腰痛の真実。知っておきたい5つの重要ポイント

健康

Back pain is as common as it is complicated, and easy fixes are hard to find. Shedding light on this universal ailment, Dr. Jen Gunter shares five things we should all know about back pain, including possible causes, over-hyped treatments to avoid as well as research-backed therapies to talk to your doctor about in order to find some relief. For more on how your body works, tune in weekly to her podcast Body Stuff with Dr. Jen Gunter, from the TED Audio Collective.

腰痛は複雑であると同時に一般的であり、簡単な解決策を見つけるのは困難です。

ジェン・ガンター博士は、この普遍的な病気に光を当て、腰痛について私たち全員が知っておくべき5つのことを共有します。これには、考えられる原因、避けるべき過剰な治療法、医師に相談すべき研究に裏付けられた治療法などが含まれます。 安心。 体の仕組みについて詳しく知りたい場合は、TED Audio Collective のジェン ガンター博士のポッドキャスト「Body Stuff with Dr. Jen Gunter」を毎週視聴してください。

タイトル 5 Things You Should Know About Back Pain
腰痛について知っておくべき5つのこと
スピーカー ジェン・ガンター
アップロード 2022/11/17

「腰痛について知っておくべき5つのこと(5 Things You Should Know About Back Pain)」の文字起こし

Back pain is one of the biggest reasons we seek medical care, and low back pain is listed as a leading cause of disability worldwide. But there’s a lot of misinformation out there, and along with it, a lot of bad treatments. (Music) [Body Stuff with Dr. Jen Gunter]

So today, I want to bring up five things you should know about back pain.

One: Back pain isn’t just limited to the spine. Our back is made of bones called vertebrae that run from your neck to your tailbone. These vertebrae form the spinal column, which houses the spinal cord. Each vertebrae is also connected to the others by ligaments. Between each vertebrae are discs which provide cushion and help absorb and distribute pressure. Within this structure of connections are also joints, muscles, tendons and nerves. But our back isn’t held up by just the spine. In fact, a lot of that work is done by our core, which includes our abdominal muscles, low back muscles, hips and glutes and pelvic floor. The muscles in our core take pressure off the rest of the spine. Every day, we put all kinds of pressure on our backs when we walk, stand, carry our groceries, lift boxes, and even when we sit. So it’s not only spinal pressure but torn muscles or slipped discs that could be contributing to back pain. But pain itself is even more complex. Often, it’s how pain signals are processed in the nerves, or in the brain that perpetuates the pain. Other factors, like stress and anxiety, can amplify pain. This complexity is why treating back pain can be so frustrating, and why it’s enticing to seek out all sorts of medically suspect care.

Which leads me to two: Chiropractic treatment is not backed by science. Going to chiropractors for spinal manipulation is very popular, especially in the United States. But a study that looked at 45 systematic reviews found no evidence supporting chiropractic treatment as effective for any medical condition. I’m not denying that people who visit chiropractors sometimes feel better after a session, but studies suggest that the comfort and relief from being touched is most likely a placebo effect. This is also a reminder that chiropractic treatment can sometimes be dangerous. There are people who have suffered vascular strokes after neck adjustments.

Three: Imaging techniques like MRI or X-ray don’t always help with diagnosing back pain. For instance, you can be in a lot of pain and get an MRI showing a pristine spine with nothing out of the ordinary.

Or you could have no pain whatsoever, and an MRI could turn up abnormalities, like a bulging disc. What’s more, sometimes, when you do have pain, an abnormality on MRI may have nothing to do with it. Additionally, an MRI doesn’t always capture what’s happening with your muscles or tell us how pain is being processed in the brain. There are instances when imaging helps to rule out a serious problem, especially after trauma or an accident, or if there are red flags, meaning warning signs for cancer or troubling neurological symptoms. But for the majority of people with back pain, imaging has actually been associated with worse patient outcomes and unnecessary surgeries.

Speaking of surgeries, four: Back surgeries can sometimes do more harm than good. Researchers analyzed studies on two types of spine surgery, lumbar spine fusion and lumbar spine decompression. They found that neither of these surgeries was more effective than nonsurgical treatment, which I’ll get into in a bit.

Finally, five: Physical therapy is a really good option for back pain. A well-designed physical therapy program can often be very effective at treating acute and chronic back pain. But it does take work. Good physical therapy involves not just assessments, but also a structured home exercise program, which you need to do regularly. There are also multidisciplinary clinics that can offer multimodal therapy, like medications, physical therapy, and, sometimes, injections. What I’m saying is there isn’t always an easy fix for back pain. The solutions take time and sometimes need a multipronged approach. For now, you can show your back some love by staying active and doing exercises that strengthen your muscles, including your core.

「腰痛について知っておくべき5つのこと(5 Things You Should Know About Back Pain)」の和訳

腰痛は、医療を求める最大の理由の一つであり、腰痛は世界的な障害の主要な原因としてリストされています。しかし、誤った情報が多くあり、それに伴って悪い治療法も存在します。

今日は、腰痛について知っておくべき5つのことを紹介したいと思います。

まず一つ目は、腰痛が脊椎に限定されるわけではないということです。私たちの背中は、首から尾骨まで走る椎骨で構成されています。これらの椎骨は脊椎柱を形成し、脊髄を収めています。また、各椎骨は靭帯で結ばれています。各椎骨の間には、クッションの役割を果たす椎間板があります。この構造には関節、筋肉、腱、神経も含まれています。しかし、私たちの背中は脊椎だけで支えられているわけではありません。実際、その多くはコアによって支えられています。私たちのコアには、腹部の筋肉、腰部の筋肉、ヒップ、グルーテン、骨盤底筋などが含まれます。コアの筋肉は、他の脊椎の圧力を取り除きます。私たちは毎日、歩いたり立ったり、買い物を持ち運んだり、箱を持ち上げたり、座っている時でも背中に様々な圧力をかけます。ですから、脊椎の圧力だけでなく、断裂した筋肉やすべり症も腰痛の原因となり得ます。しかし、痛み自体はさらに複雑です。痛み信号が神経や脳でどのように処理されるかが、しばしば痛みを持続させます。ストレスや不安などの他の要因も痛みを増幅させる可能性があります。この複雑さから、腰痛の治療が非常にfrustratingであること、そして医学的に疑わしいケアを求めるのが魅力的である理由がわかります。

これは次につながる二つ目です。カイロプラクティック治療は科学的根拠がないということです。カイロプラクティックの施術は、特にアメリカ合衆国で非常に人気があります。しかし、45件の体系的レビューを調査した研究では、どの医学的状態に対してもカイロプラクティック治療が有効であるという証拠は見つかりませんでした。私は、カイロプラクターを訪れた人々が、セッションの後に良くなることがあることを否定していませんが、研究によると、触れられることによる快適さと痛みの緩和は、おそらくプラセボ効果です。これはまた、カイロプラクティック治療が危険であることも思い出させるものです。首の調整の後に血管性脳卒中を起こした人もいます。

三つ目は、MRIやX線などの画像診断技術が腰痛の診断に必ずしも役立たないことです。たとえば、非常に痛みがあっても、MRIを行っても何の異常も見られないことがあります。

また、一切痛みがない場合でも、MRIで椎間板の突出などの異常が見つかることがあります。さらに、時には痛みがある場合でも、MRI上の異常がそれとは関係ないこともあります。また、MRIは筋肉の状態や脳での痛みの処理の状態を常に捉えるわけではありません。外傷や事故後、またはがんの警告サインや悩ましい神経学的症状がある場合など、重大な問題を除外するのに画像診断が役立つ場合もありますが、腰痛のほとんどの人にとって、画像診断は実際には患者の結果が悪化し、不必要な手術と関連付けられています。

手術について話すと、四つ目は、背中の手術は時に逆効果になることがあるということです。研究者は、腰椎融合と腰椎減圧の2種類の脊椎手術に関する研究を分析しました。その結果、これらの手

術のどちらも非手術的治療よりも効果的ではないことがわかりました。

最後に、五つ目は、腰痛のための理学療法は非常に良い選択肢です。よく設計された理学療法プログラムは、急性および慢性の腰痛の治療に非常に効果的であることがよくあります。しかし、それには労力が必要です。良い理学療法には、評価だけでなく、定期的に行う自宅でのエクササイズプログラムも含まれています。また、いくつかの総合クリニックでは、薬物療法、理学療法、そして時には注射などの多面的治療を提供することができます。言いたいことは、腰痛のための簡単な解決策が常にあるわけではないということです。解決策には時間がかかることがあり、時には多面的なアプローチが必要です。今のところ、あなたの背中を愛するために、アクティブで筋肉を強化するエクササイズを行うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました