ガラスの天井を打ち破る!女性が直面する職場の現実と対策

仕事

We’re taught to believe that hard work and dedication will lead to success, but that’s not always the case. Gender, race, ethnicity, religion, disability, sexual orientation are among the many factors that affect our chances, says writer and advocate Melinda Epler, and it’s up to each of us to be allies for those who face discrimination. In this actionable talk, Epler shares three ways to support people who are underrepresented in the workplace. “There’s no magic wand for correcting diversity and inclusion,” she says. “Change happens one person at a time, one act at a time, one word at a time.”

私たちは、勤勉と献身が成功につながると信じるように教えられていますが、必ずしもそうとは限りません。

作家であり擁護者でもあるメリンダ・エプラー氏は、「性別、人種、民族、宗教、障害、性的指向は私たちのチャンスに影響を与える多くの要因の一つであり、差別に直面している人々の味方になれるかどうかは私たち一人ひとりにかかっている」と述べています。

この実用的な講演で、エプラー氏は、職場で過小評価されている人々をサポートする 3 つの方法を紹介します。 「多様性と包括性を正すための魔法の杖はありません」と彼女は言います。

「変化は一度に一人ずつ、一度に行動し、一度に一言ずつ起こる。」

タイトル
3 ways to be a better ally in the workplace
職場でより良い味方になるための3つの方法
スピーカー メリンダ・エプラー
アップロード 2018/10/25

「職場でより良い味方になるための3つの方法(3 ways to be a better ally in the workplace)」の文字起こし

In 2013, I was an executive at an international engineering firm in San Francisco. It was my dream job. A culmination of all the skills that I’ve acquired over the years: storytelling, social impact, behavior change. I was the head of marketing and culture and I worked with the nation’s largest health care systems, using technology and culture change to radically reduce their energy and water use and to improve their social impact. I was creating real change in the world. And it was the worst professional experience of my life.

I hit the glass ceiling hard. It hurt like hell. While there were bigger issues, most of what happened were little behaviors and patterns that slowly chipped away at my ability to do my work well. They ate away at my confidence, my leadership, my capacity to innovate. For example, my first presentation at the company. I walk up to the front of the room to give a presentation on the strategy that I believe is right for the company. The one they hired me to create. And I look around the room at my fellow executives. And I watch as they pick up their cell phones and look down at their laptops. They’re not paying attention. As soon as I start to speak, the interruptions begin and people talk over me again and again and again. Some of my ideas are flat out dismissed and then brought up by somebody else and championed. I was the only woman in that room. And I could have used an ally. Little behaviors and pattern like this, every day, again and again, they wear you down. Pretty soon, my energy was absolutely tapped.

At a real low point, I read an article about toxic workplace culture and microaggressions. Microaggressions — everyday slights, insults, negative verbal and nonverbal communication, whether intentional or not, that impede your ability to do your work well. That sounded familiar. I started to realize that I wasn’t failing. The culture around me was failing me. And I wasn’t alone. Behaviors and patterns like this every day affect underrepresented people of all backgrounds in the workplace. And that has a real impact on our colleagues, on our companies and our collective capacity to innovate.

So, in the tech industry, we want quick solutions. But there is no magic wand for correcting diversity and inclusion. Change happens one person at a time, one act at a time, one word at a time. We make a mistake when we see diversity and inclusion as that side project over there the diversity people are working on, rather than this work inside all of us that we need to do together.

And that work begins with unlearning what we know about success and opportunity. We’ve been told our whole lives that if we work hard, that hard work pays off, we’d get what we deserve, we’d live our dream. But that isn’t true for everyone. Some people have to work 10 times as hard to get to the same place due to many barriers put in front of them by society. Your gender, your race, your ethnicity, your religion, your disability, your sexual orientation, your class, your geography, all of these can give you more or fewer opportunities for success.

And that’s where allyship comes in. Allyship is about understanding that imbalance in opportunity and working to correct it. Allyship is really seeing the person next to us. And the person missing, who should be standing next to us. And first, just knowing what they’re going through. And then, helping them succeed and thrive with us. When we work together to develop more diverse and inclusive teams, data shows we will be more innovative, more productive and more profitable.

So, who is an ally? All of us. We can all be allies for each other. As a white, cisgendered woman in the United States, there are many ways I’m very privileged. And some ways I’m not. And I work hard every day to be an ally for people with less privilege than me. And I still need allies, too.

In the tech industry, like in many industries, there are many people who are underrepresented, or face barriers and discrimination. Women, people who are nonbinary — so people who don’t necessarily identify as man or woman — racial and ethnic minorities, LGBTQIA, people with disabilities, veterans, anybody over age 35. We have a major bias toward youth in the tech industry. And many others. There is always someone with less privilege than you. On this stage, in this room. At your company, on your team, in your city or town.

So, people are allies for different reasons. Find your reason. It could be for the business case, because data shows diverse and inclusive teams will be more productive, more profitable and more innovative. It could be for fairness and social justice. Because we have a long history of oppression and inequity that we need to work on together. Or it could be for your kids, so your kids grow up with equal opportunities. And they grow up creating equal opportunities for others. Find your reason. For me, it’s all three. Find your reason and step up to be there for someone who needs you.

So, what can you do as an ally? Start by doing no harm. It’s our job as allies to know what microaggressions are and to not do them. It’s our job as allies to listen, to learn, to unlearn and to relearn, and to make mistakes and to keep learning. Give me your full attention. Close your laptops, put down your cellphones and pay attention. If somebody is new or the only person in the room like them, or they’re just nervous, this is going to make a huge difference in how they show up. Don’t interrupt. Underrepresented people are more likely to be interrupted, so just take a step back and listen.

Echo and attribute. If I have a great idea, echo my idea and then attribute it to me, and we thrive together. Learn the language I use to describe my identity. Know how to pronounce my name. Know my pronouns — he, she, they. Know the language I use to describe my disability, my ethnicity, my religion. This really matters to people, so if you don’t know, just ask. Listen and learn. An executive told me recently that after doing allyship on his team, the whole team started to normalize calling themselves out and each other out for interrupting. “I’m so sorry I’m interrupting you right now, carry on.” “Hey, she’s got a great idea, let’s listen.”

Advocate for underrepresented people in small ways. Intervene; you can change the power dynamics in the room. If you see somebody is the only person in the room like them and they are being belittled, they are being interrupted, do something, say something. Invite underrepresented people to speak. And say no to panels without underrepresented speakers. Refer someone for a job and encourage them to take that job and to take new opportunities. And this one’s really important — help normalize allyship. If you’re a person with privilege, it’s easier for you to advocate for allies. So use that privilege to create change.

Change someone’s life significantly. So, be there for somebody throughout their career. Mentor or sponsor them, give them opportunities as they grow. Volunteer — volunteer for a STEM program, serving underserved youth. Transform your team to be more diverse and inclusive. And make real commitments to creating change here. Hold yourself and your team accountable for creating change. And lastly, help advocate for change across your company. When companies teach their people to be allies, diversity and inclusion programs are stronger. You and I can be allies for each other, whether we’re inside or outside of work.

Sure, here’s the text with additional line breaks:

So, I realized recently that I still have lingering shame and fear from that moment in my career when I felt utterly alone, shut out and unsupported. There are millions of people out there, like me, right now, feeling that way.

And it doesn’t take much for us to be there for each other. And when we’re there for each other, when we support one another, we thrive together. And when we thrive, we build better teams, better products and better companies.

Allyship is powerful. Try it.

Thank you.

「職場でより良い味方になるための3つの方法(3 ways to be a better ally in the workplace)」の和訳

2013年、私はサンフランシスコの国際エンジニアリング企業の役員でした。それは私の夢の仕事でした。これまでに身につけてきたすべてのスキルの集大成:ストーリーテリング、社会的影響、行動変容。私はマーケティングとカルチャーの責任者であり、国内最大規模の医療システムと協力して、技術とカルチャー変革を活用して、エネルギーや水の使用量を劇的に削減し、社会的影響を向上させていました。私は世界に実質的な変化をもたらしていました。そして、それは私の人生で最悪の職業経験でした。

ガラスの天井に激突しました。ひどく痛かったです。大きな問題があった一方で、ほとんどのことは、私の仕事をうまくこなす能力を徐々に侵食する小さな行動やパターンでした。それらは私の自信、リーダーシップ、革新能力を削り取りました。たとえば、会社での最初のプレゼンテーション。会社のために正しいと信じている戦略についてのプレゼンテーションを行うために部屋の前に立ちます。彼らが私を雇って作成するように。そして、私は部屋の同僚の顔を見渡します。そして、彼らが携帯電話を取り上げ、ラップトップを見下ろすのを見ます。彼らは注意を払っていません。私が話し始めるとすぐに、中断が始まり、何度も何度も人々が私の上を話しました。私のいくつかのアイデアははっきりと却下され、そして別の誰かによって持ち出されてチャンピオンにされました。私はその部屋で唯一の女性でした。味方がいれば良かったのに。このような小さな行動やパターンが、毎日、何度も繰り返されると、あなたは消耗していきます。やがて、私のエネルギーは完全に枯渇してしまいました。

最低点に達したとき、毒のある職場文化とマイクロアグレッションについての記事を読みました。マイクロアグレッション──日常的な軽侮、侮辱、否定的な口頭および非口頭のコミュニケーション、意図的であろうとなかろうと、仕事をうまく行う能力を妨げるもの。それは聞き覚えがありました。私は失敗していないと気づき始めました。私の周りの文化が私に失敗していたのです。私だけではありませんでした。このような毎日の行動やパターンは、職場でのあらゆる背景の代表者に影響を与えます。そして、それは私たちの同僚、私たちの企業、私たちの集団的な革新能力に真の影響を与えます。

そのため、テクノロジー業界では迅速なソリューションが求められています。

しかし、ダイバーシティとインクルージョンを正すための魔法の杖はありません。

変化は一度に一人ずつ、一度に行動し、一度に一言ずつ起こります。 ダイバーシティとインクルージョンを、私たち全員が一緒に取り組む必要がある内部の取り組みではなく、多様性の人々が取り組んでいるサイドプロジェクトであると考えるとき、私たちは間違いを犯します。

成功と機会について知っていることを学び直すことから始まる。私たちは一生懸命働けば報われる、自分にふさわしいものを手に入れる、夢を実現する、と言われてきましたが、それはすべての人に当てはまるわけではありません。社会が前に立てた多くの障壁のために、同じ場所にたどり着くためには10倍一生懸命に働かなければならない人もいます。性別、人種、民族、宗教、障がい、性的指向、階級、地域、これらすべてが成功への機会においてより多くまたは少なくの違いをもたらす可能性があります。

ここで、アライアンスの重要性が出てきます。アライアンスとは、機会の不均衡を理解し、それを修正するために努力することです。アライアンスとは、隣にいる人を本当に見ることです。そして、隣に立つべき人がいないことに気付くことです。まず、彼らが何を経験しているかを知ることから始め、それから一緒に成功し、繁栄する手助けをすることです。より多様で包摂的なチームを開発するために一緒に働くと、データによると、私たちはより革新的で生産的であり、利益を上げることができることが示されています。

では、誰がアライアンスなのでしょうか?私たち全員です。私は白人で、シスジェンダーの女性ですが、多くの面で特権を持っています。しかし、特権のない人々の味方でありたいと毎日努力しています。そして、私自身も味方が必要です。

テック業界では、他の多くの業界と同様に、代表されていない人々や障壁、差別に直面している人々が多くいます。女性、ノンバイナリーの人々──つまり、男性または女性として明確に自己を定義しない人々──、人種や民族の少数派、LGBTQIA、障がいを持つ人々、退役軍人、35歳以上の人々。テック業界では若さに対する偏見があります。それ以外にもたくさんの人がいます。あなたよりも特権のない人が常にいます。このステージやこの部屋にも、あなたの会社やチームにも、あなたの街や町にも。

人々がアライアンスになる理由はさまざまです。あなたの理由を見つけてください。それはビジネスケースのためかもしれません。データによると、多様で包摂的なチームはより生産的であり、利益を上げ、より革新的であるとされています。公正と社会正義のためかもしれません。私たちは共に取り組む必要がある長い歴史の中で抑圧と不平等に取り組む必要があります。あるいは、あなたの子供たちのためかもしれません。子供たちが平等な機会を持って成長し、他の人々にも平等な機会を提供するように成長するようにするためです。あなたの理由を見つけて、必要とする人のために立ち上がってください。

では、あなたがアライアンスとして何ができるでしょうか?まず、害を与えないようにしましょう。マイクロアグレッションとは何かを知り、それを行わないことが私たちの仕事です。アライアンスとして、聞くこと、学ぶこと、学んだことを忘れること、そして再学習すること、そして間違いを犯し、学び続けることが私たちの仕事です。私に全力を注いでください。ラップトップを閉じ、携帯電話を置いて、集中してください。誰かが新しい人であるか、彼らのような部屋で唯一の人であるか、あるいは彼らがただ緊張している場合、これは彼らがどのように振る舞うかに非常に大きな違いをもたらします。割り込まないでください。代表されていない人々は割り込まれる可能性がより高いので、一歩引いて聞くことが大切です。

私が素晴らしいアイデアを持っている場合、私のアイデアを反映させ、それを私に帰属させ、一緒に繁栄しましょう。私のアイデアを反映させ、それを私に帰属させることで、一緒に成功することができます。私がどのように自己を説明する言葉を学んでください。私の名前を正しく発音する方法を知ってください。私の代名詞──彼、彼女、彼ら──を知ってください。私の障害、民族、宗教を説明する言葉を知ってください。これは人々にとって本当に重要なことなので、わからない場合はただ尋ねてください。聞いて学んでください。最近、ある幹部が私に言いました。彼のチームでアライアンスを行った後、チーム全体が互いに割り込むことを呼びかけることを普通にし始めたと言います。「今、割り込んで申し訳ありません、続けてください」「彼女は素晴らしいアイデアを持っています、聞いてください」

小さな方法で代表されていない人々を支援してください。介入して、部屋のパワーダイナミクスを変えることができます。誰かが自分と同じような部屋に唯一いるのを見かけたら、彼らが見下されたり、割り込まれたりしている場合、何かをしましょう、何かを言いましょう。代表されていない人々に話すように招待してください。そして、代表されていないスピーカーのいないパネルにノーと言ってください。誰かを仕事に推薦し、その仕事を受け入れるように促して、新しい機会を受け入れるようにしてください。そして、これが非常に重要です──アライアンスを普及させるのを助けてください。特権を持つ人間であれば、アライアンスを支持することは簡単です。その特権を利用して変革を起こしてください。

大きな変化を誰かの人生にもたらすこと。だから、その人のキャリアを通じてそばにいてください。メンターまたはスポンサーとして彼らを支援し、彼らが成長する機会を与えてください。ボランティア――STEMプログラムや未利用の若者に奉仕するSTEMプログラムにボランティアとして参加してください。あなたのチームをより多様性と包括性のあるものに変えましょう。そして、ここで変化を創造するための本物のコミットメントをしましょう。変化を作り出すために自分自身とチームを責任にとってください。そして最後に、あなたの会社全体で変化を提唱するのを手伝ってください。会社が人々にアライアンスのあり方を教えると、多様性と包摂のプログラムが強化されます。私たちはお互いに、仕事の内外に関わらず、アライアンスとなり得ます。

確かに、以下は追加の改行を含めた文章です:

最近気づいたのですが、私はキャリアのある瞬間から、未だに恥ずかしさと恐れを引きずっています。そのとき私は完全に孤独で、排除され、支援されていないと感じました。現在も、私のような数百万人の人々がそのような気持ちを抱いています。

私たちがお互いにそこにいると、多くのことは必要ありません。そして、私たちがお互いを支え合うとき、私たちは一緒に繁栄します。そして、私たちが繁栄すると、私たちはより良いチーム、より良い製品、より良い会社を築き上げます。

アライアンスは力強いです。試してみてください。

ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました