後悔が教える人生を豊かにする4つの重要な後悔

人生

Regret is one of our most powerful emotions — and also one of the most misunderstood. Over the past two years, author Daniel H. Pink has collected a trove of more than 16,000 regrets from people in 105 countries in an effort to better understand this mysterious emotion. He shares the key patterns that emerged (it all boils down to the same four core regrets, he says) and explains how to transform your own regrets in order to create the life you’ve always wanted to live.

後悔は私たちの最も強い感情の 1 つですが、最も誤解されている感情の 1 つでもあります。

著者のダニエル・H・ピンクは、この不思議な感情をより深く理解するために、過去2年間にわたって105カ国の人々から1万6000件以上の後悔を集めた。彼は、明らかになった重要なパターンを共有し(すべては同じ 4 つの核となる後悔に集約される、と彼は言います)、ずっと生きたかった人生を創造するために自分の後悔を変える方法を説明します。

タイトル 4 Kinds of Regret and What They Teach You about Yourself
4種類の後悔。そして彼らがあなた自身について教えてくれること
スピーカー ダニエル・ピンク
アップロード 2022/03/15

「4種類の後悔 そして彼らがあなた自身について教えてくれること(4 Kinds of Regret and What They Teach You about Yourself)」の文字起こし

Let’s talk about regret. It is, to my mind, our most misunderstood emotion, and so I decided to spend a couple of years studying it. And one of the things that I did is I went back and I looked at about 50 years of social science on regret. And here’s what it tells you. I’ll save you the trouble of reading a half century of social science.

The research tells us that everybody has regrets, regrets make us human. Truly, the only people without regrets are five-year-olds, people with brain damage and sociopaths. The rest of us, we have regrets, and if we treat our regrets right, and that’s a big if, but there are ways to do it, regrets can actually make us better. They can improve our decision-making skills, improve our negotiation skills, make us better strategists, make us better problem solvers, enhance our sense of meaning if we treat them right. And the good news is that there’s a systematic way to do that.

But I want to take just a few minutes to tell you about another aspect of regret that I think is really, really just super interesting. As part of the research here, I decided to ask people for their regrets, and to my surprise, I ended up collecting about 16,000 regrets from people in 105 countries. It’s an extraordinary trove. And what I realized when I went through this incredible database of human longing and aspiration is that around the world, and there’s very little national difference here, people kept expressing the same four regrets. Around the world, there are the same four regrets that keep coming up over and over and over again.

So what I want to do is just quickly tell you about these four core regrets, because I think they reveal something incredibly important and interesting. So the four core regrets that I’m going to cover. Number one, what I call foundation regrets. Foundation regrets. These are people who regret things like this: not saving enough money, which would be like, you know, financial regret, not taking care of their health and not eating right, health regret. But they’re the same. Those kinds of regrets are about making choices that didn’t allow you to have some stability, a stable platform for their life. I have a lot of people who regret not working hard enough in school. A lot of people who regret — I got a lot of regrets about not saving money. And it reminds me a little bit of Aesop’s fable of the ant and the grasshopper, where earlier in their life they acted like a grasshopper instead of the ant, and now it’s catching up with them. So foundation regrets sound like this: “If only” — And that’s the catch phrase of regret, “if only” — “If only I’d done the work.”

Second category. I love this category, it’s fascinating. Boldness regrets. I have hundreds of regrets around the world that go like this:

“X years ago, there was a man/woman whom I really liked. I wanted to ask him/her out on a date, but I was too scared to do it and I’ve regretted it ever since.”

I also have hundreds of regrets by people who said:

“Oh, I always wanted to start a business, but I never had the guts to do that.”

People who said:

“Oh, I wish I’d spoken up more. I wish I’d said something and asserted myself.”

These are, as I said before, what I call boldness regrets. And we get to a juncture in our life and we have a choice. We can play it safe or we can take the chance. And what I found is overwhelmingly people regret not taking the chance. Even people who took the chance and it didn’t work out don’t really have many regrets about that. It’s the people who didn’t take the chance.

So this is boldness regrets. Boldness regrets sound like this:

“If only I’d taken the chance.”

Third category. Moral regrets. Very interesting, very interesting category. These are people who, again, a lot of these regrets begin at a juncture. You’re at a juncture, you can do the right thing or you can do the wrong thing. People do the wrong thing, and they regret it.

I mean, one of the ones that really stuck with me, I’m going to try to pull it up here, is this one here, this woman. She’s a 71-year-old woman in New Jersey.

“When I was a kid, my mother would send me to a small local store for a few items. I frequently would steal a candy bar when the grocer wasn’t looking. That’s bothered me for about 60 years.”

So 71-year-old woman in New Jersey, for 60 years, she’s been bugged by this moral breach.

So moral regrets. We have people regretting bullying, we have people regretting marital infidelity. All kinds of things. Moral regrets sound like this, “If only I’d done the right thing.”

And finally, our fourth category, or what I call connection regrets.

Connection regrets are like this: You have a relationship or ought to have a relationship. And it doesn’t matter what the relationship is. Kids, parents, siblings, cousins, friends, colleagues, but you have a relationship or ought to have had a relationship, and the relationship comes apart.

And what’s interesting is that what these 16,000 people were telling me is that the way these relationships come apart is often not very dramatic, not very dramatic at all. They often come apart by drifting apart rather than through some kind of explosive rift.

And what happens is that people don’t want to reach out because they say it’s going to be awkward to reach out, and the other side is not going to care. One of the lessons that I learned from this book for myself is always reach out.

So that’s what connection regrets are. “If only I’d reached out.”

And so over and over and over again, we see these same regrets:

Foundation regrets: “If only I’d done the work.”

Boldness regrets: “If only I’d taken the chance.”

Moral regrets: “If only I’d done the right thing.”

And connection regrets: “If only I’d reached out.”

And when we look at these regrets, so that’s interesting in itself, but what I realized is that these four core regrets operate as a kind of photographic negative of the good life.

Because if we understand what people regret the most, we actually can understand what they value the most. And each of these regrets, to my mind, reveals something fundamental about humanity and about what we need.

We need stability.

Nobody wants to have an unstable life. We want a chance to learn and grow and do something. We recognize that we are not here forever, and we want to do something and try something. And at least feel the exhilaration of being bold.

Moral regrets, I think most of us, almost all of us want to do the right thing. At some level, these moral regrets are very heartening. The idea that people are bugged for years, decades, by these moral breaches earlier in their life. I think most of us want to do the right thing.

And then connection regrets. We want love, not love only in the romantic sense, but love in the broader sense of connection and relationship and affinity with other people. And so in a weird way, this negative emotion of regret points the way to a good life. By studying regret, we know what constitutes a good life, a life of stability, a life where you have a chance to take a few risks, a life where you’re doing the right thing and a life where you have people who love you and whom you love.

And so to me, I started out saying, “Oh, boy, is this book going to be a downer, studying regret?” And it ended up being very uplifting. And so, those are the four core regrets. Regret points us to the good life. And so I hope that you’ll begin to reckon with your own regrets because I think they’re going to give you direction to a life well lived.

Whitney Pennigton Rogers: Well, thank you for that, Dan. I was clapping behind the scenes when you couldn’t actually see me, for everyone who I know also really appreciated what you shared there. First, Dan, you mentioned, you know, this big takeaway about how thinking about regret can help us figure out what is the recipe for the good life. I guess what has been your biggest takeaway from doing this work beyond that?

DHP: I found it really interesting how much people want to talk about this, and that’s what got me on it in the first place. That is, I had an experience in my life where one of my kids graduated from college, and that sort of marker in my life made me start thinking about what regrets that I had. And I just mentioned it to a few people, and I found them, like, leaning in to the conversation. So I was amazed at how much people want to talk about this and how much this taboo of like, “Oh, I don’t have any regrets,” is so ridiculous. I mean, it’s absurd. And that if we actually start talking about it, we’re going to be better off. For me personally, I think that the biggest takeaway was the … Was the connection regrets. Because I had so many people who had the same story where they had a friendship, some kind of relationship, and it comes apart, and they want to reach out and they say, “Oh no, it’s going to be really awkward. And the other side’s not going to care.” And we’re so wrong about that. It’s not awkward, and the other side almost always appreciates it. And so for me, I guess the takeaway is if I’m at a juncture in my life where I’m thinking, “Should I reach out or should I not reach out?” I’ve answered the question. That the answer to that question at that juncture, if you reach that juncture, the answer is, always reach out. You know, especially coming out a time like this, Whitney, we need that sense of connection. And so the ethic of always reaching out, to me, is one of the best life lessons that I’ve learned.

WPR: Well, we’re going to do something a little interesting next, Dan, which is have some Members share their own regrets. And so I want to, I guess, hand things over to you right now so that you can bring in our first Member and we can explore more what this process of thinking about making our regrets help us live the good life actually looks like.

DHP: Sure, sure. And so let’s bring on Lily.

I don’t want it to sound like a magic act, but Lily and I don’t know each other. We haven’t gone through this before, but what I want to try to do is actually, the hearing of the stories of people’s regrets I think is super interesting and revealing. We’re going to hear Lily’s regret, and we’re going to talk through what science says might be some appropriate responses to that.

So, Lily, welcome.

Lily: Thank you, hi everyone.

DHP: And tell us where you are.

L: I’m currently in Brooklyn, New York.

DHP: Brooklyn is in the house here at TED Membership. So Lily, tell us your regret.

L: Yeah. So my regret that I want to share is that for most of my young adult life from kindergarten, really, straight through high school is that I was painfully, painfully shy with really low self-confidence. As I was thinking about this, I was remembering, and there were times where I just wanted to close my eyes and be invisible. And I think that, you know, my … Like, I didn’t really come into my own until I got to college, where I found a really great group of friends, really, like, I was confident in expressing myself and, you know, just being myself. And I think that, you know, my regret is that I just really wish I had taken a little bit more effort to build my confidence to fight this a little bit more, because I worry about what opportunities I might have missed. So ever since then, I feel like I try to counteract it now. And if ever I meet someone who might be going through, especially if they’re younger, like going through the same thing I did, I try to make them feel seen and try to empathize with how they’re feeling. So that’s kind of a takeaway, I guess, from that regret.

DHP: But I mean, it sounds like … So is this a regret that’s still with you?

L: I think … It sounds to me like you might have sort of begun the process of resolving it a little bit.

L: Absolutely. But I think that, you know, even just, you know, prepping for this, I start to think about like, you know, there could have been more things that I could have done if I had just put myself a little bit out there, if I didn’t, just try to hide so much.

DHP: OK, alright. This is fascinating, Lily, and I have to say, I have this database of regrets. And you can search the database. And if I were to search the database for the phrase “speak up,” “spoke up,” “spoken up,” I would get huge, huge numbers of people. It is one of the most common regrets, is that people regret not speaking up. The important thing about our regrets that comes from the science is this: it’s how we deal with them. So we can take that regret and say, “You know what? It doesn’t matter that I feel terrible and I have this regret, because I’m just going to ignore it,” right? That’s like the blithe “no regrets” philosophy. That’s a bad idea, alright? The other way at it is to say, “Oh my God, I have all these regrets, it’s so terrible, I’m going to wallow in them.” That’s a bad idea too.

What we want to do, and I think that you’ve already done a really brilliant job of it, is use these regrets as signals. Signals for our thinking; what is it teaching me? And so there are a few things in the research that give us some clues about what to do.

So one of them is this. So we start with sort of, reframing the regret and how we think about it in ourselves. So do you think that you are the only person with this kind of regret?

L: I don’t know.

DHP: Not at all. I’m watching the chat, man. Somebody said, “Lily, you’re telling my story.” So one of the things that we can do with our regret is treat ourselves with self-compassion, alright? Not boost our self-esteem, that’s sometimes dangerous. Not rip ourselves down with self-criticism, but actually say, treat ourselves with kindness rather than contempt and recognize that what we’re going through is part of the shared human experience. That’s one thing.

The second thing that we can do is we can disclose our regret. And there are few things that are interesting about disclosure. There’s something amazing why 16,000 people were willing to share their regrets with me. I mean, like, what’s going on there, right? And the reason is that when we disclose our regrets, we relieve some of the burden. That’s one thing. The second thing that we do is that when we actually talk about our regrets, converting these kind of blobby mental abstractions into concrete words, whether it’s spoken or writing, defangs them. It begins the sense-making process. And the other thing about disclosure, which is a dirty little secret that I’ll reveal to all of you that comes out in the research very clearly, is that when we disclose our vulnerabilities and our weaknesses, people don’t like us less, they actually like us more. Because they empathize with us. They respect our courage.

And the final thing is to actually try to extract a lesson from it, to use this regret. So what would you say, Lily, is the lesson that you’ve learned from this regret?

L: I think that … What would have gone wrong if I …

DHP: That’s interesting.

L: If I were more open about expressing myself, like, people might discover I’m a little weird, or they might think that maybe I’m nice and hopefully maybe a little funny. So I think, like, maybe that’s one thing that jumps to mind. Like, what could have gone wrong? You know.

DHP: So what’s the lesson that you have applied going forward? Taking this regret, OK, so you’ve sort of treated yourself with kindness rather than contempt. You’ve disclosed it to all these people here. You’ve begun the sense-making process by talking about it and writing about it. What’s a lesson that you can extract from this?

L: I think that … I’m not sure.

DHP: Well, then let me tell you. (Laughs) I think that the lesson is to … Next time, speak up. Next time, speak up. Next time when you are at a juncture, “Should I speak up or not,” think about this. Think about this and speak up.

Do you have any kind of work meetings or anything coming on where you’re going to be confronted with this?

L: Yeah, and I think that happens all the time. Like, you know, I have an idea. Oh, but someone starts talking, and then like, you just sort of fade back into the background, and that’s something I want to counteract more often. Because, more often than not, you know that idea is a contribution, and why am I hesitating so much?

DHP: Yeah. So you have a lesson. The lesson is, speak up. So why don’t you — So how about the next meeting you’re in, when you have something to say, don’t hesitate and speak up.

L: Done, I’ll do it.

DHP: OK, but here’s the thing, what I like about this is you’ve just made a promise to 300 people. So you’re on the hook.

L: I’m on the hook.

DHP: So this is it. So, Lily has this regret. She’s looking backwards, saying, “Oh, if only I’d spoken up,” and instead of beating herself up, she is divulging it, she’s extracting a lesson from it, and she’s taking that and applying it to some next interaction. So this is what we do. This is how, again, looking backward can move you forward. Lily, that’s such a fantastic — People in the chat are saying, “We will hold Lily accountable,” which I love. So Lily, thanks for that. We’re going to bring — I really, really appreciate your sharing that with us, and I want you to report back that you did speak up.

L: I will, thank you.

DHP: Thanks, Lily.

WPR: Well, we have a question here from Claudia, who asks, “Can you speak to the issue of painful life regrets? Major opportunities lost? Do you have some advice on how to avoid being paralyzed by fear or further regret?”

DHP: Yeah. It’s interesting that Claudia said “opportunities lost,” and let me pick up on that phrase right here. Because one of the things I saw in my own research, because I also did a huge survey of the American population where we surveyed a representative sample of 4,489 Americans about regret and how it worked. But one of the things you see widespread is that there are, in the architecture of regret, there are often two kinds of regrets. One are regrets of action and one are regrets of inaction. Regrets about what we did. Regrets about what we didn’t do. And overwhelmingly, inaction regrets predominate. And that’s what an opportunity lost is. With action regrets, we can try to undo them. We can make amends. We can look for the silver lining, and we can reduce the sting. For inaction regrets, it is harder. And so the key here on the opportunities lost is to think about, you know, really like, what are you going to do? You sort of reduce the level of abstraction and say, “What are you going to do next time?” Not an abstraction of like, “Oh, I’m going to be more bold.” It’s like, what are you going to do next time? This is what we were talking about with Lily. What are you going to do next time? All regrets begin at the juncture. You can go this way or you can go that way. And so for Claudia, I would say, the next time you’re at this juncture, take the opportunity, play it safe. Stop, think about your regret, and make the decision there.

Or another thing that you could do. I’ll give you another, sort of, decision-making heuristic. Two of them, in fact. When you’re at that juncture, Claudia, next time, go forward five years. This is called self-distancing. Be Claudia five years from now, look back on Claudia today. What decision do you want? What decision does Claudia of 2027 want Claudia of 2022 to make? It’s very clear. Or the best decision-making heuristic there is: You’re at a juncture, what would you tell your best friend to do? When you ask people that when they’re trying to make a decision, say, “What would you tell your best friend to do?” Everybody always knows. So, I think that’s it. Remember, the main thing, though, is don’t let it bog you down. Use it as a tool for thinking — not as a tool for wallowing, not as a tool for ignoring — but as a tool for thinking.

WPR: A question from Kim, she’s asking — She says you’re talking as if any bad decision or mistake is also a regret, and I’m not sure that that’s always the case. Can you share your definition of regret? Especially after doing this project. What is your definition?

DHP: There’s a difference between a regret and a mistake, alright? So you can make a mistake and not regret it because you say, you immediately learn something from it or it was a worthy mistake. A regret is something where you look backward at something that where you had control, where you had some agency … Where you had some agency, you did something that, well, you did something wrong, and it sticks with you. It doesn’t go away. And it sticks with you for a very long time. So there’s a big difference, for instance, between … I can make a mistake and actually not regret it because it’s not significant enough to me to linger, right? So that’s the difference between a regret and a mistake. It’s basically the duration, essentially, the half-life of the negative emotion. There’s a huge difference between regret and disappointment. Huge difference between regret and disappointment. Because with disappointment, you don’t have any kind of control. The great example of that is from Janet Landman, a former professor at the University of Michigan who, to me, is like, she tells the story of like, OK, so a kid loses her third tooth. A seven-year-old loses her third tooth. She loses her tooth, she goes to sleep, before she goes to sleep, she puts the tooth under the pillow. When she wakes up, the tooth is still there. The kid is disappointed, but the parents regret not leaving that — So you have to have some agency and it has to have a … It has to have enough significance that it stays with you. And once again, going back to these four core regrets, it ends up being the same kinds of … it ends up being the same kinds of things. If you said, “Oh, I shouldn’t have bought that kind of car,” it might sting for a little bit, but the half-life is very, very short. But other kinds of things stick with us and stick with us, and those are the things often of significance.

WPR: Thank you so much, Dan, for chatting with us, and I love ending there, “If not now when?” And we’ll see you soon. Thank you, Dan.

DHP: Thanks a lot, what a pleasure.

「4種類の後悔 そして彼らがあなた自身について教えてくれること(4 Kinds of Regret and What They Teach You about Yourself)」の和訳

後悔について話しましょう。私にとって、それは私たちが最も誤解されている感情であり、それで私は数年間それを研究することに決めました。そして、私がしたことの1つは、後悔に関する社会科学の約50年分を振り返ってみたことです。そして、ここで伝えることができることがあります。半世紀の社会科学を読む手間を省きます。

研究によれば、誰もが後悔を抱えており、後悔は私たちを人間らしくしてくれます。実際、後悔がない唯一の人々は、5歳の子供、脳障害を持つ人、そしてサイコパスだけです。それ以外の私たち、後悔を持っています。そして、もしその後悔をうまく扱えれば(これが大きな条件ですが)、方法があります。後悔は実際に私たちをより良くすることができます。それらは私たちの意思決定力を向上させ、交渉能力を向上させ、より良い戦略家にし、より良い問題解決者にし、それらをうまく扱うと私たちの意味の感覚を高めることができます。そして良いニュースは、それをするための体系的な方法があるということです。

しかし、私は後悔のもう一つの側面について、ちょっとお話ししたいと思います。ここでの研究の一環として、私は人々に彼らの後悔について尋ねることに決めました。驚いたことに、私は105カ国の人々から約16,000の後悔を集めることができました。それは素晴らしい財産です。そして、私がこの驚くべき人間の切望と願望のデータベースを見ていると、世界中で、国ごとの違いはほとんどないのですが、人々は同じ4つの後悔を繰り返し表現していることに気付きました。世界中で、何度も同じ4つの後悔が繰り返し出てくるのです。

では、これらの四つの核心的後悔についてすぐにお話ししましょう。なぜなら、これらは非常に重要で興味深いことを示していると思うからです。私がカバーする四つの核心的後悔です。まず第一に、私が「基盤的後悔」と呼ぶもの。基盤的後悔です。これは、例えば十分なお金を貯めなかったこと、つまり財政的後悔、自分の健康にきちんと注意を払わなかったこと、健康に関する後悔など、人々が後悔している事柄です。しかし、それらは同じです。これらの後悔は、自分の人生に安定した基盤を築くための選択肢をしなかったことに関するものです。学校で十分に頑張らなかった人、お金を貯めることを後悔している人がたくさんいます。アソップの寓話、「アリとキリギリス」を思い出します。彼らが若い頃にキリギリスのように振る舞った結果、今が追いついてきているという感じです。基盤的後悔は次のように聞こえます。「もしだけど」という後悔の定番フレーズで始まります。

では、次に二番目のカテゴリーです。このカテゴリーが大好きです、とても興味深いです。勇気のなさによる後悔です。世界中で、「数年前、私は本当に好きだった人がいました。彼/彼女にデートに誘いたかったのですが、怖くてできませんでした。それ以来、後悔しています」というような後悔が数多くあります。

また、次のような人々からの後悔もあります。

「ああ、いつもビジネスを始めたかったんですが、勇気がなくてできませんでした。」

「ああ、もっと声を上げていればよかった。何か言って、自分を主張していればよかった」というのが、以前にも述べたように、私が「勇気のなさによる後悔」と呼ぶものです。私たちは人生の分岐点に達し、安全策を選ぶか、チャンスを取るかの選択肢があります。そして、私が見つけたことは、圧倒的に、人々はチャンスを取らなかったことを後悔しているということです。チャンスを取った人で、うまくいかなかったとしても、それほど多くの後悔はありません。それはチャンスを取らなかった人々です。

したがって、これは勇気のなさによる後悔です。勇気のなさによる後悔は次のように聞こえます。

「もしチャンスを取っていたらなぁ」

三番目のカテゴリー、道徳的後悔。非常に興味深い、非常に興味深いカテゴリーです。これらは、また、多くのこれらの後悔が分岐点で始まります。分岐点に到達すると、正しいことをするか、間違ったことをするかの選択があります。人々は間違ったことをして、それを後悔します。

私が本当に心に残っているのは、ニュージャージー州の71歳の女性の話です。

「子供の頃、母親が私を近所の小さな店にいくつかの品物を買いに行かせました。店主が見ていないときに、よくキャンディバーを盗みました。それが私を60年ほど悩ませています。」

ニュージャージー州の71歳の女性、60年間、この道徳的違反に悩まされています。

道徳的後悔。いじめを後悔する人、夫婦の不貞を後悔する人など、様々なことについて人々が後悔しています。道徳的後悔は次のように聞こえます、「もし正しいことをしていたらなぁ」。

最後に、四番目のカテゴリー、または私が「繋がりの後悔」と呼ぶものです。

繋がりの後悔は、こんな感じです。あなたには関係があるか、あるべきだったかの関係があります。そして、その関係が何であれ問題ありません。子供、両親、兄弟姉妹、いとこ、友人、同僚、だれかと、関係があったか、あるべきだったか、そしてその関係が破綻しました。

興味深いのは、これらの1万6千人が私に語ってくれたことです。関係が崩壊する方法は、非常に劇的ではなく、全く劇的ではないことがよくあります。しばしば、何らかの爆発的な亀裂ではなく、ゆっくりと離れていくことで関係が崩れます。

そして、人々は連絡を取りたくないのです。なぜなら、連絡を取るのは気まずいと言い、もう一方は気にしないと思うからです。この本から私が学んだ教訓の一つは、常に連絡を取ることです。

したがって、これが繋がりの後悔です。「もし私が連絡を取っていたらなぁ」というものです。

そして、何度も何度も、同じ後悔が繰り返されます。

基盤に関する後悔:「もし私がその仕事をしていたらなぁ」

大胆さに関する後悔:「もし私がそのチャンスを取っていたらなぁ」

道徳に関する後悔:「もし私が正しいことをしていたらなぁ」

そして、繋がりに関する後悔:「もし私が連絡を取っていたらなぁ」

これらの後悔を見ると、それ自体が興味深いですが、私が気づいたのは、これらの四つの核心的な後悔が、まるで良い人生の写真のネガティブのように機能しているということです。

人々が最も後悔することを理解すれば、実際に何を最も大切にしているかがわかります。そして、私にとって、これらの後悔のそれぞれが、人間性と私たちが必要とするものについて基本的な何かを明らかにしています。

私たちは安定を必要としています。

誰もが不安定な人生を送りたくありません。私たちは学び、成長し、何かを成し遂げるチャンスを望んでいます。私たちは永遠にここにいるわけではないことを認識し、何かをし、何かを試してみたいと思います。そして、少なくとも大胆になることの刺激を感じたいのです。

道徳的後悔は、ほとんどの人が、ほとんどの場合、正しいことをしたいと思っていると思います。あるレベルでは、これらの道徳的後悔は非常に心強いものです。人々が自分の人生の初期の道徳的な違反に数年、数十年と悩まされているという考え方です。ほとんどの人が正しいことをしたいと思っていると私は考えています。

そして、繋がりの後悔。私たちは愛を求めています。ロマンチックな意味だけでなく、他の人とのつながりや関係、親近感といった広い意味での愛を求めています。そして、奇妙なことに、後悔という否定的な感情が、良い人生への道を示しています。後悔を研究することで、私たちは何が良い人生を構成するかを知ることができます。安定した人生、リスクを冒すチャンスのある人生、正しいことをしている人生、そしてあなたを愛し、あなたが愛している人々のいる人生。

そのため、私にとっては、最初は「後悔を研究するなんて、この本はどんなに暗いだろう」と思っていましたが、最終的には非常に元気づけられました。ですから、それが四つの核心的な後悔です。後悔は私たちを良い人生へと導きます。だから私は、あなた自身の後悔を考え始めることを願っています。なぜなら、それらがあなたによく生きるための方向を示してくれると思います。

Whitney Pennigton Rogers: まず、ダン、あなたは後悔について考えることが良い人生の秘訣を見つけるのに役立つという大きなメッセージをお話しになりましたね。それ以外に、この仕事からの最大の収穫は何ですか?

DHP: 私は人々がこれについて話したがっていることに非常に興味を持ちました。それが最初に私をこのテーマに引き寄せたものでした。つまり、私の人生でのある出来事がきっかけで、私の子供の一人が大学を卒業したことで、私の人生における印を考え始めました。そして、私はそれを数人に言及しただけで、彼らが会話に夢中になっているのを発見しました。だから私は、人々がこれについて話したがっている程度と、「私には後悔なんてない」というこの禁忌がどれほどばかげているかに驚きました。それは、ばかげています。そして、私たちが実際にそれについて話し始めれば、私たちはより良くなるでしょう。個人的には、私にとって最大の収穫は… つながりの後悔でした。なぜなら、多くの人が同じようなストーリーを持っており、友情やある種の関係が崩れ、彼らは手を差し伸べたいと思いながら、「ああ、それは本当に不器用になるだろう。そして相手はそれを気にしないだろう」と言うのです。そして、私たちはそれについて間違っています。それは不器用ではなく、他の側はほとんどいつもそれを感謝しています。だから、私にとって、結論としては、もし私が人生の岐路に立って「手を差し伸べるべきかどうか」と考えている場合、その質問の答えは出ました。その答えは、その時点でその質問に答えた場合、常に手を差し伸べることです。特に今回のような時期には、私たちはそのようなつながりの感覚を必要としています。だから、私にとって、常に手を差し伸べるという倫理は、私が学んだ最高の人生の教訓の一つです。

WPR: さて、次に、少し興味深いことをしようと思います、ダン。それは、メンバーが自分自身の後悔を共有することです。ですので、今、私は現在、あなたにものを手渡して、最初のメンバーを紹介し、後悔を考えるプロセスが実際にどのように良い人生を送る手助けになるかをもっと探求できるようにしたいと思います。

DHP: もちろんです。では、リリーを招きましょう。

魔法のようなことではないと言いたいのですが、リリーと私はお互いを知りません。これまでにこれをやったことはありませんが、実際に人々の後悔の物語を聞くことは非常に興味深く、明らかになると思います。リリーの後悔を聞き、科学がそれに適切な反応であるかもしれないと言うことを話し合います。

それでは、リリー、ようこそ。

Lily: ありがとう、みなさんこんにちは。

DHP: どこにいるのか教えてください。

L: 現在、ニューヨークのブルックリンにいます。

DHP: ブルックリンがTEDメンバーシップの一員ですね。では、リリー、あなたの後悔を教えてください。

L: はい。私が共有したい後悔は、幼稚園から本当に高校までの若い大人の大部分の人生で、私は非常に、非常に恥ずかしがり屋で、自信がほとんどありませんでした。これについて考えているとき、目を閉じて見えなくなりたいと思うことがありました。そして、私は、本当に自分自身を見つけるまで、大学に行くまで、自信を持って表現し、自分自身であることに自信を持つ素晴らしい友人グループを見つけるまで、自分自身になることができませんでした。そして、私の後悔は、自信を築くためにもう少し努力をしたかったということです。それが、何の機会を逃したか心配しています。その後、私は今、それを補おうとしていると感じます。そして、もしそれが特に若い人である場合、私が通ったのと同じ状況にあるかもしれない人に出会ったら、彼らを見て感じさせ、彼らの気持ちに共感しようとします。それが、その後悔からの収穫だと思います。

DHP: でも、それは…まだあなたの心に残っている後悔ですか?

L: そうですね…。聞こえてくるのは、もう少し解決のプロセスを始めたような感じがします。

L: まったくその通りです。でも、ただ、この準備をしている間に、もっと自分を出せば、もっとできたことがあったかもしれないと考えるようになりました。あまり隠れることをしなければよかったんです。

DHP: そう、わかりました。リリー、これは興味深いですね。私がデータベースを持っているんですが、そこで後悔に関する情報を検索できます。そしてもし私が「言いたかった」とか「言った」とか「言われた」といったフレーズで検索をかけたら、非常に多くの人々が出てきます。それは、人々が言いたかったことを後悔しているというのは、非常に一般的なことなんです。科学から得られる後悔に関する大切なことはここにあります。それは、どのようにそれに取り組むかです。私たちはその後悔を受け入れて、「ああ、私はひどく感じているし、この後悔があっても関係ない。無関心な後悔」みたいに言うことができますね。それは後悔のない人生の考え方ですが、それは悪い考えです。もう一つの方法は、「ああ、私はこれらの後悔があってひどい、それでひどく落ち込んでいる」と考えることです。それもまた悪い考えです。

私たちがしたいのは、そしてあなたがすでにそれを非常にうまくやっていると思いますが、これらの後悔を信号として使うことです。私たちの思考のための信号。それが私たちに何を教えてくれるのかということです。そして、研究から得られるいくつかの手がかりがあるんです。

ですから、そのうちの1つはこうです。そうですね、まず自分自身の中で後悔を再構築して考え直すことから始めましょう。あなたは、自分だけがこのような後悔を抱えていると思いますか?

L: わかりません。

DHP: まったくその通りです。チャットを見ていますよ。誰かが「リリー、君の話は私の話だよ」と言っています。私たちの後悔に対して自己同情を持つことができます。それは自尊心を高めるのではなく、それは危険なことがあります。自己批判で自分を傷つけるのでもありませんが、実際には、自分自身を軽蔑するのではなく、優しさで扱うことが重要です。私たちが経験していることが共有の人間の経験の一部であることを認識するのです。それが1つです。

私たちの後悔を明らかにすることができます。後悔について話すことは興味深いことがいくつかあります。なぜなら、なぜ16,000人もの人々が私と彼らの後悔を共有しようとしたのか、驚くべきことがあるからです。つまり、後悔を明らかにすると、その重荷を軽くすることができるのです。それが1つです。二つ目は、私たちが実際に後悔について話すと、これらの曖昧な精神的抽象を具体的な言葉に変えることで、それらを無力化することができます。それは、意味づけのプロセスを始めることです。そして、後悔について話すということのもう一つの面白い点は、研究で非常に明確に示されている少し汚れた秘密ですが、私たちの弱点や脆弱性を明らかにすると、人々は私たちを嫌いになるのではなく、実際に私たちをより好きになるということです。なぜなら、彼らは私たちに共感し、私たちの勇気を尊重するからです。

そして最後に、実際にその後悔から教訓を引き出すことです。リリー、あなたはこの後悔から何か教訓を得たと言えますか?

L: 私は…もし私がもっと自分を開示していたら、何がうまくいかなかったかを考えると…、人々が私が少し変わっていることに気づくかもしれないし、彼らは私が親切で、そして多分少し面白いと思うかもしれません。だから、おそらくそれが思い浮かぶことの一つです。何がうまくいかなかったか、ですね。

DHP: では、これからどのような教訓を実践していますか?この後悔を取り上げ、自分を軽蔑するのではなく、優しさで扱いました。ここでそれを公開し、多くの人々に話し始め、それについて書き始めることで、意味づけのプロセスを始めました。これから抽出できる教訓は何ですか?

L: 私は…よくわかりません。

DHP: それでは私がお伝えしましょう。(笑) 私が思うに、その教訓は…次回は言葉を発することです。次回、言葉を発すること。次回、あなたが「発言すべきかどうか」と立ち止まったときに、これについて考えてください。これを考えて、発言してください。

次に、仕事の会議などがありますか?そういった場面で直面することはありますか?

L: はい、それはよくあります。たとえば、自分のアイデアがある場合、ある人が話し始めると、自分は背景に退いてしまいます。私はそれをもっと頻繁に打ち消したいと思っています。ほとんどの場合、そのアイデアは貢献であり、なぜ私はそんなにためらっているのか、ですね。

DHP: そうですね。ですから、あなたは教訓を持っています。その教訓は、言葉を発することです。では、次の会議に出席する際、言いたいことがあるとき、ためらわずに発言してみてください。

L: わかりました、やります。

DHP: では、でもね、面白いのは、これであなたは300人の前で約束をしましたね。だから、あなたは責任があります。

L: 了解です、責任を取ります。

DHP: ですから、ここになります。リリーはこの後悔を抱えています。過去を振り返って、「もし私が発言していたらなぁ」と言っていますが、自分を責める代わりに、それを明かし、教訓を引き出し、それを次の相互作用に適用しています。これが私たちが行うことです。再び、過去を振り返って前進する方法です。リリー、それは素晴らしいことですね。チャットでの人々のコメントが「リリーを責任にさせます」とありますが、それが好きです。リリー、それを共有してくれて本当にありがとうございます。そして、あなたが発言したことを報告してもらいたいと思います。

L: わかりました、ありがとうございます。

DHP: ありがとう、リリー。

WPR: さて、ここでクラウディアからの質問があります。「苦しい人生の後悔について話していただけますか?大切な機会を逃した場合どうすれば恐れや後悔で麻痺しないようにできますか?」

DHP: はい、面白いのはクラウディアが「逃した機会」と言ったことです。ここでそのフレーズに触れてみましょう。なぜなら、私自身もアメリカの人口に関する大規模な調査を行ったからです。そこでは、アメリカ人の代表的な標本である4489人に後悔とその働きについて調査しました。しかし、後悔のアーキテクチャーにはしばしば2つの種類の後悔があります。行動の後悔と、行動しなかったことに関する後悔です。私たちがしたことに関する後悔。私たちがしなかったことに関する後悔。そして圧倒的に、行動しなかったことに関する後悔が優位です。それが逃した機会です。行動の後悔では、それらを取り消すことができます。償いをすることができます。何かポジティブな側面を見つけ出すことができますし、その痛みを和らげることができます。しかし、行動しなかったことに関する後悔は、それが難しいです。ですから、逃した機会に関する鍵は、実際には何をするかを考えることです。抽象度を下げて、「次回は何をしますか?」と考えます。 「もっと大胆になる」というような抽象的な考え方ではなく、次回は何をしますか?これはリリーと話していたことですね。次回は何をしますか? すべての後悔は、分岐点で始まります。この道を進むか、あるいはあちらの道を進むか。ですから、クラウディアに対して、次回その分岐点に立ったときには、その機会を利用してください。安全にプレイする、立ち止まり、後悔を考え、その場で決断してください。

また、別のことをすることもできます。別の意思決定ヒューリスティックをお伝えします。実際、2つです。その分岐点に立ったとき、クラウディア、次回は5年後に進んでください。これを自己距離化と呼びます。5年後のクラウディアになり、今日のクラウディアを振り返ってください。どんな決断が必要ですか?2027年のクラウディアは2022年のクラウディアにどのような決断を望みますか?非常に明確です。または、最も優れた意思決定ヒューリスティックは次のとおりです。その分岐点に立ったとき、あなたの最良の友人に何をするかを尋ねます。人々にその質問をするとき、彼らはいつも答えを知っています。それで、これでいいと思います。ただし、重要なのは、それがあなたを引きずり込まないようにすることです。それを考えるツールとして使用してください──沈むためのツールとして、無視するためのツールとしてではなく、考えるためのツールとして。

WPR: キムからの質問があります──あなたが、あらゆる悪い決定や失敗も後悔としているように聞こえますが、それが常にそうであるとは限りません。後悔の定義を共有していただけますか?特にこのプロジェクトを通して、どのような定義がありますか?

DHP: 後悔と間違いには違いがありますね。間違いを comitter たとしても後悔しないことがあります。それは、すぐに何かを学んだり、それが価値のある間違いだったりするからです。後悔とは、あなたがコントロールを持っていた、何らかの代理行動があった、何かを振り返ることです。代理行動があった、何かを間違ったことをして、それがあなたと一緒にいます。それが消えることはありません。そして、それは非常に長い間、あなたと一緒にいます。ですから、後悔と間違いの違いは大きいです。本質的には、負の感情の半減期です。後悔と失望の間には大きな違いがあります。失望の場合、何のコントロールも持っていません。その良い例は、ミシガン大学の元教授であるジャネット・ランドマンからのものです。子供が3番目の歯を失ったとします。子供が歯を失い、寝る前に歯を枕の下に入れます。目を覚ますと、歯はまだそこにあります。子供は失望しますが、親はそれを置いておくことを後悔します──ですから、何らかの代理行動が必要であり、十分な重要性がある必要があります。そして、再び、これらの4つの中核的な後悔に戻ると、それは同じ種類のものであることが多いです。

WPR: ありがとうございます、ダン、お話しいただいてとてもうれしいです。そこで「今がチャンスだ」と終わるのが好きですね。近いうちにお会いしましょう。ありがとう、ダン。

DHP: どうもありがとうございました。光栄でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました