宇宙技術で世界を救う!サステイナブル開発への6つの貢献

環境

Danielle Wood leads the Space Enabled research group at the MIT Media Lab, where she works to tear down the barriers that limit the benefits of space exploration to only the few, the rich or the elite. She identifies six technologies developed for space exploration that can contribute to sustainable development across the world — from observation satellites that provide information to aid organizations to medical research on microgravity that can be used to improve health care on Earth. “Space truly is useful for sustainable development for the benefit of all peoples,” Wood says.

ダニエル・ウッドは、MIT メディア ラボのスペース イネーブルド研究グループを率いており、宇宙探査の恩恵を一部の富裕層やエリートのみに限定する障壁を取り除くことに取り組んでいます。

彼女は、援助機関に情報を提供する観測衛星から、地球上の医療改善に利用できる微小重力に関する医学研究まで、世界中の持続可能な開発に貢献できる宇宙探査のために開発された 6 つのテクノロジーを挙げています。 「宇宙は、すべての人々の利益のための持続可能な開発に真に役立ちます」とウッド氏は言います。

タイトル
6 space technologies we can use to improve life on Earth
地球上の生活を改善するために使用できる6つの宇宙技術
スピーカー ダニエル・ウッド
アップロード 2018/02/24

「地球上の生活を改善するために使用できる6つの宇宙技術(6 space technologies we can use to improve life on Earth)」の文字起こし

I was 17 when I chose my career. I was standing outside on a hot summer night in Florida and just a few miles from the ocean. I was waiting for a miracle to happen. That summer, I was privileged to work as an intern at NASA’s Kennedy Space Center, and the miracle I was waiting for was the launch of the Columbia Space Shuttle carrying the Chandra X-Ray Observatory, a telescope that would allow scientists to peer into the edge of black holes. The entire sky filled with light. And it was as if it was daytime in the middle of the night. Soon, we could feel the rumble of the engines vibrating in our chests. And it wasn’t a miracle; it was the combined effort of a team of thousands of people who worked together to make what seemed impossible a reality.

And I wanted to join that team. So I decided to apply to a university where I could study aerospace engineering. And the following year, I started at MIT in my engineering training and joined a student project building space robots. And everything was going as I planned, except I was confused about something important.

Now, my confusion arose in my summer breaks. I traveled to a school in Kenya, and there I volunteered with girls ages five to 17, giving them lessons in English and math and science. And they taught me songs in Swahili. And mostly, I just spent time getting to know the girls, enjoying their presence. And I saw that these girls and the leaders in their community, they were overcoming important barriers to allow these girls to have the best possible chances in life. And I wanted to join that team. I wanted to be part of a team that would help break down barriers and improve the lives of girls around the world.

But I was worried that studying aerospace engineering wasn’t the most useful. I was worried this team in Kenya couldn’t use the technology I was learning about space. But thankfully, I still learned that I was wrong. I came back and interned at NASA again, and this time, a mentor taught me that countries like Kenya had been using space technology for decades to improve the lives in their own countries. And then I knew that I could have a career in space and in development.

This idea is not new. In fact, in 1967, the nations of the world came together to write the Outer Space Treaty. This treaty made a bold statement, saying, “The exploration and use of outer space should be carried on for the benefit of all peoples, irrespective of their level of economic or scientific development.” We have not truly lived up to this ideal, although people have worked for decades to make this a reality. Forces such as colonialism and racism and gender inequality have actually excluded many people from the benefits of space and caused us to believe that space is for the few or the rich or elite.

But we cannot afford this attitude, because the world is engaged in a vital mission to improve life for everyone. Our road map for this mission comes from the 17 Sustainable Development Goals of the United Nations. All the member states of the United Nations have agreed that these are priorities between now and 2030. These goals give us our key moments and opportunities of our time — opportunities to end extreme poverty, to insure that everyone has access to food and clean water. We must pursue these goals as a global community.

And technology from space supports sustainable development. In fact, there are six space services that can help us pursue the Sustainable Development Goals. Over the next few minutes, let’s explore these six services, and see examples of just a few of the goals they help support. You ready? OK.

Communication satellites provide access to phone and internet service to almost any location on Earth. This is particularly important during times of disaster recovery. When Typhoon Haiyan struck the Philippines, the local communication networks needed to be repaired, and teams brought in inflatable communication antennas that could link to satellites. This was useful during the time of repair and recovery.

Positioning satellites tell us where we are by telling us where they are. Scientists can use this technology to track endangered wildlife. This turtle has been fitted with a system that allows it to receive location information from positioning satellites, and they send the location information to scientists via communication satellites. Scientists can use this knowledge to then make better policies and help determine how to keep these animals alive.

Earth observation satellites. They tell us what’s going on in our environment. Right now, there are about 150 satellites operated by over 60 government agencies, and these are just those observing the Earth. And meanwhile, companies are adding to this list. Most of the governments provide the data from the satellites for free online. Some of these satellites provide images like this, that show what you would see from a camera. This is an image showing agricultural land in Kansas.

However, the majority of the Earth observation satellites don’t take pictures at all. They take measurements. And they combine these measurements with complex computer models and make beautiful, global visualizations such as this one, showing the ocean currents and the temperature of the ocean, globally. Or we can look at the salt and smoke and dust in the atmosphere, or the rainfall and snowfall, globally, as well as the annual cycle of vegetation on land and in the ocean.

Now, scientists can take this information about the rainfall and the vegetation and use it to understand what areas on Earth are in danger of a famine or a drought and provide that information to aid organizations so they can be prepared with food aid before the hunger becomes severe.

In space, we have an orbiting laboratory on the International Space Station. The vehicle and everything inside are in a form of free fall around the Earth, and they don’t experience the effect of gravity. And because of this, we call it “microgravity.” When astronauts are in the microgravity environment, their bodies react as if they’re aging rapidly. Their bones and muscles weaken, and their cardiovascular system and their immune system change. As scientists study how to keep astronauts healthy in space, we can take the exercises and techniques we use for astronauts and transfer them to people on Earth to improve our health here.

Often, as we develop technology for astronauts and exploration or for spacecraft, we can also transfer those inventions to improve life on Earth. Here’s one of my favorites. It’s a water filtration system, and a key component of it is based on the technology to filter wastewater on the space station. It’s now being used around the world.

Space is also an infinite source of inspiration, through education, through research and astronomy and that age-old experience of stargazing. Now, countries around the world are engaging in advancing their own development by increasing their local knowledge of engineering and science and space. Let’s meet some of the world’s newest satellite engineers. This is Elyka Abello, from Venezuela. Elyka is training as a satellite engineer as part of her national satellite program in Venezuela. She has designed a software tool that allows her team to better design the power systems for engineering.

This is Adel Castillo-Duran, from the Philippines. Adel is both a meteorologist and a satellite engineer, and she uses data from satellites in her weather forecasting. And finally, meet Hala. Hala is from the Sudan, and as she was studying electrical engineering as an undergraduate in Khartoum, she and several students decided to build their own satellite. And later, Hala earned a scholarship to study satellite engineering at the graduate level.

These stories that I’ve shared with you all illustrate that space truly is useful for sustainable development for the benefit of all peoples. But we have more work to do, because there are still barriers that exclude people from space and limit the impact of this technology. For many people, Earth observation data is complex. And satellite communication services are too expensive. And microgravity research just appears to be inaccessible.

This is what motivates my work as a professor at MIT’s Media Lab. I’ve recently founded a new research group called Space Enabled. We are working to tear down these barriers that limit the benefits of space. And we’re also going to develop the future applications that will continue to contribute to sustainable development. We’ll keep on this work until we can truly say that space is for the benefit of all peoples, and we are all space enabled.

Thank you.

「地球上の生活を改善するために使用できる6つの宇宙技術(6 space technologies we can use to improve life on Earth)」の和訳

私がキャリアを選んだのは17歳のときでした。私はフロリダの暑い夏の夜、海からわずか数マイルの場所に立っていました。奇跡が起こるのを待っていました。その夏、NASAのケネディ宇宙センターでインターンとして働く機会を得ました。私が待っていた奇跡は、シャトルコロンビア号がチャンドラX線天文台を運ぶ打ち上げでした。この望遠鏡は科学者がブラックホールの縁にのぞき込むことを可能にするものでした。空は光で満たされ、真夜中でも昼間のようでした。やがて、私たちはエンジンの轟音を胸に感じることができました。それは奇跡ではなく、何千人ものチームが一丸となって不可能と思われていたことを現実のものにしたのです。

私もそのチームに加わりたいと思いました。そこで私は航空宇宙工学を学べる大学に進学することを決めました。そして翌年、私はMITでの工学の訓練を始め、宇宙ロボットを開発する学生プロジェクトに参加しました。すべてが計画通りに進んでいましたが、重要なことについて混乱していました。

私の混乱は夏休みに生じました。私はケニアの学校を訪れ、そこで5歳から17歳の女の子たちに英語や数学、科学の授業を行いました。彼女たちからはスワヒリ語の歌を教わりました。主に、彼女たちと時間を共にし、彼女たちの存在を楽しみました。そして、これらの女の子たちと彼らのコミュニティのリーダーが、これらの女の子たちが人生で最高の可能性を持つための重要な障壁を乗り越えているのを見ました。私もそのチームに加わりたいと思いました。世界中の女の子たちの人生を改善し、障壁を取り除くチームの一員になりたいと思ったのです。

しかし、私は航空宇宙工学を学ぶことが最も有益ではないと心配していました。ケニアのチームが私が宇宙について学んでいる技術を使えないのではないかと心配していました。しかし幸いなことに、私はそれが間違っていることを知りました。私は再びNASAでインターンを行い、今度はメンターによって、ケニアのような国々が数十年にわたって自国の生活を改善するために宇宙技術を利用してきたことを教えてもらいました。そして、私は宇宙と開発の両方でキャリアを築けると知りました。

この考えは新しいものではありません。実際、1967年に、世界の国々が外宇宙条約を策定するために協力しました。この条約は大胆な声明をし、「外宇宙の探査と利用は、経済的または科学的発展水準にかかわらず、すべての人々の利益のために行われるべきである」と述べています。私たちはこの理想を真に実現していませんが、数十年にわたってこれを実現するために取り組んできた人々もいます。植民地主義や人種差別、ジェンダーの不平等といった力によって、多くの人々が宇宙の恩恵から排除され、宇宙は一部の富裕層やエリートのためのものだと信じるようになりました。

しかし、この態度を持つ余裕はありません。なぜなら、世界はみんなの生活を改善するための重要な使命に取り組んでいるからです。この使命のロードマップは、国連の17の持続可能な開発目標に由来します。国連加盟国は、これらが今後2030年までの優先事項であると合意しています。これらの目標は、極度の貧困を終わらせ、すべての人が食料や清潔な水にアクセスできるようにするための私たちの時代の鍵となる瞬間と機会を提供しています。私たちはこれらの目標を、世界共同体として追求しなければなりません。

そして、宇宙技術は持続可能な開発を支援しています。実際、持続可能な開発目標を追求するのに役立つ6つの宇宙サービスがあります。次の数分間、これらの6つのサービスを探求し、それらが支援するいくつかの目標の例を見てみましょう。準備はいいですか?よし。

通信衛星は、地球上のほとんどの場所で電話やインターネットサービスへのアクセスを提供します。これは特に災害復旧時に重要です。台風ハイヤンがフィリピンを襲ったとき、地元の通信ネットワークの修復が必要でした。チームは、衛星にリンクできる可撓性のある通信用アンテナを持ち込みました。これは修復と回復の時期に役立ちました。

測位衛星は、私たちの位置を知らせることで、私たちがどこにいるかを教えてくれます。科学者はこの技術を使用して絶滅の危機に瀕した野生生物を追跡できます。このカメは、測位衛星から位置情報を受信できるシステムで装備されており、その情報を通信衛星を介して科学者に送信します。科学者はこの知識を使用して、より良い政策を立案し、これらの動物を生き残らせる方法を決定するのに役立てることができます。

地球観測衛星。彼らは私たちの環境で何が起こっているかを教えてくれます。現在、約60の政府機関が運営する約150の地球観測衛星がありますが、これらは地球を観測しているものだけです。その間、企業もこのリストに追加しています。ほとんどの政府は、衛星からのデータをオンラインで無料で提供しています。これらの衛星のいくつかは、カメラから見えるものを示す画像を提供しています。これは、カンザス州の農地を示す画像です。

しかし、地球観測衛星の大半は写真を撮るわけではありません。彼らは測定値を取得し、これらの測定値を複雑なコンピューターモデルと組み合わせ、世界的な海流や海洋の温度などを示すこのような美しいグローバルな可視化を作成します。また、大気中の塩、煙、ほこりや降雨、降雪、陸地や海洋の植生の年周期などもグローバルに見ることができます。

さて、科学者はこの降雨や植生に関する情報を活用して、地球上のどの地域が飢餓や干ばつの危機に瀕しているかを理解し、それを支援組織に提供して、飢えが深刻になる前に食糧支援を準備できるようにします。

宇宙には、国際宇宙ステーションにある軌道上の実験室があります。この車両と中にあるすべてのものは、地球の周りを自由落下する形であり、重力の影響を受けません。そのため、私たちはこれを「微小重力」と呼びます。宇宙飛行士が微小重力環境にいると、彼らの体は急速に老化しているかのように反応します。彼らの骨や筋肉が弱まり、心臓血管系や免疫系が変化します。科学者が宇宙で宇宙飛行士の健康を保つ方法を研究するとき、私たちは宇宙飛行士に使用する運動や技術を地球の人々に転用して、ここでの健康を改善することができます。

しばしば、宇宙飛行士や宇宙探査のための技術を開発する際、その発明を地球上での生活の向上にも転用できます。こちらが私のお気に入りの1つです。水ろ過システムですが、その主要なコンポーネントの一部は宇宙ステーションでの排水のろ過技術に基づいています。現在、これは世界中で使用されています。

宇宙はまた、教育、研究、天文学、そして星空を眺める古くからの体験を通じて、無限のインスピレーションの源です。今、世界中の国々は、自国の工学や科学、宇宙に関する地域の知識を増やすことで、自己の発展に取り組んでいます。ここで、世界最新の衛星エンジニアのいくつかに会ってみましょう。

これは、ベネズエラのエリカ・アベージョです。エリカはベネズエラの国立衛星プログラムの一環として衛星エンジニアとして訓練を受けています。彼女は、エンジニアリングのための電力システムをより良く設計するためのソフトウェアツールを設計しました。

これは、フィリピンのアデル・カスティーヨ=デュランです。アデルは気象学者であり、衛星エンジニアでもあり、彼女は気象予報に衛星からのデータを使用しています。

最後に、スーダン出身のハラ。ハラはカートゥームの大学で電気工学を学ぶ大学生として、自分たちで衛星を建造することを決めました。後に、ハラは衛星エンジニアリングを大学院で学ぶ奨学金を得ました。

私が皆さんと共有したこれらのストーリーは、宇宙が本当に持続可能な開発のためにすべての人々の利益に役立つことを示しています。しかし、まだ私たちがするべき仕事はたくさんあります。なぜなら、多くの人々にとって、地球観測データは複雑であり、衛星通信サービスは高額すぎるからです。また、微小重力研究はアクセスできないように見えます。

これが私がMITメディアラボの教授としての仕事にモチベーションを与えています。最近、私はSpace Enabledという新しい研究グループを立ち上げました。私たちは、宇宙の利益を制限するこれらの障壁を取り除くために取り組んでいます。そして、持続可能な開発に貢献し続ける未来のアプリケーションを開発します。私たちは、本当に宇宙がすべての人々の利益になるまで、そして私たちすべてが宇宙に対応できるようになるまで、この仕事を続けます。

ありがとうございます。 (拍手)

コメント

タイトルとURLをコピーしました