離婚率45%を下げるための3つの効果的なライフハック

人間関係

Choosing to marry and share your life with someone is one of the most important decisions you can make in life. But with divorce rates approaching fifty percent in some parts of the world, it’s clear we could use some help picking a partner. In an actionable, eye-opening talk, psychiatrist George Blair-West shares three keys to preventing divorce — and spotting potential problems while you’re still dating.

結婚して誰かと人生を共有するという選択は、人生で行うことができる最も重要な決断の 1 つです。しかし、世界の一部の地域では離婚率が50パーセントに近づいているため、パートナー選びに何らかの助けを借りられることは明らかです。

精神科医のジョージ・ブレア・ウェストは、実用的で目を見張るような講演の中で、離婚を防ぐための 3 つの鍵と、交際中の潜在的な問題を発見するための 3 つの鍵を紹介します。

タイトル 3 ways to build a happy marriage and avoid divorce
幸せな結婚生活を築き、離婚を避けるための3つの方法
スピーカー ジョージ・ブレア・ウェスト
アップロード 2019/02/05

「幸せな結婚生活を築き、離婚を避けるための3つの方法(3 ways to build a happy marriage and avoid divorce)」の文字起こし

Almost 50 years ago, psychiatrists Richard Rahe and Thomas Holmes developed an inventory of the most distressing human experiences that we could have. Number one on the list? Death of a spouse. Number two, divorce. Three, marital separation. Now, generally, but not always, for those three to occur, we need what comes in number seven on the list, which is marriage.

Fourth on the list is imprisonment in an institution. Now, some say number seven has been counted twice.

I don’t believe that. When the life stress inventory was built, back then, a long-term relationship pretty much equated to a marriage. Not so now.

So for the purposes of this talk, I’m going to be including de facto relationships, common-law marriages and same-sex marriages, or same-sex relationships soon hopefully to become marriages. And I can say from my work with same-sex couples, the principles I’m about to talk about are no different. They’re the same across all relationships.

So in a modern society, we know that prevention is better than cure. We vaccinate against polio, diphtheria, tetanus, whooping cough, measles. We have awareness campaigns for melanoma, stroke, diabetes — all important campaigns. But none of those conditions come close to affecting 45 percent of us. Forty-five percent: that’s our current divorce rate.

Why no prevention campaign for divorce? Well, I think it’s because our policymakers don’t believe that things like attraction and the way relationships are built is changeable or educable. Why? Well, our policymakers currently are Generation X. They’re in their 30s to 50s. And when I’m talking to these guys about these issues, I see their eyes glaze over, and I can see them thinking, “Doesn’t this crazy psychiatrist get it? You can’t control the way in which people attract other people and build relationships.”

Not so, our dear millennials. This is the most information-connected, analytical and skeptical generation, making the most informed decisions of any generation before them. And when I talk to millennials, I get a very different reaction. They actually want to hear about this. They want to know about how do we have relationships that last?

So for those of you who want to embrace the post- “romantic destiny” era with me, let me talk about my three life hacks for preventing divorce.

Now, we can intervene to prevent divorce at two points: later, once the cracks begin to appear in an established relationship; or earlier, before we commit, before we have children. And that’s where I’m going to take us now.

So my first life hack: millennials spend seven-plus hours on their devices a day. That’s American data. And some say, probably not unreasonably, this has probably affected their face-to-face relationships. Indeed, and add to that the hookup culture, ergo apps like Tinder, and it’s no great surprise that the 20-somethings that I work with will often talk to me about how it is often easier for them to have sex with somebody that they’ve met than have a meaningful conversation.

Now, some say this is a bad thing. I say this is a really good thing.

It’s a particularly good thing to be having sex outside of the institution of marriage. Now, before you go out and get all moral on me, remember that Generation X, in the American Public Report, they found that 91 percent of women had had premarital sex by the age of 30. Ninety-one percent. It’s a particularly good thing that these relationships are happening later.

See, boomers in the ’60s — they were getting married at an average age for women of 20 and 23 for men. 2015 in Australia? That is now 30 for women and 32 for men. That’s a good thing, because the older you are when you get married, the lower your divorce rate.

Why? Why is it helpful to get married later? Three reasons. Firstly, getting married later allows the other two preventers of divorce to come into play. They are tertiary education and a higher income, which tends to go with tertiary education. So these three factors all kind of get mixed up together.

Number two, neuroplasticity research tell us that the human brain is still growing until at least the age of 25. So that means how you’re thinking and what you’re thinking is still changing up until 25. And thirdly, and most importantly to my mind, is personality. Your personality at the age of 20 does not correlate with your personality at the age of 50. But your personality at the age of 30 does correlate with your personality at the age of 50.

So when I ask somebody who got married young why they broke up, and they say, “We grew apart,” they’re being surprisingly accurate, because the 20s is a decade of rapid change and maturation. So the first thing you want to get before you get married is older.

Number two, John Gottman, psychologist and relationship researcher, can tell us many factors that correlate with a happy, successful marriage. But the one that I want to talk about is a big one: 81 percent of marriages implode, self-destruct, if this problem is present.

And the second reason why I want to talk about it here is because it’s something you can evaluate while you’re dating. Gottman found that the relationships that were the most stable and happy over the longer term were relationships in which the couple shared power. They were influenceable: big decisions, like buying a house, overseas trips, buying a car, having children. But when Gottman drilled down on this data, what he found was that women were generally pretty influenceable.

Guess where the problem lay?

Yeah, there’s only two options here, isn’t there? Yeah, we men were to blame. The other thing that Gottman found is that men who are influenceable also tended to be “outstanding fathers.” So women: How influenceable is your man? Men: you’re with her because you respect her. Make sure that respect plays out in the decision-making process.

Number three. I’m often intrigued by why couples come in to see me after they’ve been married for 30 or 40 years. This is a time when they’re approaching the infirmities and illness of old age. It’s a time when they’re particularly focused on caring for each other. They’ll forgive things that have bugged them for years. They’ll forgive all betrayals, even infidelities, because they’re focused on caring for each other.

So what pulls them apart? The best word I have for this is reliability, or the lack thereof. Does your partner have your back? It takes two forms. Firstly, can you rely on your partner to do what they say they’re going to do? Do they follow through? Secondly, if, for example, you’re out and you’re being verbally attacked by somebody, or you’re suffering from a really disabling illness, does your partner step up and do what needs to be done to leave you feeling cared for and protected?

And here’s the rub: if you’re facing old age, and your partner isn’t doing that for you — in fact, you’re having to do that for them — then in an already-fragile relationship, it can look a bit like you might be better off out of it rather than in it. So is your partner there for you when it really matters? Not all the time, 80 percent of the time, but particularly if it’s important to you.

On your side, think carefully before you commit to do something for your partner. It is much better to commit to as much as you can follow through than to commit to more sound-good-in-the-moment and then let them down. And if it’s really important to your partner, and you commit to it, make sure you move hell and high water to follow through.

Now, these are things that I’m saying you can look for. Don’t worry, these are also things that can be built in existing relationships. I believe that the most important decision that you can make is who you choose as a life partner, who you choose as the other parent of your children. And of course, romance has to be there. Romance is a grand and beautiful and quirky thing.

But we need to add to a romantic, loving heart an informed, thoughtful mind, as we make the most important decision of our life. Thank you.

「幸せな結婚生活を築き、離婚を避けるための3つの方法(3 ways to build a happy marriage and avoid divorce)」の和訳

約50年前、精神科医のリチャード・レイヒとトーマス・ホームズが、人間が経験する最も苦しい出来事のインベントリを開発しました。リストの第一位は何か?配偶者の死です。第二位は離婚、三位は別居です。一般的には、これらの出来事が起こるためには、リストの第七位に位置する結婚が必要です。

リストの四番目は施設での収容です。今では、第七位が二重にカウントされたと言う人もいます。

私はそれを信じていません。そのライフ・ストレス・インベントリが作られたとき、長期的な関係はほぼ結婚に等しかったのです。しかし、今はそうではありません。

このトークの目的のために、私は事実婚、共同生活、そして同性婚、またはすぐには同性関係が結婚になるであろうことも含めています。同性カップルとの仕事から言えることは、私が今話す原則が異なるわけではないということです。それらはすべての関係に共通しています。

現代社会では、予防が治療よりも優れていることを知っています。私たちは小児麻痺、ジフテリア、破傷風、百日咳、はしかに対するワクチン接種を行います。メラノーマ、脳卒中、糖尿病に関する啓発キャンペーンも行っています。これらはすべて重要なキャンペーンです。しかし、これらの状態のどれもが私たちの45%に近い割合に影響を与えることはありません。45%、それが現在の離婚率です。

なぜ離婚予防キャンペーンがないのでしょうか?それは、私たちの政策立案者が、魅力や関係の構築方法などが変えられたり教育されたりするとは信じていないからだと思います。なぜでしょうか?それは、現在の政策立案者がエックス世代だからです。彼らは30代から50代です。これらの問題について彼らと話すとき、彼らが目を逸らし、人々が他の人々を引きつけ、関係を築く方法を制御できないと考えているのが見えます。

しかし、私たちの親愛なるミレニアル世代は違います。これは、最も情報がつながり、分析的で懐疑的な世代であり、以前のどの世代よりも情報に基づいた意思決定を行っています。私がミレニアル世代と話すと、非常に異なる反応を得ます。彼らは実際にこれについて聞きたいと思っています。どのようにして持続可能な関係を築けるのか、それについて知りたいのです。

私と一緒に「ロマンチックな運命」後の時代を受け入れたい人のために、離婚を防ぐための私の3つのライフハックについて話しましょう。

離婚を防ぐために介入できるのは2つのポイントです。1つは、すでに確立された関係に亀裂が現れ始めた後で、もう1つは、コミットメントをする前、子供を持つ前です。それが今私たちを導く場所です。

私の最初のライフハック:ミレニアル世代は1日7時間以上デバイスに費やしています。これはアメリカのデータです。そして、おそらく、これが彼らの対面関係に影響を与えていると言われています。さらに、出会い系カルチャーを加えると、Tinderなどのアプリ、20代の人たちはしばしば、意味のある会話よりも誰かとセックスする方が簡単だと私に話すことがあります。

今、これは悪いことだと言う人もいますが、私はこれが本当に良いことだと言います。

結婚制度外でセックスをしていることは特に良いことです。私に対して倫理的なことを言う前に、アメリカの公共レポートで、91%の女性が30歳までに結婚前のセックスを経験していると報告されています。91%です。これらの関係が後に起こることは特に良いことです。

なぜなら、60年代のベビーブーマーたちは、女性の平均結婚年齢が20歳、男性が23歳でした。しかし、2015年のオーストラリアでは、女性が結婚する平均年齢は30歳、男性が32歳になりました。それは良いことです、なぜなら結婚する年齢が高いほど、離婚率が低くなるからです。

なぜですか?なぜ後に結婚する方が良いのでしょうか?その理由は3つあります。まず第一に、後に結婚することで、離婚を予防する他の2つの要因が働くようになります。それは高等教育と高い収入ですが、それは通常高等教育と関連しています。ですから、これらの3つの要素はすべて混ざり合っています。

第二に、神経可塑性の研究によれば、人間の脳は少なくとも25歳まで成長し続けます。つまり、25歳までの間、あなたがどのように考え、何を考えているかは変わり続けています。そして第三に、そして私にとって最も重要なのは、人格です。20歳のときのあなたの人格は50歳のときの人格とは相関しません。しかし、30歳のときのあなたの人格は50歳のときの人格と相関します。

ですから、私が若く結婚した人になぜ彼らが別れたのか尋ねると、「私たちは離れていった」と答えると、彼らは驚くほど正確です。なぜなら20代は急速な変化と成熟の10年だからです。ですから、結婚する前に最初に手に入れたいのは「年を取ること」です。

第二に、心理学者で関係研究者のジョン・ゴットマンは、幸せで成功した結婚と相関する多くの要因を示すことができます。しかし、私が話したいのは大きなものです。81%の結婚が崩壊し、自己崩壊するのは、この問題が存在する場合です。

私がここでこれについて話したい第二の理由は、デート中にこれを評価できる点です。ゴットマンは、長期的に最も安定して幸せな関係は、カップルが力を分かち合っていた関係であることを発見しました。彼らは影響を受けやすかったのです。大きな決定、家の購入、海外旅行、車の購入、子供の出産など。しかし、ゴットマンがこのデータを詳しく調べたところ、女性は一般的に影響を受けやすかったということがわかりました。

問題があるのはどこだと思いますか?

そうですね、ここには2つの選択肢しかありませんね。そう、私たち男性が責められるべきです。ゴットマンが見つけたもう一つのことは、影響を受けやすい男性は「優れた父親」である傾向があったということです。ですから、女性:あなたの男性はどれだけ影響を受けやすいですか?男性:あなたは彼女と一緒にいるのは彼女を尊重しているからです。その尊敬が意思決定プロセスにも反映されることを確認してください。

第三に、私は夫婦が30年または40年結婚してから私の診察室にやってくる理由に常に興味を持っています。これは、彼らが老いと病気に近づいている時期です。これは、お互いを特に大切にする時期です。彼らは何年も気になっていたことを許します。彼らはすべての裏切り、たとえ不倫でも許します。なぜなら、彼らはお互いを大切にすることに集中しているからです。

では、彼らを引き裂くのは何でしょうか?私がこのために持っている最良の言葉は「信頼性」またはその欠如です。あなたのパートナーはあなたを支えてくれますか?これには2つの形があります。まず、パートナーが約束したことを実行することに頼ることができますか?彼らは最後までやり遂げますか?第二に、たとえば外出中に誰かから口頭で攻撃されている場合や、本当に身体的に不自由な状態にある場合、あなたのパートナーは立ち上がり、あなたが大切にされ、保護されていると感じるために必要なことを行いますか?

そしてここが問題です:もし老いていて、あなたのパートナーがそれをあなたのために行っていない場合 ― 実際、あなたが彼らのためにそれを行っている場合 ― それでは、もともと脆弱な関係では、それにいるよりもそれから抜け出した方が良いように見えるかもしれません。あなたのパートナーは本当に重要な時にあなたのそばにいますか?いつもではなく、80パーセントの場合ではなく、特にそれがあなたにとって重要な場合です。

あなたの側から、パートナーのために何かを約束する前によく考えてください。できる限り約束を守ることが、その場面で良さそうに聞こえるものを約束して、後で失望させるよりもはるかに良いです。そして、それが本当にあなたのパートナーにとって重要な場合、そしてあなたがそれに約束した場合は、絶対にその約束を守るために手段を尽くしてください。

これらは、あなたが探すことができることです。心配しないでください、これらは既存の関係にも取り入れられるものです。私は、人生のパートナーを選ぶことができる最も重要な決定は誰を選ぶかであり、子供の他の親として誰を選ぶかです。もちろん、ロマンスも重要です。ロマンスは壮大で美しい、そして風変わりなものです。

しかし、私たちは、ロマンチックで愛情深い心に、情報通で考えのある心を加える必要があります。私たちが人生で最も重要な決定を下す際に。

ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました