現役記者が語る!報道業界の3つの改善策とその必要性

メディア

Something is very wrong with the news industry. Trust in the media has hit an all-time low; we’re inundated with sensationalist stories, and consistent, high-quality reporting is scarce, says journalist and entrepreneur Lara Setrakian. She shares three ways we can fix the news and make the complex issues of our time easier to understand.

報道業界で何かが非常に間違っています。メディアに対する信頼は過去最低に達している。

ジャーナリストで起業家のララ・セトラキアン氏は、センセーショナルな記事が氾濫しており、一貫した質の高い報道が不足していると語る。彼女は、ニュースを修正し、現代の複雑な問題を理解しやすくするための 3 つの方法を共有しています。

タイトル
3 ways to fix a broken news industry
壊れたニュース業界を修復する3つの方法
スピーカー ララ・セトラキアン
アップロード 2017/03/10

「壊れたニュース業界を修復する3つの方法(3 ways to fix a broken news industry)」の文字起こし

Five years ago, I had my dream job. I was a foreign correspondent in the Middle East reporting for ABC News. But there was a crack in the wall, a problem with our industry, that I felt we needed to fix.

You see, I got to the Middle East right around the end of 2007, which was just around the midpoint of the Iraq War. But by the time I got there, it was already nearly impossible to find stories about Iraq on air. Coverage had dropped across the board, across networks. And of the stories that did make it, more than 80 percent of them were about us.

We were missing the stories about Iraq, the people who live there, and what was happening to them under the weight of the war. Afghanistan had already fallen off the agenda. There were less than one percent of all news stories in 2008 that went to the war in Afghanistan. It was the longest war in US history, but information was so scarce that schoolteachers we spoke to told us they had trouble explaining to their students what we were doing there, when those students had parents who were fighting and sometimes dying overseas.

We had drawn a blank, and it wasn’t just Iraq and Afghanistan. From conflict zones to climate change to all sorts of issues around crises in public health, we were missing what I call the species-level issues, because as a species, they could actually sink us. And by failing to understand the complex issues of our time, we were facing certain practical implications.

How were we going to solve problems that we didn’t fundamentally understand, that we couldn’t track in real time, and where the people working on the issues were invisible to us and sometimes invisible to each other?

When you look back on Iraq, those years when we were missing the story, were the years when the society was falling apart, when we were setting the conditions for what would become the rise of ISIS, the ISIS takeover of Mosul and terrorist violence that would spread beyond Iraq’s borders to the rest of the world.

Just around that time where I was making that observation, I looked across the border of Iraq and noticed there was another story we were missing: the war in Syria. If you were a Middle-East specialist, you knew that Syria was that important from the start. But it ended up being, really, one of the forgotten stories of the Arab Spring.

I saw the implications up front. Syria is intimately tied to regional security, to global stability. I felt like we couldn’t let that become another one of the stories we left behind. So I left my big TV job to start a website, called “Syria Deeply.” It was designed to be a news and information source that made it easier to understand a complex issue, and for the past four years, it’s been a resource for policymakers and professionals working on the conflict in Syria.

We built a business model based on consistent, high-quality information, and convening the top minds on the issue. And we found it was a model that scaled. We got passionate requests to do other things “Deeply.” So we started to work our way down the list. I’m just one of many entrepreneurs, and we are just one of many start-ups trying to fix what’s wrong with news.

All of us in the trenches know that something is wrong with the news industry. It’s broken. Trust in the media has hit an all-time low. And the statistic you’re seeing up there is from September — it’s arguably gotten worse. But we can fix this. We can fix the news. I know that that’s true. You can call me an idealist; I call myself an industrious optimist. And I know there are a lot of us out there.

We have ideas for how to make things better, and I want to share three of them that we’ve picked up in our own work.

Idea number one: we need news that’s built on deep-domain knowledge. Given the waves and waves of layoffs at newsrooms across the country, we’ve lost the art of specialization. Beat reporting is an endangered thing. When it comes to foreign news, the way we can fix that is by working with more local journalists, treating them like our partners and collaborators, not just fixers who fetch us phone numbers and sound bites.

Our local reporters in Syria and across Africa and across Asia bring us stories that we certainly would not have found on our own. Like this one from the suburbs of Damascus, about a wheelchair race that gave hope to those wounded in the war. Or this one from Sierra Leone, about a local chief who curbed the spread of Ebola by self-organizing a quarantine in his district. Or this one from the border of Pakistan, about Afghan refugees being forced to return home before they are ready, under the threat of police intimidation.

Our local journalists are our mentors. They teach us something new every day, and they bring us stories that are important for all of us to know.

Idea number two: we need a kind of Hippocratic oath for the news industry, a pledge to first do no harm.

Journalists need to be tough. We need to speak truth to power, but we also need to be responsible. We need to live up to our own ideals, and we need to recognize when what we’re doing could potentially harm society, where we lose track of journalism as a public service.

I watched us cover the Ebola crisis. We launched Ebola Deeply. We did our best. But what we saw was a public that was flooded with hysterical and sensational coverage, sometimes inaccurate, sometimes completely wrong. Public health experts tell me that that actually cost us in human lives because by sparking more panic and by sometimes getting the facts wrong, we made it harder for people to resolve what was actually happening on the ground.

All that noise made it harder to make the right decisions. We can do better as an industry, but it requires us recognizing how we got it wrong last time, and deciding not to go that way next time. It’s a choice.

We have to resist the temptation to use fear for ratings. And that decision has to be made in the individual newsroom and with the individual news executive. Because the next deadly virus that comes around could be much worse and the consequences much higher, if we do what we did last time; if our reporting isn’t responsible and it isn’t right.

The third idea? We need to embrace complexity if we want to make sense of a complex world. Embrace complexity —

not treat the world simplistically, because simple isn’t accurate. We live in a complex world.

News is adult education. It’s our job as journalists to get elbow deep in complexity and to find new ways to make it easier for everyone else to understand. If we don’t do that, if we pretend there are just simple answers, we’re leading everyone off a steep cliff.

Understanding complexity is the only way to know the real threats that are around the corner. It’s our responsibility to translate those threats and to help you understand what’s real, so you can be prepared and know what it takes to be ready for what comes next.

I am an industrious optimist. I do believe we can fix what’s broken. We all want to. There are great journalists out there doing great work — we just need new formats.

I honestly believe this is a time of reawakening, reimagining what we can do. I believe we can fix what’s broken. I know we can fix the news. I know it’s worth trying, and I truly believe that in the end, we’re going to get this right.

Thank you.

「壊れたニュース業界を修復する3つの方法(3 ways to fix a broken news industry)」の和訳

5年前、私は夢の職に就いていました。私はABCニュースの中東担当外信記者でした。しかし、私たちの業界には問題があり、それを解決する必要があると感じていました。

2007年末頃に中東に到着しましたが、その時はイラク戦争が中盤に差し掛かっていました。しかし、私がそこに着いた時点で、イラクに関する報道をテレビで見つけるのはほぼ不可能でした。報道は全体的に減少し、ネットワーク全体で報道が減少していました。そして、テレビに取り上げられるストーリーのうち、80%以上が私たちに関するものでした。

私たちはイラクのストーリーやそこに住む人々、戦争の重圧の下で彼らに何が起こっているのかについてのストーリーを見逃していました。アフガニスタンはすでに議題から外れていました。2008年に報道された全ニュースストーリーのうち、アフガニスタン戦争に関するものは1%未満でした。これはアメリカ史上最長の戦争でしたが、情報は非常に乏しかったため、私たちがそこで何をしているのかを、親が海外で戦い、時には亡くなっている学生たちに説明するのが難しいと、学校の先生たちから聞かされました。

私たちは何も得られなかったのです。それは単にイラクとアフガニスタンに限ったことではありませんでした。紛争地域から気候変動まで、公衆衛生の危機に関するあらゆる問題まで、私たちは種レベルの問題、つまり、実際に私たちを沈没させかねない問題を見逃していました。そして、私たちは時代の複雑な問題を理解することに失敗しており、それにより確実な実用的な影響に直面していました。

私たちは、根本的に理解していない問題をどのように解決するのか、リアルタイムで追跡することができない問題をどのように解決するのか、そして問題に取り組んでいる人々が私たちには見えず、時にはお互いにも見えない問題をどうするつもりなのか?

イラクを振り返ると、私たちが物語を見逃していた時期は、社会が崩壊し、ISISの台頭、モスルのISISによる支配、そしてイラクの国境を越えて世界中に広がるテロ行為の条件を整えていた年でした。

その頃、私がその観察をしていたとき、イラクの国境を見渡すと、もう1つの物語が見逃されていることに気付きました:シリアでの戦争です。中東の専門家であれば、最初からシリアがそのように重要だとわかっていました。しかし、実際には、アラブの春の忘れられた物語の1つになってしまいました。

私は前向きな影響を見ました。シリアは地域の安全保障やグローバルな安定に密接に関連しています。私たちは、それが私たちが後回しにした物語のもう1つにならないようにするべきだと感じました。そのために、大手のテレビの仕事を辞めて、”Syria Deeply”というウェブサイトを立ち上げました。それは、複雑な問題を理解しやすくするためのニュースと情報源として設計されており、過去4年間、シリアの紛争に取り組む政策立案者や専門家のためのリソースとなっています。

私たちは、一貫した高品質の情報と、その問題に関するトップの知識人たちを集めることに基づいたビジネスモデルを構築しました。そして、それは拡大可能なモデルであることがわかりました。私たちは他の “Deeply” など、他のことを行うための情熱的な要求を受け取りました。そのリストを次々に解決するために取り組み始めました。私はたった1人の起業家に過ぎず、私たちはニュースの問題を修正しようとする多くのスタートアップの1つに過ぎません。

私たち戦線の皆は、ニュース業界に何かが間違っていることを知っています。それは壊れています。メディアへの信頼は過去最低に達しました。そして、そこに表示されている統計は9月のものです — おそらく悪化しているとさえ言えます。しかし、これを修正できます。ニュースを修正できます。私がそれが真実だと知っています。あなたは私を理想主義者と呼ぶかもしれませんが、私は自分自身を勤勉な楽観主義者と呼びます。そして、私たちがたくさんいることを知っています。

私たちは、物事を良くするアイデアを持っています。私たち自身の仕事で学んだ3つのアイデアを共有したいと思います。

アイデアナンバー1:深い専門知識に基づいたニュースが必要です。全国のニュースルームでの大量の解雇が続いていることを考えると、専門性のある報道の技術を失ってしまいました。ビート報道は絶滅危惧種です。外国のニュースに関して、それを修正する方法は、もっと地元のジャーナリストと協力して、彼らを単なる問題解決者や電話番号や音声クリップを取り寄せるだけの人ではなく、パートナーや共同制作者として扱うことです。

シリアやアフリカ、アジア全体での私たちの地元の記者は、私たち自身では決して見つけられないような物語をもたらしています。ダマスカスの郊外からのもの、戦争で負傷した人々に希望を与えた車椅子レースに関するもの。また、シエラレオネからのもの、地元の首長が地区内で自主的に隔離を組織することでエボラの拡散を抑えた話。あるいは、パキスタンの国境からのもの、アフガン難民が警察の威嚇の下で準備ができていないまま帰国を迫られる話。

私たちの地元のジャーナリストは私たちの指導者です。彼らは私たちに毎日新しいことを教えてくれ、私たち全員が知る必要のある物語をもたらしてくれます。

アイデアナンバー2:ニュース業界には、まず害を与えないことを誓うヒポクラテスの誓いのようなものが必要です。(拍手)ジャーナリストは強くなければなりません。権力に真実を伝える必要がありますが、同時に責任があります。私たちは自分たちの理想に従う必要があり、時には私たちの行動が社会に潜在的な害をもたらす可能性があることを認識する必要があります。その時、ジャーナリズムが公共の奉仕としての役割を見失うことになります。

私たちはエボラ危機を報道してきました。私たちは「エボラ・ディープリー」を立ち上げました。最善を尽くしました。しかし、私たちが見たのは、時には不正確で、時には完全に間違った病的でセンセーショナルな報道で洪水のように襲われた一般の人々でした。公衆衛生専門家は、それが実際に人命に対する損失を招いたと言います。なぜなら、パニックを引き起こし、時には事実を間違えることで、地上で起こっている実際の状況を解決するのがより困難になったからです。

その騒音のせいで正しい決定をするのが難しくなりました。私たちは業界としてもっと良いことができますが、前回どのように間違ったかを認識し、次回はそのような方向に進まないことを決定する必要があります。それは選択です。

私たちは視聴率のために恐怖を利用する誘惑に抵抗しなければなりません。そして、その決定は個々のニュースルームと個々のニュース幹部で行われなければなりません。なぜなら、次にやってくる致命的なウイルスが前回よりもはるかに悪化し、その結果がはるかに大きくなる可能性があるからです。もし私たちが前回と同じことをすれば。もし私たちの報道が責任を持ち、正確でなければ。

三つ目のアイデア?我々は複雑さを受け入れなければならない。複雑さを受け入れること―(拍手)世界を単純化してはいけません。なぜなら、単純は正確ではないからです。私たちは複雑な世界に生きています。

ニュースは成人教育です。私たちジャーナリストの仕事は、複雑さに深く関与し、他の誰もが理解しやすくする新しい方法を見つけることです。もし私たちがそれをしないなら、単純な答えしかないかのように振る舞うなら、誰もが険しい断崖に誘導されてしまいます。

複雑さを理解することは、次に来る真の脅威を知る唯一の方法です。私たちの責任は、その脅威を翻訳し、皆さんが現実を理解し、次に何が起こるかに備えるために何が必要かを知るのを助けることです。

私は勤勉な楽観主義者です。私は壊れたものを修正できると信じています。我々は皆それを望んでいます。優れたジャーナリストが優れた仕事をしています―私たちには新しい形式が必要です。

正直に言って、これは再覚醒の時代であり、私たちが何ができるかを再考する時代だと思います。私たちは壊れたものを修復できると信じています。私たちはニュースを修復できると知っています。それは試す価値があり、最終的には私たちはこれを正すことができると信じています。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました