南カリフォルニアで育った私が中絶に悩んだ20歳の夏の出来事

健康

Abortion is extremely common. In America, for example, one in three women will have an abortion in their lifetime, yet the strong emotions sparked by the topic — and the highly politicized rhetoric around it — leave little room for thoughtful, open debate. In this personal, thoughtful talk, Aspen Baker makes the case for being neither “pro-life” nor “pro-choice” but rather “pro-voice” — and for the roles that listening and storytelling can play when it comes to discussing difficult topics.

中絶は非常に一般的です。

たとえば、アメリカでは、女性の3人に1人が生涯に中絶を経験することになるが、この話題によって引き起こされる強い感情と、それをめぐる高度に政治化されたレトリックによって、思慮深くオープンな議論の余地はほとんど残されていない。

この個人的で思慮深い講演の中で、アスペン・ベイカーは、「プロライフ」でも「プロ選択」でもなく、むしろ「プロボイス」であること、そして難しい議論に関して傾聴とストーリーテリングが果たせる役割について主張します。 トピック。

タイトル A better way to talk about abortion
中絶について話すより良い方法
スピーカー アスペン・ベイカー
アップロード 2015/07/15

「中絶について話すより良い方法(A better way to talk about abortion)」の文字起こし

It was the middle of summer and well past closing time in the downtown Berkeley bar where my friend Polly and I worked together as bartenders. Usually at the end of our shift we had a drink — but not that night.

“I’m pregnant. Not sure what I’m going to do yet,” I told Polly.

Without hesitation, she replied, “I’ve had an abortion.”

Before Polly, no one had ever told me that she’d had an abortion. I’d graduated from college just a few months earlier and I was in a new relationship when I found out that I was pregnant. When I thought about my choices, I honestly did not know how to decide, what criteria I should use. How would I know what the right decision was? I worried that I would regret an abortion later.

Coming of age on the beaches of Southern California, I grew up in the middle of our nation’s abortion wars. I was born in a trailer on the third anniversary of Roe vs. Wade. Our community was surfing Christians. We cared about God, the less fortunate, and the ocean. Everyone was pro-life. As a kid, the idea of abortion made me so sad that I knew if I ever got pregnant I could never have one.

And then I did. It was a step towards the unknown. But Polly had given me a very special gift: the knowledge that I wasn’t alone and the realization that abortion was something that we can talk about.

Abortion is common. According to the Guttmacher Institute, one in three women in America will have an abortion in their lifetime. But for the last few decades, the dialogue around abortion in the United States has left little room for anything beyond pro-life and pro-choice. It’s political and polarizing.

But as much as abortion is hotly debated, it’s still rare for us,
whether as fellow women or even just as fellow people,
to talk with one another about the abortions that we have.
There is a gap.

Between what happens in politics and what happens in real life, and in that gap, a battlefield mentality. An “are you with us or against us?” stance takes root. This isn’t just about abortion. There are so many important issues that we can’t talk about. And so finding ways to shift the conflict to a place of conversation is the work of my life.

There are two main ways to get started. One way is to listen closely. And the other way is to share stories. So, 15 years ago, I cofounded an organization called Exhale to start listening to people who have had abortions. The first thing we did was create a talk-line, where women and men could call to get emotional support. Free of judgment and politics, believe it or not, nothing like our service had ever existed. We needed a new framework that could hold all the experiences that we were hearing on our talk-line. The feminist who regrets her abortion. The Catholic who is grateful for hers. The personal experiences that weren’t fitting neatly into one box or the other. We didn’t think it was right to ask women to pick a side. We wanted to show them that the whole world was on their side, as they were going through this deeply personal experience. So we invented “pro-voice.”

Beyond abortion, pro-voice works on hard issues that we’ve struggled with globally for years, issues like immigration, religious tolerance, violence against women. It also works on deeply personal topics that might only matter to you and your immediate family and friends. They have a terminal illness, their mother just died, they have a child with special needs and they can’t talk about it. Listening and storytelling are the hallmarks of pro-voice practice. Listening and storytelling.

That sounds pretty nice. Sounds maybe, easy? We could all do that. It’s not easy. It’s very hard. Pro-voice is hard because we are talking about things everyone’s fighting about or the things that no one wants to talk about. I wish I could tell you that when you decide to be pro-voice, that you’ll find beautiful moments of breakthrough and gardens full of flowers, where listening and storytelling creates wonderful “a-ha” moments. I wish I could tell you that there would be a feminist welcoming party for you, or that there’s a long-lost sisterhood of people who are just ready to have your back when you get slammed. But it can be vulnerable and exhausting to tell our own stories when it feels like nobody cares.

And if we truly listen to one another, we will hear things that demand that we shift our own perceptions. There is no perfect time and there is no perfect place to start a difficult conversation. There’s never a time when everyone will be on the same page, share the same lens, or know the same history. So, let’s talk about listening and how to be a good listener.

There’s lots of ways to be a good listener and I’m going to give you just a couple. One is to ask open-ended questions. You can ask yourself or someone that you know, “How are you feeling?” “What was that like?” “What do you hope for, now?” Another way to be a good listener is to use reflective language. If someone is talking about their own personal experience, use the words that they use. If someone is talking about an abortion and they say the word “baby,” you can say “baby.” If they say “fetus,” you can say “fetus.” If someone describes themselves as gender queer to you, you can say “gender queer.” If someone kind of looks like a he, but they say they’re a she — it’s cool. Call that person a she. When we reflect the language of the person who is sharing their own story, we are conveying that we are interested in understanding who they are and what they’re going through. The same way that we hope people are interested in knowing us.

So, I’ll never forget being in one of the Exhale counselor meetings, listening to a volunteer talk about how she was getting a lot of calls from Christian women who were talking about God. Now, some of our volunteers are religious, but this particular one was not. At first, it felt a little weird for her to talk to callers about God. So, she decided to get comfortable. And she stood in front of her mirror at home, and she said the word “God.” “God.” “God.” “God.” “God.” “God.” “God.” Over and over and over again until the word no longer felt strange coming out her mouth. Saying the word God did not turn this volunteer into a Christian, but it did make her a much better listener of Christian women.

So, another way to be pro-voice is to share stories, and one risk that you take on when you share your story with someone else is that given the same set of circumstances as you, they might actually make a different decision. For example, if you’re telling a story about your abortion, realize that she might have had the baby. She might have placed for adoption. She might have told her parents and her partner — or not. She might have felt relief and confidence, even though you felt sad and lost. This is okay. Empathy gets created the moment we imagine ourselves in someone else’s shoes. It doesn’t mean we all have to end up in the same place. It’s not agreement, it’s not sameness that pro-voice is after. It creates a culture and a society that values what make us special and unique. It values what makes us human, our flaws and our imperfections. And this way of thinking allows us to see our differences with respect, instead of fear. And it generates the empathy that we need to overcome all the ways that we try to hurt one another. Stigma, shame, prejudice, discrimination, oppression. Pro-voice is contagious, and the more it’s practiced the more it spreads.

So, last year I was pregnant again. This time I was looking forward to the birth of my son. And while pregnant, I had never been asked how I was feeling so much in all my life. (Laughter) And however I replied, whether I was feeling wonderful and excited or scared and totally freaked out, there was always someone there giving me a “been there” response. It was awesome. It was a welcome, yet dramatic departure from what I experience when I talk about my mixed feelings of my abortion. Pro-voice is about the real stories of real people making an impact on the way abortion and so many other politicized and stigmatized issues are understood and discussed. From sexuality and mental health to poverty and incarceration. Far beyond definition as single right or wrong decisions, our experiences can exist on a spectrum. Pro-voice focuses that conversation on human experience and it makes support and respect possible for all. Thank you.

「中絶について話すより良い方法(A better way to talk about abortion)」の和訳

真夏の夜、ダウンタウンのバーで、私と友人のポリーはバーテンダーとして一緒に働いていました。通常、シフト終了後に一杯飲むことがありましたが、その夜は違いました。

「私、妊娠してるの。まだどうするか決めてないの」と私がポリーに話しました。

彼女はためらわずに答えました。「私、中絶したことあるわ。」

ポリーの前に、誰も私に中絶の経験を打ち明けたことはありませんでした。私は大学を卒業したばかりで、新しい恋愛関係にあったときに妊娠が分かりました。選択肢を考えるとき、正直なところ、どう決めればいいのかわかりませんでした。どうやって正しい決断をするか、どうやって判断すればいいのか。中絶を後悔しないか心配でした。

南カリフォルニアのビーチで成長し、私は国の中絶に関する戦いの真っ只中でした。私はロー対ウェイド事件の3周年にトレーラーハウスで生まれました。私たちのコミュニティはサーフィンするキリスト教徒でした。神と恵まれない人々、そして海に心を寄せていました。誰もがプロライフでした。子供の頃、中絶の考えはとても悲しく、もし妊娠したら絶対に中絶はできないと思っていました。

しかし、それが現実になりました。それは未知への一歩でした。しかし、ポリーは私にとって非常に特別な贈り物をしてくれました。私が一人ではないことを知ること、そして中絶について話し合うことができることを気付かせてくれたのです。

中絶は一般的です。ガットマッハー研究所によると、アメリカの女性の3人に1人が一生のうちに中絶を経験します。しかし、過去数十年間、アメリカでの中絶に関する対話は、プロライフとプロチョイス以外の何もかもを考慮に入れる余地をほとんど残していませんでした。それは政治的で分断された議論です。

しかし、中絶が激しく論争されている一方で、私たち女性同士、または単に人として、自分たちが行った中絶について話し合うことはまだ珍しいです。そこには隔たりがあります。

政治の世界と現実の世界の間にあり、その隔たりの中で、戦場のようなメンタリティが芽生えています。 “私たちと一緒ですか、それとも私たちに反対ですか?”という立場が根付いています。これは単に中絶についての問題ではありません。話すことができない重要な問題がたくさんあります。だからこそ、論争を対話の場に移す方法を見つけることが私の人生の仕事です。

始めるための主な方法は2つあります。1つは注意深く聞くことです。もう1つは物語を共有することです。だから、15年前、私は中絶を経験した人々に耳を傾けるためにExhaleという組織を共同設立しました。最初に私たちがしたことは、感情的なサポートを得るために女性や男性が電話できるトークラインを作成することでした。驚くべきことに、判断や政治的な意見に囚われない、私たちのようなサービスはこれまで存在しませんでした。私たちはトークラインで聞いたすべての経験を包括的に受け入れる新しい枠組みが必要でした。中絶を後悔するフェミニスト。彼女の中絶に感謝しているカトリック教徒。どちらかにすっきりと収まらない個人の経験。私たちは女性に一方を選ぶよう求めることは正しくないと考えました。彼女たちがこの非常に個人的な経験を経ている間、世界全体が彼女たちの味方であることを示したかったのです。だから、私たちは “プロボイス” を考案しました。

中絶以外にも、プロボイスは何年も世界的に苦しんできた難しい問題に取り組んでいます。移民、宗教的寛容、女性に対する暴力などの問題が含まれます。また、あなたやあなたの身近な家族や友人にだけ関係するかもしれない非常に個人的なトピックにも取り組んでいます。誰かが末期疾患を持っていたり、母親が亡くなったり、特別なニーズを持つ子供がいたりして、それについて話せない場合もあります。プロボイスの実践の特徴は、聞くことと語りかけることです。聞くことと語りかけること。

それはかなり良さそうですね。簡単に思えますか?簡単ではありません。非常に難しいです。プロボイスは難しいです。なぜなら、私たちが話しているのはみんなが戦っていることや誰もが話したくないことだからです。プロボイスを選ぶと、突破口や花畑ができて素晴らしい “ああっ” と感動的な瞬間が生まれると言えたらいいのにと願います。フェミニストの歓迎会が待っているとか、あなたが突き放されたときに背中を押してくれる人々の長い遠い姉妹団がいるとか、そんなことを言えたらいいのですが、私たち自身の物語を語ることは、誰も気にかけてくれないと感じるときには脆弱で疲れることがあります。

もし本当にお互いに耳を傾けるなら、自分自身の認識を変えなければならないことを求められることがあるでしょう。難しい会話を始めるには完璧な時や場所はありません。誰もが同じページにいる時や、同じレンズで見ていたり、同じ歴史を知っている時は決してありません。だから、耳を傾けることについて話しましょう。そして、どうやって良いリスナーになるかについて話しましょう。

良いリスナーになる方法はたくさんありますが、私はいくつかをご紹介します。一つ目はオープンエンドの質問をすることです。自分自身や知っている人に「どんな気持ちですか?」、「どんな感じでしたか?」、「今、何を望んでいますか?」と尋ねることができます。もう一つの方法は反射的な言葉を使うことです。誰かが自分の個人的な経験について話しているときは、その人が使っている言葉を使います。誰かが中絶について話していて「赤ちゃん」と言ったら、「赤ちゃん」と言います。もし「胎児」と言ったら、「胎児」と言います。誰かが自分自身をジェンダークィアと表現した場合、「ジェンダークィア」と言います。もし見た目が男性に似ていても、彼女だと言っているなら、それはかまいません。その人を彼女と呼びます。自分自身の物語を共有している人の言葉を反映することで、私たちはその人が誰であり、何を経験しているのかを理解しようとしていることを伝えています。私たち自身に興味を持ってくれる人がいることを期待するのと同じように。

だから、私はExhaleのカウンセラー会議の1つにいた時のことを決して忘れません。ボランティアが、神について話しているという多くの電話を受けていると話していたのです。私たちのボランティアの中には宗教的な人もいますが、この特定のボランティアはそうではありませんでした。最初は、電話相手と神について話すことが少し変だと感じました。だから、彼女は心地よく感じることに決めました。そして、自宅の鏡の前に立ち、「神」という言葉を繰り返しました。「神」「神」「神」「神」「神」「神」。何度も、何度も、何度も、口から出るのが不思議でなくなるまで。神という言葉を言うことが、このボランティアをキリスト教徒に変えたわけではありませんが、彼女をキリスト教徒の女性のより良いリスナーにしました。

さて、もう一つのプロボイスの方法は、物語を共有することです。自分の物語を誰かと共有するときに、冒すリスクの一つは、あなたと同じ状況に置かれた場合、彼らが実際に異なる決定をするかもしれないということです。例えば、中絶についての物語を語っている場合、彼女はその赤ちゃんを持っているかもしれません。彼女は養子に出したかもしれません。彼女は両親やパートナーに話したかもしれませんし、話さなかったかもしれません。彼女は安心感や自信を感じるかもしれませんが、あなたが悲しみや迷子に感じていたかもしれません。これは大丈夫です。共感は、自分自身を他人の立場に想像する瞬間に生まれます。私たちは皆、同じ場所で終わらなければならないというわけではありません。プロボイスは同意ではなく、同一性でもありません。私たちが特別でユニークであることを尊重する文化と社会を作り出します。それは私たちが人間であること、私たちの欠点や不完全さを尊重します。そして、この考え方によって、私たちは畏れるのではなく、尊重して異なる点を見ることができます。そして、私たちが互いに傷つけようとするあらゆる方法を乗り越えるために必要な共感を生み出します。スティグマ、恥、偏見、差別、抑圧。プロボイスは伝染性があり、練習すればするほど広がっていきます。

去年、私は再び妊娠しました。今度は息子の誕生を楽しみにしていました。そして、妊娠中、私は一生でこんなにも私の気持ちを尋ねられたことがありませんでした。(笑い)そして、私がどのように答えようとも、私が素晴らしく楽しみな気持ちであろうと、怖がって完全に動揺していようと、いつも誰かが「経験済み」の返答をしてくれました。それは素晴らしいことでした。私が自分の中絶の複雑な気持ちについて話すときに経験するものとはまったく異なるものでした。プロボイスは、中絶や他の政治化され、汚名を着せられた問題が理解され、議論される方法に影響を与える、現実の人々の実際の物語についてのものです。セクシュアリティやメンタルヘルスから貧困や収監に至るまで。単一の正しいか間違った決定としての定義をはるかに超えて、私たちの経験はスペクトル上に存在することができます。プロボイスはその会話を人間の経験に焦点を当て、全ての人に対して支援と尊重を可能にします。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました