なぜウォーカブルシティが必要なのか?4つのポイントを解説

建築

Freedom from cars, freedom from sprawl, freedom to walk your city! City planner Jeff Speck shares his “general theory of walkability” — four planning principles to transform sprawling cities of six-lane highways and 600-foot blocks into safe, walkable oases full of bike lanes and tree-lined streets.

車からの自由、スプロールからの自由、街を歩く自由! 都市計画家のジェフ・スペック氏は、彼の「歩きやすさの一般理論」を紹介します。

これは、6 車線の高速道路と 600 フィートの街区からなる広大な都市を、自転車レーンと並木道がいっぱいの安全で歩きやすいオアシスに変えるための 4 つの計画原則です。

タイトル
4 ways to make a city more walkable
街をもっと歩きやすくする 4 つの方法
スピーカー ジェフ・スペック
アップロード 2017/03/03

「街をもっと歩きやすくする 4 つの方法(4 ways to make a city more walkable)」の文字起こし

So I’m here to talk to you about the walkable city. What is the walkable city? Well, for want of a better definition, it’s a city in which the car is an optional instrument of freedom, rather than a prosthetic device. And I’d like to talk about why we need the walkable city, and I’d like to talk about how to do the walkable city.

Most of the talks I give these days are about why we need it, but you guys are smart. And also I gave that talk exactly a month ago, and you can see it at TED.com. So today I want to talk about how to do it. In a lot of time thinking about this, I’ve come up with what I call the general theory of walkability. A bit of a pretentious term, it’s a little tongue-in-cheek, but it’s something I’ve thought about for a long time, and I’d like to share what I think I’ve figured out.

In the American city, the typical American city — the typical American city is not Washington, DC, or New York, or San Francisco; it’s Grand Rapids or Cedar Rapids or Memphis — in the typical American city in which most people own cars and the temptation is to drive them all the time, if you’re going to get them to walk, then you have to offer a walk that’s as good as a drive or better. What does that mean? It means you need to offer four things simultaneously: there needs to be a proper reason to walk, the walk has to be safe and feel safe, the walk has to be comfortable and the walk has to be interesting. You need to do all four of these things simultaneously, and that’s the structure of my talk today, to take you through each of those.

The reason to walk is a story I learned from my mentors, Andres Duany and Elizabeth Plater-Zyberk, the founders of the New Urbanism movement. And I should say half the slides and half of my talk today I learned from them. It’s the story of planning, the story of the formation of the planning profession. When in the 19th century people were choking from the soot of the dark, satanic mills, the planners said, hey, let’s move the housing away from the mills. And lifespans increased immediately, dramatically, and we like to say the planners have been trying to repeat that experience ever since.

So there’s the onset of what we call Euclidean zoning, the separation of the landscape into large areas of single use. And typically when I arrive in a city to do a plan, a plan like this already awaits me on the property that I’m looking at. And all a plan like this guarantees is that you will not have a walkable city, because nothing is located near anything else. The alternative, of course, is our most walkable city, and I like to say, you know, this is a Rothko, and this is a Seurat. It’s just a different way — he was the pointilist — it’s a different way of making places. And even this map of Manhattan is a bit misleading because the red color is uses that are mixed vertically.

So this is the big story of the New Urbanists — to acknowledge that there are only two ways that have been tested by the thousands to build communities, in the world and throughout history. One is the traditional neighborhood. You see here several neighborhoods of Newburyport, Massachusetts, which is defined as being compact and being diverse — places to live, work, shop, recreate, get educated — all within walking distance. And it’s defined as being walkable.

There are lots of small streets. Each one is comfortable to walk on. And we contrast that to the other way, an invention that happened after the Second World War, suburban sprawl, clearly not compact, clearly not diverse, and it’s not walkable, because so few of the streets connect, that those streets that do connect become overburdened, and you wouldn’t let your kid out on them. And I want to thank Alex Maclean, the aerial photographer, for many of these beautiful pictures that I’m showing you today.

So it’s fun to break sprawl down into its constituent parts. It’s so easy to understand, the places where you only live, the places where you only work, the places where you only shop, and our super-sized public institutions. Schools get bigger and bigger, and therefore, further and further from each other. And the ratio of the size of the parking lot to the size of the school tells you all you need to know, which is that no child has ever walked to this school, no child will ever walk to this school.

The seniors and juniors are driving the freshmen and the sophomores, and of course we have the crash statistics to prove it. And then the super-sizing of our other civic institutions like playing fields — it’s wonderful that Westin in the Ft. Lauderdale area has eight soccer fields and eight baseball diamonds and 20 tennis courts, but look at the road that takes you to that location, and would you let your child bike on it? And this is why we have the soccer mom now. When I was young, I had one soccer field, one baseball diamond and one tennis court, but I could walk to it, because it was in my neighborhood.

Then the final part of sprawl that everyone forgot to count: if you’re going to separate everything from everything else and reconnect it only with automotive infrastructure, then this is what your landscape begins to look like. The main message here is: if you want to have a walkable city, you can’t start with the sprawl model. you need the bones of an urban model. This is the outcome of that form of design, as is this. And this is something that a lot of Americans want. But we have to understand it’s a two-part American dream. If you’re dreaming for this, you’re also going to be dreaming of this, often to absurd extremes, when we build our landscape to accommodate cars first. And the experience of being in these places — This is not Photoshopped. Walter Kulash took this slide. It’s in Panama City. This is a real place. And being a driver can be a bit of a nuisance, and being a pedestrian can be a bit of a nuisance in these places.

This is a slide that epidemiologists have been showing for some time now, The fact that we have a society where you drive to the parking lot to take the escalator to the treadmill shows that we’re doing something wrong. But we know how to do it better. Here are the two models contrasted. I show this slide, which has been a formative document of the New Urbanism now for almost 30 years, to show that sprawl and the traditional neighborhood contain the same things. It’s just how big are they, how close are they to each other, how are they interspersed together and do you have a street network, rather than a cul-de-sac or a collector system of streets?

So when we look at a downtown area, at a place that has a hope of being walkable, and mostly that’s our downtowns in America’s cities and towns and villages, we look at them and say we want the proper balance of uses. So what is missing or underrepresented? And again, in the typical American cities in which most Americans live, it is housing that is lacking. The jobs-to-housing balance is off. And you find that when you bring housing back, these other things start to come back too, and housing is usually first among those things. And, of course, the thing that shows up last and eventually is the schools, because the people have to move in, the young pioneers have to move in, get older, have kids and fight, and then the schools get pretty good eventually.

The other part of this part, the useful city part, is transit, and you can have a perfectly walkable neighborhood without it. But perfectly walkable cities require transit, because if you don’t have access to the whole city as a pedestrian, then you get a car, and if you get a car, the city begins to reshape itself around your needs, and the streets get wider and the parking lots get bigger and you no longer have a walkable city. So transit is essential. But every transit experience, every transit trip, begins or ends as a walk, and so we have to remember to build walkability around our transit stations.

Next category, the biggest one, is the safe walk. It’s what most walkability experts talk about. It is essential, but alone not enough to get people to walk. And there are so many moving parts that add up to a walkable city. The first is block size. This is Portland, Oregon, famously 200-foot blocks, famously walkable. This is Salt Lake City, famously 600-foot blocks, famously unwalkable.

If you look at the two, it’s almost like two different planets, but these places were both built by humans and in fact, the story is that when you have a 200-foot block city, you can have a two-lane city, or a two-to-four lane city, and a 600-foot block city is a six-lane city, and that’s a problem. These are the crash statistics. When you double the block size — this was a study of 24 California cities — when you double the block size, you almost quadruple the number of fatal accidents on non-highway streets. So how many lanes do we have?

This is where I’m going to tell you what I tell every audience I meet, which is to remind you about induced demand. Induced demand applies both to highways and to city streets. And induced demand tells us that when we widen the streets to accept the congestion that we’re anticipating, or the additional trips that we’re anticipating in congested systems, it is principally that congestion that is constraining demand, and so that the widening comes, and there are all of these latent trips that are ready to happen. People move further from work and make other choices about when they commute, and those lanes fill up very quickly with traffic, so we widen the street again, and they fill up again. And we’ve learned that in congested systems, we cannot satisfy the automobile.

This is from Newsweek Magazine — hardly an esoteric publication: “Today’s engineers acknowledge that building new roads usually makes traffic worse.” My response to reading this was, may I please meet some of these engineers, because these are not the ones that I — there are great exceptions that I’m working with now — but these are not the engineers one typically meets working in a city, where they say, “Oh, that road is too crowded, we need to add a lane.” So you add a lane, and the traffic comes, and they say, “See, I told you we needed that lane.”

This applies both to highways and to city streets if they’re congested. But the amazing thing about most American cities that I work in, the more typical cities, is that they have a lot of streets that are actually oversized for the congestion they’re currently experiencing. This was the case in Oklahoma City, when the mayor came running to me, very upset, because they were named in Prevention Magazine the worst city for pedestrians in the entire country. Now that can’t possibly be true, but it certainly is enough to make a mayor do something about it.

We did a walkability study, and what we found, looking at the car counts on the street — these are 3,000-, 4,000-, 7,000-car counts and we know that two lanes can handle 10,000 cars per day. Look at these numbers — they’re all near or under 10,000 cars, and these were the streets that were designated in the new downtown plan to be four lanes to six lanes wide. So you had a fundamental disconnect between the number of lanes and the number of cars that wanted to use them.

So it was my job to redesign every street in the downtown from curb face to curb face, and we did it for 50 blocks of streets, and we’re rebuilding it now. So a typical oversized street to nowhere is being narrowed, and now under construction, and the project is half done. The typical street like this, you know, when you do that, you find room for medians. You find room for bike lanes. We’ve doubled the amount of on-street parking. We’ve added a full bike network where one didn’t exist before.

But not everyone has the money that Oklahoma City has, because they have an extraction economy that’s doing quite well. The typical city is more like Cedar Rapids, where they have an all four-lane system, half one-way system. And it’s a little hard to see, but what we’ve done — what we’re doing; it’s in process right now, it’s in engineering right now — is turning an all four-lane system, half one-way into an all two-lane system, all two-way, and in so doing, we’re adding 70 percent more on-street parking, which the merchants love, and it protects the sidewalk. That parking makes the sidewalk safe, and we’re adding a much more robust bicycle network.

Then the lanes themselves. How wide are they? That’s really important. The standards have changed such that, as Andres Duany says, the typical road to a subdivision in America allows you to see the curvature of the Earth.

This is a subdivision outside of Washington from the 1960s. Look very carefully at the width of the streets. This is a subdivision from the 1980s. 1960s, 1980s. The standards have changed to such a degree that my old neighborhood of South Beach, when it was time to fix the street that wasn’t draining properly, they had to widen it and take away half our sidewalk, because the standards were wider. People go faster on wider streets. People know this. The engineers deny it, but the citizens know it, so that in Birmingham, Michigan, they fight for narrower streets. Portland, Oregon, famously walkable, instituted its “Skinny Streets” program in its residential neighborhood. We know that skinny streets are safer.

The developer Vince Graham, in his project I’On, which we worked on in South Carolina, he goes to conferences and he shows his amazing 22-foot roads. These are two-way roads, very narrow rights of way, and he shows this well-known philosopher, who said, “Broad is the road that leads to destruction … narrow is the road that leads to life.” (Laughter) (Applause) This plays very well in the South.

Now: bicycles. Bicycles and bicycling are the current revolution underway in only some American cities. But where you build it, they come. As a planner, I hate to say that, but the one thing I can say is that bicycle population is a function of bicycle infrastructure. I asked my friend Tom Brennan from Nelson\Nygaard in Portland to send me some pictures of the Portland bike commute. He sent me this. I said, “Was that bike to work day?” He said, “No, that was Tuesday.” When you do what Portland did and spend money on bicycle infrastructure — New York City has doubled the number of bikers in it several times now by painting these bright green lanes. Even automotive cities like Long Beach, California: vast uptick in the number of bikers based on the infrastructure. And of course, what really does it, if you know 15th Street here in Washington, DC — please meet Rahm Emanuel’s new bike lanes in Chicago, the buffered lane, the parallel parking pulled off the curb, the bikes between the parked cars and the curb — these mint cyclists. If, however, as in Pasadena, every lane is a bike lane, then no lane is a bike lane. And this is the only bicyclist that I met in Pasadena, so … (Laughter)

The parallel parking I mentioned — it’s an essential barrier of steel that protects the curb and pedestrians from moving vehicles. This is Ft. Lauderdale; one side of the street, you can park, the other side of the street, you can’t. This is happy hour on the parking side. This is sad hour on the other side. And then the trees themselves slow cars down. They move slower when trees are next to the road, and, of course, sometimes they slow down very quickly. All the little details — the curb return radius. Is it one foot or is it 40 feet? How swoopy is that curb to determine how fast the car goes and how much room you have to cross. And then I love this, because this is objective journalism. “Some say the entrance to CityCenter is not inviting to pedestrians.” When every aspect of the landscape is swoopy, is aerodynamic, is stream-form geometrics, it says: “This is a vehicular place.”

So no one detail, no one speciality, can be allowed to set the stage. And here, you know, this street: yes, it will drain within a minute of the hundred-year storm, but this poor woman has to mount the curb every day. So then quickly, the comfortable walk has to do with the fact that all animals seek, simultaneously, prospect and refuge. We want to be able to see our predators, but we also want to feel that our flanks are covered. And so we’re drawn to places that have good edges, and if you don’t supply the edges, people won’t want to be there. What’s the proper ratio of height to width? Is it one to one? Three to one? If you get beyond one to six, you’re not very comfortable anymore. You don’t feel enclosed. Now, six to one in Salzburg can be perfectly delightful. The opposite of Salzburg is Houston. The point being the parking lot is the principal problem here. However, missing teeth, those empty lots can be issues as well, and if you have a missing corner because of an outdated zoning code, then you could have a missing nose in your neighborhood. That’s what we had in my neighborhood.

This was the zoning code that said I couldn’t build on that site. As you may know, Washington, DC is now changing its zoning to allow sites like this to become sites like this. We needed a lot of variances to do that. Triangular houses can be interesting to build, but if you get one built, people generally like it. So you’ve got to fill those missing noses.

And then, finally, the interesting walk: signs of humanity. We are among the social primates. Nothing interests us more than other people. We want signs of people. So the perfect one-to-one ratio, it’s a great thing. This is Grand Rapids, a very walkable city, but nobody walks on this street that connects the two best hotels together, because if on the left, you have an exposed parking deck, and on the right, you have a conference facility that was apparently designed in admiration for that parking deck, then you don’t attract that many people.

Mayor Joe Riley, in his 10th term, Mayor of Charleston, South Carolina, taught us it only takes 25 feet of building to hide 250 feet of garage. This one I call the Chia Pet Garage. It’s in South Beach. That active ground floor.

I want to end with this project that I love to show. It’s by Meleca Architects. It’s in Columbus, Ohio. To the left is the convention center neighborhood, full of pedestrians. To the right is the Short North neighborhood — ethnic, great restaurants, great shops, struggling. It wasn’t doing very well because this was the bridge, and no one was walking from the convention center into that neighborhood. Well, when they rebuilt the highway, they added an extra 80 feet to the bridge. Sorry — they rebuilt the bridge over the highway. The city paid 1.9 million dollars, they gave the site to a developer, the developer built this and now the Short North has come back to life. And everyone says, the newspapers, not the planning magazines, the newspapers say it’s because of that bridge.

So that’s it. That’s the general theory of walkability. Think about your own cities. Think about how you can apply it. You’ve got to do all four things at once. So find those places where you have most of them and fix what you can, fix what still needs fixing in those places. I really appreciate your attention, and thank you for coming today. (Applause)

「街をもっと歩きやすくする 4 つの方法(4 ways to make a city more walkable)」の和訳

私は歩行可能な都市について話したいと思います。歩行可能な都市とは何でしょうか?正確な定義がないので、車が義務ではなく自由の道具として存在する都市です。そして、なぜ歩行可能な都市が必要なのか、そしてどのように実現するかについて話したいと思います。

最近私が行う講演のほとんどは、なぜそれが必要なのかについてですが、皆さんは賢いです。そして、ちょうど1ヶ月前にその話をしました。TED.comで見ることができます。ですから、今日はどうやってそれを実現するかについて話したいと思います。長い間これについて考えてきた中で、私は「歩行可能性の一般理論」と呼んでいるものを考え出しました。少し大げさな言葉ですが、少々冗談めかしています。しかし、私が長い間考えてきたものであり、自分がどうやってそれを理解したのかを共有したいと思います。

アメリカの都市、典型的なアメリカの都市――典型的なアメリカの都市はワシントンDCやニューヨークやサンフランシスコではなく、グランドラピッズやシーダーラピッズやメンフィスです。――このような都市では、ほとんどの人が車を所有し、いつでも車で移動する誘惑があります。ですから、歩行を促すためには、歩くことが車で移動するのと同じくらい良いかそれ以上でなければなりません。それは何を意味するのでしょうか?つまり、同時に4つのことを提供する必要があります。まず、歩く理由が適切でなければなりません。歩くことが安全で安心感があり、快適で、興味深いものでなければなりません。これら4つのことを同時に行う必要があります。それが今日の私の話の構造です。それぞれを説明していきます。

歩く理由は、私の指導者であるアンドレス・ドゥアニとエリザベス・プレーター・ジバークから学んだ物語です。彼らは新都市主義運動の創始者です。そして、今日の私の話の半分とスライドの半分は彼らから学んだものです。それは計画の物語であり、計画の専門家の形成の物語です。19世紀、人々が暗くて邪悪な工場からの煤に苦しんでいたとき、計画者たちは、「工場から住宅を移動しよう」と提案しました。そして、寿命はすぐに、劇的に延びました。我々は計画者がその経験を以来、繰り返そうとしてきたと言いたいのです。

ここに、ユークリッドゾーニングの始まりがあります。これは、土地を単一の用途の大規模な領域に分割するものです。そして、典型的に、私が計画を行う都市に到着すると、既にこのような計画が待っています。このような計画では、何もかもが他のものから遠くに配置されるため、歩行可能な都市になることは保証されません。もちろん、その代替案は、最も歩行可能な都市です。私はこう言います。「これはロスコだ、そしてこれはセュラ」。彼は点描主義者でした。これは、場所を作る別の方法です。さらに、マンハッタンのこの地図さえも少し誤解を招くものです。赤色は垂直に混合された用途を示しています。

これが新都市主義者の大きな物語です。それは、世界中で何千もの方法が試されてきた中で、共同体を構築する2つの方法しかないことを認めることです。1つは伝統的な地域です。ここにはマサチューセッツ州ニューベリーポートのいくつかの地域があります。これらは、コンパクトで多様であり、住宅、仕事、ショッピング、レクリエーション、教育を受ける場所がすべて徒歩圏内にあります。そして、これは歩行可能な場所と定義されています。

たくさんの小さな道があります。それぞれが歩くのに快適です。そして、それをもう一つの方法と対比させます。第二次世界大戦後に起こった発明、郊外の拡大です。明らかにコンパクトではなく、明らかに多様性がなく、歩行可能ではありません。なぜなら、ほとんどの道がつながっていないため、つながっている道が過度に負担され、子供をそこに出さないでしょう。今日あなたに示しているこれらの美しい写真の多くを提供してくれたエアリアルフォトグラファーのアレックス・マクリーンに感謝したいと思います。

したがって、郊外の拡大をその構成要素に分解するのは楽しいことです。それを理解するのはとても簡単です。あなたが住む場所、働く場所、買い物をする場所、そして私たちの超大型の公共施設。学校がどんどん大きくなり、その結果、どんどん遠くなっています。駐車場のサイズと学校のサイズの比率がすべてを物語っています。これは、誰もがこの学校に歩いていないこと、誰もがこの学校に歩くことはないことを示しています。

上級生が下級生を運転しており、もちろん、そのことを証明する事故統計があります。そして、プレイ場などの他の公共施設の超大型化も同様です。ウェスティン・フォートローダーデール地域には8つのサッカー場と8つの野球ダイヤモンドと20のテニスコートがあるのは素晴らしいことですが、その場所に行く道を見て、子供を自転車に乗せますか? これがなぜ今、サッカーママがいるのかです。私が若かったとき、1つのサッカー場と1つの野球ダイヤモンドと1つのテニスコートがありましたが、それに歩いて行けました。なぜなら、それが私の近所にあったからです。

そして、誰もが数えるのを忘れた散乱の最後の部分:すべてをすべてから切り離して、それを自動車のインフラだけで再接続するつもりなら、このように景観が始まります。ここでの主なメッセージは:歩行可能な都市を持ちたいなら、散乱モデルから始めることはできません。都市モデルの骨が必要です。これがそのデザイン形式の結果であり、これもそうです。そして、これは多くのアメリカ人が望んでいるものです。しかし、それは二部構成のアメリカの夢です。これを夢見ているなら、これも夢見ていることがよくあります。我々は車を最初に収容するために景観を建設すると、しばしば馬鹿げた極端さになります。そして、これらの場所にいる経験 – これはPhotoshoppedではありません。ウォルター・クラッシュがこのスライドを取りました。これはパナマシティにあります。これは実際の場所です。運転手でいることはちょっと迷惑ですし、歩行者でいることもこれらの場所ではちょっと迷惑です。

これは、疫学者たちが以前から示しているスライドです。駐車場に車で行ってエスカレーターに乗り、トレッドミルに乗る社会が何か間違っていることを示しています。しかし、私たちはそれをより良くする方法を知っています。ここに対比される2つのモデルがあります。これは、ほぼ30年にわたって新都市主義の重要な文書となってきたこのスライドを示して、散乱と伝統的な近隣が同じものを含んでいることを示しています。それは、それらがどれだけ大きいか、どれだけ近くにあるか、それらがどのように混合されているか、そして通りのネットワークがあるか、死胡同や通りの集合体があるか、ということです。

だから、私たちがダウンタウンエリア、つまり歩行可能な可能性のある場所、そしてほとんどはアメリカの都市や町や村のダウンタウンです、を見るとき、私たちは適切な用途のバランスを求めます。では、何が欠けているか、または不十分ですか?そして、再び、ほとんどのアメリカ人が住む典型的なアメリカの都市では、不足しているのは住宅です。雇用と住宅のバランスが崩れています。そして、住宅を持ち帰ると、これらの他のものも徐々に戻ってくることがわかります。そして、その中で住宅は通常、最初のうちのものです。そして、もちろん、最後に現れるのは学校であり、最終的にはかなり良い学校になります。なぜなら、人々が移り住み、若いパイオニアたちが移り住み、年を取り、子供を持ち、戦い、そして最終的に学校がかなり良くなるからです。

この部分のもう一つの部分、有用な都市の部分は、交通であり、それなしで完璧に歩行可能な近所があるかもしれません。しかし、完璧に歩行可能な都市には交通が必要です。なぜなら、歩行者として都市全体にアクセスできない場合、車を手に入れ、車を手に入れると都市はあなたのニーズに合わせて形成され始め、道路が広がり、駐車場が大きくなり、もはや歩行可能な都市ではなくなるからです。だから、交通は不可欠です。しかし、すべての交通体験、すべての交通旅行は、歩行で始まるか終わります。だから、私たちは駅周辺の歩行可能性を構築することを覚えておかなければなりません。

次のカテゴリーは、安全な歩行です。これはほとんどの歩行可能性の専門家が話すことです。それは不可欠ですが、それだけでは人々を歩かせることはできません。歩行可能な都市を形成するためには、多くの要素が重なり合います。最初に、ブロックの大きさです。これはオレゴン州ポートランドで、200フィートのブロックが有名で、歩行可能です。これはソルトレイクシティで、600フィートのブロックが有名で、歩行が難しいです。

もし2つを比較すると、まるで異なる惑星のようですが、これらの場所はどちらも人間によって建設され、実際、200フィートのブロック都市では、2車線都市または2?4車線都市があり、600フィートのブロック都市は6車線都市であるという話があります。これが問題です。これが事故統計です。ブロックサイズを倍にすると(これはカリフォルニア州の24の都市の研究でした)、非高速道路の致命的な事故の数がほぼ4倍になります。だから、何車線あるのでしょうか?

ここで、私がどのようにして会うすべての聴衆に伝えることをお話しするところです。それは誘発需要について思い出させることです。誘発需要は高速道路にも都市の道路にも適用されます。そして、誘発需要は、私たちが予測している渋滞を受け入れるために道路を拡張したり、混雑したシステムで予測している追加のトリップを受け入れるために道路を拡張する場合、主にその渋滞が需要を制限しており、したがって、拡張が行われ、準備ができているすべての潜在的なトリップが発生します。人々は仕事から遠く離れた場所に移動し、通勤の時期について他の選択をします。そして、これらの車線はすぐに交通でいっぱいになりますので、道路を再び拡張し、またいっぱいになります。そして、渋滞したシステムでは、自動車の需要を満たすことはできないことを学びました。

これはニューズウィーク誌からです ? まったく高尚な出版物ではありません。「今日のエンジニアは、新しい道路を建設することが通常、交通渋滞を悪化させることを認めています。」私がこれを読んだときの私の反応は、「私はこれらのエンジニアのいくつかに会えますか?」というものでした。今、私は一緒に仕事をしている素晴らしい例外がありますが、これは通常、都市で働いているときに出会うエンジニアではありません。「ああ、その道路は混んでいますね、車線を追加する必要があります」と言うようなものです。だから車線を追加して、交通がやってきて、「見て、私たちはその車線が必要だと言いました」と言います。

これは、渋滞している場合には、高速道路と都市の道路の両方に適用されます。しかし、私が多くの仕事をしているほとんどのアメリカの都市、より典型的な都市には、現在経験している渋滞に対して実際には過剰な広さの通りが多くあります。これはオクラホマシティの場合でした。市長が私のところに駆けつけてきて、予防誌で「全米で最も歩行者にとって最悪の都市」として指名されたことに非常に動揺していました。これは実際には真実ではありませんが、市長が何かをするには十分なことです。

私たちは歩行可能性の研究を行い、通りの車の数を見ると、これらは3000、4000、7000台の車数であり、2車線で1日に10000台の車を処理できることがわかっています。これらの数字を見てください ? どれも、10,000台の近くまたはそれ以下で、これらは新しいダウンタウンプランで4車線から6車線の幅に指定された通りでした。つまり、車線数とそれを使用したい車の数との間に根本的な不一致がありました。

だから私の仕事は、ダウンタウンのあらゆる通りを縁石から縁石まで再設計することであり、私たちは50ブロックの通りを再設計し、現在再建中です。典型的な過剰な幅の通りが、狭められ、現在建設中で、プロジェクトは半分完成しています。こうした通りの典型的なものでは、そうすると、仕切りスペースが見つかります。自転車レーンのスペースが見つかります。オンストリートパーキングの量を倍増させました。以前は存在しなかった場所に完全な自転車ネットワークを追加しました。

しかし、オクラホマシティのような抽出経済が非常にうまくいっている都市があるとは限りません。典型的な都市は、彼らが全てが4車線のシステムであり、半分が一方通行のシステムであるシーダーラピッズのようなものです。少し見づらいかもしれませんが、私たちが行っていること ? 現在進行中で、現在工学的な処理をしています ? は、全てが2車線で全てが両方通行になるような全体的な2車線システムに、全ての4車線システム、半分が一方通行のシステムを変えています。そして、それによって、オンストリートパーキングが70パーセント増加し、店主たちが喜ぶことができ、また、歩道を保護します。その駐車場は歩道を安全にしますし、より強力な自転車ネットワークも追加します。

そして、車線自体。それらはどのくらい広いのか? それは非常に重要です。アンドレス・ドゥアニーが言うように、アメリカの分譲地への典型的な道路は地球の湾曲が見えるように許可されています。

これは1960年代のワシントンの郊外の分譲地です。通りの幅を非常に注意深く見てください。これは1980年代の分譲地です。1960年代、1980年代。基準は大きく変わっており、私の昔の住んでいた地域であるサウスビーチは、排水がうまくいかなかった通りを修理する際に、基準が広くなっていたため、通りを広げて歩道の半分を取り除かなければなりませんでした。広い通りでは人々は速く走ります。人々はこれを知っています。エンジニアたちはそれを否定しますが、市民たちはそれを知っています。だから、バーミンガム市では、より狭い通りを求めて戦います。歩行可能なポートランド市は、住宅地域で「スキニー通り」プログラムを導入しました。私たちは、細い通りがより安全であることを知っています。

開発者のヴィンス・グラハムは、サウスカロライナで取り組んだプロジェクト「アイオン」で、非常に狭い敷地権利を持つ、2方向の通りである素晴らしい22フィートの道路を見せます。そして、彼はよく知られた哲学者が「破滅につながる道は広く … 命につながる道は狭い」と言ったと言います。これは南部で非常に良く受け入れられます。

次は:自転車。自転車と自転車乗りは、現在、一部のアメリカの都市で進行中の革命です。しかし、どこにそれを建てるかによって、彼らはやってきます。プランナーとして、私はそれを言うのが嫌いですが、唯一言えることは、自転車の人口は自転車インフラの機能であるということです。私の友人であるトム・ブレナン(ポートランドのNelson\Nygaardのメンバー)に、ポートランドの自転車通勤のいくつかの写真を送ってもらいました。彼がこれを送ってきたとき、私は「それは自転車通勤の日でしたか?」と尋ねました。彼は「いいえ、それは火曜日でした」と言いました。ポートランドのように自転車インフラにお金を使うと、ニューヨーク市はこれらの明るい緑のレーンを塗って自転車の数を何回も倍増させました。ロングビーチのような自動車の街でも、自転車の数が急増しました。そして、もちろん、本当に効果的なのは、ワシントンDCの15番通りをご存知でしょうか ? こちらはラーム・エマニュエルのシカゴの新しい自転車レーンです、バッファレードレーン、平行駐車が路肩から離れ、自転車が駐車された車と路肩の間にいる ? これらのクールな自転車乗りです。しかし、パサデナのように、すべての車線が自転車レーンである場合、どの車線も自転車レーンではありません。そして、これが私がパサデナで会った唯一の自転車乗りです、だから…

私が言及した平行駐車 ? それは、歩道と歩行者を移動する車両から保護する鉄の重要なバリアです。これはフォートローダーデールです;通りの片側には駐車できますが、もう片側にはできません。駐車ができる側のハッピー・アワーです。もう片側は悲しい時間です。そして、木自体が車を遅らせます。道路脇に木があると、車は遅くなります。そして、もちろん、時には急激に速度を落とします。すべての細かいディテール ? 路肩の曲がり半径。1フィートか40フィートか。車がどれくらい速く進むか、渡るのにどれだけのスペースがあるかを決定する、カーブの曲がり方。そしてこれが大好きです、なぜならこれは客観的なジャーナリズムだからです。「市街地の入り口が歩行者にとって魅力的ではないという人もいる」というのは、あらゆる景観の側面が曲線美であり、空力的であり、流れるような幾何学的形状である場合、「これは車両用の場所です」と言っています。

だから、1つの詳細、1つの特性だけがステージを設定することは許されません。ここでは、この通り:はい、百年に一度の嵐の後、1分で排水されますが、この可哀想な女性は毎日歩道に乗り上げなければなりません。そして、素早く、快適な歩行は、すべての動物が同時に遠景と避難所を求めるという事実に関連しています。私たちは捕食者を見ることができる場所でありたいと思いますが、同時に私たちの側面がカバーされていると感じたいとも思います。したがって、良いエッジがある場所に引き寄せられます。そして、もしエッジを提供しなければ、人々はそこにいたくないと思うでしょう。高さと幅の適切な比率は何でしょうか?1対1?3対1?1対6を超えると、もはや快適ではありません。閉じ込められた感じがしません。しかし、ザルツブルクの6対1は完璧に楽しいです。ザルツブルクの反対はヒューストンです。駐車場が主な問題です。ただし、欠けた歯、空き地は問題になることがありますし、古くなったゾーニング規定のために角が欠けてしまった場合、地域には欠けた鼻ができるかもしれません。私たちの地域にはそうでした。

これは私がその場所に建物を建てることができないと言ったゾーニング規定でした。ご存知のように、ワシントンDCは今、このような場所がこのような場所になるのを許可するためにゾーニングを変更しています。そのためには多くの特例許可が必要でした。三角形の家を建てるのは興味深いことがありますが、建てると人々は一般的に好むでしょう。だから、欠けた鼻を埋めなければなりません。

最後に、興味深い歩行:人間の跡。私たちは社会性の霊長類の中にいます。他の人々よりも何よりも私たちを興味深くさせるものはありません。私たちは人々の兆候を望みます。だから完璧な1対1の比率、それは素晴らしいことです。これはグランドラピッズです、非常に歩行しやすい都市ですが、この通りを歩く人はほとんどいません。この通りは、2つの最高のホテルをつなぐ通りですが、左には露出した駐車デッキがあり、右には明らかにその駐車デッキを称賛して設計された会議施設があるため、多くの人を引き付けることができません。

10期目のチャールストン市長であるジョー・ライリー市長は、ガレージ250フィートを隠すのに25フィートの建物が必要であると教えてくれました。これは私が「チアペット・ガレージ」と呼んでいます。サウスビーチにあります。活発な1階。

最後に、私が好きなプロジェクトで締めくくりたいと思います。これはメレカ建築家によるものです。オハイオ州コロンバスにあります。左は歩行者でいっぱいのコンベンションセンターの近隣です。右はショートノース地区です?エスニックな雰囲気、素晴らしいレストラン、素晴らしいショップがありますが、苦戦しています。高速道路が建てられる前はあまりうまくいっていませんでした、なぜならこの橋があり、コンベンションセンターからその地区に歩いてくる人はいませんでした。しかし、高速道路の上に橋を建て直したとき、橋に80フィートを追加しました。町は190万ドルを支払い、サイトを開発業者に提供し、開発業者がこれを建てました。そして、ショートノースが復活しました。誰もが、計画雑誌ではなく、新聞がその橋のおかげだと言っています。

以上が歩行可能性の一般的な理論です。あなた自身の都市について考えてみてください。それをどのように適用できるか考えてください。一度にすべての4つのことを行わなければなりません。ですから、大部分を持っている場所を見つけて、そこで修正できること、またはまだ修正が必要なことを修正してください。皆さんの注意に感謝し、今日は来ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました