上司と部下の恋愛がキャリアに与える影響とは?驚きの調査結果!

人間関係

Should you date your coworker? Should workplace couples keep their relationships secret? And why are coworkers so often attracted to each other? Organizational psychologist Amy Nicole Baker shares the real answers to commonly asked questions about romance at the office.

同僚とデートすべきですか? 職場カップルは関係を秘密にしておくべきでしょうか? そして、なぜ同僚はお互いに惹かれ合うことが多いのでしょうか? 組織心理学者のエイミー・ニコール・ベイカーが、オフィスでの恋愛に関するよくある質問に対する本当の答えを教えてくれます。

タイトル 7 common questions about workplace romance
職場恋愛に関する7つのよくある質問
スピーカー エイミー・ニコール・ベイカー
アップロード 2019/02/09

「職場恋愛に関する7つのよくある質問(7 common questions about workplace romance)」の文字起こし

Workplace romance can be a tricky topic.
(Music)
How do we manage the boundaries between our personal and professional lives? How do we deal with gender imbalances and power dynamics in the workplace? There’s a lot of gray area in workplace romance. I’d like to take a few minutes and answer some of your frequently asked questions.

So, question one: Should I date my coworker? Uh … it depends. Do you want to date your coworker for a bit of fun? Do you want to date your coworker to hook up? Because then you’re really better off on Tinder. If you want to date your coworker because you really, sincerely think you’re falling in love with them or there’s a real potential for a long-term, committed relationship, maybe you should date your coworker. Studies show that your coworkers are generally positive about it if they perceive that you’re falling in love and genuinely care about each other. It’s when your coworkers sense that something else is in play — that can be disruptive.

Question two: Should I date my boss? In almost all cases, no, you should not date your boss, because now, you’ve got a power dynamic. When there’s a relationship between a boss and a subordinate, it generates a lot of negative feelings, and the negative feelings tend to fall on the person who’s lower on the totem pole. People usually assume some kind of favoritism, some kind of inside knowledge, and there can be resentment stirred up by that. There was a study published last year that suggested dating a superior can even have a negative impact on your career. The researchers asked third-party evaluators online to imagine that they worked at a law firm. They asked them to make recommendations on which employee should get picked for a special training program and which should get promoted to partner. They looked at credentials for imaginary employees, and when it was stated that an employee had been dating or was in a relationship with a superior, the evaluators were less likely to pick that person for the training program or the promotion, even if they had the exact same credentials as someone who wasn’t dating their boss. The evaluators were also quick to dismiss their accomplishments.

Question three: Can I date someone who reports to me? Still a big no. You may not feel like you’re really the boss, right? But you are, and there’s a power dynamic there that’s simply not there for other couples. If you really believe there is a sincere, honestly felt, personal connection that would be lasting and meaningful, one of you may need to move, and it shouldn’t always be the person who’s lower in the company pecking order.

Question four: I’ve just started seeing a coworker. How do we handle things?

I get this question a lot. “Are they dating? Are they not dating?” Don’t keep it a secret. You don’t have to make a big deal of it, but secrecy tends to be corrosive. People tend to see workplace couples as a coalition or a unit, so try to make it clear to your coworkers that you’re not the same person; you love each other, but you are going to disagree.

Question five: Why are coworkers often attracted to each other? Well, the obvious answer is people tend to be attracted to each other the more time they spend together. But there’s another ingredient that has to be added: attraction tends to happen when there’s work that demands close collaboration. So imagine you have a big group project with a tight deadline and you’re working late nights and brainstorming ideas. You look up, and across the table, one of your colleagues throws out a really great idea. You may feel something, and that’s natural. We call this task interdependence. It’s a ripe ground for attraction. The second reason why people at work are attracted to each other is they may often be similar to each other. There’s two old adages: “Birds of a feather flock together.” And “Opposites attract.” Well, the psychological research suggests … birds of a feather flock together, and we like people who are like us.

Question six: My coworkers are flirting. I’m annoyed. What do I do? Some researchers argue that for people flirting at work, flirting is good and it boosts creativity. But my own research suggests things are different for people who are watching or who are subjected to the flirting. It can be awkward, right? Witnessing flirtation in the workplace creates a sense of not knowing the rules, not knowing what’s going on, or maybe seeing something that you shouldn’t be seeing. People who frequently witness flirting at work — they actually report feeling less satisfied in their jobs, and they feel less valued by their company. They’re more likely to give a negative appraisal of the work environment, and they may even consider leaving. For women, this association can be even stronger. This appears to be the case even when people report not being bothered by the flirting. It’s true even when they say they enjoy it. So, a flirtatious environment really could be toxic.

Question seven: Do I need a policy on workplace relationships? You certainly need a policy on sexual harassment, and I think most HR departments recognize that. But for the kind of consensual behavior we’ve been talking about, it’s a little different. As much as people in HR would love to wave a magic wand and say, “Thou shall not fall in love at work,” it’s just not realistic. Emotional connection and sexuality is who we are. I kind of want you to flip the script a little bit. I encourage HR to really think more broadly about their role in not necessarily stamping out office romance, because I don’t think that’s realistic, but how do I help create a workplace climate and culture where people feel respected for their individual contributions, not for their appearance or their gender, or their personal relationships? So the larger question is, how do you make sure people are valued and respected?

「職場恋愛に関する7つのよくある質問(7 common questions about workplace romance)」の和訳

職場での私たちの個人的および職業的な生活の境界をどのように管理すればよいのでしょうか?職場での性別の不均衡や権力のダイナミクスはどのように扱えばよいのでしょうか?職場のロマンスにはかなりの曖昧な領域があります。数分かけて、いくつかのよくある質問に答えてみたいと思います。

まず、質問1:同僚と付き合ったほうがよいですか?ええと…それは状況によりますね。同僚と付き合いたいのは、ちょっとした楽しみのためですか?フックアップのためですか?だとしたら、本当はTinderの方が良いですよ。同僚と付き合いたいのは、本当に、心から愛し合っているとか、長期的で真剣な関係の可能性があると思うからですか?そうであれば、同僚と付き合うこともありかもしれません。研究によると、同僚がお互いに本当に愛し合っていると感じた場合、一般的には肯定的な反応があります。しかし、同僚が何か別のものを感じた場合、それは混乱を招く可能性があります。

質問2:上司と付き合ってもよいですか?ほとんどの場合、いいえ、上司とは付き合わない方がよいでしょう。なぜなら、これで権力のダイナミクスが生まれます。上司と部下の関係があると、多くのネガティブな感情が生まれます。そして、そのネガティブな感情は、基本的にはヒエラルキーの下のほうにいる人に向けられます。人々は通常、何らかの恩恵主義、何らかの内部情報があると仮定し、それによって引き起こされる不満があります。昨年発表されたある研究では、上司との交際がキャリアに負の影響を与える可能性さえ示唆されています。研究者は、第三者の評価者に、オンラインで弁護士事務所で働いていると想像させました。彼らに特別なトレーニングプログラムに選ばれるべき従業員やパートナーに昇進するべき従業員を推薦するように求めました。架空の従業員の資格を見て、従業員が上司と交際していることが述べられていた場合、評価者はその人物をトレーニングプログラムや昇進の候補から選ぶ可能性が低くなりました。その人物が上司と付き合っていない人と同じ資格を持っていた場合でもです。評価者はまた、その人物の業績を軽視する傾向がありました。

質問3:部下の人と付き合ってもよいですか?やはり、大きな”いいえ”です。あなたが本当の上司だと感じないかもしれませんね。でも、あなたは上司であり、そこには他のカップルにはない権力のダイナミクスがあります。もし本当に、長続きして意味のある、誠実な個人的なつながりがあると信じているなら、あなたたちのうちの一人が引っ越す必要があるかもしれません。それが会社の序列で下の方にいる人だけであってはいけません。

質問4:つい最近同僚と付き合い始めました。どうすればいいですか?

この質問はよくあります。「付き合っているの? 付き合っていないの?」秘密にしないでください。大騒ぎする必要はありませんが、秘密主義は腐敗のもとです。同僚たちは職場のカップルを同盟またはユニットと見なす傾向がありますので、あなたたちが同じ人間ではなく、お互いを愛しているけれども意見が異なることを同僚たちに明確に伝えるようにしてください。

質問5:なぜ同僚同士がしばしばお互いに惹かれるのですか?まず明らかな答えは、人々は一緒に過ごす時間が長くなるほどお互いに惹かれる傾向があるということです。しかし、もう1つの要素が加わる必要があります:惹かれるということは、密接な協力が求められる仕事があるときに起こります。例えば、締め切りが迫っている大きなグループプロジェクトで夜遅くまで働いてアイデアを出し合っているとしましょう。あなたが上を見上げると、テーブルの向こう側にいる同僚の一人が素晴らしいアイデアを出しています。そこで何かを感じるかもしれませんが、それは自然なことです。これをタスク依存性と呼びます。これは、惹かれるための肥沃な土壌です。同僚同士が惹かれる第二の理由は、彼らがしばしばお互いに似ていることです。二つの古い諺があります。「類は友を呼ぶ」。そして、「対極が引き合う」。しかし、心理学の研究によれば…類は友を呼ぶ、そして私たちは自分と似た人が好きです。

質問6:同僚がふざけている。私はイライラしています。どうしたらいいですか?一部の研究者は、職場でのふざけることは良いと主張し、創造性を高めると述べています。しかし、私自身の研究では、それを見ている人やそれにさらされている人にとっては状況が異なることを示唆しています。それは不快なことがあるかもしれませんね?職場でのふざけは、ルールがわからない、何が起こっているのかわからない、または見てはいけないものを見てしまったという感覚を生み出します。職場で頻繁にふざけを目にする人たちは、実際には仕事に満足していないと報告し、会社からの評価が低いと感じています。彼らは職場の環境に否定的な評価をする可能性が高く、退職を考えるかもしれません。女性にとっては、この関連性がさらに強くなることがあります。これは、人々がふざけに悩まされていないと報告していても、適用されるようです。それは楽しんでいると言っているときでも事実です。ですので、ふざける雰囲気は実際に有毒である可能性があります。

質問7:職場の関係についての方針が必要ですか?性的嫌がらせについての方針は確かに必要ですし、ほとんどの人事部門がそれを認識していると思います。しかし、私たちが話してきたような合意に基づく行動に対しては、少し違います。人事の人々が「職場で恋に落ちないでください」と魔法の杖を振って言いたいところですが、それは現実的ではありません。感情的なつながりや性的な側面は私たちの本質です。私は少し考え方を変えてみてほしいです。人事に対して、オフィスロマンスを駆逐することではなく、どのようにして人々が自分の個々の貢献に対して尊重され、外見や性別、または個人的な関係ではなく、尊重される職場の雰囲気や文化をどのように作り上げるか、というより大きな質問についてもっと広く考えるように促します。

タイトルとURLをコピーしました