ネットのトロールに学ぶ!私が潜入したオルタナ右翼の世界

社会

In an unmissable talk about race and politics in America, Theo E.J. Wilson tells the story of becoming Lucius25, white supremacist lurker, and the unexpected compassion and surprising perspective he found from engaging with people he disagrees with. He encourages us to let go of fear, embrace curiosity and have courageous conversations with people who think differently from us. “Conversations stop violence, conversations start countries and build bridges,” he says.

アメリカの人種と政治についての必見の講演で、テオ・E.J・ ウィルソンは、白人至上主義者の潜伏者ルシウス 25 になるまでの物語と、意見の合わない人々と関わることで見つけた予期せぬ思いやりと驚くべき視点について語ります。

彼は、恐怖を手放し、好奇心を抱き、自分とは異なる考え方を持つ人々と勇気を持って会話するよう勧めています。 「会話が暴力を止め、会話が国を作り、橋を架けるのです」と彼は言う。

タイトル
A Black man goes undercover in the alt-right
黒人男性がオルタナ右翼に潜入
スピーカー テオ・E.J・ ウィルソン
アップロード 2017/10/09

「黒人男性がオルタナ右翼に潜入(A Black man goes undercover in the alt-right)」の文字起こし

I took a cell phone and accidentally made myself famous.
I was just talking about the things that I cared about, but with the click of a button and an incendiary viral video I propelled myself into overnight stardom. When I say overnight, I mean I literally woke up the next morning with so many notifications on my phone, I thought I slept through a national tragedy.
It was the craziest thing, guys, but when it came to my influence and my exposure, I literally took a quantum leap.

So I made more videos and the subject matter of my videos was often the most divisive subject in American life, but it was the way that I articulated race that made me somewhat of a digital lightning rod. See, being a survivor myself of police brutality and having lost a childhood friend, Alonzo Ashley, at the hands of the police, I had a little something to say about the topic. You see, this was at the height of the Black Lives Matter furor and people seemed to be turning to me to articulate their viewpoints, and honestly, it was sort of overwhelming.

You see, the internet has this interesting quality. In one way, it totally brought the world together, and I remember being a kid and all of this utopian propaganda was being dumped on us about how the World Wide Web was going to span the reaches of people across the globe. But as it turns out, people are people.
And this magical superhighway also took the demons of our nature and gave them Ferraris.

You see, technology, y’all, is a lot like money. It just brings out what’s already inside you and amplifies it. And so I soon became familiar with the phenomenon of the internet troll. These guys seem to live beneath the bridges of said superhighway —
And they also missed the memo about the enlightenment of the internet age.

I remember being called highly colorful racial slurs by those who use the anonymity of the internet as a Klan hood. And some of them were pretty creative, actually, but others were pretty wounding, especially navigating the post-traumatic world of a police brutality survivor in the height of Black Lives Matter, with all of these people being killed on my timeline. To these trolls, I wasn’t a human. I was an idea, an object, a caricature. Did I mention that this race stuff can be kind of divisive?

You see, I’m an innately curious person and as I drew my sword to engage in epic battles in the comment section —
I also began to notice that a few of my trolls actually had brains, which made me even more curious and what to understand them even further. And although these supposed morons engaged in what appeared to be original thought, I said to myself, “Um, these guys are highly misinformed, at least according to my knowledge.” Where are these guys getting these arguments from? Like, was there some kind of alternative universe with alternative facts?

Was history and gravity optional over there? I don’t know. But I needed to know. Like, I wanted to know. And as it turns out, I had no idea about digital echo chambers. That same target marketing algorithm that feeds you more of the products you like to buy also feeds you more of the news that you like to hear. I had been living in an online universe that just reflected my worldview back to me. So my timeline was pretty liberal. I had no Breitbart or Infowars or Fox News. No, no, I was all MSNBC and The Daily Show, CNN and theGrio, right? Well, these trolls were hopping the dimensional doorway and I needed to figure out how.

So what I decided to do was trick the Facebook algorithm into feeding me more news that I didn’t necessarily agree with, and this worked fine for a while, but it wasn’t enough, because my online footprint already established the patterns that I like to hear. So with the anonymity of the internet, I went undercover.

I set up this ghost profile and went crazy. Now, on a practical level, it was very simple, but on an emotional level, it was kind of daunting, especially with the racist vitriol that I had experienced. But what I didn’t realize is that my trolls were inoculating me, thickening my skin, making me immune to viewpoints that I didn’t necessarily agree with, and so I didn’t react to the same things as I would have several months prior. All right? So I pressed on.

Noticing that this stuff also worked on YouTube, I became Lucius25, white supremacist lurker —
And digitally I began to infiltrate the infamous alt-right movement. Now, my doppelganger was Edgar Rice Burroughs’ John Carter character —
a sci-fi hero who was once a Confederate soldier. And to think, like, years ago, I would have needed acting training and, like, makeup and a fake ID. Now I could just lurk.

And so I started with a little Infowars, went on into some American Renaissance, National Vanguard Alliance, and, you know, I started commenting on videos, talking bad about Al Sharpton and Black Lives Matter. I started bemoaning race baiters like Eric Holder and Barack Obama and just mirroring the antiblack sentiments that were thrown at me. And to be honest, it was kind of exhilarating.

Like, I would literally spend days clicking through my new racist profile —
Goofing off at work in Aryan land. It was something else.
And so I then started visiting some of the pages of my former trolls, and a lot of these guys were just regular Joes, a lot of outdoorsmen, hunters, computer nerds, some of them family guys with videos of their families.

I mean, for all I know, some of y’all could be in this room right now. Right?
But when I went undercover, I found a lovely plethora of characters, luminaries like Milo Yiannopoulos, Richard Spencer and David Duke. All of these guys were thought leaders in their own right, but over time, the alt-right movement ended up using their information to fuel their momentum. And I’m going to tell you what else led to the momentum of the alt-right: the left wing’s wholesale demonization of everything white and male.

If you are a pale-skinned penis-haver, you’re in league with Satan.
Now, would you believe, would you believe that some people find that offensive? And —
And so, I mean, listen, the fact is that millennials get a lifetime of diet brand history. I mean, America seems to be hellbent on filling its textbooks with CliffsNotes versions of its dark past.

This severely, severely decontextualizes race and the anger associated with it, and that is fertile ground for alt-facts to grow. Add in the wild landscape of the internet and it’s easy to sell rebranded “Mein Kampf” ideas to a generation who has been failed by public schools. A lot of these ideas, easily debunked. Alt-facts have that quality.

However, one theme kept screaming at me through the subtext of those arguments, and that was, why should I be hated for who I cannot help but be? Now, as a black man in America, that resonated with me. I have spent so much time defending myself against attempts to demonize me and make me apologize for who I am, trying to portray me as something that I’m not, some kind of thug or gangster, a menace to society.

Unexpected compassion. Wow. Now, listen, the historical source of the demonization of black males and white males is highly different, and where you fall on this argument, sadly, tends to be an accident of birth.

Now, you’re probably surprised by this perspective, and so was I. Never in a billion years did I think that I could have some kind of compassion for people who hated my guts. Now, mind you, not enough compassion like I want to be friends. I don’t have infinite olive branches to extend to people who, like, would not want to see me on this planet. Right? But just enough compassion to understand how they got to where they are. And to be honest, there were a couple of fair points.

One of them was how liberals have this wide acceptance for everybody except for those with honestly held conservative viewpoints.
Heaven forbid you love God, this country and mean it. Right? And another thing that they talked about was this fear that they had of something that they labeled as “white genocide,” that diversity would be a force that would wipe them out. Now listen, I know what it is to fear for the fate of your people. Between crack, AIDS, gang violence, mass incarceration, gentrification, police shootings, black people have more than enough reasons to stay up at night. But if nature is into diversity and you are not, you’re going to lose that fight, buddy.

You see, nature doesn’t care about your race. That’s man-made. Nature just cares about healthy organisms, and your precious ethnic features are expendable to that aim. So the moment that you let go of that racist identity and relatch onto humanity, all your problems go away.
I’m going to tell you what race ain’t about to die out: the human race. Join the party. The water’s great. Until the water gets too hot, but that’s another TED Talk.

The point is that to get to this point of understanding, you have to let go of that fear and embrace your curiosity, and sadly, too many people will not take that journey to see the world from the other side. And, I mean, let’s be honest, that doesn’t just go for progressives, but also to the right wing and conservatives. You know, as fair as some of their points were, they were still trapped in their own echo chambers, recycling old, outdated points of view, never getting a diversity in perspective, not making them well-rounded in their worldview. So they’re not hearing certain anti-racist and political voices, voices like Tim Wise and Michelle Alexander, Dr. Joy DeGruy, Boyce Watkins, Tariq Nasheed. All of these voices have the answers to the questions that they want, but unfortunately they will not hear them due to the power of these echo chambers.

We have got to break out of these digital divides, because as our technology advances, the consequences of our tribalism become more dangerous. And this whole experience taught me something: our gadgets ain’t going to save us. All these technological devices are only mastery of the universe out there, not the one in here. And so that’s all IQ, not EQ. That’s a dangerous imbalance. Where do you get the emotional intelligence, the character development, the virtues of patience, forbearance, compassion, you know, the things that make sure that these devices, however advanced, become a blessing and not a curse? Seems to be me that humanity itself needs an upgrade.

Now —
That’s a big task, understandably, but I don’t believe in any kind of unbeatable monster. There was no giant out there without perhaps a simple Achilles heel. And what if I told you that one of the best ways to actually overcome this is to have courageous conversations with difficult people, people who do not see the world the same way that you see the world? Oh yes, folks, conversations may be indeed the key to that upgrade, because remember, language was the first form of virtual reality. It is literally a symbolic representation of the physical world, and through this device, we change the physical world. Keep in mind, conversations stop violence, conversations start countries, they build bridges, and when the chips are down, conversations are the last tools that humans use before they pick up their guns.

And I ain’t talking about online safe conversations from the security of your laptop. No. I’m talking about in-your-face conversations with real, breathing people. And for me, this looks like running a community forum called Shop Talk Live. Now, in Shop Talk Live — somebody’s been there, right? In Shop Talk Live, we have the conversations that change lives. We meet the community right where they are, and we’ve done everything from divert gang violence in real time to help find people jobs to mentoring homeless youth.

And the reason why we needed to do this is because there was a severe lack of trust in the black community due to the violence of the crack era. And so we ended up taking agency into our own hands, solving our own problems, not waiting for anybody else. And the truth is, from the mayor to the felon, you’re going to find them in that barber shop. And so what we did was just organize what was already going on.

And so what I started doing was mining these alternative viewpoints from these alternative digital universes, dissecting them, breaking them down into controversial talking points. Then, with my cell phone, I flipped the internet against itself and began to broadcast these live conversations to my online followers. This made them want to leave the safety of their laptops and meet us in person to have real conversations with real people in real life. And we did this. Thank you.

Sometimes I sit back, and I reflect on the paradox of me just trying to solve the problems, us trying to solve the problems in our own communities — we build bridges to so many other communities, from the LGBTQ community to the Arab immigrant community and even sat down with somebody with a Confederate flag on their hat and talked about the things that actually matter.

It is time that we stop trying to hack our way around the human experience. There is no way out of each other. Stop trying to find one.
We have to understand something. Human beings all want the same things and we have to go through each other to get these things. These courageous conversations are the way that these bridges are built. It’s time that we start seeing people as people and not simply the ideas that we project onto them or react to. Human beings are not the barriers but the gateways to the very things that we want.

This is a collective and conscious evolution. My journey began with a terribly popular cell phone video and a fallen friend. Your journey begins right about now. Join the renaissance in human connection. It is going to happen with or without you. My suggestion: pick a topic, and start a community dialogue in your neck of the woods. Meet folks back in real life. And I’m going to tell you, when you trick the algorithm of your existence, you will get some diversified experiences. It is time to grow, people.

And when we do this, not if, it will be clear that the key to this upgrade was always our inner world, not some device that we create, and the doorways to this experience is now, and will forever be, each other. Thank you.

「黒人男性がオルタナ右翼に潜入(A Black man goes undercover in the alt-right)」の和訳

携帯電話を取っていたら、うっかり自分自身を有名にしてしまいました。
自分の関心事について話していただけなのですが、ボタンをクリックすると、炎上するようなバイラル動画で、私は一夜にして有名になりました。一夜と言っても、実際には次の朝、電話にたくさんの通知が来て、国家的な悲劇が起きたと思ったほどでした。
みなさん、それは本当に狂ったことでしたが、私の影響力と露出に関しては、文字通り量子的な飛躍を遂げたと言ってもいいでしょう。

ですから、私はもっと動画を作りました。私の動画のテーマは、アメリカ社会で最も分裂を生んでいる問題が多かったのですが、人種に関する私の表現方法が、私をデジタルの稲妻のような存在にしたのです。私自身も警察の暴力の生存者であり、幼なじみのアロンゾ・アシュリーが警察の手によって亡くなった経験があり、この問題について何かしら言いたいことがありました。これはブラック・ライブズ・マターの熱狂の最中であり、人々は私に彼らの意見を表現するように求めているようであり、正直、それは非常に圧倒的でした。

インターネットにはこの興味深い特性があります。ある意味では、世界を完全に統合し、子供の頃、この世界中の人々をつなぐというユートピア的な宣伝がされていたのを覚えています。しかし、実際には、人は人です。
この魔法のスーパーハイウェイは、私たちの本性の悪魔を持ち、それらをフェラーリに乗せたのです。

ほら、皆さん、テクノロジーはお金と似ています。それはあなたの内面にあるものを引き出し、それを増幅させるだけです。そうして、すぐにインターネットのトロール現象に慣れることになりました。これらの人々は、そのスーパーハイウェイの橋の下に住んでいるようなものですね。
そして、インターネット時代の啓蒙についてのメモを見逃しているようです。

私は、インターネットの匿名性をクー・クラックス・クランのフードのように利用する人々から、非常にカラフルな人種差別的な言葉で呼ばれたことを覚えています。中にはかなり創造的なものもいましたが、他の人々は非常に傷ついたものでした。特に、ブラック・ライブズ・マターの盛り上がりの中、自分のタイムラインでこれらの人々が殺されるのを目にしながら、警察の暴力の生存者としてのポストトラウマの世界を航行しているときには。これらのトロールたちにとって、私は人間ではなく、アイデア、物、風刺でした。この人種の問題はかなり分かれると言いましたか?

私は本質的に好奇心旺盛な人間であり、コメントセクションでの壮大な戦いに身を投じる一方で、私のトロールの中には実際に頭の良い人もいることに気付きました。これが私をさらに好奇心深くし、彼らをさらに理解したいと思わせました。そして、これらの愚か者たちがオリジナルの思考に従事しているように見えるものの、私は自分の知識に基づいて、実際にはこれらの人々は非常に誤解されていると思いました。「これらの人たちはどこでこれらの議論を得ているのだろう?まるで、オルタナティブな事実があるようなオルタナティブな宇宙があるような?」

あそこでは、歴史と重力は任意のものでしたか?わかりません。でも、私は知りたかったんです。そう、知りたかったんです。そして、結果として、私はデジタルのエコーチェンバーについて全く知りませんでした。あなたが好きな商品をもっと提供するターゲットマーケティングアルゴリズムは、あなたが聞きたいニュースももっと提供します。私は、オンラインの世界で自分の世界観をただ反映しているようなものに住んでいたのです。だから、私のタイムラインはかなりリベラルでした。ブライトバートやインフォウォーズ、フォックスニュースはありませんでした。いいえ、私はすべてMSNBCやThe Daily Show、CNN、theGrioだったんです。そうですね?さて、これらのトロールたちは次元の扉を飛び越えていましたし、私はその方法を見つけなければなりませんでした。

だから私が決めたことは、Facebookのアルゴリズムをだまして、自分が必ずしも同意しないニュースをもっと提供させることでした。これはしばらくはうまくいきましたが、十分ではありませんでした。なぜなら、私のオンラインの足跡はすでに私が聞きたいと思っているパターンを確立していたからです。だから、インターネットの匿名性を利用して、私は潜入しました。

私はこのゴーストプロフィールを設定して、狂ってしまいました。実際、実用的には非常に簡単でしたが、感情的には少し怖かったです、特に私が経験した人種差別的な憎悪の言葉があったからです。しかし、私が気付かなかったのは、私のトロールたちは私を予防接種してくれていたこと、私の皮膚を厚くしてくれていたこと、私が必ずしも同意しない視点に対して免疫を得させてくれていたことです。だから、数か月前にするような反応はしませんでした。わかりますか?ですから、私は前進しました。

YouTubeでも同じことが機能することに気付き、私はルシウス25、白人至上主義者の潜入者になりました―
そして、デジタル上で悪名高いオルトライト運動に浸透し始めました。今、私のそっくりさんはエドガー・ライス・バローズのジョン・カーターのキャラクターでした―
科学小説のヒーローであり、かつては南軍兵士でした。考えると、何年も前なら、演技のトレーニングや、化粧や、偽のIDが必要だったでしょう。今ではただ潜伏するだけで済みます。

そして、私は少しずつインフォウォーズに入り、アメリカン・ルネサンス、ナショナル・ヴァンガード・アライアンスに進み、動画にコメントをしたり、アル・シャープトンやブラック・ライブズ・マターを悪く言ったりしました。エリック・ホルダーやバラク・オバマのような人種扇動家を嘆いたり、私に向けられた反黒人的感情を反映したりしました。正直なところ、それはかなり爽快でした。

まるで、新しい人種差別主義者のプロフィールをクリックするのに数日かかった―
アーリアンランドで仕事をする間のおちゃらけた日々。それは別の世界でした。
そして、私は以前のトロールたちのページを訪れ始めました。これらの多くの人々はただの普通の人々であり、アウトドア愛好家、狩人、コンピューターファン、家族とのビデオを持つ人々もいます。

私が言っていること、この部屋にいる人々の中にもいるかもしれません。ね?
しかし、潜入すると、ミロ・ヤノポロス、リチャード・スペンサー、デイビッド・デュークなどの著名人物がいる豊かなキャラクターを見つけました。これらの人々はそれぞれ独自の権威者でしたが、やがてオルトライト運動は彼らの情報を利用して勢いを増しました。そして、オルトライトの勢いをさらに加速させたのは、左翼が白人と男性をすべて悪魔化したことでした。

もしもあなたが薄い肌の男性なら、あなたはサタンと手を組んでいるというわけです。
今や、それを冒涜的だと感じる人々がいると信じられますか?そして―
そして、要するに、ミレニアル世代は生涯、ダイエット版の歴史を受け取ります。つまり、アメリカはその暗い過去の概要を教科書に詰め込むことに必死のようです。

これは、人種とそれに関連する怒りを非常に、非常に脱文脈化しています。そして、それはオルトファクトが育つ肥沃な土壌です。インターネットの荒々しい景色を加えると、公立学校に失敗した世代に「再ブランド化された『我が闘争』」のアイデアを簡単に売ることができます。これらのアイデアの多くは簡単に論破できます。オルトファクトはそのような性質を持っています。

しかし、これらの議論の隠れたテーマが私に叫び続けたのは、なぜ私が私自身を助けることのできないもののために憎まれるべきなのか、ということでした。今、私はアメリカの黒人として、それが私に響きました。私は、自分を悪者やギャング、社会の脅威などと描写しようとする試みに対して自己防衛に多くの時間を費やしてきました。

予期せぬ思いやり。まあ。これは驚きです。十億年のうちに私が自分の敵に同情することができるとは思いませんでした。私は友達になりたいほど十分な同情心は持っていません。私にとって地球上で私を見たくないような人々に無限のオリーブの枝を伸ばす余裕はありません。ただ、彼らがどうやってそこに到達したかを理解するには十分な同情心がありました。正直に言って、いくつかの妥当な点もありました。

彼らの一人は、リベラル派が誰でも広く受け入れているが、正直な保守的な見解を持つ人々を除いているという点でした。神を愛し、この国を愛し、それを真剣に考えることが許されるわけないでしょう。そうでしょう?もう一つ彼らが話したことは、「白人虐殺」とラベル付けされた何かを恐れていることでした。多様性が彼らを抹殺する力となるだろうという恐れです。さて、あなたの人々の運命を恐れることは何か理解しています。コカイン、エイズ、ギャングの暴力、大量投獄、ジェントリフィケーション、警察の射殺の間で、黒人は夜更かしする十分な理由を持っています。しかし、もし自然が多様性を好むのにあなたが好まないのなら、あなたはその戦いに負けるでしょう。友よ。

自然はあなたの人種に興味はありません。それは人為的です。自然は健康な生物に興味があり、あなたの貴重な民族的な特徴はその目標のために使い捨てられます。ですから、あなたがその人種差別的なアイデンティティを手放し、人間性にしっかりと押し付け直すと、すべての問題が解決されます。消えることのないものについて教えてあげましょう。それは人類です。仲間に加わってください。楽しいですよ。水が暑すぎるまではね、でもそれは別のTEDトークです。

ポイントは、この理解に至るには、その恐れを手放し、好奇心を受け入れなければならないということです。残念ながら、世界を他の側から見るためにその旅に出る人はあまりいません。そして、正直に言って、それは進歩派だけでなく、右派と保守派にも当てはまります。彼らのいくつかのポイントが公平であったとしても、彼らはまだ自分自身のエコーチェンバーに閉じ込められ、古くて時代遅れの視点を再利用し、世界観を広げないので、彼らの世界観は広がりません。したがって、彼らは特定の反人種主義的および政治的な声、ティム・ワイズ、ミシェル・アレクサンダー、ジョイ・デグルイ博士、ボイス・ワトキンス、タリーク・ナシードのような声を聞いていません。これらの声は、彼らが求める質問に答えを持っていますが、残念ながら、これらのエコーチェンバーの力のためにそれらを聞くことはできません。

私たちはこれらのデジタルな分断から脱出しなければなりません。なぜなら、技術が進歩するにつれて、部族主義の結果がより危険になるからです。そして、この経験全体で私が学んだことは、私たちのガジェットが私たちを救うわけではないということです。これらの技術デバイスは、外の宇宙の支配であり、ここではありません。だから、それはすべてIQであり、EQではありません。それは危険なバランスの崩れです。どこで感情的知性、キャラクターの成長、忍耐、寛容、思いやりなどの美徳を手に入れますか?これらのデバイスが、いかに先進的であっても、祝福となり、呪いとならないようにするものですか?私にとって、人類自体がアップグレードを必要としているように思えます。

さて、それは理解できる大きな課題ですが、私はどんな打ち勝てない怪物も信じていません。おそらく単純なアキレス腱もない巨人はありません。もし私があなたに、これを克服する最良の方法の一つは、難しい人々と勇敢な会話をすることだと言ったらどうでしょう?そうです、皆さん、会話が実際にそのアップグレードの鍵である可能性があります。なぜなら、言語は最初の仮想現実の形態でした。それは文字通り物理世界の象徴的な表現であり、このデバイスを通じて私たちは物理世界を変えます。覚えておいてください、会話は暴力を止め、国を創り、橋を築き、チップが落ちたとき、人間が銃を取る前に使う最後の道具です。

そして、私は、ラップトップの安全なオンライン会話ではありません。いいえ。私は、実際の、息をする人々との対面の会話を指しています。私にとって、これは「ショップ・トーク・ライブ」と呼ばれるコミュニティ・フォーラムを運営することを意味します。ショップ・トーク・ライブでは、人々の人生を変える会話をします。私たちは、コミュニティがいる場所でコミュニティと出会い、ギャングの暴力をリアルタイムで回避したり、人々の仕事を見つけたり、ホームレスの若者を指導したりしています。

これを行う必要があったのは、クラック時代の暴力により、黒人コミュニティに対する信頼が著しく欠如していたためです。そして、私たちは自らの手で主導権を握り、自らの問題を解決しました。誰かを待つのではなく。真実は、市長から罪人まで、彼らを理髪店で見つけるでしょう。だから私たちが行ったのは、すでに行われていることを組織化することでした。

そこで私が始めたのは、これらの代替的なデジタルユニバースからの代替的な視点を探し出し、それらを解剖し、論争を巻き起こす話題に分解することでした。その後、携帯電話を使って、インターネット自体に逆らい、これらの生の会話をオンラインのフォロワーに放送し始めました。これにより、彼らはラップトップの安全を離れ、リアルな人々とリアルな生活で実際の会話をするために私たちに会いに来たいと思うようになりました。そして、私たちはこれを行いました。ありがとう。

時々私は座り、私が単に私たちのコミュニティの問題を解決しようとしているパラドックスについて考えます。私たちはLGBTQコミュニティからアラブ移民コミュニティに至るまで、多くの他のコミュニティに架け橋をかけています。そして、帽子に南軍旗をかぶった人とさえ座って、実際に重要なことについて話し合いました。

人間の経験を迂回しようとするのはやめるべきです。お互いから逃げる道はありません。それを探すのはやめましょう。
何かを理解しなければならないことがあります。人間はみな同じことを望んでおり、これらのものを手に入れるためにはお互いを通らなければなりません。これらの勇気ある対話が、これらの橋を築く方法です。人々を単に私たちが投影したり反応したりするアイデアではなく、人々として見る時が来ました。人間は障壁ではなく、私たちが望むものへの入り口です。

これは集合的で意識的な進化です。私の旅は非常に人気のある携帯電話ビデオと亡くなった友人とともに始まりました。あなたの旅は今始まります。人間のつながりのルネサンスに参加してください。あなたがそれに参加するかどうかに関係なく、それは起こります。私の提案:トピックを選んで、あなたの地域でコミュニティ対話を始めてください。リアルな人々に会ってください。そして私が言っている、あなたが自分の存在のアルゴリズムを操作すると、多様な経験を得ることができます。成長の時が来たのです、皆さん。

そして、私たちがこれをするとき、もしするとき、このアップグレードの鍵は常に私たちの内なる世界にあり、私たちが作り出す装置ではないことが明らかになります。この体験への入り口は今、そして永遠に、お互いです。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました