大人気ミュージカル「ハミルトン」デザイナーの3つの秘訣

建築

You don’t have to work on Broadway to design a set, says creative director David Korins — you can be the set designer of any space in your life. Sharing insights from his work on hits like “Hamilton” and “Dear Evan Hansen,” Korins offers a three-step process to start creating the world you want to live in.

クリエイティブ ディレクターのデビッド コーリンズ氏は、セットをデザインするのにブロードウェイで働く必要はない、と言います。

人生のどの空間でもセット デザイナーになれるのです。 コリンズ氏は、「ハミルトン」や「ディア・エヴァン・ハンセン」などのヒット作の作品から得た洞察を共有しながら、住みたい世界を創造し始めるための 3 段階のプロセスを提案します。

タイトル
3 ways to create a space that moves you, from a Broadway set designer
ブロードウェイのセットデザイナーが語る、心を動かす空間を作る 3 つの方法
スピーカー デビッド・コリンズ
アップロード 2018/11/01

「ブロードウェイのセットデザイナーが語る、心を動かす空間を作る 3 つの方法(3 ways to create a space that moves you, from a Broadway set designer)」の文字起こし

You’re sitting there, and it’s incredibly frustrating. It’s maddening. You’ve been sitting there for hours, filling in those little tiny circles with your No. 2 pencil — this is a standardized test. You look up, half-erased chalkboard, you can see that perfectly written cursive alphabet, the pull-down maps, you can hear, tick, tick, tick, ticking on the wall, that industrial clock. But most importantly, you can feel that oppressive fluorescent light, that death ray over your head. Bzzzzzz.

And you can’t take it anymore, but you don’t have to, because Miss Darling says, “OK, boys and girls, you’re done.” So you jump up — I mean, there is nothing left of you but a vapor trail. You move so quickly, you slam that little molded plastic chair, and you sprint down the hallway; you go past the Lysol smell and the BO smell and the cubbies, and you push the door — (Inhales deeply) and finally, you’re outside.

Oh, you can feel the wind on your face, then the sun on your skin and most importantly, the big blue sky. That is a revelation of space. Making revelations of space is what I do; I’m a designer and creative director, and that’s what I do for a living. I do it for all sorts of people in all kinds of different ways, and it might seem complicated, but it’s not.

And over the next couple of minutes, I’m going to give you three ways that I think you can move through your world so that you, too, can make revelations of space, or at least reveal them. Step one: therapy. I know, I know, I know: blah, blah, blah, New Yorker, blah, blah, blah, therapy. But seriously, therapy — you have to know why you’re doing these things, right?

When I got the job of designing “Hamilton,” I sat with Lin-Manuel Miranda, writer, Tommy Kail, director, and I said, “Why are we telling this 246-year-old story? What is it about the story that you want to say, and what do you want people to feel like when they experience the show?” It’s important. When we get that, we move into step two: the design phase.

And I’ll give you some little tricks about that, but the design phase is important because we get to make these cool toys. I reach into Lin’s brain, he reaches into mine, this monologue becomes a dialogue. And I make these cool toys, and I say, “Does this world look like the world that you think could be a place where we could house your show?”

If the answer is yes — and when the answer is yes — we move into what I think is the most terrifying part, which is the execution phase. The execution phase is when we get to build this thing, and when this conversation goes from a few people to a few hundred people now translating this idea. We put it in this beautiful little thing, put it in the “Honey, I Shrunk the Kids” super-sizer machine and blow it up full-scale, and we never know if we did it right until we show up onstage and go, “Is it OK? Is it OK?”

Here’s the thing: you don’t have to be Lin, you don’t have to have a book that you want to turn into a show in order to do this in your real life. You’re already starring in a show, by the way. It’s called your life. Congratulations.

But seriously, Shakespeare said it: “All the world’s a stage.” He nailed that part.

What he screwed up royally was that part where he said, “And we are merely players.” It’s ridiculous. We’re not merely players. We are the costume designers and the lighting designers and the makeup artists in our own world, and I want to get you to think about being the set designer in your world.

Because I think you can leave here if you do these three steps and a couple of little tricks, as I said, I’m going to tell you, and you can begin to change the world the way you want to. You want to do it? OK. Everybody write a show.

OK. Step one: therapy. Right? How are you feeling? That’s what the therapist says: “How are you feeling today?” It’s important to remember that because when we design the world for you, the therapy is important. It tells you that emotion is going to become light and color.

A good example of that light and color is a show I designed called “Dear Evan Hansen.” “Dear Evan Hansen” exists — oh my God — “Dear Evan Hansen” exists in a world of almost all light and color. So I chose a color: inky-black darkness.

Inky-black darkness is a color the way that sadness is an emotion. And this show transforms people, but not before it wrecks people. I bet you’re wondering, “How expensive could the set possibly be to transform you if you sit for two hours and 20 minutes in inky-black darkness?” The answer is: cheap! Inky-black darkness, turn the lights on at the right time. Seriously, think about leaving Miss Darling’s class. Inky-black darkness gives way at the right moment, we fly away that wall and reveal a beautiful blue sky.

It blows people away and it transports them, and it makes them feel hopeful. And we know this because color is emotion, and when you paint with color, you’re painting with feelings. So think about that emotion, the one I had you file away in your mental Rolodex. What color is it? Where in your wardrobe does it exist, and where in your home does it exist? When we design the show for you, we’re going to use that color to tell you how you feel in certain times. But also, you know this exists because you put the hero in white, you put the lead character in red, you put the villain in all black. It’s typecasting. You know that. So think about it.

But there’s also something else that happens in the world that helps us move through the world in a safe way. They’re called architectural standards. They make us not fall down and go boom. Doorknobs are all at the same height. Light switches are all at the same height. Toilet bowls are always — thank God — at the same height, because no one ever misses the toilet bowl.

But seriously, what would happen if we started to tweak those architectural standards to get what we wanted? It reminds me of the stairs I made for Pee-Wee Herman. Pee-Wee Herman is a child, and his entire world is created so that we perceive Pee-Wee as a child. The architecture and the furniture and everything come to life, but nothing more important than those stairs. Those stairs are 12 inches high, so when Pee-Wee clomps up and down those stairs, he interacts with them like a kid. You can’t fake that kind of interaction, and that’s the exact opposite of what we ask people in opera to do.

In opera, we shrink those stairs so that our main characters can glide up and down effortlessly without ever breaking their voice. You could never put an opera singer in Pee-Wee’s Playhouse, (Sings in Pee-Wee’s voice) or they wouldn’t be able to do their job. But you couldn’t put Pee-Wee in an opera set. He couldn’t climb up and down those stairs. There’d be no Pee-Wee. He’d be like James Bond slinking elegantly up and down the stairs. It wouldn’t work.

Now think of your set, your home, what you exist in every single day. If you’re anything like me, the trash can is just too small for the amount of takeout that you buy every night, right? And I find myself jamming like I’m kneading dough at a pizza place, I’m jamming it in because I don’t understand.

Or, maybe the light switch in your foyer is just stashed behind too many precariously placed coats, and so you don’t even go for it. Therefore, day after day, you wind up walking in and out of a chasm of darkness. It’s true. But what would happen if the space revealed something about yourself that you didn’t even know? Kanye never told me specifically that he wanted to be God. But —

when we started working together, we were sending images back and forth, and he sent me a picture of the aurora borealis with lightning strikes through it. And he sent me pictures from a mountaintop looking down at a smoke-filled canyon, or smoke underneath the surface of water — like, epic stuff.

So the first set I designed for him was a huge light box with the name of his record label. He would stand triumphantly in front of it, and it would flash lights like a lightning bolt. And it was epic, but, like, starter-kit epic.

We moved on to a large swath of sky with a tear down the middle, and through the tear, you could see deep parts of the cosmos. Getting closer. We evolved to standing on top of an obelisk, standing on top of a mountainside, standing on top of boxes. You know, he was evolving as an artist through space, and it was my job to try and keep up.

When we did Coachella, there he was, standing in front of an 80-foot-wide by 40-foot-tall ancient artifact, literally handed down from God to man. He was evolving, and we were all witness to it. And in his last show, which I didn’t design but I witnessed, he had self-actualized. He was literally standing on a floating plexiglass deck over his adoring fans, who had no choice but to praise to Yeezus up above.

He had deified himself. You can’t become Yeezus in your living room. The space told him who he was about himself, and then he delivered that to us.

When I was 20 years old, I was driving through a parking lot, and I saw a puddle. I thought, “I’m going to veer to the left. No — I’m going through it.” And I hit the puddle, and — ffftt! — all the water underneath my car, and instantly, I have an aha moment. Light bulb goes off.

Everything in the world needs to be designed. I mean, I’m sure I was thinking, “The drainage needs to be designed in this parking lot.” But then I was like, “Everything in the world needs to be designed.” And it’s true: left to its own devices, Mother Nature isn’t going to carve an interesting or necessarily helpful path for you.

I’ve spent my career reaching into people’s minds and creating worlds out here that we can all interact with. And yeah, you might not get to do this with fancy collaborators, but I think if you leave here, those three easy steps — therapy, who do I want to be, why do I do the things that I do; design, create a plan and try and follow through with it, what can I do; execute it — I think if you add that with a little color theory —

some cool design choices and a general disrespect for architectural standards, you can go out and create the world that you want to live in, and I am going to go home and buy a new trash can.

Thank you.

「ブロードウェイのセットデザイナーが語る、心を動かす空間を作る 3 つの方法(3 ways to create a space that moves you, from a Broadway set designer)」の和訳

あなたはそこに座っています。信じられないほどイライラします。狂気じみています。何時間も小さな丸を2Bの鉛筆で塗りつぶしている―これは標準化されたテストです。目を上げると、消しカスが残った黒板が見えます。完璧に書かれた筆記体のアルファベット、引き出し式の地図があります。壁の時計がチクチクと音を立てているのが聞こえます。工業用の時計です。しかし、何よりも、あなたは圧迫感のある蛍光灯を感じることができます。あなたの頭上にある死の光線です。ブーン。

もう我慢できないけど、我慢しなくてもいいんです。なぜなら、ダーリング先生が言うんです。「オッケー、みんな、終わりだよ。」だから、あなたは飛び上がるんです―と言っても、あなたからはただの蒸気の跡しか残っていません。あなたはとても速く動いて、その小さな成形プラスチックの椅子をたたくんです。そして廊下を駆け抜けます。リゾールの匂いやワキの匂い、そして物入れの匂いを通り過ぎ、ドアを押し開けると―(深く吸い込む)そして、ついに外に出ることができます。

ああ、顔に風を感じることができます。それから肌に太陽を感じます。そして何よりも、大きな青い空を感じます。それは空間の啓示です。空間の啓示を作るのが私の仕事です。私はデザイナーでクリエイティブディレクターです。そしてそれが私の仕事です。様々な人々のために、様々な方法で行っています。複雑に思えるかもしれませんが、そうではありません。

そして次の数分で、私はあなたがあなたの世界を進む方法を3つお伝えします。それで、あなたも空間の啓示を作るか、少なくともそれを明らかにすることができます。ステップ1:セラピーです。私は知っています。ニューヨーカーとか、セラピーとか、とか。でも本当に、セラピー―なぜこれらのことをしているかを知る必要がありますよね?

「ハミルトン」のデザインの仕事を得たとき、私は作家のリン=マニュエル・ミランダ、演出家のトミー・カイルと一緒に座りました。「なぜこの246年前の物語を伝えるのか?この物語で何を言いたいのか、ショーを体験した人々にどのような気持ちになってもらいたいのか?」これは重要です。これがわかったら、次にステップ2に進みます:デザイン段階です。

私はそれについていくつかの小技を教えますが、デザイン段階は重要です。なぜなら、私たちはこれらのかっこいいおもちゃを作ることができるからです。リンの頭に手を伸ばし、彼は私の頭に手を伸ばします。この独白は対話となります。そして、私はこれらのかっこいいおもちゃを作ります。そして、「この世界は、あなたがあなたのショーを開催できる場所だと思う世界に見えますか?」と尋ねます。

答えがイエスの場合―そして答えがイエスの場合―私が最も恐ろしいと思う部分に移ります。実行フェーズです。実行フェーズは、私たちがこれを構築するときであり、この会話が数人から数百人に拡大し、このアイデアを今度は実行します。私たちはこの美しい小さなものを入れ、それを「ハニー、ハニー、子供たちを小さくした」巨大化装置に入れて、実物大に吹き飛ばします。私たちは舞台に立って、「大丈夫かな? 大丈夫かな?」と言うまで、私たちが正しくやったかどうかはわかりません。

こういうことです:あなたはリンである必要はありませんし、本をショーにしたい必要もありません。あなたはすでに、ところで、ショーの主演俳優です。それがあなたの人生です。おめでとうございます。

しかし真面目に、シェイクスピアは言った:”All the world’s a stage.”(世界はみな舞台だ)。彼はその部分を当てました。彼が完全に失敗したのは、”And we are merely players.”(そして私たちは単なる役者に過ぎない)という部分です。それはばかげています。私たちは単なる役者ではありません。私たちは自分自身の世界で衣装デザイナーであり、照明デザイナーであり、メイクアップアーティストです。そして私は、あなたに自分の世界でセットデザイナーであることを考えてもらいたいと思います。

なぜなら、私はこの3つのステップといくつかの小技を実行すれば、ここを去ってあなたが世界を自分の望むように変え始めることができると思うからです。やりたいですか?大丈夫です。みんな、ショーを書いてください。

オーケー。ステップ1:セラピー。そうでしょう?どうですか?セラピストが尋ねるのは「今日はどう感じていますか?」です。それを覚えておくことは重要です。なぜなら、私たちがあなたのために世界をデザインするとき、セラピーが重要だからです。それは感情が光と色に変わることを示しています。

その光と色の良い例が、私がデザインしたショー「ディア・エヴァン・ハンセン」です。 「ディア・エヴァン・ハンセン」は―ああ、神様― 「ディア・エヴァン・ハンセン」はほとんどが光と色の世界に存在します。なので、私は一つの色を選びました:漆黒の闇。

漆黒の闇は、悲しみが感情であるように、色であります。このショーは人々を変容させますが、それは人々を破壊する前に行われます。もしもあなたが「漆黒の闇の中で2時間20分座っていたら、いったいそのセットはどれくらい高価なのか」と思っているのなら、答えは:安いです! 漆黒の闇、そしてちょうどいいタイミングでライトを点灯させるだけです。真剣に、ダーリング先生のクラスを去ることを考えてみてください。漆黒の闇は、適切なタイミングで退場し、壁を飛ばして美しい青空を現します。

それは人々を感動させ、彼らを運び、彼らに希望を感じさせます。そして、私たちはこれを知っています。色は感情であり、色で描くと感情を描いているのです。ですから、あなたの心のローテーションファイルに片付けておいた感情について考えてみてください。それはどんな色ですか?あなたのワードローブのどこに存在しますか?そして、あなたの家のどこに存在しますか?私たちがあなたのためにショーをデザインする際、その色を使って、特定の時点でどのように感じるかを伝えます。しかし、また、あなたがそれを知っていることもあります。主人公を白で描く、リードキャラクターを赤で描く、悪役を全て黒で描く。それがタイプキャスティングです。そう考えてみてください。

しかし、私たちが安全に世界を移動するのを助ける世界には他にも何かがあります。それは建築基準と呼ばれます。それらが私たちが倒れずにすむようにしてくれます。ドアノブはすべて同じ高さにあります。ライトスイッチもすべて同じ高さにあります。トイレの便器は常に――感謝しています――同じ高さにあります。だって誰もが便器を外すことはありません。

しかし、真面目な話、もしも私たちがそれらの建築基準を微調整して自分たちの望むものを得ようとしたら、どうなるでしょうか?私がピーウィー・ハーマンのために作った階段を思い出します。ピーウィー・ハーマンは子供であり、彼の世界全体がピーウィーを子供として知覚させるように作られています。建築物や家具などすべてが生き生きとしていますが、それ以上に重要なものはありません。それは階段です。その階段は12インチの高さです。ですから、ピーウィーがその階段をコツコツと上り下りすると、彼はそれと子供らしくやりとりします。そのようなやりとりを偽ることはできません。そして、それはオペラの人々に求められることの正確な逆です。

オペラでは、主要なキャラクターが声を崩さずに軽やかに上下するために、階段を縮小します。オペラ歌手をピーウィーのプレイハウスに入れることはできません。彼らは仕事ができないでしょう。しかし、ピーウィーをオペラのセットに入れることもできません。彼は階段を上り下りすることができません。ピーウィーがいなくなります。彼はジェームズ・ボンドのように優雅に階段を上り下りすることはできません。それはうまくいきません。

さて、あなたのセット、あなたの家を考えてみてください。日々存在するものです。私と同じような人なら、ゴミ箱は毎晩買うテイクアウトの量に対してちょうど小さすぎますよね?そして、私は生地をこねるようにジャムを詰め込む自分自身を見つけます。理解していないので。

または、たぶんあなたの玄関のライトスイッチは、不安定な配置のコートの後ろに隠されているだけで、あなたはそれに手を出しません。そのため、毎日、あなたは暗闇の淵を出入りしてしまいます。それは本当です。でも、もし空間があなたについて何かを明らかにしたらどうなるでしょう?カニエは具体的に私に神になりたいとは言っていませんでした。しかし…

私たちが一緒に仕事を始めたとき、私たちはお互いに画像を送り合っていました。彼はオーロラと雷の光が走る写真を送ってきました。そして、山頂から谷底に向かって見下ろす写真や、水面下の煙を写した写真を送ってきました。まさに、壮大なものでした。

だから、最初に彼のためにデザインしたセットは、彼のレコードレーベルの名前が入った巨大なライトボックスでした。彼はそれの前で凱旋し、それはまるで稲妻のように光を放ちました。それは壮大でしたが、まるで初心者向けの壮大さでした。

次に、天空の大部分に大きな裂け目があり、その裂け目を通して宇宙の奥深い部分が見えるセットに移りました。より近づいていく。その後、オベリスクの上に立ったり、山腹の上に立ったり、ボックスの上に立ったりしました。彼はアーティストとして宇宙を通じて進化していましたが、私の仕事は彼に追いつこうとすることでした。

私たちがCoachellaを行ったとき、彼は文字通り神から人間へと引き継がれた80フィート幅×40フィートの古代の遺物の前に立っていました。彼は進化し、私たち全員がそれを目撃しました。そして、彼の最後のショーでは、私がデザインしたわけではありませんが、それを目撃しました。彼は自己実現していました。彼は文字通り、自分を崇拝するファンの上に浮かぶアクリル板のデッキの上に立っていました。彼は自分自身を神格化したのです。自宅のリビングルームでイエズスになることはできません。その空間が彼に彼自身について教え、そして彼はそれを私たちに届けました。

20歳のとき、駐車場を車で走っていると、水たまりを見つけました。 「左に逸れよう。いや、それに突っ込もう。」と思い、水たまりに突っ込みました。すると、車の下から水が飛び散り、瞬時にひらめきが訪れました。まるで電球がついたように。

世界中のすべては設計される必要があるんだ。もちろん、「この駐車場に排水設備が必要だな」とは考えていたかもしれませんが、「世界中のすべては設計される必要がある」と思いました。そしてそれは真実です。自然のままに任せておいても、自然はあなたにとって興味深い、または必ずしも役立つ経路を刻むわけではありません。

私はキャリアを通じて、人々の心に手を伸ばし、私たち全員が交流できる世界を創造してきました。そう、あなたは素敵な共同作業者とこれを行うことはできないかもしれませんが、もしここから出ていくなら、簡単な3つのステップを考えてみてください:セラピー、私は何者になりたいのか、私が行動する理由は何か;設計、計画を立ててそれに従おうとしてみる、私にできることは何か;それを実行すること。その上に、少しの色彩理論を加えれば

いくつかのクールなデザインの選択肢と、建築基準への一般的な無関心さを加えると、あなたが住みたい世界を創造することができます。私は家に帰って新しいゴミ箱を買うつもりです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました