自信の方程式: 堅実な成功への3つの指標

自己啓発

Sheryl Lee Ralph is a force, delivering iconic performances both on stage and screen. But she didn’t always know if she’d make it big. In a lively talk sparkling with actionable advice, she shares how her struggles taught her what it takes to believe in herself — and how we can all find the self-confidence to keep moving forward.

シェリル・リー・ラルフは強力な存在であり、ステージとスクリーンの両方で象徴的なパフォーマンスを発揮します。

しかし、彼女は自分が成功できるかどうか常にわかりませんでした。 実践的なアドバイスを交えた活発なトークの中で、彼女は自分の葛藤が自分を信じるために必要なことをどのように教えたか、そして私たち全員が前進し続けるための自信をどのように見つけることができるかを語ります。

タイトル A 3-Step Guide to Believing in Yourself
自分を信じるための3ステップ ガイド
スピーカー シェリル・リー・ラルフ
アップロード 2023/06/26

「自分を信じるための3ステップ ガイド(A 3-Step Guide to Believing in Yourself)」の文字起こし

(Singing) I am an endangered species

But I sing no victim song. I am a woman. I am an artist. And I know where my voice … belongs.

Now, you might have heard me sing that song. It was September 12th, 2022, right after Amy Poehler and Seth Meyers said, “And the winner is, Sheryl Lee Ralph!” What!? I had just won the Emmy Award for Best Supporting Actress in a comedy for my role as Mrs. Barbara Howard on your favorite TV show, “Abbott Elementary.”

Oh, yes. And I was shocked. As the children would say, shooketh into disbelief. Oh, my goodness, it was my first time at the Emmys and I won. Yes! And I got to tell you, in that moment, I was so stunned into disbelief that I don’t know how I got up on the stage. There I was, just listening to that roar of applause. Mm mm mm. And my whole career flashed right there in front of me. Starting with 19-year-old Sheryl Lee in her first movie being directed by the great Sidney Poitier. Oh, yeah, you can clap that.

Followed by ten years of “no” after “no” after “no.” Before the next film role came about. But I filled in that time with TV and more “nos” and more rejection until I made it big on Broadway in what has become the iconic musical of the ’80s, because I say so, “Dreamgirls.” And boy, did I learn a lot of life lessons there. And I mean, after so many moments of doubt, disbelief, there I was, on that Emmy stage, with this huge sign in front of me flashing “Stop now,” “Stop now,” “Stop now.” And I started to think, “My God, what if I had stopped after all of those ‘nos?’ What if I had stopped after all of those moments of feeling defeated? What if I had stopped?” I wouldn’t be standing there for that golden moment.

But right now, many of us, we are feeling … deeply challenged trying to hold on and believe in ourselves, and I do not mean in a toxic way. I am talking about a way that comes from confidence, the kind of confidence that can keep us moving forward when we are feeling like we are carrying the weight of the pandemic, trying to figure out all of this political division, fighting all of the mental, physical, social violence in our homes, in our communities, to climate change, social media. It’s a lot. Making it hard to believe in the goodness in the world. And harder still to believe in the goodness of ourselves. This is a rough time, people, and our mental health is suffering. We all need a checkup from the neck up.

And I don’t mean — yeah, it’s OK. You feel me, thank you.

And I don’t mean just medicine. I actually mean reframing our thinking of our ability to believe in ourselves. Now I know, you see me on TV, in magazines, on movie screens, and you might be thinking to yourself, “What does she know about struggling to believe in herself?” Well, let me tell you something. I do not look like my journey.

Oh, I’ve been through a few things. And the struggle is real. But I have learned something in my life. That there are three things that we all must do in order to believe in ourselves. Number one. First, we need to see ourselves. I mean, really, truly, deeply see ourselves for who and what we are in order to believe in ourselves. I’m a child of the ’60s, and that was hard. Oh. In the third grade, I tested out of public school into a fancy private school where the only Black person I saw every day was the one who looked back at me in the mirror. I was by myself, and I was all alone. And the things that were said to me, and I’m not talking about just the kids, but the adults, too. And when I would come home from school crying the ugly cry, my immigrant Jamaican mother would sit me down in front of the mirror and ask me, “Do you see an N-word? Do you see a liar? Do you see a big-lip monkey? No! So dry your eyes. And when you go back to school, remember, you are rubber, they are glue. And every ignorant thing they say about you bounces off of you and sticks to them.” And I believed her. And it didn’t hurt. So much. Because I believed.

Number two. We’ve got to think. Think about ourselves in order to believe in ourselves. Growing up, my dad had a sign on his desk. And it said, “Think.” “Think.” Oh, I did not know how valuable and powerful the simple act of thinking was until I came back to Hollywood from my triumphant run on Broadway, and I had this meeting with a big studio Hollywood casting director. Oh, I was so excited. I walked in and he looked at me and he said, “Hm. Everybody knows you’re a beautiful, talented Black girl. But what do I do with a beautiful, talented Black girl? Do I put you in a movie with Tom Cruise? Does he kiss you? Ugh. Who goes to see that movie?” I could not believe that that man had just said that to me, to my face. And he hurt me. He hurt me so deeply, I was actually thinking about quitting. Until … I started to think. And I thought about what he said. He said that everybody knew that I was a beautiful, talented Black girl. And that I deserve to be cast in movies with the likes of Tom Cruise, and he should kiss me.

So what was meant to break me did not break me, it built me up. I believed that man, I believed what he said. And I walked out of there giving myself permission to take up space in Hollywood, knowing that I belonged there no matter what anybody thought about me.

Thirdly. We’ve got to act like we believe in ourselves. Oh, yeah. Because when we believe in ourselves and act on it, we create possibilities that never would have been possible had we not just believed. OK, so I will tell you another story. I will never forget walking into one of those crowded Hollywood rooms, and I see Harry Thomason, producer Harry Thomason, who is married to Linda Bloodworth-Thomason, writer, creator of the series “Designing Women.” I walk right up to Harry and I say, “How can it be, that after all of these years Anthony has not had a relationship with a Black woman? After all, the show takes place in Atlanta, Georgia.” He looked at me, took a step back and said, “Who are you?” I said, “I’m Sheryl Lee Ralph.” And he said, “OK. Have your people call my people and we will see what we can do.” And guess what happened? I got cast as Etienne Toussaint Bouvier, Las Vegas showgirl turned Anthony’s wife for the final season of “Designing Women.”

Oh, yeah. Against all odds, once again, I gave myself permission to take up space, believing that I belonged. I believed that if Sheryl Lee did the work of honing her craft, building solid relationships and stayed ready so she didn’t have to get ready, anything was possible. Heck, winning an Emmy. A Grammy. An Oscar. A Tony. EGOT it, baby.

So … When you leave this room today, I challenge all of you to start a meaningful practice of looking in the mirror and loving what you see. Believe in what you see. If you can’t love it, then respect it. And if you can’t respect it, then encourage it. If you can’t encourage it, empower it. And if you can’t empower it, please be kind to it.

The greatest relationship, the greatest one you will ever have is with yourself. Believe me. Have faith in yourself. Believing that faith can make broken wings fly. And we deserve to soar. Remember, maybe one of these days when you pass the mirror and you catch a glimpse of yourself, remember, I told you this. That is what believing looks like. And don’t you ever, ever, ever give up on you. I am Sheryl Lee Ralph, and I love you just the way you are. (Singing) Believe in yourself As I believe in you Thank you.

「自分を信じるための3ステップ ガイド(A 3-Step Guide to Believing in Yourself)」の和訳

(歌いながら)私は絶滅危惧種です
しかし、私は被害者の歌を歌いません。私は女性です。私はアーティストです。そして私は私の声の場所を知っています。

さて、あなたは私がその歌を歌ったのを聞いたことがあるかもしれません。それは2022年9月12日、Amy PoehlerとSeth Meyersが「そして受賞者は、シェリル・リー・ラルフ!」と言った直後でした。なんですって?!私はあなたのお気に入りのテレビ番組「アボット小学校」でミセス・バーバラ・ハワード役として、コメディの助演女優賞を受賞しました。

ああ、そう。そして私は驚きました。子供たちが言うように、驚きで信じられないほどでした。ああ、私の良さげなの初めてのエミー賞で優勝したんです。はい!そして言わせてもらいます、その瞬間、私は信じられないほどの驚きで呆然としてしまって、どうやって舞台に上がったのか分かりませんでした。そこに私がいて、拍手の喝采を聞いているだけでした。うん、うん、うん。そして私のキャリア全体が目の前に一瞬にして駆け巡りました。19歳のシェリル・リーが初めての映画で偉大なシドニー・ポワチエによって監督されているところから始まりました。ああ、そう、それに拍手していいわよ。

次の映画の役が登場するまでの「いいえ」の後に10年間の「いいえ」が続きました。しかし、その間、テレビで活躍し、さらに「いいえ」と拒絶の連続で時間を埋め、80年代の象徴的なミュージカル、「ドリームガールズ」でブロードウェイで大成功を収めました。そこで、私は人生の多くの教訓を学びました。私は、たくさんの疑いや不信の瞬間の後、あのエミーのステージに立って、目の前の巨大な看板が「今ここでやめろ」「今ここでやめろ」「今ここでやめろ」と点滅し始めた時、考え始めました。「まったくもって『いいえ』の後にその時点でやめていたらどうなっていたのだろうか?」「まったくもって敗北感を感じる瞬間の後にその時点でやめていたらどうなっていたのだろうか?」「もしやめていたら?」私はあの黄金の瞬間のためにそこに立っていないでしょう。

しかし、今、私たちの多くは、自分自身を信じるのに苦労しています。私は毒性のある方法ではありません。私は自信からくる方法、自分自身を信じることができる自信、私たちがパンデミックの重さを背負い、政治的な分断を理解しようとし、家庭やコミュニティでの心理的、身体的、社会的な暴力、気候変動、ソーシャルメディアと戦っていると感じるときに前に進むことができる自信の種類について話しています。世界の善良さを信じるのが難しい状況です。そして、私たち自身の善良さを信じるのはさらに難しいです。これは厳しい時代です。そして、私たちの精神的健康が苦しんでいます。私たち全員が、首から上のチェックアップが必要です。

そして、私が言っていることは–、はい、大丈夫です。私を感じてくれて、ありがとう。

そして、私が言っているのはただ薬だけではありません。実際には、自分自身を信じる能力を考え直すことを意味しています。今、私をテレビや雑誌、映画のスクリーンで見ているかもしれませんが、「彼女は自分自身を信じることに苦労しているとは何を知っているのか?」と思っているかもしれません。しかし、私は自分の旅には見えていません。

ああ、私はいくつかのことを経験してきました。そして、その闘いは本当です。しかし、私は人生で何かを学びました。自分自身を信じるために、私たち全員が行う必要がある3つのことがあるということです。まず第一に、私たちは自分自身を見る必要があります。私たち自身が誰であり、何であるかを本当に、真に、深く見る必要があります。私は60年代の子供ですが、それは難しかったです。3年生の時、私は公立学校を私立の高級学校に入学し、毎日見る唯一の黒人が、鏡に映る自分自身だけでした。私はひとりぼっちでした。そして、私に言われたこと、子供たちだけでなく、大人たちもそうでした。そして、学校から泣きながら帰ってくると、移民のジャマイカ人の母親が私を鏡の前に座らせ、「Nワードを見る?嘘つきを見る?大きな唇の猿を見る?見えない!だから、目を拭いて。そして、学校に戻るときに覚えておいて、あなたはゴムだ、彼らは接着剤だ。彼らがあなたについて言う無知なことはすべてあなたからはね返り、彼らにくっつく」と言いました。私は彼女を信じました。それほど。痛くありませんでした。なぜなら、私は信じていたからです。

第二に、考えなければなりません。自分自身について考えることで、自分自身を信じることができます。私の父は机に看板を置いていました。それには、「考える」と書いてありました。ああ、私はどれほど単純な考えるという行為が価値があるし、力があるのかを知りませんでした。ブロードウェイでの栄光の舞台の後、ハリウッドに戻ってきたとき、私は大手のスタジオのキャスティングディレクターとのミーティングを持ちました。ああ、とても興奮していました。私が入って行くと、彼は私を見て、「ん。誰もがあなたが美しい才能ある黒人の女の子だって知っている。でも、私は美しい才能ある黒人の女の子をどうすればいいのかな?トム・クルーズと一緒の映画に出すの?彼があなたをキスする?うげっ。その映画を見に誰が行くの?」と言いました。私はその男がまさに私の目の前でそれを言ったことを信じられませんでした。彼は私を傷つけました。私はとても深く傷ついていて、実際には辞めようと考えていました。しかし…私は考え始めました。そして、彼が言ったことを考えました。彼は皆が私が美しい、才能ある黒人の女の子だと知っていると言いました。そして、私はトム・クルーズのような人と一緒の映画に出演し、彼が私をキスするのを当然受けるべきだと言いました。

だから、私を壊そうとしたものは私を壊すことはありませんでした、それは私を成長させました。私はその男を信じました、彼の言ったことを信じました。そして、私はそこから出て、誰が何を私について思おうとも、ハリウッドで自分の場所を取る許可を自分に与えました。

第三に、私たちは自分自身を信じるように行動しなければなりません。そうですね。私たちが自分自身を信じ、それに基づいて行動すると、私たちはただ信じなかった場合には決して可能にならなかった可能性を創造します。さて、もう一つの物語をお話ししましょう。私はある日、混んでいるハリウッドの部屋の一つに入って行き、そこにはプロデューサーのハリー・トマソンがいました。ライターで、「デザイニング・ウィメン」というシリーズの作者であるリンダ・ブラッドウォース・トマソンと結婚しているハリー・トマソンです。私はハリーのところに歩いていき、「これだけの年月が経ったのに、アンソニーが黒人女性との関係を持っていないのはどうしてですか?なぜなら、番組はジョージア州アトランタで行われているからです。」と言いました。彼は私を見て、一歩後ずさりし、「あなたは誰ですか?」と言いました。私は「私はシェリル・リー・ラルフです。」と言いました。そして彼は「わかりました。あなたの人たちに電話して、私たちが何ができるかを見てみましょう。」と言いました。そして結果はどうなったかと言いますと?私は「デザイニング・ウィメン」の最終シーズンで、アンソニーの妻になるエティエンヌ・トゥーサン・ブーヴィエ役にキャストされました。

そうですね。再びすべての可能性に反して、私は自分に場所を取る許可を与えました、私がそこに居ることを信じることを。シェリル・リーが自分の技術を磨き、強固な関係を築き、常に準備している状態を保っているなら、何でも可能だと信じていました。まさに、エミー賞、グラミー賞、オスカー、トニー賞を獲得することです。EGOTだ、ベイビー。

だから… 今日この部屋を出るとき、私は皆さんに、鏡を見て、見ている自分を愛するという意味のある習慣を始めることを挑戦します。見ているものを信じてください。それを愛せない場合は、尊重してください。尊重できない場合は、励ましてください。それを励ませない場合は、力を与えてください。それを力にすることができない場合は、優しくしてください。

最高の関係、最高のものは、自分自身との関係です。私の言葉を信じてください。自分自身を信じてください。信仰を持つことが、折れた翼を飛ばすことができると信じています。そして私たちは飛ぶ価値があります。覚えておいてください、もしかしたらいつか鏡を通って自分を見て、私があなたにこれを言ったことを覚えておいてください。それが信じることの姿です。そしてあなた自身を絶対に、絶対に、絶対に諦めないでください。私はシェリル・リー・ラルフです。そして私はあなたがただそのままのあなたを愛しています。(歌)

コメント

タイトルとURLをコピーしました