内向的な人がリモートワークを快適にする方法

仕事

Too much screen time, too many video calls and too few boundaries make working from home hard for all of us. Podcast host and writer Morra Aarons-Mele shares honest advice on what you can learn from the introverts in your life about protecting your energy and your limits.

スクリーンタイムが長すぎ、ビデオ通話が多すぎ、境界線が狭すぎるため、在宅勤務は私たち全員にとって困難です。

ポッドキャストのホストでライターのモーラ・アーロンズ・メレが、自分のエネルギーと自分の限界を守ることについて、人生の内向的な人たちから学べることについて正直なアドバイスを教えてくれます。

タイトル
3 steps to stop remote work burnout
リモートワークでの燃え尽き症候群を防ぐ 3 つのステップ
スピーカー モーラ・アーロンズ・メレ
アップロード 2020/11/02

「リモートワークでの燃え尽き症候群を防ぐ 3 つのステップ(3 steps to stop remote work burnout)」の文字起こし

You might think that working remotely is an introvert’s dream: you’re in your own home hidden behind a computer, possibly in your pajamas. But the truth is, for many introverts, remote work is kind of a nightmare.

Now that the pandemic has chased many of us out of our offices, we’re chafing under the new remote rules of work: too much screen time; a lack of boundaries between work and home; endless video calls. The same things that make remote work difficult for introverts make it difficult for everyone.

Far and away, the worst part of remote work is video calls. Being on camera is a performance. Thoughtless scheduling can mean you’re basically onstage performing for eight hours a day. There are none of the nuanced cues that help you read a room. Staring at disembodied heads on a screen offers only a pale imitation of real human connection. Social anxiety only makes this worse. When you have a camera in your face, that can really trigger your social anxiety. It takes energy to be on.

So the key to managing remote work is to protect your energy. First, pay attention to ritual and routine. As much as we hated our commutes, they were a ritual that created a boundary between work and home. And we need that. For many of us, those little breaks that we would build in to the work day — going to get a cup of coffee or a chat with a coworker — those are gone, too. For me, those rituals are when I gather my energy, assume my work character and get into the right headspace to dive in.

So how can you recreate those breaks and boundaries at home? The key is to be intentional. It could be music or lighting, a pep talk with a friend. You could take a walk around the block at a certain time of day or even a breathing or stretching routine before you sit — whatever it takes for you to delineate the transition between work and home.

Second, we need to manage our pace, place and space. You can think of pacing as managing the interactions that tax your energy versus those that recharge you. You could schedule fewer videoconferences, because remember, those are performances. You could schedule downtime or recharge time after performances. Oprah does this, as do many introverted performers and CEOs. You could consider the time of day. Think about when you can typically summon the energy to be on and save other times for quiet work.

For place, use your workspace to help you enforce good boundaries. Even if your desk is in your kitchen, make it feel like a workplace. For space, build in some alone time every day. And this includes time away from your kids. It’s really key to avoiding burnout.

Finally, if you’re a manager, you have a special role to play to help employees protect their pace, place and space. Manage the room during video calls. Even remotely, chatty extroverts tend to dominate. To create a space where everyone can be heard, structure agendas, assign presentation rules and minimize brainstorming. Brainstorming can trigger social anxiety, and it can freeze up introverts. Instead, create a shared space where people can write their ideas before a brainstorming session.

Favor audio over video calls. Research shows that we actually communicate more emotion and nuance via audio alone. Try asynchronous communication for more complicated or provocative one-on-ones. You can steal this idea from author Robert Glazer: record a voice memo or video on your phone explaining your perspective and send it to a colleague. And that way, they can respond and react in their own time.

Along with a lot of challenges now, we have an opportunity. Remote work is here to stay, so don’t just transfer old habits and old company culture to remote work. Build something better. To get started, ask the introverts in your office what their ideal day looks like and take your cue from there.

「リモートワークでの燃え尽き症候群を防ぐ 3 つのステップ(3 steps to stop remote work burnout)」の和訳

リモートワークは内向的な人にとって理想的な状況だと思われるかもしれません。自宅で自分のコンピューターの後ろに隠れていて、おそらくパジャマ姿かもしれません。しかし、実際には、多くの内向的な人にとって、リモートワークはある種の悪夢です。

パンデミックが私たちの多くをオフィスから追い出してから、私たちは新しいリモートワークのルールに適応しようとしています。画面に長時間向かうこと、仕事と家庭の間の境界の欠如、無限のビデオ通話。リモートワークが内向的な人にとって難しい要素は、皆にとって同じくらい難しいものです。

リモートワークの最悪の部分は、断然、ビデオ通話です。カメラの前での存在はパフォーマンスです。考慮のないスケジュール設定は、実質的に一日中舞台でパフォーマンスをすることを意味します。部屋の空気を読むのに役立つ微妙な合図はありません。画面上の無身体の頭を見つめることは、本物の人間との繋がりの薄い模倣に過ぎません。社交不安症がこの問題を悪化させます。カメラを顔に向けられると、社交不安症が本当にトリガーされることがあります。オンになるにはエネルギーが必要です。

ですので、リモートワークを管理する鍵は、自分のエネルギーを守ることです。まず、儀式とルーティンに注意を払います。通勤が嫌いだったとしても、それは仕事と家庭の間に境界線を作り出す儀式でした。そして、それが必要です。私たちの多くにとって、仕事中に組み込んでいた小さな休憩時間、コーヒーを取りに行くことや同僚とのおしゃべり、それらもなくなってしまいました。私にとって、それらの儀式は私がエネルギーを集め、自分の仕事のキャラクターを想定し、正しい気分に入るためのものです。

では、家でそれらの休憩と境界をどのように再現できるのでしょうか?鍵は意識的に行動することです。音楽や照明、友人との元気づけの会話など、仕事と家庭の間の遷移を明確にするために必要なことは何でも構いません。

次に、私たちはペース、場所、そして空間を管理する必要があります。ペースは、エネルギーを消耗する相互作用と、エネルギーを補充する相互作用を管理することと考えることができます。ビデオ会議のスケジュールを少なくすることができます。なぜなら、それらはパフォーマンスであることを覚えておく必要があります。パフォーマンス後にダウンタイムやリチャージタイムをスケジュールすることができます。オプラや多くの内向的なパフォーマー、CEOたちもこれを行っています。時間帯も考慮してみてください。いつにエネルギーを使うことができるかを考え、他の時間は静かな作業に使うことができます。

場所に関しては、良い境界線を守るのに自分の作業スペースを活用してください。たとえあなたの机がキッチンにあっても、それを職場のように感じるようにしましょう。空間に関しては、毎日少しの一人の時間を確保してください。これには、子供から離れた時間も含まれます。これは燃え尽きを避けるために本当に重要です。

最後に、もし管理職であれば、従業員が自分のペース、場所、そして空間を守るのを助けるために特別な役割があります。ビデオ通話中の部屋の管理を行ってください。遠隔であっても、おしゃべり好きな外向的な人が支配的になる傾向があります。誰もが声を出せる空間を作るために、アジェンダを立て、プレゼンテーションのルールを割り当て、ブレストORMを最小限に抑えてください。ブレインストーミングは社交不安を引き起こす可能性があり、内向的な人を凍りつかせることがあります。その代わりに、ブレインストーミングセッションの前にアイデアを書き込む共有スペースを作成してください。

ビデオ通話よりも音声を優先してください。研究によると、私たちは実際にオーディオのみでより多くの感情やニュアンスを伝えることができます。より複雑で刺激的な一対一のコミュニケーションに非同期コミュニケーションを試してみてください。ロバート・グレイザー著者からこのアイデアを借りてみてください:自分の視点を説明するボイスメモやビデオを携帯電話で録音し、同僚に送信します。そうすることで、彼らは自分の時間で返信や反応をすることができます。

多くの挑戦と共に、私たちは機会を持っています。リモートワークは今後も続くので、古い習慣や古い企業文化をただリモートワークに移すだけでなく、より良いものを構築してください。始めるためには、オフィスの内向的な人々に、彼らの理想的な一日がどのように見えるか尋ね、そこからヒントを得てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました