テクノロジー時代における本当の人間関係の築き方

人間関係

In a tech-obsessed culture, it can be difficult to build genuine relationships with people, especially in the workplace. Robert Reffkin shares his tips and tricks for establishing authentic connections on the job.

テクノロジーに執着する文化では、特に職場で、人々と真の関係を築くのが難しい場合があります。 ロバート・レフキンが、仕事上で本物のつながりを確立するためのヒントとコツを紹介します。

タイトル
5 ways to create stronger connections
より強いつながりを築くための 5 つの方法
スピーカー ロバート・レフキン
アップロード 2020/02/11

「より強いつながりを築くための 5 つの方法(5 ways to create stronger connections)」の文字起こし

So when was the last time that you wrote a handwritten note? It’s probably been a while. Technology has changed the way we communicate. We send emails, not letters, text messages, not phone calls. We order delivery instead of cooking dinners in our kitchen. All in the name of efficiency. But here’s the point.

Technology has made it easier to communicate. But it hasn’t made it easier to connect with other human beings. I’ve found that the secret to connecting in the high-tech, fast-paced world that we live in, is doing a few small things the old-fashioned way.

Write a letter. I’ve written thousands of handwritten notes. Thanking people for advice, thanking them for an interview. It just puts that extra effort to show someone that you really care and that you’re willing to go above and beyond. Some advice for writing a thank-you letter is to really make it clear to the person that you’re writing to the impact that they have had on your life. Talk about something specific. Like “Thank you for the advice that you gave me. It’s because of the advice you gave me, that I am now doing x.”

People are looking to make a difference. And so if you can show someone that they’ve really had an impact on the life that you’re living, the life you’re pursuing, it could have a huge impact.

Pick up the phone and dial. We’ve hired thousands of employees. And I’ve personally called every single one of them to welcome them to the Compass family. I’m able to set the tone of really what I want the company to be. Where, you know, people go above and beyond to make people feel welcomed and to give people a sense of belonging. And sometimes I call people on their last day of work. When people leave, sometimes they’re more transparent than they ever were when they were still at the company. And so it’s a great opportunity to get feedback that is very hard to get otherwise.

Ask interesting and meaningful questions when you get outside of the office.

When I’m traveling the country, every night I’ll have dinner with people in the company. And I like to ask questions like “What’s your underlying motivation? What’s something that’s happened this week that meant a lot to you?” And when you go around the table, and people really open up and are able to engage, it sets a different tone. When people come back to the office, they can see each other and they know each other in a deeper way.

Answer questions with honesty. You know how it feels when you go into an elevator and someone says, “How was your weekend?” It could’ve been the best weekend ever, you could’ve met the love of your life, and you would say, “Good, how was yours?” If you want to connect with people, then you have to open up. I’m not always that good at it, and I imagine most people aren’t. But that’s why being open stands out so much, because most people aren’t.

Turn the video on. I would always recommend a videoconference over a phone call. Because that’s when you can see the real personality come out. When you’re on video, you’re forced to be present. It’s almost a forcing mechanism to be in the moment.

Nobody succeeds alone. The more you can take time to develop genuine, authentic relationships, the more you’re going to be able to realize your dreams. You’re going to be able to take big risks and know that there’s a network of people to cheer you on and to support your efforts.

「より強いつながりを築くための 5 つの方法(5 ways to create stronger connections)」の和訳

手書きのメモを最後に書いたのはいつでしょうか?それはかなり前かもしれませんね。テクノロジーが私たちのコミュニケーション方法を変えました。手紙ではなくメールを送り、電話ではなくテキストメッセージを送ります。自宅で夕食を調理する代わりにデリバリーを注文します。すべては効率性のためです。しかし、ここでポイントです。

テクノロジーはコミュニケーションを容易にしました。しかし、他の人とつながることは容易にはなりませんでした。私が見つけたのは、高度なテクノロジーで忙しい世界でつながる秘訣は、いくつかの古風な方法を行うことです。

手紙を書く。私は何千通もの手書きのメモを書いてきました。人々へのアドバイスへの感謝、面接への感謝など。それは本当にあなたが本当に気にかけていることを示し、あなたが他の人以上の努力をすることを示します。感謝の手紙を書くためのアドバイスは、あなたが書いている人に、彼らがあなたの人生に与えた影響を明確にすることです。具体的なことについて話してください。例えば、「あなたが私に与えてくれたアドバイスに感謝します。あなたが私に与えてくれたアドバイスのおかげで、今私はxをしています。」

人々は影響を与えたいと考えています。ですから、あなたが誰かに彼らがあなたの生活、追求している生活に本当に影響を与えたことを示すことができれば、それは大きな影響を与えるかもしれません。

電話をかける。私たちは何千人もの従業員を雇っています。そして私はCompassファミリーへの歓迎の電話を個人的にすべて行いました。私は本当に会社をどのようにしたいかのトーンを設定することができます。人々が歓迎され、所属意識を持つよう努力する場所です。そして、時には人々の最後の仕事の日に電話をします。人々が去るとき、彼らは会社にいるときよりも透明になることがあります。したがって、それは非常に難しいフィードバックを得る素晴らしい機会です。

オフィス外で興味深く、意義のある質問をしてください。

私が全国を旅しているとき、毎晩会社の人たちと夕食をとります。そして、「あなたの根底にあるモチベーションは何ですか? 今週、あなたにとって意義深い出来事は何ですか?」のような質問をするのが好きです。そして、テーブルを回って、人々が本当に心を開いて参加できると、雰囲気が変わります。オフィスに戻ったとき、彼らはお互いをより深く知ることができます。

正直に質問に答えること。エレベーターに入って、誰かが「週末はどうでしたか?」と言うと、どんなに素晴らしい週末だったとしても、「良かったです、あなたの週末は?」と答えるでしょう。人々とつながりたいなら、開かなければなりません。私もいつもそれが上手くいくわけではないし、多くの人もそうではないと想像しています。しかし、だからこそオープンでいることが目立つのです。多くの人がそうではないからです。

ビデオをオンにしてください。私は常に電話よりもビデオ会議をお勧めします。なぜなら、そこで本当の個性が出るからです。ビデオ通話では、現在でいることが強制されます。それはほぼ瞬時の存在になるための仕組みです。

誰も一人で成功しません。より多くの時間をかけて本物の、本格的な関係を築くほど、あなたの夢を実現できる可能性が高くなります。大きなリスクを取ることができ、あなたを応援し、あなたの努力を支える人々のネットワークがあることを知ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました