未来を拓くリーダーシップ: 速く行動し、修正を重ねる手法

仕事

In a practical, playful talk, leadership visionary Anne Morriss reinvents the playbook for how to lead through change — with a radical, one-week plan to build trust and fix problems by following a step per day.

実践的で遊び心のあるトークの中で、リーダーシップの先見者であるアン・モリスは、変化を乗り越える方法についての戦略を再発明します。

1 日 1 ステップずつ実行することで信頼を築き、問題を解決するための抜本的な 1 週間の計画を立てます。

タイトル 5 Steps to Fix Any Problem at Work
職場の問題を解決するための5つのステップ
スピーカー アン・モリス
アップロード 2023/06/01

「職場の問題を解決するための5つのステップ(5 Steps to Fix Any Problem at Work)」の文字起こし

You’ve heard the phrase “move fast and break things.”
Facebook made it famous. But really, Mark just made the mistake of saying it out loud and putting it on company posters. By the way, Mark and I are not on a first-name basis. But sometimes using the first names of our leaders reminds us that leadership is a practice of imperfect humans leading imperfect humans. That’s why it’s so hard. How’s it going, Elon?

“Move fast and break things” is still a widely held belief that we can either make progress or take care of each other, one or the other. That a certain amount of wreckage is the price we have to pay for inventing the future. My wife and I have spent the last decade helping companies clean up this wreckage. And one of the main lessons from our work is that the trade-off at the heart of this worldview is false. The most effective leaders we know solve problems at an accelerated pace while also taking responsibility for the success and the well-being of their customers and employees and shareholders. They move fast and fix things.

Now, what’s come out of our work is something of a playbook for fixing problems quickly, whether it’s a broken company culture or a struggling friendship. And so what I want to do with you today is invite you to try on this playbook over the course of an imaginary week. So how this is going to work is I’m going to give you an agenda for each day of the week, Monday, Tuesday, Wednesday. You see where this is going. And then I want you to go home and try it and see how much progress you can make. Does that sound reasonable? OK. I’m seeing some signs of consent, thank you.

Start by thinking of a problem that you’re having right now that involves at least one other person, your kids, your co-founders, your customers, etc. Now in our imaginary week, it’s now Monday morning. Now Monday morning, it’s a bad rap, but we like to think of it as the gift of renewal that comes around every seven days. On Monday, your task is to figure out what your real problem is, which may not be the problem that you thought you had just a minute ago. Because here’s the thing. As human beings, we tend to be overconfident in the quality of our thoughts. Particularly when it comes to diagnosing our own problems. “My investors don’t get it.” “My Gen Z employees are entitled.” “My dog is mad at me.” Let’s find out if you’re right. The thing that’s going to help you out most today is your own curiosity. So turn that original diagnosis, “My Gen Z employees are entitled,” into a question rather than a statement. “What’s going on with my Gen Z employees?” Now your next move sounds obvious, but you might be surprised to learn how infrequently people actually do it.

Talk directly to the other people who have a stake in your problem. Ask some things you might not normally ask in polite company, things that require a little courage on your part. Now, as I look around the room, and I’m being a little presumptuous, I suspect this is going to be hard for some of you. I get it, I come from a very WASPy family. There were three approved topics of conversation: the pets, the weather, and Tom Brokaw for some reason.

But sometimes just a single brave conversation can reveal an entirely new structure to your problem. Some of you will discover, for example, that you have a role to play in creating the problem that you’re now solving this week. Instead of your Gen Z employees being entitled, for example, you might discover it’s you who feels entitled. To burn them out and pay them less than what they’re worth, simply because that was the broken work contract that you put up with at their age.

I’m just spitballing up here. But what I do know is that whatever it is you learn today, you’re going to be closer to understanding what’s really getting in the way of the relationship or the organization or the life you want. Alright, excellent first day, everyone. Get some rest.

Now it’s Tuesday. On Tuesday, your job is to run a smart experiment in how to solve your problem. Start by creating a good-enough plan to strengthen the relationship at the center of it. Now, a good-enough plan is distinct from a perfect plan, which is an elusive, fantastical creature that has never actually been spotted in the wild. We tend to think about problems through the lens of trust. So one prompt that often helps on Tuesday is what could you do tomorrow to build more trust than you did today?

For one team we were working with, they decided to stop texting each other about each other in the middle of meetings. Someone else we were coaching decided that it was time to come clean to his cofounders, that he was ready to move on from the business. Another leader decided that it was time for him to take full responsibility for the unintended harms of a product that he’d designed. Is your good-enough plan going to work? Probably not. Statistically, not on the first try.

That’s why I’m giving you all a week to figure it out. But also to make the inevitable, unavoidable mistakes. The purpose of Tuesday is not to get it right. The purpose of Tuesday is to learn. It’s to get into the sandbox of your life and give yourself permission to play. Alright, go and have the adult beverage of your choice, which you have definitely earned.

Now it’s Wednesday.

On Wednesday, your job is to do something that adults generally don’t like to do. It’s to make new friends. But the research is really clear. That whatever problem you’re trying to solve this week, you’re going to be better at solving it with people who don’t already think like you do.

I know you’ve heard this before many times. But today is your chance to practice. So describe your good-enough plan, the one you came up with yesterday, to someone whose life experience has been materially different from yours. If you’ve been at the company for a decade, talk to someone who started last week. If you’re a white partner, talk to a Black partner. If you’re queer like me, talk to the straightest person you can find. Contrary to what you may have heard recently, they’re everywhere.

And when you’re done with that conversation, have another conversation with someone else who’s different from you on some other gorgeous dimension of the human experience. This is going to take you all day, and some of you are going to be surprised to discover that it’s your favorite day of the week. At the end of the day, you’re going to be smiling, and your good-enough plan is going to be an even-better plan.

OK, now it’s Thursday, good morning. It’s Thursday, you’re unstoppable. Thursday is storytelling day. As humans, we need stories to make sense of change, to find our place in the script of it. Stories also help us to activate all the other people around us whose help we’re going to need with that change.

Stories have three parts: past, present, future. We often skip over that past part in moments of big change. We did some work with Uber when it was going through its very public crisis in leadership. And when the new guy came in, the new CEO, and hosted his first all-hands meeting, he committed to retain the edge that had made Uber a force of nature. Now, this line was met with thunderous applause. The applause of relief. He also joined in a standing ovation for his predecessor, who also happened to be in the room that day.

I was so struck by the grace of this choice. And that’s the word I want you to bring to your own storytelling. Listen, Uber had serious problems to solve, as anyone reading the news could figure out. But the people in that room had built something extraordinary, and they had something real to lose in an uncertain future. Instead of setting himself up as some kind of company savior, the new guy honored that complicated truth.

Honor the complicated truth of the people around you, the ones who aren’t so sure about all your big plans. Then tell us why you want to change things. Finally, tell us about the future in vivid and specific language. Tell us what it’s going to feel like when your story becomes our reality.

Alright, it’s Friday. It’s Friday, and you’re almost done, I promise. The payoff of Friday, the payoff of this whole week of hard work is that you now get to move fast because you’re far less likely to break things. So do everything you decided to do over the last week, but now do it with a sense of urgency. Urgency releases the energy in the system.

It makes it clear to everyone that you take the problem seriously. So whatever administrative hurdles, whatever unproductive process is in the way of taking action today, just strip it out, just refuse to tolerate it. People ask us all the time about the optimal timing for big change. And our answer is almost always the same. How about now? Now seems good. Take action now, and then learn from whatever happens next. And at the end of this day, at the end of this week, your even-better plan has a chance of being a great plan.

Alright, that’s it. That’s your week. Congratulations, you did it, as you rest and recover, which is essential. I want to leave you with one final thought. I spend my time helping leaders to change and evolve. And no one has ever said to me, “I wish I had taken longer and done less.” What I do hear again and again is the opposite. And so my invitation to you today is to practice. To practice taking less time to do more of the things that will make your relationships and your teams and your organizations stronger.

And to be honest, you have my blessing to take longer than a week to get it done. What I don’t want you to do is to take months or even years, which tends to be our default timeline for solving hard problems. Most of our problems deserve a more urgent response. Most of our problems deserve a metabolic rate that honors the frustration and the mediocrity and the real pain of the status quo for some of you.

Thank you.

So whether your name is Mark or Elon or Chris — thank you for having me — or Anne, find out what happens when you move fast and fix things and decide that the moment that matters most is right now.

「職場の問題を解決するための5つのステップ(5 Steps to Fix Any Problem at Work)」の和訳

「速く動いて物事を壊す」というフレーズを聞いたことがあるでしょう。
Facebookがそれを有名にしました。でも実際には、マークはそれを口に出して企業のポスターに掲示した間違いを犯したに過ぎません。ちなみに、私とマークはファーストネームで呼び合う関係ではありません。でも時々、私たちのリーダーのファーストネームを使うことは、リーダーシップが完璧な人間が不完璧な人間を導く実践であることを思い出させてくれます。だからそれはとても難しいのです。エロン、調子はどうですか?

「速く動いて物事を壊す」は、私たちが進歩を遂げるか、お互いを大切にするか、どちらか一方を選択しなければならないという広く信じられている考え方です。未来を発明するためには、ある程度の犠牲を払う必要があるという考え方です。私と妻は過去10年間、この犠牲の片付けを手伝ってきました。そして私たちの仕事からの主な教訓の1つは、この世界観の核心にあるトレードオフは間違っているということです。私たちが知る最も効果的なリーダーは、問題を迅速に解決すると同時に、顧客や従業員、株主の成功と幸福にも責任を持っています。彼らは速く動いて物事を修正します。

今、私たちの仕事から生まれたものは、問題を素早く修正するための手引書のようなものです。壊れた企業文化や苦しんでいる友情など。だから今日、私があなたにしたいのは、想像上の1週間を通じてこの手引書を試してみるように誘うことです。このやり方は、1週間の各日にアジェンダを提供し、月曜日、火曜日、水曜日と進んでいきます。そして、家に帰ってそれを試して、どれだけ進歩できるかを見てみてください。合理的な感じがしますか?OK。同意の兆候が見られますね、ありがとうございます。

まず、今問題に直面している、あなたと少なくとも1人の他の人(子供、共同創業者、顧客など)を巻き込む問題を考えてみてください。そして、私たちの想像上の週では、今は月曜日の朝です。月曜日の朝は悪い評判がありますが、私たちはそれを7日ごとに訪れる新たな始まりの贈り物と考えています。月曜日のタスクは、あなたが実際に直面している問題が何かを見極めることです。それは、ちょうど1分前にあなたが抱えていると思っていた問題とは異なるかもしれません。なぜなら、私たちは人間として、自分の考えの質に対して過度の自信を持ちがちです。特に、自分自身の問題を診断するときにはそうです。「私の投資家は理解してくれない」「私のジェンゼット世代の従業員は権利を持っている」「私の犬が私を怒っている」。あなたが正しいかどうかを見極めましょう。今日あなたを最も助けるのは、あなた自身の好奇心です。だから、最初の診断、「私のジェンゼット世代の従業員は権利を持っている」という考えを、文としてではなく質問として表現してください。「私のジェンゼット世代の従業員に何が起こっているのか?」次のステップは明らかなようで、実際には人々がそれを行う頻度が非常に少ないことに驚かれるかもしれません。

問題に利害関係を持つ他の人々に直接話をすることです。普段は尋ねないようなこと、あなたの勇気が必要なことを尋ねてみてください。今部屋を見回してみると、少し先走りすぎているかもしれませんが、これがいくつかの人々にとって難しいことになると思います。私はよくわかります、私は非常にWASPyな家族から来ています。許可された会話のトピックは3つだけでした:ペット、天気、そしてなぜかトム・ブローコウです。

しかし、時にはたった1つの勇敢な会話が、あなたの問題に全く新しい構造を明らかにすることができます。例えば、あなたが今週解決しようとしている問題を作り出す役割を果たしていることがわかるかもしれません。たとえば、あなたのジェンゼット世代の従業員が権利を持っていると感じていたのは、あなたが権利を持っていたからかもしれません。それらを燃やし尽くし、彼らの価値よりも少ない給料を支払うことが、あなたが彼らの年齢で我慢しなければならなかった壊れた労働契約だったからです。

ここで私が考えていることをただ吐き出しているだけです。でも私が知っているのは、今日学ぶことが何であれ、それによってあなたは関係や組織や望む人生の障害が本当に何であるかについてより理解が深まるでしょう。みなさん、素晴らしい初日でした。休息を取ってください。

では、今日は火曜日です。火曜日の仕事は、あなたの問題を解決するための賢い実験を行うことです。ますは、それを中心に関係を強化するための十分な計画を立てます。十分な計画は、野生で実際に目撃されたことがない幻想的な完璧な計画とは異なります。私たちは信頼の観点から問題を考える傾向があります。だから火曜日に役立つことの1つは、明日何をすれば今日よりも信頼を築くことができるか、ということです。

私たちが一緒に仕事をしていたあるチームは、会議の最中に互いについてテキストをするのをやめることに決めました。別の人は、ビジネスから離れる準備ができていることを、共同創業者たちに打ち明ける時が来たと決めました。また、あるリーダーは、自分が設計した製品の思わぬ害を全責任を持つ時が来たと判断しました。あなたの十分な計画はうまくいくでしょうか?おそらくそうではないでしょう。統計的に見て、最初の試みではうまくいかないことが多いです。

だから、皆さんに1週間を与えてそれを見つけ出すことが目的です。そして、避けられないミスを犯すことも目的です。火曜日の目的は、正解を出すことではありません。火曜日の目的は学ぶことです。自分の人生の砂場に入り込み、自分自身に遊ぶ許可を与えることです。さあ、お疲れ様でした。今日は自分が望む大人の飲み物を楽しんでください、それは間違いなくあなたが得たものです。

さて、今日は水曜日です。

水曜日は、大人が一般的に好まないことをする日です。それは新しい友達を作ることです。しかし、研究は非常に明確です。今週解決しようとしている問題に関して、既にあなたと同じように考える人と一緒にいるよりも、それを解決するのにはより適しています。

これを以前に何度も聞いたことがあるかもしれませんが、今日は実践のチャンスです。したがって、昨日考えた十分な計画を、あなたとは異なる生活経験をしている人に説明してください。もし10年間会社にいたら、先週入社した人と話してください。もしあなたが白人のパートナーなら、黒人のパートナーと話してください。私のようにクィアなら、できるだけ一般的な人に話しかけてください。最近聞いたこととは逆に、彼らはどこにでもいます。

そして、その会話が終わったら、他の誰かと、人間の経験の異なる素晴らしい次元で異なる人ともう一度会話をしてください。これには一日中かかるでしょうし、そのうちのいくつかの人は、それが一番好きな一日だと気づくことに驚くでしょう。その日の終わりには、あなたは笑顔になり、あなたの十分な計画はさらに良い計画になります。

さて、木曜日です。おはようございます。木曜日です。あなたは止められません。木曜日は物語の日です。人間として、私たちは変化を理解し、その脚本の中で自分の場所を見つけるために物語が必要です。物語はまた、その変化に必要な他の人々を活性化するのを助けます。

物語には過去、現在、未来の三つの要素があります。大きな変化の瞬間に、私たちはしばしばその過去の部分をスキップします。私たちは、Uberがリーダーシップの公然の危機を経験していたときに一緒に仕事をしました。そして、新しい人が入って、新しいCEOが初めての全員向けミーティングを主催したとき、彼はUberを自然の力にしてきたエッジを維持することを誓ったのです。この言葉は、安堵の拍手で迎えられました。前任者のためのスタンディングオベーションにも同じように参加しました。彼もその日部屋にいたからです。

私はこの選択の優雅さに感銘を受けました。そして、それがあなた自身の物語にもたらす単語です。聞いてください、Uberは解決すべき深刻な問題を抱えていました。ニュースを読んでいる人なら誰でもわかります。しかし、その部屋にいる人々は何か特別なものを築き上げ、不確かな未来で失うものがありました。新しい人が何か種類の企業の救世主として自分を設定する代わりに、彼はその複雑な真実を称えました。

あなたの周りの人々の複雑な真実を称えてください。あなたの大きな計画について確信が持てない人々について話しましょう。そして、なぜ変化を望むのかを私たちに語ってください。最後に、明確で具体的な言葉で未来について語ってください。あなたの物語が私たちの現実になったときの感覚を私たちに伝えてください。

よし、金曜日だ。金曜日だ。もうすぐ終わりだ、約束するよ。金曜日の利点、この一週間の努力の結果は、もう速く動けるようになっているため、物を壊す可能性がはるかに低くなっていることだ。だから、先週決めたことをすべてやってみて、今度は緊急感を持ってやってみてほしい。緊急性はエネルギーを放出する。

それは、問題を真剣に受け止めていることをみんなに明確に伝えます。だから、今日行動を起こすのに邪魔な手続きや無駄なプロセスがあるなら、ただ取り除いて、ただ我慢しないでください。私たちによく聞かれるのは、大きな変化の最適なタイミングについてです。私たちの答えはほとんどいつも同じです。今、どうですか?今がいいと思いませんか?今行動を起こし、次に何が起こるかを学んでください。そして、この日の終わりに、この週の終わりに、あなたのより良い計画は素晴らしい計画になる可能性があります。

よし、これで終わりだ。おめでとう、君たちはやり遂げた、休息と回復は必要不可欠だ。最後に一つだけ、あなたに残しておきたいことがあります。私は指導者が変化し成長する手助けをしていますが、誰も私に、「もっと長くやっていれば良かった」とは言ったことがありません。私が何度も聞くのは、その逆です。だから、今日あなたに誘うのは、練習です。関係やチーム、組織を強くするためのことを、より多くのことをするのに時間をかけることを練習してほしい。

正直に言って、一週間よりも長くかかってもいいです。私が望むのは、何かを解決するためのデフォルトのタイムラインが何か月、あるいは何年もかかることではありません。私たちのほとんどの問題には、より緊急な対応が必要です。私たちのほとんどの問題には、あなたの中にある現状の不満や平凡さ、そして真の痛みに敬意を払う代謝率が必要です。

ありがとう。

だから、あなたの名前がマーク、イーロン、クリス、またはアンであろうとも、今すぐ動いて問題を修正するときに何が起こるかを見てみてください。そして、最も重要な瞬間は今であると決めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました