職場のトラブル回避術:効果的な5つの方法

仕事
No matter your industry, you’ve experienced drama at work. In this funny and all-too-relatable talk, community leader Anastasia Penright outlines five steps you can follow to better coexist with your coworkers and focus on what’s really important.

業界を問わず、仕事でドラマを経験したことがあるでしょう。

この面白くてとても共感できるトークの中で、コミュニティ リーダーのアナスタシア・ペンライトは、同僚とより良く共存し、本当に重要なことに集中するために実行できる 5 つのステップを概説します。

タイトル
5 steps to remove yourself from drama at work
職場でのドラマから解放されるための 5 つのステップ
スピーカー アナスタシア・ペンライト
アップロード 2020/06/27

「職場でのドラマから解放されるための 5 つのステップ(5 steps to remove yourself from drama at work)」の文字起こし

Alright. I have a close, tight-knit circle of friends. We’re all in different cities and we’re all in different areas, from local news to city government to law, financial services … And despite those different areas, we seem to share similar stories of workplace drama. Now, I define workplace drama as an annoyance that adds additional stress to the job. So again, it’s when people get on your nerves, not the job itself. So as we’re going through these stories, I’m realizing there has to be a better way for us to coexist with our coworkers without this much drama. So I created a few steps that have been working for me, and I’m happy to share them with you guys today.

Step 1: rewind and reflect, also known as, “What did I do?” I want you guys to all replay your most recent workplace drama situation in your head like a movie. Ignore all of the emotion and just focus on you. But for now, let’s just think about this hypothetical: say you’re on a group project, you each have your own individual assignments and then you all divide up the work. But then someone becomes unresponsive — not answering calls, they go ghost. Then you or someone else has to now pick up that additional slack. So in a brief, small, very tiny lapse in judgment, you vent to the nearby coworker. Then all of a sudden, your ghost comes back, and they surprisingly know everything you just said. Now, what did I do in this situation? I vented to someone who was not my confidant. Why would I do that? Sometimes we create this unspoken bond with people that only exists in our heads. They don’t owe me their discretion. I just assumed it was there. So we’re not going to go down a rabbit hole, trying to figure out why they did that. It doesn’t matter. They did it. But the goal in this step is self-reflection. We need to focus on what did we do so we can avoid it in the future.

Step 2: come back to reality, also known as, “It needs to stop.” So you guys ever think about problems before you get to work? Oh — it’s just me? Well, I’m guilty of it. I think about all of these situations in my head, and then I get mad just thinking about it. So I’m telling myself, “No, you’re just being prepared, Stacy.” “You are just making sure that you can handle whatever they’re about to throw at you.” But you’re not. What you’re really doing is setting yourself up and creating this anxiety in your head that doesn’t exist. Then we also have to be careful about listening to other people’s made-up scenarios. Here’s what I mean. Let’s say you’re in the break room, and you’re talking to some coworkers. Then, all of a sudden, another coworker comes in. Now, they seem to just be in deep thought — not overly cheerful, but they’re not rude. They come in, they walk out. Then the coworkers over here begin to diagnose what they feel is wrong with that person. They’re saying things like, “Oh, they’re just mad they didn’t get the job.” Or they’re saying, “Oh, no, no, no — during this season, they’re just always upset.” And you’re sitting here like, yep, that must be it. You’re listening to this as if this is facts. Meanwhile, this coworker can be in deep thought about literally anything. They could have just opened a pack of Starburst, got four yellows back-to-back, and they’re just trying to figure out what happened. But you’re over here listening. And you’re listening to their made-up scenario that now can impact how you choose to interact with that person throughout the day. Whether we’re creating fake stories in our head or listening to other people’s made-up stories, it needs to stop.

The goal in this step: stop stressing over things that haven’t happened.
Alright. Step 3: vent and release.
It’s good to have a vent buddy.
This is your coach, your cheerleader, your therapist, whatever you need them to be in the moment.
This is not like that person in Step 1 that just happened to be in earshot.
You have an established relationship with your vent buddy.
Now, here’s another scenario.
You’re getting ready to tell a customer or a client something that they just don’t want to hear.
So, as you’re in the middle of this spiel, up comes another coworker, and they interrupt you and then says the exact same thing you were saying.
You can’t make a scene in front of a customer.
So you just have to sit back, “Mm-hmm,” and just listen as they do this.
And you’re burning up inside.
So what do we do?
We go to our vent buddy.
We talk about it. We get mad.
And that’s the time for that. Get mad.
Get angry.
Curse, scream, do whatever you need to do to get it out.
Now here’s the hard part: you then have to switch that tone to positivity.
I truly believe in positive and negative energy, and it has a way of controlling our moods throughout the day.
You’ve got to think of things like, “OK, where do I go from here? What can I do differently?”
And then, if you’re the vent buddy, it’s your responsibility to lead your friend back to the positive.
Now, the other hard part: you have to then apply those learnings to the situation.
You can’t carry that resentment around.
If you do, that one-off situation now becomes a pattern.
Pattern behavior is harder to ignore than a one-off situation.
The goal in this step is, “Let’s turn our vent session into a productive conversation.”

Step 4: learn a new language, also known as, “We need to talk.”
Guys, I personally don’t like to pick up the phone at work.
I just don’t.
I feel like whatever you need to say to me can be an instant message or an email.
That is my work language.
The only problem with that, you can’t hear tone through an email.
I read emails the same way I speak, so I’m pretty sure I’ve misinterpreted some tones before, unless I know you.
So here’s an example.
I’m going to show you guys an email, and I want you to read it, and then I’m going to read it out loud.
Alright, that was fast enough, you should have read it.
“Stacy, Thank you for reaching out about my group. At this time, we will not need any additional support. Going forward, if I feel we need help, I’ll ask, you won’t have to reach out. Per my last email, I’ve outlined what I do, and what you do, so we can avoid this in the future. As always, thank you for your partnership!!”
Guys …
That’s how you read it?
Guys, there are certain words in there that if you hear or if you see in an email, it is safe to assume they typed it with their middle fingers.
I didn’t know it then. I know it now.
I think I messed up some people’s emails. They’re correcting them.

With all of that said, you have to know when it is time to pick up the phone. You have to know when it is time to have a face-to-face. And these face-to-face conversations are not easy. They are difficult, but they are necessary. The goal is to try to understand the other person’s perspective. So you’ll start the conversation with things like, “OK, you got upset when I …” Or you’ll say things like, “OK, you already had the situation handled, and then I …” So that way, you can see exactly where they’re coming from. Also, don’t try to make people like you. We all have our own upbringings. We all have our experiences. And we all have our own communication styles. As the new generations are entering the workforce, we’re also adapting to it. Meetings are now emails. Emails are now texts. Off-sites are now Skype. So as we’re adjusting to that, we need to at least try to understand what type of style of communication they use. The goal in that step is to really understand their work language and accept the fact that it may be different than yours.

Step 5: recognize and protect, also known as, “We need to take a walk.”
So here’s my last scenario from one of my teacher friends.
You’re about to have a meeting with a parent, and prior to it, you and a coworker, you kind of discuss it, and the coworker tells you, “It’s alright, I got your back. I’m going to agree with your recommendations.”
So you’re kind of side-eyeing them because they’ve burned you before, but you’ve had the “we need to talk,” so you’re like, “We’re in sync now, I’m going to trust them.”
You go through the meeting, the parent disagrees with you, and like clockwork, the coworker agrees with the parent in front of you, making you look ridiculous.
Again, we can’t make a scene in front of people, right? So you’ve got to hold it in.
And then, after the meeting, that same coworker has all the audacity, comes up to you and says, “Crazy meeting, right?”
Yeah. They’re testing you now. It’s a test.
So that’s the perfect time to just go off, right? This is a repeat offender.
You walked away, and they came back with it.
But we’re trying to avoid workplace drama, not take a cannonball leap into it, so we have to walk away.
You lead that conversation by taking the first available exit.
You’re not doing this for them. You’re doing this for you.
You have to protect your energy.
Don’t try to figure out why they would do this, and no more coming-to-Jesus conversations. It is what it is, they did what they did, and given the opportunity, they’d probably do it again. But you now know that. You now recognize that. So that way, you can act accordingly.
We typically try to set expectations — our expectations — on other people, and then get disappointed when they don’t follow through.
We have to learn to accept people where they are and adjust ourselves to handle those situations.
The goal in this step is to recognize when it is time to professionally walk away from someone.

Guys, I realize these steps may come off as saying, “Take the high road.” And people always say it. “Just take the high road.” And they describe it as some elegant path of righteousness filled with rainbows and unicorns. It’s not that. It’s embarrassing. It’s humiliating. It leaves this knot of resentment in the pit of your stomach. And as you’re traveling down this amazing high road, you see billboards of things you shoulda said and things you shoulda did. You go over there and you look at the easy road, and they’re chillin’, not worried about a thing. But I have to admit, the more I travel down this road, it does get a little easier. Petty situations, they don’t bother me as much. I learn little nuggets here and there. And as I continue down this path, there seem to be more opportunities waiting for me. I have like-minded people who want to connect with me, projects that people want me on, leaders reaching out because they heard about me through someone else. And the best part? The need to even look at the easy road is no longer there.

Guys, we’re not going to change the way adults act in the workplace. We are not. And for that reason, there will always be workplace drama. But if we stick to these steps and put in the work that comes with it, we can learn to avoid it.

Guys, thank you for being my vent buddies. And thank you so much for your time.

「職場でのドラマから解放されるための 5 つのステップ(5 steps to remove yourself from drama at work)」の文字起こし

私には仲の良い、密接な友人の輪がある。私たちは皆、異なる都市に住んでいて、地元のニュースから都市の行政、法律、金融サービスまで、さまざまな分野にいるんだ。それぞれが違う分野にいるにもかかわらず、私たちは職場でのドラマについて似たような話を共有しているように思える。さて、私は職場のドラマを、仕事に追加のストレスを与える迷惑と定義している。つまり、それは人があなたの神経にさわるときであり、仕事そのものではありません。だから、これらの話をしている最中に、私は私たちがこのようなドラマなしで同僚と共存する方法があるはずだと気づいた。そこで、私がうまく機能しているいくつかのステップを作成しました。そして、今日はそれを皆さんと共有できることをうれしく思います。

ステップ1:巻き戻しと反省、またの名を、「私は何をしたのか?」。みなさんには、最近の職場でのドラマの状況を頭の中で映画のように再生してもらいたいです。感情をすべて無視して、自分にフォーカスしてください。でも、今は仮定の話を考えましょう。たとえば、グループプロジェクトに参加しているとします。それぞれが個々の課題を持ち、仕事を分担します。しかし、ある人が反応しなくなり、電話に出なくなり、いなくなります。その結果、あなたか他の誰かが追加の負担を担当しなければなりません。そこで、短時間、ちょっとした判断ミスで、近くの同僚に不満を漏らします。すると突然、その人が戻ってきて、驚くほど私が言ったことを知っています。では、この状況で私は何をしたのでしょうか?私は信頼できる相手ではない人に不満を漏らしました。なぜそんなことをしたのでしょうか?私たちは、頭の中でしか存在しない人々と無言の絆を築いてしまうことがあります。彼らには私に対する控えめさが求められるわけではありません。私はそれがあると思い込んでいただけです。だから、彼らがそれをした理由を探るためにうさぎ穴にはまることはありません。それは重要ではありません。彼らがそれをしたのです。しかし、このステップの目標は自己反省です。私たちは、将来同じことを避けるために、自分が何をしたのかに焦点を当てる必要があります。

ステップ2:現実に戻る、またの名を、「それを止める必要がある」とも言います。皆さんは仕事に行く前に問題を考えたことがありますか?ああ、私だけですか?私もその罪を犯しています。私は頭の中でこれらの状況を考え、それを考えるだけで怒りを感じます。だから私は自分に言い聞かせます。「いいえ、ステーシー、あなたはただ準備をしているだけです。」「彼らがどんなことを投げつけてくるかに対処できるようにしているだけです。」でも、違います。実際にやっていることは、自分自身をそうさせ、頭の中に存在しない不安を作り出しています。また、他の人々の作り話に注意する必要もあります。こういうことです。たとえば、休憩室にいて、同僚たちと話しているとします。突然、別の同僚が入ってきます。今、彼らはただ深い思考にふけっているように見えます──特に陽気ではないが、失礼でもありません。彼らが入ってきて、そして出ていきます。すると、こちらの同僚たちは、その人に何かがおかしいと感じていると診断し始めます。彼らは、「ああ、彼らは仕事がもらえなかったのが腹立ち立っているんだよ」とか、「いいえ、いいえ、この時期はいつも不機嫌なんだよ」とか言っています。そして、あなたはここで、ええ、それに違いないと思っています。あなたはこれを事実だと思って聞いています。その間、この同僚は文字通り何でも深く考えているかもしれません。彼らはたった今スターバーストのパックを開けて、4つの黄色を連続で手に入れ、それが何だったのかを考えているだけかもしれません。でも、あなたはここで聞いています。そして、あなたは彼らの作り話を聞いています。それが今後の一日の中でその人とどうやってやり取りするかに影響を与えるかもしれません。私たちが頭の中で虚偽の物語を作り出すか、他の人々の作り話を聞いているかに関係なく、それはやめるべきです。

このステップの目標は、起こっていないことにストレスを感じるのをやめることです。さて、ステップ3:発散と解放です。愚痴をこぼす相手を持つのは良いことです。それはあなたのコーチ、応援団、セラピスト、その瞬間に必要なものであるべきです。これは、ステップ1の人とは異なり、ただ耳に入ってきた人ではありません。あなたはその愚痴相手との確立された関係を持っています。さて、もう一つのシナリオです。お客様やクライアントに聞かれたくないことを伝えようとしています。だから、あなたがその説明をしている最中に、別の同僚がやってきて、あなたを中断し、そしてちょうど同じことを言います。お客様の前で騒ぎを起こすわけにはいきません。だから、あなたはただ黙って「うんうん」と聞くしかありません。そして、内心で怒りに震えています。では、どうするか?愚痴相手のもとに行きます。そのことについて話し合います。怒ります。それはそのための時間です。怒りましょう。怒りましょう。叫びましょう。それを出すために必要なことを何でもしてください。さて、ここが難しい部分です。その後、そのトーンをポジティブに切り替えなければなりません。私は真にポジティブとネガティブのエネルギーを信じており、それは私たちの一日の中で気分をコントロールする方法があります。こう考えなければなりません。「では、次にどうしますか?何を異なる方法で行えますか?」そして、もし愚痴相手であるなら、友人をポジティブな方向に導く責任があります。さて、もう一つの難しい部分は、それらの学びをその状況に適用しなければならないことです。その恨みを持ち続けることはできません。もしそうすると、その一度限りの状況がパターンとなります。パターン行動は一度きりの状況よりも無視するのが難しいです。このステップの目標は、「私たちの愚痴を生産的な会話に変えましょう」ということです。

ステップ4:新しい言語を学ぶ、または「話し合いが必要です」
みんな、僕は個人的に仕事で電話を取るのが好きではありません。
本当に嫌いです。
僕に言いたいことは、インスタントメッセージやメールで伝えてくれればいいと思います。
それが僕の仕事の言語です。
ただ、その唯一の問題は、メールではトーンが聞こえないことです。
僕はメールを読む方法が自分の話す方法と同じなので、以前はいくつかのトーンを誤解していたと思います、まだ知っている人でなければ。
さて、例を挙げましょう。
みんな、メールを見て読んでください、そして私が読み上げます。
さて、それは十分に速かったので、読んでいるはずです。
「ステイシー、私のグループについて連絡いただき、ありがとうございます。現時点では、追加のサポートは必要ありません。今後、もし支援が必要であれば、私が頼みますので、あなたは連絡を取る必要はありません。以前のメール(以下に添付)で、私がやることとあなたがやることをまとめていますので、今後のことを考えると、これを避けることができます。いつもご協力ありがとうございます!!」
みんな…
それをどう読むつもりですか?
みんな、そこには特定の言葉が含まれており、もしメールで見たり聞いたりした場合、相手が中指で打ったと想定してもいいでしょう。
当時は知りませんでした。今は知っています。
私は人々のメールを台無しにしたと思います。彼らはそれを修正しています。

そう言っても、いつ電話を取るべきかを知る必要があります。顔を合わせるべき時を知る必要があります。そして、これらの対面会話は簡単ではありません。難しいですが、必要なのです。目標は、相手の視点を理解しようとすることです。だから会話を始めるときに、「OK、私が…で怒られたんですよね」とか、「OK、あなたはすでにその状況を処理していて、それで私が…」と言ったりします。そうすることで、相手が正確にどこから来たのかを見ることができます。また、人々を自分のことが好きにしようとしないでください。私たちは皆、それぞれの育ち方や経験、コミュニケーションスタイルを持っています。新しい世代が職場に入ってきていると同時に、私たちはそれに適応しています。会議は今ではメール、メールは今ではテキスト、オフサイトは今ではスカイプです。それに適応していく中で、彼らがどのようなコミュニケーションスタイルを使っているかを理解しようとする必要があります。このステップの目標は、彼らの仕事の言語を本当に理解し、それがあなたのものと異なる可能性を受け入れることです。

ステップ5:認識と保護、またの名を「一緒に散歩しよう」

これが最後のシナリオですが、私の教師の友人の話です。
親との会議をする直前に、ある同僚とその内容についてちょっと話し合いました。その同僚が、「大丈夫、私があなたの味方になるよ。あなたの提案に賛成するよ」と言ってくれました。
以前、その同僚に裏切られた経験があったので、少し疑いつつも、「話し合わないと」と言うことを経験したので、彼らを信じることにしました。
会議を行い、親があなたと意見が合わないと同時に、その同僚が時計のように親の意見に賛成し、あなたをばかにしているように見えました。
再び、人前で騒ぐことはできませんよね?だから、それを押さえなければなりません。
そして、会議後、同じ同僚が平気で、あなたに、「クレイジーな会議だったね?」と言ってきます。
うん。今、彼らはあなたを試しています。これはテストです。
だから、これはリピート犯ですから、今が怒る絶好のタイミングです。
あなたは立ち去り、彼らはそれを持ち帰りました。
しかし、私たちは職場のドラマを避けようとしているので、それに飛び込むのではなく、立ち去る必要があります。
あなたが最初の利用可能な出口を利用してその会話を導きます。
これは彼らのためではなく、あなたのためです。
あなたのエネルギーを守らなければなりません。
彼らがなぜそうするのかを理解しようとせず、もうイエスキリストとの会話はしないでください。それはそれです。彼らがしたことは彼らがしたことで、機会があれば、彼らはおそらくそれを再びします。でも、あなたは今それを知っています。それを認識しています。だから、適切に行動できます。
私たちは通常、他の人に私たちの期待を設定し、それに従ってもらえなかったときに失望します。
私たちは人々をそのまま受け入れ、それらの状況を処理するために自分自身を調整する方法を学ばなければなりません。
このステップの目標は、プロフェッショナルに誰かから離れるべき時を認識することです。

みんな、これらのステップは「高い道を選ぶ」と言っているように感じるかもしれません。人々はいつも言います。「高い道を選びなさい。」そして、それを何かエレガントな正しさに満ちた道、虹とユニコーンでいっぱいの優雅な道だと説明します。しかし、そうではありません。それは恥ずかしいです。屈辱的です。あなたの胃の底に怒りの結び目を残します。そして、この素晴らしい高い道を旅していると、言うことややるべきことの看板が見えます。そこに行って、楽な道を見てみると、彼らは落ち着いていて、何も心配していません。しかし、正直に言うと、この道を進むにつれて、少し楽になってきました。小さなつまらない状況は、もはや私を悩ませません。そこかしこで少しずつ学んでいます。そして、この道を進むにつれて、私を待っている機会が増えているように思えます。共感を持った人々が私とつながりたいと思っているし、人々が私を求めるプロジェクトがあり、リーダーが他の誰かを通じて私のことを聞いて連絡をくれる。そして、一番の良いところは?楽な道を見る必要すらなくなったことです。

みんな、私たちは大人が職場でどのように行動するかを変えることはできません。私たちはできません。そしてそのため、常に職場のドラマがあるでしょう。しかし、これらのステップに固執し、それに伴う作業を行えば、それを避ける方法を学ぶことができます。

みんな、私の愚痴相手でいてくれてありがとう。そして、本当に時間を割いてくれてありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました