6000の言語消失予測!なぜ今こそ外国語を学ぶべきか

言語

English is fast becoming the world’s universal language, and instant translation technology is improving every year. So why bother learning a foreign language? Linguist and Columbia professor John McWhorter shares four alluring benefits of learning an unfamiliar tongue.

英語は急速に世界の共通言語になりつつあり、即時翻訳テクノロジーは年々向上しています。

では、なぜわざわざ外国語を学ぶのでしょうか?言語学者でコロンビア大学教授のジョン・マクワーター氏は、なじみのない言語を学ぶことによる 4 つの魅力的な利点を紹介しています。

タイトル 4 reasons to learn a new language
新しい言語を学ぶべき4つの理由
スピーカー ジョン・マクワーター
アップロード 2016/10/29

「新しい言語を学ぶべき4つの理由(4 reasons to learn a new language)」の文字起こし

The language I’m speaking right now is on its way to becoming the world’s universal language, for better or for worse. Let’s face it, it’s the language of the internet, it’s the language of finance, it’s the language of air traffic control, of popular music, diplomacy — English is everywhere.

Now, Mandarin Chinese is spoken by more people, but more Chinese people are learning English than English speakers are learning Chinese. Last I heard, there are two dozen universities in China right now teaching all in English. English is taking over.

And in addition to that, it’s been predicted that at the end of the century almost all of the languages that exist now — there are about 6,000 — will no longer be spoken. There will only be some hundreds left. And on top of that, it’s at the point where instant translation of live speech is not only possible, but it gets better every year.

The reason I’m reciting those things to you is because I can tell that we’re getting to the point where a question is going to start being asked, which is: Why should we learn foreign languages — other than if English happens to be foreign to one? Why bother to learn another one when it’s getting to the point where almost everybody in the world will be able to communicate in one?

I think there are a lot of reasons, but I first want to address the one that you’re probably most likely to have heard of, because actually it’s more dangerous than you might think. And that is the idea that a language channels your thoughts, that the vocabulary and the grammar of different languages gives everybody a different kind of acid trip, so to speak.

That is a marvelously enticing idea, but it’s kind of fraught. So it’s not that it’s untrue completely. So for example, in French and Spanish the word for table is, for some reason, marked as feminine. So, “la table,” “la mesa,” you just have to deal with it.

It has been shown that if you are a speaker of one of those languages and you happen to be asked how you would imagine a table talking, then much more often than could possibly be an accident, a French or a Spanish speaker says that the table would talk with a high and feminine voice. So if you’re French or Spanish, to you, a table is kind of a girl, as opposed to if you are an English speaker.

It’s hard not to love data like that, and many people will tell you that that means that there’s a worldview that you have if you speak one of those languages. But you have to watch out, because imagine if somebody put us under the microscope, the us being those of us who speak English natively. What is the worldview from English?

So for example, let’s take an English speaker. Up on the screen, that is Bono. He speaks English. I presume he has a worldview. Now, that is Donald Trump. In his way, he speaks English as well.

And here is Ms. Kardashian, and she is an English speaker, too. So here are three speakers of the English language. What worldview do those three people have in common? What worldview is shaped through the English language that unites them? It’s a highly fraught concept.

And so gradual consensus is becoming that language can shape thought, but it tends to be in rather darling, obscure psychological flutters. It’s not a matter of giving you a different pair of glasses on the world. Now, if that’s the case, then why learn languages? If it isn’t going to change the way you think, what would the other reasons be?

There are some. One of them is that if you want to imbibe a culture, if you want to drink it in, if you want to become part of it, then whether or not the language channels the culture — and that seems doubtful — if you want to imbibe the culture, you have to control to some degree the language that the culture happens to be conducted in. There’s no other way.

There’s an interesting illustration of this. I have to go slightly obscure, but really you should seek it out. There’s a movie by the Canadian film director Denys Arcand — read out in English on the page, “Dennis Ar-cand,” if you want to look him up. He did a film called “Jesus of Montreal.”

And many of the characters are vibrant, funny, passionate, interesting French-Canadian, French-speaking women. There’s one scene closest to the end, where they have to take a friend to an Anglophone hospital. In the hospital, they have to speak English.

Now, they speak English but it’s not their native language, they’d rather not speak English. And they speak it more slowly, they have accents, they’re not idiomatic. Suddenly these characters that you’ve fallen in love with become husks of themselves, they’re shadows of themselves.

To go into a culture and to only ever process people through that kind of skrim curtain is to never truly get the culture.

And so to the extent that hundreds of languages will be left, one reason to learn them is because they are tickets to being able to participate in the culture of the people who speak them, just by virtue of the fact that it is their code. So that’s one reason.

Second reason: it’s been shown that if you speak two languages, dementia is less likely to set in, and that you are probably a better multitasker. And these are factors that set in early, and so that ought to give you some sense of when to give junior or juniorette lessons in another language. Bilingualism is healthy.

And then, third — languages are just an awful lot of fun. Much more fun than we’re often told. So for example, Arabic: “kataba,” he wrote, “yaktubu,” he writes, she writes. “Uktub,” write, in the imperative. What do those things have in common? All those things have in common the consonants sitting in the middle like pillars. They stay still, and the vowels dance around the consonants. Who wouldn’t want to roll that around in their mouths?

You can get that from Hebrew, you can get that from Ethiopia’s main language, Amharic. That’s fun. Or languages have different word orders. Learning how to speak with different word order is like driving on the different side of a street if you go to certain country, or the feeling that you get when you put Witch Hazel around your eyes and you feel the tingle. A language can do that to you.

So for example, “The Cat in the Hat Comes Back,” a book that I’m sure we all often return to, like “Moby Dick.” One phrase in it is, “Do you know where I found him? Do you know where he was? He was eating cake in the tub, Yes he was!” Fine. Now, if you learn that in Mandarin Chinese, then you have to master, “You can know, I did where him find? He was tub inside gorging cake, No mistake gorging chewing!” That just feels good. Imagine being able to do that for years and years at a time.

Or, have you ever learned any Cambodian? Me either, but if I did, I would get to roll around in my mouth not some baker’s dozen of vowels like English has, but a good 30 different vowels scooching and oozing around in the Cambodian mouth like bees in a hive. That is what a language can get you.

And more to the point, we live in an era when it’s never been easier to teach yourself another language. It used to be that you had to go to a classroom, and there would be some diligent teacher — some genius teacher in there — but that person was only in there at certain times and you had to go then, and then was not most times. You had to go to class.

If you didn’t have that, you had something called a record. I cut my teeth on those. There was only so much data on a record, or a cassette, or even that antique object known as a CD. Other than that you had books that didn’t work, that’s just the way it was.

Today, you can lay down — lie on your living room floor, sipping bourbon, and teach yourself any language that you want to with wonderful sets such as Rosetta Stone.

I highly recommend the lesser known Glossika as well.

You can do it any time, therefore you can do it more and better.

You can give yourself your morning pleasures in various languages.

I take some “Dilbert” in various languages every single morning; it can increase your skills.

Couldn’t have done it 20 years ago when the idea of having any language you wanted in your pocket, coming from your phone, would have sounded like science fiction to very sophisticated people.

So I highly recommend that you teach yourself languages other than the one that I’m speaking, because there’s never been a better time to do it.

It’s an awful lot of fun.

It won’t change your mind, but it will most certainly blow your mind.

Thank you very much.

「新しい言語を学ぶべき4つの理由(4 reasons to learn a new language)」の和訳

今、話している言語は世界共通の言語になりつつあります。良い方にも悪い方にも。正直に言って、それはインターネットの言語ですし、金融の言語です。航空管制やポピュラー音楽、外交でも使われます。英語はどこにでもあります。

もちろん、中国語(普通話)を話す人の数は多いですが、中国人の方が英語を学んでいます。最近の情報だと、今中国には英語で授業を行う大学が24校あります。英語が台頭しています。

さらに、予測されていることですが、世紀末にはほとんどの言語が消滅し、現存する6000言語のうち数百しか残らないと言われています。そして、リアルタイムのスピーチの瞬時翻訳が可能になっており、年々改良されています。

これらを挙げた理由は、この先、こんな質問が出てくるかもしれないと感じるからです。それは、「英語が他国の言語として外国語になる場合を除いて、なぜ外国語を学ぶ必要があるのか?」というものです。世界中のほとんどの人が1つの言語でコミュニケーションできるようになるという状況になるので、なぜ他の言語を学ぶ必要があるのでしょうか?

多くの理由がありますが、まず最初におそらく最も耳にするであろう理由について言及したいと思います。実際、それは思っている以上に危険なものです。それは、言語が思考をチャネリングするという考えです。さまざまな言語の語彙や文法が、ある種の幻覚を与えるというのです。

これは非常に魅力的なアイデアですが、少し複雑です。完全に嘘ではないのです。たとえば、フランス語やスペイン語では、何故か「テーブル」という単語が女性形で表されます。「la table」「la mesa」ですが、それは仕方がありません。

これらの言語を話す人々に質問された場合、テーブルが話すとしたらどのような声だと想像するかを尋ねられると、フランス語やスペイン語を話す人は、偶然ではないほど頻繁にテーブルが高く女性的な声で話すと答えることが示されています。ですから、フランス語やスペイン語を話す人にとって、テーブルはある種の女性的なものです。一方、英語を話す人にとってはそうではありません。

こうしたデータは非常に魅力的ですが、多くの人々はそれが意味することは、ある言語を話すことによって特有の世界観が形成されると言います。しかし、注意が必要です。なぜなら、英語を母国語とする私たちを顕微鏡の下に置いた場合、英語からの世界観は何でしょうか。

たとえば、英語を話す人を考えてみましょう。画面上に表示されているのはボノです。彼は英語を話します。彼には世界観があると想像します。そして、こちらがドナルド・トランプです。彼もまた、彼自身のやり方で英語を話します。

そして、こちらがカーダシアンさんです。彼女もまた、英語を話します。これで、英語を話す3人の人々がいます。この3人が共有する世界観は何でしょうか?英語を通じて形成された世界観は何でしょうか?これは非常に複雑な概念です。

したがって、徐々に合意が形成されつつあります。言語は思考を形成する可能性があるということですが、それはかなり愛らしいがあまり明確でない心理的な揺らぎです。それは世界を異なる視点で見るための眼鏡を授けるわけではありません。では、そのような場合、なぜ言語を学ぶのでしょうか?考え方が変わらないのであれば、他の理由は何でしょうか?

いくつかあります。その一つは、文化を吸収し、一部となりたい場合です。文化を吸収し、一部となりたい場合、その言語をある程度制御する必要があるかどうかはともかくとして、文化を吸収したいのであれば、文化が行われている言語をある程度制御する必要があります。他に方法はありません。

興味深い例があります。少しマニアックな話になりますが、本当に探してみるべきです。カナダの映画監督デニス・アーカン(英語では “Dennis Ar-cand” と書かれます)が監督した映画があります。「Jesus of Montreal」という映画です。

そして、物語に登場する多くのキャラクターは、生き生きとしており、面白く、情熱的で、興味深いフランス系カナダ人のフランス語を話す女性たちです。物語の終わりに近いシーンがあり、彼女たちが友人を英語圏の病院に連れて行く場面があります。病院では英語を話さなければなりません。

彼女たちは英語を話しますが、それは彼女たちの母国語ではなく、できれば英語を話したくはありません。そして、彼女たちはよりゆっくりと話し、訛りがあり、口語的ではありません。突然、愛してしまったキャラクターたちは、自分たちの殻になり、自分たちの影になります。

ある文化に参加し、そのスクリムのようなカーテンを通して人々を常に処理することは、その文化を本当に理解しないことを意味します。

そして、数百の言語が残るということを考慮すると、それらを学ぶ理由の1つは、それらがそれを話す人々の文化に参加するチケットであるという事実だけで、文化に参加できるということです。だからそれが1つの理由です。

2つ目の理由:2つの言語を話すと、認知症にかかる可能性が低くなり、おそらくより優れたマルチタスカーになることが示されています。そして、これらは早い段階で発生する要因であり、したがって、別の言語のレッスンをジュニアに提供するタイミングを考える際に、あなたに何らかの感覚を与えるはずです。バイリンガリズムは健康的です。

そして、第3に、言語はただ単にとても楽しいです。私たちによく伝えられるよりもずっと楽しいです。たとえば、アラビア語:「kataba」は「彼が書いた」「yaktubu」は「彼が書く」「彼女が書く」です。「Uktub」は命令形で「書く」です。これらのものに共通するのは何でしょうか?これらのものに共通するのは、中央にある子音が柱のように静かに座っていることです。子音は動かず、母音が子音の周りを踊ります。誰もが口に含んでみたくないでしょうか?

ヘブライ語から、エチオピアの主要な言語であるアムハラ語からもそれを得ることができます。それは楽しいです。また、言語には異なる語順があります。異なる語順で話すことを学ぶことは、特定の国に行ったときに道路を異なる側で運転するのと同じです。また、ウィッチヘイゼルを目の周りに塗ったときの感覚のようなものです。言語はあなたにそのような感覚を与えることができます。

たとえば、「The Cat in the Hat Comes Back」という本、私たちがいつも頻繁に戻って読む本、”Moby Dick”のような。その中の一文は、「Do you know where I found him? Do you know where he was? He was eating cake in the tub, Yes he was!」です。良いですね。これを中国語で学ぶと、”You can know, I did where him find? He was tub inside gorging cake, No mistake gorging chewing!”とマスターしなければなりません。それはとても良い感じです。何年も続けてこれをできることを想像してみてください。

また、カンボジア語を学んだことがありますか?私もそうですが、もし学んだら、英語のような13個の母音ではなく、カンボジアの口の中で巣箱の中の蜜蜂のように動き回る30種類の異なる母音があります。それが言語がもたらすものです。

さらに言ってしまえば、自分で他の言語を学ぶのはかつてなく簡単になっています。かつては教室に行かなければならず、そこには一生懸命な教師がいましたが、その人は特定の時間にしかいなくて、その時間に行かなければなりませんでした。それはほとんどの時間ではありませんでした。授業に行かなければなりませんでした。

それがなければ、レコードというものがありました。私はそれで育ちました。レコード、カセット、さらにはCDと呼ばれる古代のオブジェクトには、限られたデータしかありませんでした。それ以外はうまく機能しない本しかありませんでした。

今日では、リビングの床に寝転がりながらバーボンを飲みながら、Rosetta Stoneなどの素晴らしいセットで自分で好きな言語を教えることができます。

私はあまり知られていないGlossikaも強くお勧めします。

いつでもできるので、より多く、より良くできます。

様々な言語で朝の楽しみを与えることができます。

私は毎朝様々な言語の「Dilbert」を読むことで、スキルを向上させています。

20年前には考えられなかったことで、自分の携帯電話から欲しい言語を持つという考えは、非常に洗練された人々にとってもサイエンスフィクションのように聞こえました。

ですから、私が話している言語以外の言語も学んでみてください。それを行うのにこれ以上に良い時期はありませんでした。

それはとても楽しいです。

あなたの考えを変えることはありませんが、間違いなくあなたの考えを爆発させるでしょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました