毎日の集まりを特別にするための新しいルール

人間関係

Why do some gatherings take off and others don’t? Author Priya Parker shares three easy steps to turn your parties, dinners, meetings and holidays into meaningful, transformative gatherings.

なぜ一部の集会はうまくいき、他の集会はうまくいかないのでしょうか?

著者のプリヤ・パーカーが、パーティー、ディナー、会議、休日を有意義で変革的な集まりに変えるための 3 つの簡単なステップを紹介します。

タイトル 3 steps to turn everyday get-togethers into transformative gatherings
日常の集まりを変革的な集まりに変える3つのステップ
スピーカー プリヤ・パーカー
アップロード 2019/07/15

「日常の集まりを変革的な集まりに変える3つのステップ(3 steps to turn everyday get-togethers into transformative gatherings)」の文字起こし

When I was a child, every other Friday, I would leave my mother and stepfather’s home — an Indian and British, atheist, Buddhist, agnostic, vegetarian, new age-y sometimes, Democratic household.

And I would go 1.4 miles to my father and stepmother’s home and enter a white, Evangelical Christian, conservative, Republican, twice-a-week-churchgoing, meat-eating family.

It doesn’t take a shrink to explain how I ended up in the field of conflict resolution.

Whether I was facilitating dialogues in Charlottesville or Istanbul or Ahmedabad, the challenge was always the same: despite all odds, and with integrity, how do you get people to connect meaningfully, to take risks, to be changed by their experience?

And I would witness extraordinarily beautiful electricity in those rooms. And then I would leave those rooms and attend my everyday gatherings like all of you — a wedding or a conference or a back-to-school picnic — and many would fall flat.

There was a meaning gap between these high-intensity conflict groups and my everyday gatherings.

Now, you could say, sure, somebody’s birthday party isn’t going to live up to a race dialogue, but that’s not what I was responding to.

As a facilitator, you’re taught to strip everything away and focus on the interaction between people, whereas everyday hosts focus on getting the things right — the food, the flowers, the fish knives — and leave the interaction between people largely to chance.

So I began to wonder how we might change our everyday gatherings to focus on making meaning by human connection, not obsessing with the canapes.

And I set out and interviewed dozens of brave and unusual hosts — an Olympic hockey coach, a Cirque du Soleil choreographer, a rabbi, a camp counselor — to better understand what creates meaningful and even transformative gatherings.

And I want to share with you some of what I learned today about the new rules of gathering.

So when most people plan a gathering, they start with an off-the-rack format. Birthday party? Cake and candles. Board meeting? One brown table, 12 white men.

Assuming the purpose is obvious, we skip too quickly to form. This not only leads to dull and repetitive gatherings, it misses a deeper opportunity to actually address our needs.

The first step of creating more meaningful everyday gatherings is to embrace a specific disputable purpose.

An expectant mother I know was dreading her baby shower. The idea of “pin the diaper on the baby” games and opening gifts felt odd and irrelevant.

So she paused to ask: What is the purpose of a baby shower? What is my need at this moment?

And she realized it was to address her fears of her and her husband’s — remember that guy? — transition to parenthood. And so she asked two friends to invent a gathering based on that.

And so on a sunny afternoon, six women gathered. And first, to address her fear of labor — she was terrified — they told her stories from her life to remind her of the characteristics she already carries — bravery, wonder, faith, surrender — that they believed would carry her and help her in labor as well.

And as they spoke, they tied a bead for each quality into a necklace that she could wear around her neck in the delivery room.

Next, her husband came in, and they wrote new vows, family vows, and spoke them aloud, first committing to keep their marriage central as they transitioned to parenthood, but also future vows to their future son of what they wanted to carry with them from each of their family lines and what would stop with this generation.

Then more friends came along, including men, for a dinner party. And in lieu of gifts, they each brought a favorite memory from their childhood to share with the table.

Now, you might be thinking this is a lot for a baby shower, or it’s a little weird or it’s a little intimate. Good. It’s specific. It’s disputable.

It’s specific to them, just as your gathering should be specific to you.

The next step of creating more meaningful everyday gatherings is to cause good controversy. You may have learned, as I did, never to talk about sex, politics or religion at the dinner table. It’s a good rule in that it preserves harmony, or that’s its intention. But it strips away a core ingredient of meaning, which is heat, burning relevance.

The best gatherings learn to cultivate good controversy by creating the conditions for it, because human connection is as threatened by unhealthy peace as by unhealthy conflict.

I was once working with an architecture firm, and they were at a crossroads. They had to figure out whether they wanted to continue to be an architecture firm and focus on the construction of buildings or pivot and become the hot new thing, a design firm, focusing on beyond the construction of spaces. And there was real disagreement in the room, but you wouldn’t know, because no one was actually speaking up publicly. And so we hosted good controversy.

After a lunch break, all the architects came back, and we hosted a cage match. They walked in, we took one architect, put him in one corner to represent architecture, the other one to represent design. We threw white towels around their necks, stolen from the bathroom — sorry — played Rocky music on an iPad, got each a Don King-like manager to rev them up and prepare them with counterarguments, and then basically made them each argue the best possible argument of each future vision.

The norm of politeness was blocking their progress. And we then had everybody else physically choose a side in front of their colleagues. And because they were able to actually show where they stood, they broke an impasse. Architecture won. So that’s work.

What about a hypothetical tense Thanksgiving dinner? Anyone?

So first, ask the purpose. What does this family need this year? If cultivating good heat is part of it, then try for a night banning opinions and asking for stories instead. Choose a theme related to the underlying conflict. But instead of opinions, ask everybody to share a story from their life and experience that nobody around the table has ever heard, to difference or to belonging or to a time I changed my mind, giving people a way in to each other without burning the house down.

And finally, to create more meaningful everyday gatherings, create a temporary alternative world through the use of pop-up rules. A few years ago, I started noticing invitations coming with a set of rules. Kind of boring or controlling, right? Wrong.

In this multicultural, intersectional society, where more of us are gathered and raised by people and with etiquette unlike our own, where we don’t share the etiquette, unspoken norms are trouble, whereas pop-up rules allow us to connect meaningfully. They’re one-time-only constitutions for a specific purpose.

So a team dinner, where different generations are gathering and don’t share the same assumptions of phone etiquette: whoever looks at their phone first foots the bill.

Try it.

For an entrepreneurial advice circle of just strangers, where the hosts don’t want everybody to just listen to the one venture capitalist in the room –knowing laugh — you can’t reveal what you do for a living.

For a mom’s dinner, where you want to upend the norms of what women who also happen to be mothers talk about when they gather, if you talk about your kids, you have to take a shot.

That’s a real dinner.

Rules are powerful, because they allow us to temporarily change and harmonize our behavior. And in diverse societies, pop-up rules carry special force. They allow us to gather across difference, to connect, to make meaning together without having to be the same.

When I was a child, I navigated my two worlds by becoming a chameleon. If somebody sneezed in my mother’s home, I would say, “Bless you,” in my father’s, “God bless you.” To protect myself, I hid, as so many of us do.

And it wasn’t until I grew up and through conflict work that I began to stop hiding. And I realized that gatherings for me, at their best, allow us to be among others, to be seen for who we are, and to see.

The way we gather matters because how we gather is how we live.

Thank you.

「日常の集まりを変革的な集まりに変える3つのステップ(3 steps to turn everyday get-togethers into transformative gatherings)」の和訳

子どもの頃、隔週の金曜日には、インド人とイギリス人で、無神論者で仏教徒、不可知論者で菜食主義者、時にはニューエイジ的な、民主主義的な家庭を出ていきました。

そして、1.4マイル離れた父と義母の家に行き、白人のエバンジェリカル・クリスチャンで保守的で共和党員で、週に2回教会に行く、肉食家族の中に入っていきました。

私がなぜ紛争解決の分野に入ったかを説明するのは、カウンセラーでさえ必要ありません。

私がシャーロッツビルやイスタンブールやアーメダバードで対話を促進していたかにかかわらず、その課題は常に同じでした。すべてのオッズにもかかわらず、そして誠実に、人々を意味深くつなげ、リスクを取り、その経験で変わらせるにはどうすればいいのでしょうか?

そして、私はその部屋で非常に美しい電気を目撃します。そして、その部屋を出て、私も皆さんと同じように、結婚式や会議や新学期のピクニックなど、日常の集まりに出席しましたが、多くは失敗しました。

これらのハイインテンシティな対立グループと私の日常の集まりとの間には、意味の隔たりがありました。

今、あなたは言えます。確かに、誰かの誕生パーティーは人種の対話には及びませんが、私が反応していたのはそうではありません。

ファシリテーターとして、人々との相互作用に焦点を合わせるように教えられますが、日常のホストは食べ物や花、魚用ナイフなど、物事を正しく行うことに焦点を合わせ、人々との相互作用を大部分放置します。

だから、私は日常の集まりをどのように変えて、カナッペにこだわるのではなく、人間のつながりによって意味を生み出すことに焦点を当てるかを考え始めました。

そして、私は何十人もの勇敢で普通でないホストたち―オリンピックのホッケーのコーチ、シルク・ドゥ・ソレイユの振付師、ラビ、キャンプのカウンセラー―とインタビューしました。彼らがどのようにして意味のある、さらには変革的な集まりを生み出すかをよりよく理解するために。

そして、今日学んだ新しい集まりのルールの一部を皆さんと共有したいと思います。

だからほとんどの人々が集まりを計画するとき、彼らは既製の形式から始めます。誕生日パーティー?ケーキとろうそく。会議?茶色のテーブル一つ、白人の男性12人。

目的が明らかであると仮定し、私たちは形式にあまりにも早く移ります。これは退屈で繰り返しの多い集まりにつながるだけでなく、実際に私たちのニーズに対処するより深い機会を見逃します。

より意味のある日常の集まりを作る最初のステップは、特定の議論の余地のある目的を受け入れることです。

私が知っている妊婦は、彼女のベビーシャワーを恐れていました。おむつを赤ちゃんにつけるゲームやプレゼントを開けることは、奇妙で関係のないものに感じました。

だから彼女は立ち止まって尋ねました:ベビーシャワーの目的は何ですか?この瞬間に私のニーズは何ですか?

そして彼女は、彼女と彼女の夫の―あの人を覚えていますか?―親になる過渡期の恐れに対処する必要があることに気付きました。そのため、彼女はその基づいた集まりを発明するように2人の友人に頼みました。

ある晴れた午後、6人の女性が集まりました。最初に、彼女の出産への恐れに対処するために―彼女は恐れていました―、彼らは彼女の人生からの物語を彼女に話し、彼女がすでに持っている特性―勇気、驚き、信仰、降伏―を思い出させました。彼らはこれらの特性が彼女を運んで、分娩でも役立つと信じていました。

話す間、彼らは各特性のビーズをネックレスに結びつけ、彼女が分娩室で首にかけることができるようにしました。

次に、彼女の夫が入ってきて、彼らは新しい誓い、家族の誓いを書き、それを大声で言いました。最初に、親になる過渡期に夫婦関係を中心に保つことを約束し、将来の息子への将来の誓いについても、彼らの各家族の系統から持ち出したいものと、この世代で止まるものを述べました。

その後、さらに友人たち、男性も含めて、ディナーパーティーにやってきました。そして、贈り物の代わりに、彼らはそれぞれ子供時代の思い出をテーブルで共有するために持ち寄りました。

さて、これはベビーシャワーにとっては多すぎるかもしれませんし、少し奇妙で、親密すぎると思うかもしれません。それはいいことです。それは具体的です。それは議論の余地があるものです。

それは彼らに特有のものであり、あなたの集まりもあなたに特有のものであるべきです。

より意味のある日常の集まりを作るための次のステップは、良い論争を引き起こすことです。食卓では性、政治、宗教について話すことを決してしないように学んだかもしれません。これは調和を保つための良いルールです、またはその意図です。しかし、それは熱、燃えるような関連性という意味の中核的な要素を剥奪します。

最高の集まりは、それを生み出す条件を作ることで、良い論争を育むことを学びます。なぜなら、人間のつながりは、不健全な平和と同様に、不健全な紛争によっても脅かされるからです。

かつて私は建築会社と仕事をしていました。彼らは岐路に立っていました。彼らは建物の建設に焦点を合わせた建築会社であり続けるか、あるいは変革してデザインファームとして進化し、空間の構築を超えたデザインに焦点を合わせるかを決めなければなりませんでした。会議室には本当の意見の相違がありましたが、誰も公然と発言していませんでした。そこで、私たちは良い論争を主催しました。

昼休みの後、全ての建築家が戻ってきて、私たちはケージマッチを主催しました。彼らが入ってくると、私たちは1人の建築家を選び、建築を代表するコーナーに置き、もう1人をデザインを代表するコーナーに置きました。私たちは彼らの首に白いタオルを投げ、バスルームから盗んだものでした―ごめんなさい―iPadでロッキーの音楽を流し、彼らを活気づけ、反論を準備するためにドン・キングのようなマネージャーを用意し、そして基本的に彼らに将来のビジョンの最良の議論を行ってもらいました。

礼儀正しさの規範が彼らの進歩を阻んでいました。そこで、私たちは他の皆が同僚の前で物理的にどちらの側に立つかを選ぶようにしました。そして、彼らが自分の立場を実際に示すことができたので、彼らは行き詰まりを打破しました。建築が勝ちました。これが仕事です。

では、仮想的な緊張感のある感謝祭のディナーはどうでしょうか?誰か、話してみますか?

まず、目的を尋ねます。この家族は今年何が必要ですか?良い論争を育てることがその一部である場合は、意見を禁止し、代わりに物語を求める夜を試してみてください。基本的な衝突に関連するテーマを選択します。しかし、意見の代わりに、誰もテーブルの周りで聞いたことのない彼ら自身の人生や経験に関する物語を共有してもらいます。差異や所属、または私が考えを変えた時など、人々にお互いに入る方法を与え、家を焼かないで済むようにします。

最後に、より意味のある日常の集まりを作るために、ポップアップルールを使用して一時的な代替世界を作り出します。数年前から、招待状にルールが付いてくるのに気づき始めました。ちょっと退屈だし、制御されていると思いませんか?違います。

この多文化的で交差する社会では、私たちが他人とは異なる人々によって集まり、育てられ、エチケットを共有していない場合、口頭での規範は問題ですが、ポップアップルールは意味のある接続を可能にします。それらは特定の目的のための一度限りの憲法です。

ですから、チームのディナー、異なる世代が集まり、同じ電話のエチケットの前提を共有していない場合:最初に電話を見た人が勘定を払います。

試してみてください。

知識の共有や起業家のアドバイスを得るための円形のグループで、ホストが部屋の中の1人のベンチャーキャピタリストだけを聞かせたくない場合 ― 皆が知っている笑い声 ― あなたは職業を明かしてはいけません。

母親たちが集まった夕食会では、母親であることがわかっている女性たちが話す通常のルールを覆すことを望む場合、子供について話したら、ショットを一杯飲まなければなりません。

それは本当の夕食です。

ルールは強力です。なぜなら、一時的に行動を変え、調和させることを可能にするからです。多様な社会では、ポップアップルールには特別な力があります。それらは違いを超えて集まり、つながり、同じである必要なく意味を共有することを可能にします。

私が子供の頃、私はカメレオンになることで2つの世界を航行しました。母の家で誰かがくしゃみをしたら、「お大事に」と言い、父の家では「神のご加護を」と言いました。自分を守るために、私は隠れました。私たちの多くがそうするように。

そして、私は成長し、紛争の仕事を通して隠れるのをやめ始めました。そして私にとって、最高のときの集まりは、私たちが他の人と一緒にいて、自分たちが誰であるかを見てもらい、見ることができるようにします。

私たちが集まる方法は重要です。なぜなら、私たちが集まる方法が私たちの生き方だからです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました