宇宙の詩に耳を傾ける:詩人が見つけた美しさ

芸術・アート

「あなたが書こうと思っていた詩は、宇宙がすでに書いているんです」とサラ・ケイは友人の詩人カヴェ・アクバルの言葉を引用して言う。

「鳥でできた鳥」を演奏しながら、彼女は詩をどこでどのように見つけたかを語ります。

タイトル
A Bird Made of Birds
鳥でできた鳥
スピーカー サラ・ケイ
アップロード 2019/07/23

「鳥でできた鳥(A Bird Made of Birds)」の文字起こし

I have a friend named Kaveh Akbar, who is a fellow poet. And Kaveh found this photo online of the anatomical heart of a blue whale that scientists had hung on a hook from the ceiling, which is how they were able to observe that the heart of a blue whale is big enough that a person can stand up fully inside of it. And when Kaveh shared this photo online, he did so with the caption, “This is another reminder that the universe has already written the poem you were planning on writing.” And when I first saw that, I was horrified. I was like, “Come on, man! I’m trying to invent new metaphors! I’m trying to discover beauty that hasn’t been discovered yet. What do you mean, the universe is always going to get there before me?” And I know this isn’t a uniquely poet problem, but on days when the world feels especially big or especially impossible or especially full of grandeur, those are the days when I feel, “What do I possibly have to contribute to all of this?”

Not long ago, I saw this video that some of you may have seen. It makes the internet rounds every couple of months. There are these birds that are called starlings, and they fly in what’s called a “murmuration,” which is generally just a big cloud of birds. And someone happened to catch a quick video on their phone of these starlings flying. And at first, it’s just an amorphous blob, and then there’s a moment where the birds shift, and they form the shape of a starling in the sky! And as soon as I saw it, I was like, (Gasps) “The universe has already written the poem you were planning on writing!” Except, for the first time, it didn’t fill me with despair. Instead, I thought, “OK. Maybe it’s not my job to invent something new. Maybe instead it’s my job to listen to what the universe is showing me and to keep myself open to what the universe offers, so that when it’s my turn, I can hold something to the light, just for a moment, just for as long as I have.

The universe has already written the poem that you were planning on writing. And this is why you can do nothing but point at the flock of starlings whose bodies rise and fall in inherited choreography, swarming the sky in a sweeping curtain that, for one blistering moment, forms the unmistakeable shape of a giant bird flapping against the sky. It is why your mouth forms an “o” that is not a gasp, but rather, the beginning of, “Oh. Of course.” As in, of course the heart of a blue whale is as large as a house with chambers tall enough to fit a person standing. Of course a fig becomes possible when a lady wasp lays her eggs inside a flower, dies and decomposes, the fruit, evidence of her transformation.

Sometimes, the poem is so bright, your silly language will not stick to it. Sometimes, the poem is so true, nobody will believe you. I am a bird made of birds. This blue heart a house you can stand up inside of. I am dying here inside this flower. It is OK. It is what I was put here to do. Take this fruit. It is what I have to offer. It may not be first, or ever best, but it is the only way to be sure that I lived at all.

「鳥でできた鳥(A Bird Made of Birds)」の和訳

私には詩人仲間のカヴェ・アクバルという友人がいます。ある日、カヴェがオンラインで青鯨の解剖学的な心臓の写真を見つけました。科学者たちはそれを天井からつり下げて観察しており、その青鯨の心臓が大きすぎて、人が立って中に入ることができることがわかりました。そして、カヴェがこの写真をオンラインで共有したとき、彼は「これは宇宙があなたが書こうとしていた詩をすでに書いてしまっていることの別のリマインダーです」というキャプションと共に投稿しました。私が初めてそれを見たとき、私はひどく驚きました。「まさか!私は新しい隠喩を発明しようとしています!まだ発見されていない美を見つけようとしています。どういうことですか、宇宙がいつも私より先に到達するというのは?」と。これは詩人だけの問題ではないことはわかっていますが、世界が特に大きく、特に不可能で、特に壮大に感じる日は、私が「私にはこれに何を寄せることができるのだろう?」と感じる日です。

最近、ある動画を見ました。おそらくあなたたちの中にも見たことがある人がいるかもしれません。それは数か月ごとにインターネットで広まるものです。それは「スターリング」と呼ばれる鳥で、一般的にはただの大きな鳥の群れです。そして、誰かが彼らのスマートフォンでスターリングが飛ぶ様子をちょっとした動画に撮影しました。最初はただの不定形の塊でしたが、その後、鳥が動き、空にスターリングの形が現れました!それを見た途端、私は「宇宙があなたが書こうとしていた詩をすでに書いてしまっている!」と思いました!ただし、初めて、私を絶望に陥れませんでした。その代わり、「新しいものを発明するのが私の仕事ではないかもしれません。代わりに、宇宙が私に示していることを聞くこと、そして宇宙が提供してくれることに自分を開いた状態を保つことが私の仕事かもしれません。だから、私の番が来たとき、私は何かを光に当てることができるかもしれません。ただしそれは一瞬のことであり、私が持っている限りの時間のみです。

宇宙はすでにあなたが書こうとしていた詩を書いてしまっています。だからあなたは、遺伝的な振る舞いで体が上下するスターリングの群れを指差す以外に何もできないのです。彼らは空を群れて、まるで巨大な鳥が空に羽ばたいているかのような形をつくる一瞬のあいだ、大きなカーテンのように空を覆い尽くします。それは、あなたの口が「あ」の字を形成する理由です。それは絶句ではなく、むしろ、「ああ、もちろん」という始まりです。青鯨の心臓が家ほど大きく、立っても十分な高さの部屋があるのは当然のことです。シロアリが花の中に卵を産み、死んで分解し、その変化の証である果実が可能になるのも当然です。

時には、詩があまりにも輝いているため、あなたの愚かな言葉はそれにくっつきません。時には、詩があまりにも真実なため、誰もあなたを信じません。私は鳥でできた鳥です。この青い心臓は、中に立っても立てる家です。私はここでこの花の中で死にます。それは大丈夫です。それが私がここに置かれた理由です。この果物を取ってください。それが私が提供できるものです。それが最初であるかどうか、または最良であるかどうかはわかりませんが、私が生きていたことを確実にする唯一の方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました