スキンケアの誤解と真実。正しい知識で肌を守る

美容

Your skin is your body’s largest organ … but it might be the most misunderstood, says Dr. Jen Gunter. From sunscreen to cancer and even chocolate, she tackles five misleading myths about skin and shares what you can do to protect it.

皮膚は体の最大の器官ですが、最も誤解されているかもしれない、とジェン・ガンター博士は言います。

日焼け止めからガン、さらにはチョコレートに至るまで、彼女は皮膚に関する 5 つの誤解を招く通説に取り組み、肌を守るために何ができるかを共有します。

タイトル 5 skin health myths to stop believing now
今すぐ信じるのをやめるべき5つの肌の健康に関する通説
スピーカー ジェン・ガンター
アップロード 2021/06/25

「今すぐ信じるのをやめるべき5つの肌の健康に関する通説(5 skin health myths to stop believing now)」の文字起こし

We put a lot of importance into caring for our skin, which makes sense, since it’s the first thing other people see. Skin might also be one of the most misunderstood parts of our bodies, so today, I’d like to run through some of the most common myths we have about our skin. (Music) [Body Stuff with Dr. Jen Gunter] (Music)

Myth number one

healthy skin is skin that looks flawless. When we think of healthy skin, we might think of a clear, even surface that’s radiant and devoid of blemishes. But skin is a living organ, just like the heart or lungs and just like any other organ, it’s complex, serves many functions, and not just about what’s going on at the surface. The epidermis is the outer layer we can see. It’s made up of different cell types, including keratinocytes, which are replaced every four weeks. As new cells grow at the base, old cells are pushed up and form a harder layer that’s difficult for water or microbes to cross. Our keratinocytes also synthesize vitamin D from the sun, which is vital for our health. Other important cells in the epidermis include melanocytes, which produce melanin or our skin pigment, and Langerhans cells, which are like little security guards on patrol for pathogens. The dermis, our skin’s tough second layer, isn’t as well known. It’s a scaffold of collagen that’s home to blood vessels, hair follicles and glands. It’s also packed with special nerve cells called sensory receptors that allow us to feel pressure, vibration, even pain, some of which extend into the epidermis. The dermis also helps regulate temperature. If we’re cold, our blood vessels contract to retain heat, and if we’re hot, they expand to release it. We’re told to exfoliate and tone and condition our skin, to use rollers and serums and lasers. Some of that does work, especially for folks with specific skin conditions, but for normal to healthy skin, we might be spending a lot of money on bunk products, because healthy skin is simply skin that does its jobs.

Myth number two

you only need sunscreen on sunny days. Ultraviolet rays from the sun are so strong, they damage our cells’ DNA. There are two types that affect the skin. UVA rays penetrate the dermis, damaging the collagen scaffold and accelerating aging. UVB rays, meanwhile, cook the epidermis, causing sunburn. While our cells can repair that damage, it accumulates over time, and for some people, it can lead to skin cancer. Our skin has a defense system. When it’s exposed to UV, our melanocytes release more melanin and we get a tan. This process is actually our skin’s way of showing it’s been damaged, and protecting itself from more. So by wearing sunscreen with an SPF of 30, even when it’s cloudy, you’re protecting yourself from sunburn, early aging and skin cancer. Just choose one that’s broad spectrum. That means it’s blocking UVA and UVB rays.

Myth number three

People with darker skin don’t need sunscreen. Most of us produce two types of melanin ? eumelanin, associated with richer, brown tones, and pheomelanin, associated with lighter skin and freckles. Our skin color depends on the ratio between those two types of melanin and the density of pigment creating structures within our cells. It’s true that having more melanin, specifically that first type, does offer some protection from the sun. Depending on how dark our skin is, we do have some natural SPF, but it’s not nearly enough. We all need sunscreen to ward off damage. Black and Hispanic patients are also more likely to have skin cancer detected at advanced stages. Why? Because of the many ways that racism permeates medicine. The majority of dermatologists are white, and we’re trained to diagnose on white skin. Meanwhile, people of color have heard this myth of darker skin not being susceptible to skin cancer repeated. Black patients are also less likely to receive early screenings, leading to the delayed diagnosis. One particular dangerous form of skin cancer, acral melanoma, doesn’t even come from ultraviolet exposure, and it shows up in parts of the body that we might not think about ? nail beds and the bottoms of our feet. It’s an area we need more messaging about, especially for people of color, who experience higher levels of distrust toward doctors after years of mistreatment by the American Medical System.

Myth number four

you can shrink your pores. Pores are the tiny openings in our skin. If you go further down, you’ll find a hair follicle or gland. You can think of pores as ducts. They’re what let sweat cool you and oil lubricate your skin. Pore size is largely determined by genetics, and they don’t really shrink, but they can expand when our skin is irritated by makeup or harsh products. So save your money on pore minimizers and just wash your face with what dermatologists recommend as noncomedogenic ? basically, made from stuff that won’t clog pores.

Myth number five

chocolate causes acne. Acne is the inflammation that occurs when our hair follicles get clogged with oil and dead skin, allowing bacteria to overgrow. There are a lot of factors involved, from hormones to genetics. The link between acne and chocolate has been studied extensively, but the results are pretty trash. Studies that say chocolate is an acne aggravator tend to be small, so aren’t conclusive, and studies that absolve chocolate are sometimes funded by chocolate makers. Studying diet and its effect on acne is complex, but the research suggests that the healthiest diet for your body overall could also be the healthiest diet for your skin.

Our skin is an amazing organ, so let’s remember to treat it right. Wear your sunscreen, keep an eye on any moles and see a dermatologist if there are any changes. And ignore those myths, OK?

「今すぐ信じるのをやめるべき5つの肌の健康に関する通説(5 skin health myths to stop believing now)」の和訳

私たちは肌のお手入れに多くの重要性を置いています。それは他の人が最初に見るものだからです。肌はまた、私たちの体の中で最も誤解されている部分の1つかもしれません。だから今日は、肌に関する最も一般的な迷信をいくつか挙げてみたいと思います。

迷信第一

健康な肌は欠点のない肌です。健康な肌を思い浮かべると、透明で均一な表面、輝き、そしてシミのない肌を想像するかもしれません。しかし、肌は心臓や肺と同じように生きている器官であり、他のどの器官と同じく、複雑で多くの機能を果たし、表面で起こっていることだけではありません。表皮は私たちが見える外層です。そこにはケラチノサイトなどの異なる細胞が含まれています。これらの細胞は4週間ごとに置き換えられます。新しい細胞が基部で成長すると、古い細胞が押し上げられ、水や微生物が通りにくい硬い層を形成します。私たちのケラチノサイトはまた、太陽からビタミンDを合成します。これは私たちの健康にとって重要です。表皮の他の重要な細胞には、メラノサイトが含まれます。これらは皮膚の色素であるメラニンを生成します。また、ランゲルハンス細胞も含まれます。これらは細菌を警戒するセキュリティーガードのようなものです。皮膚の堅固な第二層である真皮はあまりよく知られていません。これは血管、毛包、腺を含むコラーゲンの足場です。また、圧力、振動、痛みを感じることができる特別な神経細胞である感覚受容体でいっぱいです。これらのいくつかは表皮にまで及んでいます。真皮はまた、温度を調節するのに役立ちます。寒いときには、血管が収縮して熱を保持し、暑いときには、拡張して熱を放出します。私たちは肌をエクスフォリエイトしたりトーンを整えたり、肌にローラーやセラム、レーザーを使用したりするように言われています。その中には特定の皮膚状態を持つ人々にとって特に効果的なものもありますが、通常の健康な肌に対しては、私たちは多くのお金を無駄に使っているかもしれません。なぜなら、健康な肌は単にその役割を果たす肌だからです。

迷信第二

晴れた日だけに日焼け止めが必要です。太陽からの紫外線は非常に強力で、私たちの細胞のDNAを損傷します。肌に影響を与える2つのタイプがあります。UVA紫外線は真皮に浸透し、コラーゲンの足場を損傷し、老化を加速させます。一方、UVB紫外線は表皮を焼き、日焼けを引き起こします。私たちの細胞はその損傷を修復できますが、それは時間とともに蓄積され、一部の人にとっては皮膚がんにつながることがあります。私たちの肌には防御システムがあります。UVにさらされると、私たちのメラノサイトがより多くのメラニンを放出し、日焼けをします。このプロセスは実際には肌が損傷されたことを示し、より多くの損傷から保護するための肌の方法です。ですので、曇りの日でもSPF30の日焼け止めをつけることで、日焼け、早期老化、皮膚がんから自分を守ることができます。ただし、広範囲に対応しているものを選んでください。つまり、UVAとUVBの両方の光線をブロックしているものです。

迷信第三

肌の色が濃い人は日焼け止めが必要ありません。私たちの多くは2つのタイプのメラニンを生成します。ユーメラニンは豊かな茶色のトーンに関連しており、フェオメラニンは明るい肌やそばかすに関連しています。私たちの肌の色は、これら2つのメラニンの割合と、細胞内の色素生成構造の密度に依存します。肌の色がどれだけ暗いかによって、自然のSPFがいくらかあることは事実ですが、それだけでは十分ではありません。皆さん、ダメージから身を守るために日焼け止めが必要です。黒人やヒスパニックの患者は、進行した段階で皮膚がんが検出される可能性が高いです。なぜなら、人種差別が医学に浸透しているからです。ほとんどの皮膚科医は白人であり、白人の肌で診断することに慣れています。一方、人々は肌の色が濃いほど皮膚がんにかかりにくいという迷信を聞かされています。黒人患者は早期の検査を受ける可能性が低く、遅れた診断につながっています。特に危険な皮膚がんの一形態であるアクラルメラノーマは、紫外線にさらされることがなく、私たちが考えるかもしれない身体の部分に現れます。それについては、特に色の濃い人々に対して、アメリカ医療制度による長年の虐待の後、医師に対する信頼が低いと感じている人々に対して、もっとメッセージングが必要です。

迷信第四

毛穴を小さくできる。毛穴は私たちの肌の微小な開口部です。さらに深く行くと、毛穴や腺があります。毛穴は管と考えることができます。それらは汗を冷やし、皮脂を肌に潤滑させるものです。毛穴のサイズは主に遺伝によって決まり、実際には縮小しませんが、化粧品や刺激の強い製品で肌が刺激されると拡張することがあります。ですので、毛穴を最小限に抑える製品にお金をかけるのではなく、皮膚科医が非コメドジェニックとして推奨する洗顔料を使いましょう。基本的に、毛穴を詰まらせないものです。

迷信第五

チョコレートがニキビを引き起こす。ニキビは、毛穴が皮脂や死んだ皮膚で詰まり、細菌が過剰に増殖すると炎症を起こすものです。ホルモンから遺伝子まで、多くの要因が関与しています。ニキビとチョコレートの関連性は広範囲に研究されていますが、結果はほとんど意味がありません。チョコレートがニキビを悪化させると言う研究は、小規模であり、結論を出せません。一方で、チョコレートが悪影響を与えないとする研究は、時にはチョコレートメーカーによって資金提供されています。食事とニキビの関係を研究することは複雑ですが、研究によれば、全体的にあなたの体にとって最も健康的な食事が、同様にあなたの肌にとっても最も健康的な食事である可能性があります。

私たちの肌は素晴らしい器官ですので、適切に扱うことを忘れないでください。日焼け止めを塗り、ホクロを注意深く見て、変化があれば皮膚科医を訪ねてください。そして、その迷信は無視してください、わかりましたか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました