2030年までに実現可能!持続可能な開発目標と地球の未来

政治

In a talk about how we can build a robust future without wrecking the planet, sustainability expert Johan Rockström debuts the Earth3 model — a new methodology that combines the UN Sustainable Development Goals with the nine planetary boundaries, beyond which earth’s vital systems could become unstable. Learn more about five transformational policies that could help us achieve inclusive and prosperous world development while keeping the earth stable and resilient.

地球を破壊することなく堅牢な未来を構築する方法についての講演で、持続可能性の専門家ヨハン・ロックストローム氏は、Earth3 モデルを初披露します。

これは、国連の持続可能な開発目標と、地球の重要なシステムが不安定になる可能性がある 9 つの惑星境界を組み合わせた新しい方法論です。 。 地球の安定と回復力を維持しながら、包括的で豊かな世界開発を達成するのに役立つ 5 つの変革政策について詳しく学びましょう。

タイトル
5 transformational policies for a prosperous and sustainable world
豊かで持続可能な世界に向けた5つの変革政策
スピーカー ヨハン・ロックストローム
アップロード 2018/11/08

「豊かで持続可能な世界に向けた 5 つの変革政策(5 transformational policies for a prosperous and sustainable world)」の文字起こし

In 2015, we saw two fantastic, hopeful breakthroughs for humanity. First, the adoption of the Sustainable Development Goals, the collective, universal plan for humanity to eradicate hunger,?

good economic development and good health, within global environmental targets. Secondly, after 21 years of negotiations, we adopted the legally binding Paris Agreement, all nations in the world keeping global warming under two degrees Celsius, aiming at 1.5 degrees Celsius. Today, three years down the line, we’re still in the hand-waving business.

Now, I think it’s time to step back one step and recognize that I wonder if the world leaders really knew what they signed at the General Assembly three years ago. These are universal, aspirational, transformational goals for inclusive, prosperous humanity on a stable earth system. But there are underlying problems. We have inherent contradictions between these goals, where there’s the risk of pursuing one favored goal at the expense of others.

Take, for example, Goal 8, on decent work and economic growth. If we continue doing that by exploiting natural resources and burning fossil fuels, it will be impossible to reach Goal 13. Three years down the line, we simply must admit we’re seeing limited action to really, really address this as an inclusive, collective, universal package.

Now, this requires us to step back one step. I think we have to ask ourselves some hard questions: Do we have any chance of accomplishing the Sustainable Development Goals by 2030? Are there actually inherent trade-offs that are not compatible with our current development paradigm? But are there, perhaps, synergies where we can really accelerate change? And is it really a people-planet agenda, really taking seriously the social and economic aspirational goals within the life-support systems on earth?

Now, citizens across the world have started to recognize that we’re facing global rising environmental risks; in fact, that a stable planet is a prerequisite to have good human well-being on earth. We need to define a safe operating space on a stable earth system, and the planetary boundary framework was introduced by the scientific community in 2009 to do exactly that. It has now been widely embraced across the world in policy, business and communities as a framework for sustainable development in the Anthropocene.

This slide really shows the framework with the nine environmental processes that regulate the stability of the earth system, providing a safe operating space, where we’ll have a high chance of having good human well-being and prosperity and equity. If we move into the yellow zone, we enter a dangerous uncertainty zone; and into the red, we have a high likelihood of crossing tipping points that could take us irreversibly away from the ability of the earth system to provide social and economic well-being for humanity. Now, we can today, scientifically, quantify these boundaries, providing us a stable earth system for humanity.

But we have to go beyond this and recognize the Sustainable Development Goals — if we really want to seriously accomplish them — must now occur within this safe operating space. We need to achieve SDGs within PBs.

But dear friends, not even this is enough. We need to recognize that the Sustainable Development Goals is 12 years away. It’s only a milestone. It is the bull’s-eye that we need to go through and zoom ourselves towards transformations where we can have a good future for all co-citizens on earth, nine billion plus, within a stable earth system in 2050 and beyond.

This is a quest, and in order to really explore this and not have only opinions about it, we gathered the scientific community, the best thinkers and modelers and started to develop a completely new complex systems dynamic model, the Earth-3 model, building on models that have been around for the last 50 years. And here it is.

This is a fantastic piece of work. This has a climate module, a biosphere module, a global economic model; it has algorithms, it has the whole room of fantastic accomplishments. This is what turns us scientists on.

I mean, this is just a beautiful piece of work? And I’d just love to spend the whole evening walking this through with you, but I’ll make you disappointed. I cannot do that. In fact, the only thing I can do with you is just to assure you that this is the first time it’s done.

Nobody has ever tried to really analytically combine the Sustainable Development Goals with planetary boundaries. And we were able to find patterns and really convergent trends that gives us a lot of confidence in our ability to now project economic development, resources use from water, food and energy, population growth, income per person, yet along these consistent and systemic pathways.

So, it’s the first time we have a robust opportunity to really explore the futures of ability of attaining the SDGs within PBs. Now, how do we do this? Well, look at this.

Here, you have the data coming from the real world, calibrated from 1970-2015: 100,000 data points around the world, building on seven regions’ ability, of really picking on all these Sustainable Development Goals.

Now, one example of how we calibrated this, here you have [data] for Sustainable Development Goals on eradicating poverty, health, education and food. And here you have in the bubbles the seven regions of the world, how they move up until 2015 in our empirical observations in relation to GDP per capita, giving these universal convergent trends, which enabled us to create regressions that could make us able to do simulations into the future, all the way until 2050, showing the ability along the lines here to attain the SDGs.

Now, this gave us the opportunity of doing several scenarios, testing different possible futures: business as usual, global transformations, investment schemes in business, different governance options, policies, finance — really, to explore what the future can look like in our ability to attain the SDGs within PBs.

And the results, I can tell you, really surprised us. And this will be the first time it’s shown. It should actually not even be referenced outside of this room. Now, it actually is presented along two axes.

The y-axis here shows our ability to stay within planetary boundaries.

The higher up, the closer you are to the safe operating space. On the x-axis are the Sustainable Development Goals; the further to the right, the more of the SDGs we fulfill. We all want to be in the upper right-hand corner, the safe and just world for the future.

Now, the point you see there is 1980. We were in a situation where we actually were in a safe operating space but not meeting so many of the SDGs. Here’s the trend up until 2015. So this is the conventional world, which is actually delivering on an increasing number of SDGs, lifting millions of people out of poverty, but doing it at the expense of the safe operating space on earth.

Now, this is the scenario business as usual, into the future. If we just move on as today, we will be able to deliver on some of the SDGs, but we’ll do it at the expense of the stability of the earth system. Now, what if we go faster on economic growth and really ally on one percent increase per year of income and an even tripling of the world economy by 2050? That would give us the following trajectory.

We would, yes, go a little bit further on SDG accomplishments, but still at the expense of the risk of destabilizing the planet. But what if we really go harder? What if we increase our ability to deliver on our promises by 30 percent across all sectors in society, from climate to our trade agreements? A harder scenario would take us a little bit better, but still, we’re failing on the SDGs, and we are not accomplishing a safe operating space for humanity.

So this really led us to a quite disappointing conclusion, that we will actually, even if we go conventional futures, fail on the SDGs and transgress planetary boundaries. We need some radical thinking. We need to go into a transformative, disruptive future, where we start thinking outside of the box.

The modeling and engagement and dialogues enable us to identify five transformations that could actually potentially take us there. The first one is to cut emissions by half every decade along the scientific pathway to Paris, doubling investments in renewable energy, creating a global energy democracy, allowing us to meet several of the SDGs.

The second is a rapid shift towards sustainable food systems, investing one percent per year in sustainable intensification and really moving towards implementing and investing in solutions that we already have available today. The third is really to shift our development paradigm and learn from many of the developing countries that have moved very fast.

What if we could have an economic growth such as in China, while doing it within the environmental parameters of an ecological civilization? Fourth, a redistribution of wealth. What if we could [agree] that the richest 10 percent could not allow themselves to amass more than 40 percent, maximum, of national incomes — a drastic redistribution of wealth, reforming the ability of equity across regions?

And finally, fifth, a radical increase in more education, health, access to work, contraception, investing largely in women across the world, allowing us to deliver on SDGs on gender, inequality, economics and urban development. Now, if we would push ourselves across all these five — we tested this, and it would give us an amazing journey towards the safe and just operating space on earth.

It shows us that even with a conservative, empirically based, complex system dynamics model, we are at a state where we can actually think of transformations over the next 12 years and beyond that can take us up into the safe operating space and deliver on aspirational social and economic goals.

This is actually quite uplifting, despite the fact that we’re not moving along this trajectory. So, in summary: we now, three years into the operational delivery on the SDGs, must draw a line and conclude that we’re not delivering on our promises, and not only that, we’re running the risks of future generations having an even tougher ability, because of the risk of pushing the earth system beyond tipping points.

In fact, we are facing even a risk of a hothouse earth, where we will undermine and create geopolitical instabilities that could actually make life even more tough for billions of people on earth. This, in all honesty, really, really scares me. But that’s also why I’m standing here tonight, because the window of success is still open.

The earth system is still resilient. She is still providing us with ecosystem services and functions that can allow us a transition back into a safe operating space. But we need radically different thinking. We need to see this as an incredible wake-up call but also an opportunity for transformative change, where we shift gears and really start thinking of the SDGs as a transformative agenda within a safe operating space on earth.

In other words, we can build a safe and just world. We just have to really, really get on with it. And let’s do it. Thank you.

「豊かで持続可能な世界に向けた 5 つの変革政策(5 transformational policies for a prosperous and sustainable world)」の和訳

2015年に、私たちは人類のための2つの素晴らしい希望に満ちた進展を目撃しました。まず、持続可能な開発目標の採択です。これは、世界中のすべての国が、世界的な環境目標内で、飢餓を撲滅し、良い経済発展と良好な健康を達成する人類の集合的で普遍的な計画です。そして、21年の交渉の末、法的拘束力のあるパリ協定が採択されました。これにより、世界中のすべての国が、地球温暖化を2度未満に抑え、1.5度を目指します。今日、3年が経過しましたが、私たちはまだ手を振るビジネスに徹しています。

今、一歩引いてみると、3年前の総会で世界の指導者たちが本当に何に署名したのか疑問に思います。これらは包括的で、繁栄する人類と安定した地球システムのための普遍的で、目指すべき変革的な目標です。しかし、根本的な問題があります。これらの目標の間には、1つの好ましい目標を追求することで他の目標を犠牲にするリスクがあります。

例えば、Goal 8、つまりまともな仕事と経済成長に関する目標を考えてみましょう。自然資源を搾取し、化石燃料を燃焼し続けると、Goal 13に到達することは不可能です。3年が経過した今、私たちは本当に、本当にこれを包括的で集合的で普遍的なパッケージとして取り組むための限られた行動を見ていることを認める必要があります。

これには、一歩引くことが必要です。私たちはいくつかの難しい質問を自問しなければならないと思います。2030年までに持続可能な開発目標を達成する可能性はあるのでしょうか?現在の開発パラダイムとは互換性のない本質的なトレードオフは実際に存在するのでしょうか?しかし、変化を本当に加速させることができるシナジーはあるのでしょうか?そして、それは本当に人々と地球の議題であり、地球上の生命維持システム内の社会的経済的な目標を真剣に受け止めているのでしょうか?

今、世界中の市民たちは、我々が世界的な環境リスクに直面していること、実際には、安定した地球が地球上での良好な人間の幸福の前提条件であることを認識し始めています。私たちは、安定した地球システム上の安全な運用領域を定義する必要があり、科学界が2009年に導入した地球境界フレームワークがまさにそれを行うために導入されました。これは、Anthropoceneにおける持続可能な開発の枠組みとして、今や世界中の政策、ビジネス、コミュニティで広く受け入れられています。

このスライドは、地球システムの安定性を規制し、安定した運用領域を提供する9つの環境プロセスを示しています。ここでは、良好な人間の幸福と繁栄、公平性が高い確率で得られる安全な運用領域が示されています。黄色のゾーンに進むと、危険な不確実性ゾーンに入り、赤色に進むと、地球システムが人類の社会経済的幸福を提供する能力から永久に離れる可能性が高い転換点を越える高い可能性があります。今日、科学的にこれらの境界を定量化することができ、私たちにとって安定した地球システムを提供します。

しかし、さらに進んでいかなければならず、持続可能な開発目標が真剣に達成されることを本当に望むのであれば、これらは今後安全な運用領域内で達成される必要があります。私たちは、SDGsをPBs内で達成する必要があります。

しかし、親愛なる友人たち、これでも十分ではありません。持続可能な開発目標まで12年しかありません。それはただのマイルストーンです。これは、私たちが地球上のすべての共同市民に向けて、安定した地球システム内で、2050年以降に良い未来を持つための変革に向かって自分自身を通過させる必要がある的です。

これは探求です。そして、これについての意見だけでなく、本当に探求するために、最高の思想家やモデラーを集め、完全に新しい複雑なシステムダイナミックモデル、Earth-3モデルを開発し始めました。これがそれです。

これは素晴らしい仕事です。気候モジュール、生物圏モジュール、グローバル経済モデルが含まれています。アルゴリズムもあり、素晴らしい成果が一堂に会しています。これが私たち科学者を刺激するものです。

まあ、これはただの素晴らしい仕事ですよね?私はあなたとこのプロジェクトを通して一晩中歩きたいですが、がっかりさせることになります。それはできません。実際、私があなたとできることは、これが初めてであることを保証するだけです。

誰もが持続可能な開発目標と地球の境界を本当に分析的に組み合わせようとしたことはありませんでした。そして、私たちは統一的な傾向と本当に収束するトレンドを見つけることができ、今後の経済発展、水、食料、エネルギーの資源利用、人口増加、人当たりの収入などを、一貫した体系的な経路に沿って予測する能力に対する私たちの自信を与えてくれました。

したがって、私たちはPBs内でSDGsを達成する能力の未来を本当に探求する機会を初めて得ました。では、どうやってこれを行うのでしょうか?ここでは、1970年から2015年までのリアルワールドからのデータが示されています。世界中の10万のデータポイントがあり、7つの地域の持続可能な開発目標を取り上げました。

これをキャリブレーションする方法の一例として、ここには貧困の撲滅、健康、教育、食料などの持続可能な開発目標に関するデータがあります。そして、ここには世界の7つの地域がバブルで示されており、これらは2015年までの私たちの経験的観測における一人当たりのGDPに関連してどのように動いていたかを示しています。これによって、普遍的な収束トレンドが可能となり、将来にわたるシミュレーションを行うための回帰分析を作成することができ、SDGsを達成する能力を示すことができました。

これにより、異なる可能な将来をテストするいくつかのシナリオを試す機会が得られました。従来通りのビジネス、グローバルな変革、ビジネスへの投資計画、異なるガバナンスオプション、政策、財政など――本当に、SDGsを達成するための将来の姿を探求することができました。

そして結果は、本当に私たちを驚かせました。これは初めての公開です。実際、この場を離れて言及されるべきではありません。これは2つの軸を介して提示されます。

ここに示されているy軸は、地球の境界内にとどまる能力を示しています。

上に行くほど、安全な操作領域に近づきます。x軸には持続可能な開発目標があります。右に行くほど、私たちが達成するSDGsが多くなります。私たちは皆、右上隅にいたいと考えています。将来の安全で公正な世界です。

今見える点は1980年の状況です。実際、安全な操作領域にありましたが、SDGsを達成していない状況でした。ここから2015年までのトレンドです。これが従来の世界であり、実際にはますます多くのSDGsを達成しており、数百万人の貧困層を抜け出させる一方で、地球の安全な操作領域を犠牲にしています。

これがビジネスアズユージュアルなシナリオであり、将来に向けてのものです。今日のように進んでいくと、いくつかのSDGsを達成することができますが、地球システムの安定性を犠牲にします。では、経済成長を加速させ、所得の年間1%の増加と2050年までに世界経済を3倍にすることに本当に力を入れたらどうでしょうか?その結果、次の軌道を得ることができます。

はい、SDGの成果は少し向上しますが、それでも地球の安定性を危険にさらすリスクと引き換えにしています。しかし、もっと強力に行くとどうでしょうか?気候から貿易協定まで、社会のすべての分野で約束を果たす能力を30%向上させたらどうでしょうか?より厳しいシナリオはわずかに改善されますが、それでもSDGsに失敗し、人類の安全な運用空間を達成することはできません。

したがって、これはかなり失望させる結論に私たちを導いたのです。私たちは、従来の未来に進んでも、SDGsに失敗し、地球の境界を越えるでしょう。私たちには革新的な考えが必要です。私たちは、枠外の考え方を始める、変革的で破壊的な未来に進む必要があります。

モデリングとエンゲージメント、そして対話を通じて、私たちはそこに辿り着く可能性のある5つの変革を特定することができました。最初のものは、パリ協定の科学的な経路に沿って、10年ごとに排出量を半減させ、再生可能エネルギーへの投資を倍増させ、世界的なエネルギー民主主義を作り出し、いくつかのSDGsを達成することができるというものです。

第二に、持続可能な食品システムに向けた急速な転換です。持続可能な集約化に年間1%投資し、今日すでに利用可能な解決策の実施と投資に移行することです。第三は、本当に開発パラダイムを変え、非常に速く進んでいる多くの開発途上国から学ぶことです。

中国のような経済成長を達成できるのなら、それを生態文明の環境パラメーター内で行うことができるのではないでしょうか?第四は、富の再分配です。最も裕福な10%が国民所得の最大40%以上を蓄積することを許可しないことに合意できれば、富の急激な再分配、地域間の公平の能力の改革が行われるでしょうか?

最後に、第五は、教育、健康、就業へのアクセス、避妊などの増加を急激に実施し、世界中の女性に大規模な投資を行い、性別、不平等、経済、都市開発のSDGsを実現することができるようにすることです。これらの5つの全てにわたって自分自身を駆り立てると、驚くほど安全で公正な地球での運用空間への素晴らしい旅が得られるでしょう。

このモデルは、保守的で経験に基づく複雑なシステムダイナミクスモデルでさえ、次の12年間およびそれ以降の変革を考えることができる状態にあることを示しています。これによって、安全な運用空間に上昇し、社会経済的な目標を達成する可能性があります。

これは、この軌道に沿って進んでいないにもかかわらず、実際にはかなり元気づけられることです。要約すると、SDGsの運用配信が3年経った今、私たちは線を引き、約束を実現していないこと、そしてさらに、地球システムをチッピングポイントを超えるリスクを考えると、将来の世代がさらに困難な状況に直面する可能性があることを結論づけなければなりません。

実際、私たちはホットハウス地球のリスクに直面しており、これにより、地球上の数十億人の人々にとって生活がさらに厳しくなる可能性がある地政学的不安定を引き起こす可能性があります。正直なところ、これは本当に、本当に私を怖がらせます。しかし、それが私が今夜ここに立っている理由でもあります。成功の窓はまだ開いています。

地球システムはまだ強靭です。彼女はまだ私たちに生態系サービスや機能を提供しており、安全な運用空間への移行を許可することができます。しかし、私たちは根本的に異なる考え方が必要です。これを信じられないほどの目覚めの呼びかけとともに、変革的な変化の機会として捉え、歯車を切り替え、地球上の安全な運用空間内でのSDGsを変革的なアジェンダとして考え始める必要があります。

言い換えれば、私たちは安全で公正な世界を築くことができます。ただ、本当に、本当に取り組まなければなりません。そして、私たちはそれをしましょう。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました