目標達成のためのお金との新しい関係の築き方

お金

Taking control of our personal finances can feel overwhelming — but it doesn’t have to be. Thasunda Duckett shares how to minimize shame around money and start having honest conversations about how to save.

個人のお金を管理するのは大変だと感じるかもしれませんが、そうである必要はありません。

ササンダ・ダケットさんは、お金に関する恥を最小限に抑え、節約方法について正直に話し合う方法を教えてくれました。

タイトル
6 ways to improve your relationship with money
お金との関係を改善する6つの方法
スピーカー ササンダ・ダケット
アップロード 2020/02/11

「お金との関係を改善する6つの方法(6 ways to improve your relationship with money)」の文字起こし

When you think about money and your dreams and you’re looking at your account, you’re like, “My bank account does not align with my dreams.”

[The Way We Work]

Financial health for a typical American household can be stressful. We know that 46 percent of all Americans would struggle coming up with 400 dollars in the event of an emergency. And 60 percent of all Americans will face that emergency within 12 months or less. When you ask the question, “What does money mean to you,” most people will say things like, “I feel anxious.” And so the insecurities come. The shame comes. I think we have a fraught relationship with money, because it comes with judgment. When you’re not able to pay your bills on time, you can personalize that. I don’t want anyone to think that I’m not smart. I don’t want anyone to know that I am very insecure with money. I don’t want anyone to know that I am super stressed out. So now let’s change the narrative.

[6 lessons on how to improve our relationship with money]

[1: Talk about it.]

You can’t do it alone. And that’s when your squad has to come in. It’s taboo. We typically don’t talk about our stresses when it comes to money. We need to come together as a group of friends, no judgment, no shame. Celebrate the fact that we’ve made a decision that we want to have a better relationship with money. That is worth applauding or snapping your fingers about. Once you’ve done that, then you get real. Nothing should be off-limits. Where does this relationship come from? Why am I spending all this money on things that don’t align with my goals? What are your fears? What are your hopes? What are your dreams? But then we start to take action. What can we do this week? Or what can we do this month?

[2: Understand what money is]

Money is not the end-all be-all. It’s the mechanism to accomplish whatever your goals are. It does not define you. It’s just a mechanism to accomplish what matters to you most.

[3: Identify what matters to you … ]

Ask yourself one fundamental question: what are you saving for? If you’re saving for a car, if you’re saving to pay down your debt, if you’re saving for that rainy day fund, it will include short-term goals and it will include long-term goals.

[4: … and then really picture it.]

Visualize what you’re really trying to accomplish. A vision board is visual representation of what you’re saving for. So if we break it down, go get a poster board. Get your markers, get your glitter. Take magazine pictures, cut it all out. Have that picture of that great trip. Have the picture of you paying down your student debt. The vision board sounds like, “Oh, how can that really help?” The point is your goals need to align with your behaviors, and the vision board is really a representation of where you wanna go and then how you live your life, and in the meantime are the steps to really get there.

[5: It’s not what you make, it’s what you keep.]

It’s not about what you make, it’s about what you keep. It’s about understanding do I have the ability with what I’m making to take care of my basic needs? And if not, what adjustments do I need to make? And then we start to break it down and talk about the tools. We start to say, “Do we have our savings account, auto-save?” Set it and forget it, or every day, put a dollar a day. Whatever that rhythm is for you, the goal is the rhythm, not the amount. You can start slow. You can start small, but you have to start now. And then let me give you a trick, we all have impulses. Many times, because the phone is always with us, we start shopping. Go out to any site, shop up, put it in your cart. Just don’t hit buy. Wait 24 hours, go back and ask yourself, “Do I really need it? What about these items map to my goal?” And if it’s nothing, hit delete and you got your fix.

[6: Be good to yourself.]

It’s also important to know that your self-worth is not determined by your net worth. This is something that we can do better about. You celebrate your wins. And when you make that misstep, no judgment, no shame. Just get back at it.

「お金との関係を改善する6つの方法(6 ways to improve your relationship with money)」の和訳

お金と夢を考えると、口座を見て、「私の銀行口座は私の夢と一致していないな」と思います。

【私たちの働き方】

典型的なアメリカの家庭の財政的健康はストレスを引き起こすことがあります。全米の46%が、緊急事態に備えて400ドルを用意するのが難しいと考えていることがわかっています。そして、全米の60%が、12か月以内にそのような緊急事態に直面します。お金はあなたにとって何を意味するかという質問をすると、ほとんどの人が「不安を感じる」と言います。だから不安がやってきます。恥がやってきます。私たちはお金との関係に苦労していると思います。それは判断とともにやってくるからです。請求書を時間通りに支払うことができないと、それを個人的なものにしてしまうことができます。誰もが私が賢くないと思わないようにしたい。お金に非常に不安を感じていることを知ってほしくありません。誰もが私が非常にストレスを感じていることを知るのは嫌です。そこで、物語を変えましょう。

【お金との関係を改善するための6つの教訓】

【1: それについて話す】

一人ではできません。そこで、あなたの仲間が必要です。タブーです。通常、お金のストレスについて話しません。私たちは友人のグループとして一緒になり、判断や恥を感じることなく集まる必要があります。私たちがお金との関係を改善したいという決定をしたことを祝うのです。それは拍手や指パッチンに値することです。一度それを行ったら、本物になります。何もタブーにすべきではありません。この関係はどこから来るのでしょうか?なぜ私は私の目標と一致しないものにこれほどのお金を使っているのでしょうか?あなたの恐れは何ですか?あなたの希望は何ですか?あなたの夢は何ですか?しかし、それから行動を起こし始めます。今週は何ができますか?または、今月は何ができますか?

【2: お金とは何かを理解する】

お金はすべての終わりではありません。それはあなたの目標を達成するための仕組みです。それはあなたを定義しません。それはあなたに最も重要なことを達成するための仕組みにすぎません。

【3: あなたにとって重要なことを見つける】

自分自身に1つの基本的な質問をしてください:何のために貯金していますか?車のために貯金していますか?借金を返済するために貯金していますか?それとも備えあれば憂いなし基金のために貯金していますか?それには短期目標と長期目標が含まれます。

【4: … そしてそれを実現するイメージを具体化する】

本当に達成しようとしていることを想像してください。ビジョンボードは、あなたが貯金しているものの視覚的な表現です。ですから、それを分解してみましょう。ポスターボードを取ってきてください。マーカーを取り、グリッターを取ります。雑誌の写真を撮り、すべてを切り取ります。素晴らしい旅行の写真を持ってください。学生ローンを返済するあなたの写真を持ってください。ビジョンボードは、「ああ、それが本当に役立つの?」と思えるかもしれません。ポイントは、あなたの目標があなたの行動と一致する必要があり、ビジョンボードは本当に行きたい場所を表現し、あなたがどのように生活し、その間に本当にそこに到達するためのステップです。

【5: 重要なのは稼いだ額ではなく、残した額です。】

稼いだ額ではなく、残した額が重要です。私が稼いでいるお金で自分の基本的なニーズを満たす能力があるかどうかを理解することが重要です。もしできない場合は、どのような調整が必要かを考えます。そして、具体的なツールについて話し合い始めます。我々は貯蓄口座、自動積み立てを持っていますか?それを設定して忘れるか、毎日1ドルを入れるか。あなたにとってそのリズムが何であれ、目標はそのリズムであり、金額ではありません。ゆっくり始めることができます。小さく始めることもできますが、今すぐ始める必要があります。それから、トリックをお伝えしましょう。私たちは皆衝動を持っています。携帯電話が常に身近にあるため、私たちは買い物を始めます。どのサイトに行っても、商品をカートに入れます。ただし、購入しないでください。24時間待って、自分自身に、「本当に必要ですか?これらのアイテムは私の目標にどのように関連していますか?」と尋ねます。何もない場合は、削除して修正が完了です。

【6: 自分に優しくしてください。】

また、自己の価値は純資産によって決まるわけではないことを知ることが重要です。これは私たちがより良くすることができることです。あなたの成功を祝福してください。そして、失敗したときは、判断も恥ずかしいこともありません。ただそれをやり直してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました