自己ブランドを築くための5つのステップ

仕事

Whether you realize it or not, you have a personal brand, says social entrepreneur Marcos Salazar — and you have the power to shape what it is. Here’s how you can create a brand that captures who you are, who you’d like to be and how you want to make an impact on the world.

社会起業家のマルコス・サラザール氏は、意識しているかどうかに関係なく、あなたには個人のブランドがあり、それを形作る力があると語ります。

ここでは、あなたが誰であるか、誰になりたいか、そして世界にどのように影響を与えたいかを表現するブランドを作成する方法をご紹介します。

タイトル 5 Steps to Building a Personal Brand You Feel Good About
あなたが良いと感じるパーソナルブランドを構築するための 5 つのステップ
スピーカー マルコス・サラザール
アップロード 2023/04/05

「あなたが良いと感じるパーソナルブランドを構築するための 5 つのステップ(5 Steps to Building a Personal Brand You Feel Good About)」の文字起こし

Whether you realize it or not, you have a personal brand. If I looked you up on Google and didn’t find anything about you on the first page of results, that’s your personal brand. If I found an out-of-date LinkedIn profile or a bunch of random social media posts, that, too, is your personal brand. [The Way We Work]

People tend to think about a personal brand as bragging, self-promotion and all about yourself. But it’s actually something much more important. It’s your reputation. In other words, it’s how people perceive you — your friends, colleagues or the general public — and it’s what people think about you when they hear your name as well as what people say about you when you’re not in the room.

In our connected world, every single one of us has a personal brand, whether we like it or not. This is because whenever we engage with people both in person and online — that’s every interaction or everything we post, upload or comment on — we’re creating a reputational narrative about ourselves. Your reputation is already out there. The question is: Do you want to be the one who’s driving and shaping this story? Or do you want chance or algorithms to be doing it for you?

I think most people would agree that they want to take control. And what this means is we need to make some very intentional decisions so our brand stays in our hands. Let me walk you through five key steps to building a strong personal brand in a way that feels good.

First, you need to figure out what your goal is. Let’s start by answering a foundational question: What do you want your personal brand to help you accomplish? Are you looking to change jobs or transition into a new industry, and you need your brand to reflect a new skill set? Maybe you’re looking to get a promotion at your current organization and you need everyone to know all the amazing things that you’ve accomplished in your career. Or maybe you’re launching a new business and you want to build your brand around the products or services that you’re offering. Whatever your goal is, write it down and make it specific so that you’re working towards a clear outcome.

Next, you’ll want to get clear on what you want to be known for. In other words, how do you want people to describe you as a professional? Start by answering the question, “So what do you do?” And I’m not just talking about your job title. Are you a teacher who focuses on social and emotional learning? Or maybe you’re a project manager who is reliable and always gets things done on time. Or maybe you’re an artist who makes beautiful ceramic pots from natural materials. What you want to do is dig deeper into the what, how and why behind your work so you can make it concrete and easy to remember. Just make sure to lead with something that doesn’t cause confusion. For example, I once coached someone who called herself a “death midwife,” which no one understood. But when she started introducing herself as a grief counselor who works with families during a time of loss, all of a sudden everyone got it. If you’re stumped, think about how you can stand out from the crowd in your industry. What are the things that make you unique? Are there specific talents and expertise that you’ve acquired in your career? What do you know more about than most people? Sit down and make a list and you might start to surprise yourself about all the things you know.

Now let’s think about the audience you want to share your personal brand with. The reality is, your personal brand is not about you. It’s about the people you want to educate with the skills, knowledge, and value you can provide. Who you decide to focus on should be based on two things: the goal of your personal brand and the people who can best benefit from your unique talents and skills. So spend some time thinking about these two questions: Who can most gain from what you have to share, and how exactly can you see yourself helping them?

Here’s where it all starts to come together. Let’s pull all your answers into a single mission statement that describes who you are, what you do, who you do it for, and the transformation you can create in people’s lives.

Let’s take the example of the teacher.
“My name is Alma, and I’m a third-grade teacher who specializes in social and emotional learning. I work with students to teach them the skills for fostering empathy and compassion so they can thrive and contribute to a more caring world.”

Let’s take the project manager.
“My name is Jennifer, and I’m a project manager for a sustainable fashion company. I work with teams across different departments to plan, organize, and direct innovative marketing campaigns that engage customers while also increasing brand loyalty.”

Mission statements are going to look wildly different depending on who you are in your career. But whatever your mission statement is, write it down and put it somewhere prominent. You can use it to make decisions about how you speak about yourself when you first meet someone, to the communities you want to share it with.

Let’s start building your personal brand online. There are two key personal branding assets you should think about developing: a personal website and social media. What’s so important about a personal website is that it allows you to take full control over your online reputation. It offers the most flexibility in sharing your brand and value to others in a much deeper way than a resume or a LinkedIn profile. People want to work with others they like, know, and trust, and your personal website provides you an opportunity to share more about your personality through photos as well as more about your career and life story. This, in turn, will differentiate you from others in your industry.

Social media is also a great way to share your personal brand with the audience you’re looking to connect with. However, I suggest trying not to be on every platform. Pick one that aligns with your goals as well as where your audience spends most of its time. If you’re an artist or a creative, Instagram is a great fit. If you work in a more corporate environment, LinkedIn is the place you want to be. When posting, focus on being helpful to others. Share interesting articles relevant to your industry, post ideas or opinions that can benefit colleagues, and like or comment on posts shared by the people you follow. The key is to always engage in a way that both reinforces your personal brand while also bringing value to others.

Look, I know this may all sound a bit intimidating, but try to think of this branding process as an opportunity for personal growth. It’s your chance to dig deeper into who you truly are and who you want to become. This, in turn, will provide you the clarity you need on how you can make your greatest impact in the world.

「あなたが良いと感じるパーソナルブランドを構築するための 5 つのステップ(5 Steps to Building a Personal Brand You Feel Good About)」の和訳

あなたが気づいているかどうかに関係なく、あなたには個人ブランドがあります。もし私がGoogleであなたを検索して、最初のページに何も見つからなかったら、それがあなたの個人ブランドです。もし私が古いLinkedInプロフィールやランダムなソーシャルメディアの投稿を見つけたら、それもあなたの個人ブランドです。

人々は個人ブランドを自慢だったり、自己宣伝だったり、自分自身についてのものだと考えがちです。しかし、実際にはそれはもっと重要なものです。それはあなたの評判です。つまり、人々があなたをどのように認識しているか、友人、同僚、一般の人々があなたの名前を聞いたときに何を思うか、あなたが部屋にいないときに人々があなたについて言うことです。

私たちがつながった世界で、私たち一人一人が個人ブランドを持っています。これは、対面やオンラインで人々と関わるたびに、つまり、私たちが投稿したり、アップロードしたり、コメントしたりするすべてのことが、私たち自身についての評判的な物語を作成しているからです。あなたの評判はすでにそこにあります。問題は次のようなものです。この物語を運転し、形成したいと思いますか?それとも、運命やアルゴリズムに任せることを望みますか?

ほとんどの人が自分のブランドをコントロールしたいと考えると思います。そして、これは私たちのブランドを自分の手に置くために非常に意図的な決定をしなければならないことを意味します。気持ち良く強力な個人ブランドを構築するための5つの重要な手順をご紹介しましょう。

まず第一に、あなたの目標を見極める必要があります。まず、基本的な質問に答えることから始めましょう。あなたの個人ブランドがどのような成果を達成するのを助けたいですか?転職したり新しい産業に移りたりして、新しいスキルセットを反映させるためにブランドを必要としていますか?または、現在の組織で昇進を目指しており、自分のキャリアで達成したすべての素晴らしいことを誰にでも知ってもらいたいと考えていますか?それとも新しいビジネスを立ち上げて、提供する製品やサービスを中心にブランドを構築したいと考えていますか?あなたの目標は何であれ、それを具体的に書き留めて、明確な結果に向かって取り組んでください。

次に、自分が何で知られたいかを明確にする必要があります。つまり、プロフェッショナルとして人々にどのように説明されたいですか?まず、「あなたは何をしていますか?」という質問に答えることから始めましょう。ここで言うのはあなたの職業だけではありません。社会的・感情的な学びに焦点を当てる教師ですか?それとも常に時間通りに仕事をしていて信頼できるプロジェクトマネージャーですか?または、自然素材から美しい陶器の壷を作るアーティストですか?仕事の背後にある「なにを」「どうして」「どのように」について掘り下げて、それを具体的かつ覚えやすくすることです。ただし、混乱を招かないように最初に何かを提示することを忘れないでください。例えば、私はかつて「デスミッドワイフ」と呼ばれる人を指導しましたが、誰も理解しませんでした。しかし、彼女が自分自身を喪失の時期に家族と一緒に働く悲嘆カウンセラーとして紹介し始めたとき、突然みんな理解しました。行き詰まった場合は、あなたがどのようにして業界で他の人とは異なるかを考えてみてください。あなたをユニークにしている要素は何ですか?キャリアで獲得した特定の才能や専門知識はありますか?他の人よりも詳しく知っていることはありますか?座ってリストを作成し、自分が知っていることについて驚くかもしれません。

次は、あなたの個人ブランドを共有したい対象の観客について考えましょう。現実は、あなたの個人ブランドはあなた自身についてではありません。提供できるスキル、知識、そして価値を持つ人々に教育を提供したい人々についてです。焦点を当てる相手を決める際には、個人ブランドの目標と、あなたのユニークな才能やスキルを最も活かせる人々に基づいて選択すべきです。ですので、これらの2つの質問について考える時間を割いてください:あなたのシェアしたい内容を最も受け取ることができる人は誰か、そして具体的にどのように彼らを助けることができるか。

ここで、すべてが一体化し始めます。すべての回答をひとつのミッションステートメントにまとめてみましょう。それはあなたが誰であり、何をするか、誰に向けてそれを行うか、そして人々の人生における変革をどのように生み出すかを表すものです。

教師の例を見てみましょう。
「私の名前はアルマです。私は社会的・感情的な学びに特化した3年生の教師です。生徒たちと一緒に、共感や思いやりを育むためのスキルを教え、彼らが繁栄し、より思いやりのある世界に貢献できるようにします。」

プロジェクトマネージャーの例を見てみましょう。
「私の名前はジェニファーです。私は持続可能なファッション企業のプロジェクトマネージャーです。異なる部署のチームと協力して、顧客を引き付ける革新的なマーケティングキャンペーンを計画し、組織し、指揮しています。同時に、ブランドの忠誠心を高めます。」

ミッションステートメントは、あなたのキャリアにおける位置によって大きく異なるでしょう。しかし、どんなミッションステートメントであれ、それを書き留め、目立つ場所に置いておくことをお勧めします。それは、他人と初対面の際に自己紹介する方法や、共有したいコミュニティについて意思決定する際に役立ちます。

さて、オンラインでの個人ブランドを構築しましょう。考えるべき重要な2つの個人ブランディング資産があります:個人ウェブサイトとソーシャルメディア。個人ウェブサイトの重要な点は、オンラインの評判を完全にコントロールできることです。履歴書やLinkedInプロファイルよりも、より深い方法であなたのブランドや価値を他人と共有する柔軟性があります。人々は、自分が好きで、知っていて、信頼できる他者と一緒に働きたいと思っています。個人ウェブサイトを通じて、写真やキャリア、人生に関する情報をより多く共有する機会があります。これにより、同業他者との差別化が図られます。

ソーシャルメディアも、繋がりたい観客と個人ブランドを共有する素晴らしい方法です。ただし、すべてのプラットフォームに参加することをお勧めしません。自分の目標や観客が最も時間を費やす場所に合ったプラットフォームを選択してください。芸術家やクリエイターであれば、Instagramが適しています。より企業向けの環境で働いている場合は、LinkedInが適しています。投稿する際は、他者の役に立つことに焦点を当ててください。業界に関連する興味深い記事を共有したり、同僚に利益をもたらすアイデアや意見を投稿したり、フォローしている人々の投稿にいいねやコメントをしたりします。重要なのは、自己ブランドを強化しながら他者に価値をもたらす方法で常に関与することです。

見てください、これらすべてが少し圧倒的に感じるかもしれませんが、このブランディングプロセスを個人的な成長の機会と考えてみてください。これは、あなたが真にどんな人間でありたいか、そしてどんな人間になりたいかについて、深く掘り下げる機会です。その結果、世界に最大の影響を与える方法についての明確さが得られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました