ラブストーリー再構築!「落ちる」恋愛から「踏み込む」恋愛へ

人間関係

In love, we fall. We’re struck, we’re crushed, we swoon. We burn with passion. Love makes us crazy and makes us sick. Our hearts ache, and then they break. Talking about love in this way fundamentally shapes how we experience it, says writer Mandy Len Catron. In this talk for anyone who’s ever felt crazy in love, Catron highlights a different metaphor for love that may help us find more joy — and less suffering — in it.

恋に落ちます。 私たちは打たれ、打ちのめされ、気を失います。 私たちは情熱を燃やします。 愛は私たちを狂わせ、病気にさせます。 私たちの心は痛み、そして壊れてしまいます。

このように愛について語ることは、私たちがそれをどのように経験するかを根本的に形作ると作家のマンディ・レン・カトロンは言います。 恋愛で気が狂ったと感じたことのある人に向けたこの講演で、カトロンは、私たちが愛の中でより多くの喜びを見つけ、苦しみを軽減するのに役立つかもしれない、愛の別の比喩を強調します。

タイトル
A better way to talk about love
愛について話すためのより良い方法
スピーカー マンディ・レン・カトロン
アップロード 2017/01/28

「愛について話すためのより良い方法(A better way to talk about love)」の文字起こし

OK, so today I want to talk about how we talk about love. And specifically, I want to talk about what’s wrong with how we talk about love. Most of us will probably fall in love a few times over the course of our lives, and in the English language, this metaphor, falling, is really the main way that we talk about that experience. I don’t know about you, but when I conceptualize this metaphor, what I picture is straight out of a cartoon — like there’s a man, he’s walking down the sidewalk, without realizing it, he crosses over an open manhole, and he just plummets into the sewer below. And I picture it this way because falling is not jumping. Falling is accidental, it’s uncontrollable. It’s something that happens to us without our consent. And this — this is the main way we talk about starting a new relationship.

I am a writer and I’m also an English teacher, which means I think about words for a living. You could say that I get paid to argue that the language we use matters, and I would like to argue that many of the metaphors we use to talk about love — maybe even most of them — are a problem. So, in love, we fall. We’re struck. We are crushed. We swoon. We burn with passion. Love makes us crazy, and it makes us sick. Our hearts ache, and then they break. So our metaphors equate the experience of loving someone to extreme violence or illness.

They do. And they position us as the victims of unforeseen and totally unavoidable circumstances. My favorite one of these is “smitten,” which is the past participle of the word “smite.” And if you look this word up in the dictionary — you will see that it can be defined as both “grievous affliction,” and, “to be very much in love.” I tend to associate the word “smite” with a very particular context, which is the Old Testament. In the Book of Exodus alone, there are 16 references to smiting, which is the word that the Bible uses for the vengeance of an angry God.

Here we are using the same word to talk about love that we use to explain a plague of locusts. Right? So, how did this happen? How have we come to associate love with great pain and suffering? And why do we talk about this ostensibly good experience as if we are victims? These are difficult questions, but I have some theories. And to think this through, I want to focus on one metaphor in particular, which is the idea of love as madness. When I first started researching romantic love, I found these madness metaphors everywhere. The history of Western culture is full of language that equates love to mental illness. These are just a few examples. William Shakespeare: “Love is merely a madness,” from “As You Like It.” Friedrich Nietzsche: “There is always some madness in love.” “Got me looking, got me looking so crazy in love — ” from the great philosopher, Beyonce Knowles.

I fell in love for the first time when I was 20, and it was a pretty turbulent relationship right from the start. And it was long distance for the first couple of years, so for me that meant very high highs and very low lows. I can remember one moment in particular. I was sitting on a bed in a hostel in South America, and I was watching the person I love walk out the door. And it was late, it was nearly midnight, we’d gotten into an argument over dinner, and when we got back to our room, he threw his things in the bag and stormed out. While I can no longer remember what that argument was about, I very clearly remember how I felt watching him leave. I was 22, it was my first time in the developing world, and I was totally alone. I had another week until my flight home, and I knew the name of the town that I was in, and the name of the city that I needed to get to to fly out, but I had no idea how to get around. I had no guidebook and very little money, and I spoke no Spanish.

Someone more adventurous than me might have seen this as a moment of opportunity, but I just froze. I just sat there. And then I burst into tears. But despite my panic, some small voice in my head thought, “Wow. That was dramatic. I must really be doing this love thing right.” Because some part of me wanted to feel miserable in love. And it sounds so strange to me now, but at 22, I longed to have dramatic experiences, and in that moment, I was irrational and furious and devastated, and weirdly enough, I thought that this somehow legitimized the feelings I had for the guy who had just left me. I think on some level I wanted to feel a little bit crazy, because I thought that that was how love worked.

This really should not be surprising, considering that according to Wikipedia, there are eight films, 14 songs, two albums, and one novel with the title “Crazy Love.” About half an hour later, he came back to our room. We made up. We spent another mostly happy week traveling together. And then, when I got home, I thought, “That was so terrible and so great. This must be a real romance.” I expected my first love to feel like madness, and of course, it met that expectation very well. But loving someone like that — as if my entire well-being depended on him loving me back — was not very good for me or for him. But I suspect this experience of love is not that unusual. Most of us do feel a bit mad in the early stages of romantic love. In fact, there is research to confirm that this is somewhat normal, because, neurochemically speaking, romantic love and mental illness are not that easily distinguished. This is true. This study from 1999 used blood tests to confirm that the serotonin levels of the newly in love very closely resembled the serotonin levels of people who had been diagnosed with obsessive-compulsive disorder.

Yes, and low levels of serotonin are also associated with seasonal affective disorder and depression. So there is some evidence that love is associated with changes to our moods and our behaviors. And there are other studies to confirm that most relationships begin this way. Researchers believe that the low levels of serotonin are correlated with obsessive thinking about the object of love, which is like this feeling that someone has set up camp in your brain. And most of us feel this way when we first fall in love. But the good news is, it doesn’t always last that long — usually from a few months to a couple of years.

When I got back from my trip to South America, I spent a lot of time alone in my room, checking my email, desperate to hear from the guy I loved. I decided that if my friends could not understand my grievous affliction, then I did not need their friendship. So I stopped hanging out with most of them. And it was probably the most unhappy year of my life. But I think I felt like it was my job to be miserable, because if I could be miserable, then I would prove how much I loved him. And if I could prove it, then we would have to end up together eventually. This is the real madness, because there is no cosmic rule that says that great suffering equals great reward, but we talk about love as if this is true.

Our experiences of love are both biological and cultural. Our biology tells us that love is good by activating these reward circuits in our brain, and it tells us that love is painful when, after a fight or a breakup, that neurochemical reward is withdrawn. And in fact — and maybe you’ve heard this — neurochemically speaking, going through a breakup is a lot like going through cocaine withdrawal, which I find reassuring.

And then our culture uses language to shape and reinforce these ideas about love. In this case, we’re talking about metaphors about pain and addiction and madness. It’s kind of an interesting feedback loop. Love is powerful and at times painful, and we express this in our words and stories, but then our words and stories prime us to expect love to be powerful and painful. What’s interesting to me is that all of this happens in a culture that values lifelong monogamy. It seems like we want it both ways: we want love to feel like madness, and we want it to last an entire lifetime. That sounds terrible.

To reconcile this, we need to either change our culture or change our expectations. So, imagine if we were all less passive in love. If we were more assertive, more open-minded, more generous and instead of falling in love, we stepped into love. I know that this is asking a lot, but I’m not actually the first person to suggest this. In their book, “Metaphors We Live By,” linguists Mark Johnson and George Lakoff suggest a really interesting solution to this dilemma, which is to change our metaphors. They argue that metaphors really do shape the way we experience the world, and that they can even act as a guide for future actions, like self-fulfilling prophecies. Johnson and Lakoff suggest a new metaphor for love: love as a collaborative work of art.

I really like this way of thinking about love. Linguists talk about metaphors as having entailments, which is essentially a way of considering all the implications of, or ideas contained within, a given metaphor. And Johnson and Lakoff talk about everything that collaborating on a work of art entails: effort, compromise, patience, shared goals. These ideas align nicely with our cultural investment in long-term romantic commitment, but they also work well for other kinds of relationships — short-term, casual, polyamorous, non-monogamous, asexual — because this metaphor brings much more complex ideas to the experience of loving someone.

So if love is a collaborative work of art, then love is an aesthetic experience. Love is unpredictable, love is creative, love requires communication and discipline, it is frustrating and emotionally demanding. And love involves both joy and pain. Ultimately, each experience of love is different. When I was younger, it never occurred to me that I was allowed to demand more from love, that I didn’t have to just accept whatever love offered.

When 14-year-old Juliet first meets — or, when 14-year-old Juliet cannot be with Romeo, whom she has met four days ago, she does not feel disappointed or angsty. Where is she? She wants to die. Right? And just as a refresher, at this point in the play, act three of five, Romeo is not dead. He’s alive, he’s healthy, he’s just been banished from the city. I understand that 16th-century Verona is unlike contemporary North America, and yet when I first read this play, also at age 14, Juliet’s suffering made sense to me.

Reframing love as something I get to create with someone I admire, rather than something that just happens to me without my control or consent, is empowering. It’s still hard. Love still feels totally maddening and crushing some days, and when I feel really frustrated, I have to remind myself: my job in this relationship is to talk to my partner about what I want to make together. This isn’t easy, either. But it’s just so much better than the alternative, which is that thing that feels like madness.

This version of love is not about winning or losing someone’s affection. Instead, it requires that you trust your partner and talk about things when trusting feels difficult, which sounds so simple, but is actually a kind of revolutionary, radical act. This is because you get to stop thinking about yourself and what you’re gaining or losing in your relationship, and you get to start thinking about what you have to offer. This version of love allows us to say things like, “Hey, we’re not very good collaborators. Maybe this isn’t for us.” Or, “That relationship was shorter than I had planned, but it was still kind of beautiful.”

The beautiful thing about the collaborative work of art is that it will not paint or draw or sculpt itself. This version of love allows us to decide what it looks like. Thank you.

「愛について話すためのより良い方法(A better way to talk about love)」の和訳

わかりました。今日は、愛について話したいと思います。具体的には、私たちが愛について話す方法に問題があるということについて話したいと思います。私たちのほとんどは、人生の中で何度か恋をするでしょう。そして、英語では、このメタファー、「falling(落ちる)」がその経験を話す主要な方法です。あなたはどうかわかりませんが、この比喩を概念化するとき、私が描くのはまるでカートゥーンから出てきたようなものです。男性が歩道を歩いていて、気づかずに開いたマンホールを渡り、そのまま下の下水道に落ちる。私はこれをこう描くのです。なぜなら、落ちることはジャンプすることではないからです。落ちることは偶然であり、制御できないものです。私たちの同意なしに私たちに起こることです。そして、これが新しい関係を始める方法の主なやり方です。

私は作家であり、また英語の先生でもあります。つまり、私は言葉について考えることが仕事です。私たちが愛について話すために使用する多くの比喩は、問題があると主張したいと思います。愛の中で、私たちは落ちます。私たちは打たれます。私たちは押しつぶされます。私たちは目眩を起こします。情熱で燃え尽きます。愛は私たちを狂わせ、そして病気にします。私たちの心は痛み、そして壊れます。したがって、私たちの比喩は、誰かを愛する経験を極端な暴力や病気に等しいものとしています。

そうですね。そして、私たちを予期せぬ完全に避けられない状況の被害者として位置づけます。その中で私のお気に入りは、「smitten(惚れる)」という言葉です。これは「smite」という単語の過去分詞です。辞書でこの単語を調べると、「深刻な苦痛」と「とても愛している」という両方の定義が見られます。私は「smite」という単語を非常に特定の文脈で使う傾向があります。それは旧約聖書です。出エジプト記だけでも、怒りの神の報復を意味する「smite」の言葉が16回使用されています。

私たちは、愛について話す際に、イナゴの大群を説明するのに使う言葉と同じ言葉を使っています。ですよね?では、なぜこんなことが起きたのでしょうか?なぜ私たちは、明らかに良い経験にもかかわらず、被害者のようにこのことを話すのでしょうか?これは難しい質問ですが、私にはいくつかの理論があります。これを考えるために、特に一つの比喩に焦点を当てたいと思います。それは、愛を狂気と見なす考え方です。私が初めてロマンチックな愛を研究し始めたとき、私はこの狂気の比喩がどこにでもあることに気づきました。西洋文化の歴史は、愛を精神疾患に等しいとする言語でいっぱいです。これはいくつかの例です。ウィリアム・シェイクスピア: 「Love is merely a madness(愛は単なる狂気である)」、『君が好きなように』より。フリードリヒ・ニーチェ: 「There is always some madness in love(愛には常にいくらかの狂気がある)」。偉大な哲学者、ビヨンセ・ノウルズ: 「Got me looking, got me looking so crazy in love(私を見て、私を見て、愛でとても狂わせる)」。

私が初めて恋に落ちたのは20歳のときでした。最初からかなり波乱万丈な関係でした。最初の数年間は遠距離関係で、私にとっては非常に高い高潮と非常に低い低潮がありました。特に1つの瞬間を覚えています。私は南アメリカのホステルのベッドに座っていて、愛する人がドアを出て行くのを見ていました。それは遅く、ほとんど深夜で、私たちは夕食の間に口論になり、部屋に戻ったとき、彼は荷物をバッグに詰め込んで外に飛び出して行きました。その口論の内容はもう覚えていませんが、彼が出て行くのを見ていたときの気持ちは非常に鮮明に覚えています。私は22歳で、発展途上国に初めて来ていて、完全に一人でした。私は帰るまでにもう1週間あり、今いる町の名前と、飛び立つために行く必要のある都市の名前は知っていましたが、どうやって移動するかわかりませんでした。私はガイドブックもほとんどお金もほとんど持っておらず、スペイン語も話せませんでした。

私よりも冒険心のある人なら、これを機会の瞬間と見なしたかもしれませんが、私はただ凍りついてしまいました。ただそこに座っていました。そして涙が溢れ出ました。しかし、パニックにもかかわらず、私の頭の中の小さな声が「わあ、それは劇的だった。私は本当に恋愛をうまくやっているんだな」と考えました。だって私の一部は、恋愛で悲しく感じたかったのです。今ではそれがどれだけ奇妙に思えるかわかりますが、22歳のとき、私はドラマチックな体験をしたかったし、その瞬間、私は非合理的で怒っており、壊れていました。不思議なことに、私は、さっき私を置いて行った男性に対する感情を、どうにかして正当化したいと思っていました。あるレベルでは、私は少し狂ってみたかったのです。なぜなら、それが愛の働き方だと思っていたからです。

これは驚くべきことではないでしょう。Wikipediaによると、「Crazy Love」というタイトルの映画が8本、歌が14曲、アルバムが2枚、小説が1冊あるそうです。約30分後、彼は部屋に戻ってきました。仲直りしました。一緒に旅行をして、ほとんど幸せな1週間を過ごしました。そして、家に帰ったとき、「それはひどいことだったし、素晴らしかった。これは本当のロマンスだろう」と思いました。私の最初の恋愛が狂気のように感じると期待していましたし、もちろん、それはその期待に十分に応えました。しかし、そのように誰かを愛すること — 彼が私を愛してくれるかどうかに私の全幸福がかかっているように — は、私にとっても彼にとってもあまり良くありませんでした。しかし、このような愛の経験は珍しくないと思います。多くの人が恋愛の初期段階で少し狂ったように感じます。実際、これはある程度普通であるという証拠があります。神経化学的には、ロマンチックな愛と精神疾患はそれほど簡単に区別されないということです。これは事実です。1999年のこの研究では、新しく恋に落ちた人のセロトニンレベルが、強迫性障害と診断された人々のセロトニンレベルと非常によく似ていることを血液検査で確認しました。

そうですね、セロトニンの低いレベルは季節性情動障害やうつ病とも関連しています。したがって、愛が私たちの気分や行動に変化をもたらすことが示唆される証拠があります。そして、他の研究でも、ほとんどの関係がこのように始まることが確認されています。研究者たちは、セロトニンの低いレベルが愛の対象についての強迫的な考えと相関しており、それはまるで誰かがあなたの脳内にキャンプを張っているような感覚です。そして、私たちはほとんどの場合、最初に恋に落ちたときにこのように感じます。しかし、良いニュースは、それが常に続くわけではないということです — 通常、数か月から数年間です。

南アメリカ旅行から帰ってきた時、私はひとりで部屋にこもり、メールをチェックして、愛する人からの連絡を待ちわびていました。私の友人たちが私の深刻な苦悩を理解してくれないなら、その友情は必要ないと思いました。だから、ほとんどの友人との交流をやめました。それはおそらく私の人生で最も不幸な1年だったでしょう。でも、私は自分が不幸でなければならないと思ったのです。なぜなら、もし私が不幸であれば、それが彼をどれだけ愛しているかを証明することになるからです。そして、それを証明できれば、最終的に私たちは一緒にならなければなりません。これが本当の狂気です。なぜなら、偉大な苦しみが偉大な報酬につながるという宇宙の法則は存在しないからです。しかし、私たちは愛についてそうであるかのように話します。

愛の経験は生物学的であり、文化的でもあります。私たちの生物学は、愛が良いことであると教えてくれます。脳内の報酬回路を活性化することで、愛が良いと言います。そして、喧嘩や別れの後に、その神経化学的な報酬が失われると、愛が痛みを伴うものであると教えてくれます。実際、おそらく聞いたことがあるかもしれませんが、神経化学的に言えば、別れを経験することはコカイン離脱を経験するのと似ています。これは私にとって安心感を得られることです。

そして、私たちの文化は言語を使って愛に関するこれらの考えを形作り、強化します。この場合、私たちは痛みや中毒、狂気に関する隠喩について話しています。これは興味深いフィードバックループです。愛は強力であり、時には苦痛を伴います。私たちは言葉や物語でこれを表現しますが、その後、私たちの言葉や物語は愛が強力で苦痛を伴うものであると期待するよう私たちを準備します。興味深いのは、これらすべてが終身一夫一婦制を尊重する文化の中で起こっていることです。私たちは愛が狂気のように感じることを望み、それが一生続くことを望みます。それはひどいことのように聞こえます。

これを調和させるためには、文化を変えるか、期待を変えるかのどちらかが必要です。ですから、もし私たちが愛においてより受動的ではなく、より積極的で、より開かれた心で、より寛容であればどうでしょうか。そして、恋に落ちるのではなく、愛に歩み入るのです。これは多くを要求することを知っていますが、実際には私が最初にこの提案をしたわけではありません。言語学者のマーク・ジョンソンとジョージ・レイコフは、彼らの著書「生きるための隠喩」で、このジレンマに対する非常に興味深い解決策を提案しています。それは、私たちの隠喩を変えることです。彼らは、隠喩が実際に私たちが世界を体験する方法を形作り、将来の行動のガイドとして機能することさえあると主張しています。ジョンソンとレイコフは、愛に対する新しい隠喩を提案しています:愛は共同制作の芸術作品です。

私はこの愛についての考え方が本当に好きです。言語学者は、隠喩が連続性を持つと話します。つまり、特定の隠喩に含まれるすべての含意やアイデアを考慮する方法です。そして、ジョンソンとレイコフは、芸術作品に協力することがもたらすすべてのことについて話します:努力、妥協、忍耐、共有の目標。これらの考え方は、私たちの文化が長期のロマンチックなコミットメントに投資していることと素敵に一致していますが、また、他の種類の関係にも適しています。短期的な関係、カジュアルな関係、ポリアモリー、非一夫一婦制、無性愛の関係でも、この隠喩は誰かを愛する経験により複雑なアイデアをもたらします。

ですから、もし愛が共同制作の芸術作品であるなら、愛は美的な経験です。愛は予測できない、愛は創造的であり、愛にはコミュニケーションと規律が必要です。愛は挫折感を覚え、感情的な要求があります。そして、愛は喜びと痛みの両方を含みます。最終的に、愛の各経験は異なります。私が若い頃、愛からもっと要求してもよいこと、愛が提供するものをただ受け入れる必要はないことに気づいたことはありませんでした。

14歳のジュリエットが初めてロミオに会った時、または、4日前に会ったロミオと一緒にいられない時、失望や不安に感じたことはありませんでした。彼女はどこにいるのでしょうか?死にたいと思っていました。そうですね?そして、この劇のこの時点では、5幕のうちの3幕目で、ロミオは死んでいません。彼は生きていますし、健康です。ただ、街から追放されただけです。16世紀のヴェローナは現代の北米とは異なりますが、私が初めてこの劇を読んだとき、私にとってジュリエットの苦しみは理解できました。

愛を何かに制御や同意なしに私に起こるものとしてではなく、尊敬する誰かと共に創造するものとして見直すことは力を与えてくれます。それでも難しいことです。愛は依然としてある日は完全に狂気じみて圧倒的ですし、私が本当にイライラするときには、自分に思い出さなければならないことがあります。この関係で私の役割は、パートナーと一緒に作りたいものについて話すことです。これも簡単ではありません。しかし、それはただの狂気じみたものよりもずっと良いのです。

この愛の形は、誰かの愛情を勝ち取るか失うことではありません。その代わり、パートナーを信頼し、信頼が困難に感じるときに話し合うことが必要です。これは非常にシンプルなように聞こえますが、実際には革命的で、根本的な行為です。なぜなら、あなたは自分と、あなたの関係で得たり失ったりしていることについて考えるのをやめ、あなたが提供できるものについて考え始めることができるからです。この愛の形では、私たちは、「ねえ、私たちはあまりうまく協力できていないね。もしかしたらこれは私たちには向いていないかもしれないね」といったことを言うことができます。あるいは、「その関係は予定よりも短かったけれど、それでもなんとなく美しかった」と言うことができます。

共同制作の芸術作品の美しいところは、それ自体が絵を描いたり彫刻したりすることはありません。この愛の形では、私たちはそれがどのように見えるかを決めることができます。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました