオンライン小売業者の戦術は希少性です。多くのサイトが今、同じ商品を見ている他の顧客の数を示し、その商品が非常に人気があるように見えるようにしています。同様に、ウェブサイトはバスケットにタイマーを使用し、これらの潜在的な商品がすぐに利用できなくなるというメッセージを押し付けます。研究によれば、製品の希少性の認識は、ショッパーの目に商品の価値を高め、ショッパーの購買意欲を高めることができます。希少性はまた、人々がより競争的で利己的に感じる原因にもなります。

では、希少性に対抗するための私のヒントをご紹介します。希少性に誘惑されているときは、ウェブサイトから離れて、車からも離れて、それをよく考えるようにしましょう。それによって、本当にそれを買う必要があるかどうかを決めるのに役立ちます。少なくとも1日はサイトから離れ、その商品がまだ欲しいかどうかを確認してください。こうしたアプローチは、どこに行ってもその商品の広告に取り憑かれないように、シークレットブラウザを使用すると最も効果的です。

企業が使用する三番目の戦術は、分割払いを許可することです。多くの電子商取引サイトが、商品を注文して後で支払うことができる支払いスキームを採用しています。分割払いは、壊れた冷蔵庫などの大きくて高価なアイテムを置き換える場合には便利です。しかし、より緊急性の低い、より重要性の低いアイテムを購入する場合、これらの分割払いはしばしば獲物になります。小さな月々の支払いを見ることで、その新しいスニーカーや新しいジーンズのコストが心理的に低減されます。そして、この心理的なトリックにより、追加のアイテムを購入する可能性が高くなります。クレジットカードとは異なると感じるかもしれませんが、あなたはそれでもこれらの会社にお金を借りています。そのため、最終的には、あなたはまだ借金をしていて、遅延料や利息が追加され、そのジーンズの元の値札よりもはるかに多額の支払いをすることになるかもしれません。

では、ここで私の三番目で最後のヒントをご紹介します。何よりも大事なことは、これらの分割払いプランを使わないことです。実際の割引を望むのであれば、最良の取引を見つけるのに役立つブラウザのプラグインがあります。オンライン小売りは買い物を非常に便利にしましたが、毎日がブラックフライデーのように圧倒的な感じにする必要はありません。

これらのヒントを実践することで、いくつかのトリックとギミックを排除し、再び自分のショッピング環境をコントロールできるようになります。

タイトルとURLをコピーしました