500人中11人のみ生存した船難から救われた奇跡の物語

人生

Aboard an overloaded ship carrying more than 500 refugees, a young woman becomes an unlikely hero. This single, powerful story, told by Melissa Fleming of the UN’s refugee agency, gives a human face to the sheer numbers of human beings trying to escape to better lives … as the refugee ships keep coming …

500人以上の難民を乗せた過積載の船に乗った若い女性が、思いがけない英雄となる。

国連難民機関のメリッサ・フレミングが語ったこの唯一の力強い物語は、より良い生活を求めて逃げようとする膨大な数の人類に人間的な顔を与えます…難民船が次々とやってくる中…

タイトル A boat carrying 500 refugees sunk at sea. The story of two survivors
難民500人を乗せたボートが海に沈没。 二人の生存者の物語
スピーカー メリッサ・フレミング
アップロード 2015/12/01

「難民500人を乗せたボートが海に沈没。 二人の生存者の物語(A boat carrying 500 refugees sunk at sea. The story of two survivors)」の文字起こし

Every day, I listen to harrowing stories of people fleeing for their lives, across dangerous borders and unfriendly seas. But there’s one story that keeps me awake at night, and it’s about Doaa. A Syrian refugee, 19 years old, she was living a grinding existence in Egypt working day wages. Her dad was constantly thinking of his thriving business back in Syria that had been blown to pieces by a bomb. And the war that drove them there was still raging in its fourth year. And the community that once welcomed them there had become weary of them.

And one day, men on motorcycles tried to kidnap her. Once an aspiring student thinking only of her future, now she was scared all the time. But she was also full of hope, because she was in love with a fellow Syrian refugee named Bassem. Bassem was also struggling in Egypt, and he said to Doaa, “Let’s go to Europe; seek asylum, safety. I will work, you can study — the promise of a new life.” And he asked her father for her hand in marriage.

But they knew to get to Europe they had to risk their lives, traveling across the Mediterranean Sea, putting their hands in smugglers’, notorious for their cruelty. And Doaa was terrified of the water. She always had been. She never learned to swim. It was August that year, and already 2,000 people had died trying to cross the Mediterranean, but Doaa knew of a friend who had made it all the way to Northern Europe, and she thought, “Maybe we can, too.”

So she asked her parents if they could go, and after a painful discussion, they consented, and Bassem paid his entire life savings — 2,500 dollars each — to the smugglers. It was a Saturday morning when the call came, and they were taken by bus to a beach, hundreds of people on the beach. They were taken then by small boats onto an old fishing boat, 500 of them crammed onto that boat, 300 below, [200] above. There were Syrians, Palestinians, Africans, Muslims and Christians, 100 children, including Sandra — little Sandra, six years old — and Masa, 18 months. There were families on that boat, crammed together shoulder to shoulder, feet to feet. Doaa was sitting with her legs crammed up to her chest, Bassem holding her hand.

Day two on the water, they were sick with worry and sick to their stomachs from the rough sea. Day three, Doaa had a premonition. And she said to Bassem, “I fear we’re not going to make it. I fear the boat is going to sink.” And Bassem said to her, “Please be patient. We will make it to Sweden, we will get married and we will have a future.”

Day four, the passengers were getting agitated. They asked the captain, “When will we get there?” He told them to shut up, and he insulted them. He said, “In 16 hours we will reach the shores of Italy.” They were weak and weary. Soon they saw a boat approach — a smaller boat, 10 men on board, who started shouting at them, hurling insults, throwing sticks, asking them to all disembark and get on this smaller, more unseaworthy boat. The parents were terrified for their children, and they collectively refused to disembark. So the boat sped away in anger, and a half an hour later, came back and started deliberately ramming a hole in the side of Doaa’s boat, just below where she and Bassem were sitting.

And she heard how they yelled, “Let the fish eat your flesh!” And they started laughing as the boat capsized and sank. The 300 people below deck were doomed. Doaa was holding on to the side of the boat as it sank, and watched in horror as a small child was cut to pieces by the propeller. Bassem said to her, “Please let go, or you’ll be swept in and the propeller will kill you, too.” And remember — she can’t swim.

But she let go and she started moving her arms and her legs, thinking, “This is swimming.” And miraculously, Bassem found a life ring. It was one of those child’s rings that they use to play in swimming pools and on calm seas. And Doaa climbed onto the ring, her arms and her legs dangling by the side. Bassem was a good swimmer, so he held her hand and tread water.

Around them there were corpses. Around 100 people survived initially, and they started coming together in groups, praying for rescue. But when a day went by and no one came, some people gave up hope, and Doaa and Bassem watched as men in the distance took their life vests off and sank into the water. One man approached them with a small baby perched on his shoulder, nine months old — Malek. He was holding onto a gas canister to stay afloat, and he said to them, “I fear I am not going to survive. I’m too weak. I don’t have the courage anymore.” And he handed little Malek over to Bassem and to Doaa, and they perched her onto the life ring. So now they were three, Doaa, Bassem and little Malek.

Let me take a pause in this story right here and ask the question: why do refugees like Doaa take these kinds of risks? Millions of refugees are living in exile, in limbo. They’re living in countries fleeing from a war that has been raging for four years. Even if they wanted to return, they can’t. Their homes, their businesses, their towns and their cities have been completely destroyed. This is a UNESCO World Heritage City, Homs, in Syria. So people continue to flee into neighboring countries, and we build refugee camps for them in the desert. Hundreds of thousands of people live in camps like these, and thousands and thousands more, millions, live in towns and cities. And the communities, the neighboring countries that once welcomed them with open arms and hearts are overwhelmed. There are simply not enough schools, water systems, sanitation. Even rich European countries could never handle such an influx without massive investment. The Syria war has driven almost four million people over the borders, but over seven million people are on the run inside the country. That means that over half the Syrian population has been forced to flee. Back to those neighboring countries hosting so many. They feel that the richer world has done too little to support them. And days have turned into months, months into years. A refugee’s stay is supposed to be temporary.

Back to Doaa and Bassem in the water. It was their second day, and Bassem was getting very weak. And now it was Doaa’s turn to say to Bassem, “My love, please hold on to hope, to our future. We will make it.” And he said to her, “I’m sorry, my love, that I put you in this situation. I have never loved anyone as much as I love you.” And he released himself into the water, and Doaa watched as the love of her life drowned before her eyes. Later that day, a mother came up to Doaa with her small 18-month-old daughter, Masa. This was the little girl I showed you in the picture earlier, with the life vests. Her older sister Sandra had just drowned, and her mother knew she had to do everything in her power to save her daughter. And she said to Doaa, “Please take this child. Let her be part of you. I will not survive.” And then she went away and drowned. So Doaa, the 19-year-old refugee who was terrified of the water, who couldn’t swim, found herself in charge of two little baby kids.

And they were thirsty and they were hungry and they were agitated, and she tried her best to amuse them, to sing to them, to say words to them from the Quran. Around them, the bodies were bloating and turning black. The sun was blazing during the day. At night, there was a cold moon and fog. It was very frightening. On the fourth day in the water, this is how Doaa probably looked on the ring with her two children. A woman came on the fourth day and approached her and asked her to take another child — a little boy, just four years old. When Doaa took the little boy and the mother drowned, she said to the sobbing child, “She just went away to find you water and food.” But his heart soon stopped, and Doaa had to release the little boy into the water.

Later that day, she looked up into the sky with hope, because she saw two planes crossing in the sky. And she waved her arms, hoping they would see her, but the planes were soon gone. But that afternoon, as the sun was going down, she saw a boat, a merchant vessel. And she said, “Please, God, let them rescue me.” She waved her arms and she felt like she shouted for about two hours.

And it had become dark, but finally the searchlights found her and they extended a rope, astonished to see a woman clutching onto two babies. They pulled them onto the boat, they got oxygen and blankets, and a Greek helicopter came to pick them up and take them to the island of Crete. But Doaa looked down and asked, “What of Malek?” And they told her the little baby did not survive — she drew her last breath in the boat’s clinic. But Doaa was sure that as they had been pulled up onto the rescue boat, that little baby girl had been smiling. Only 11 people survived that wreck, of the 500. There was never an international investigation into what happened. There were some media reports about mass murder at sea, a terrible tragedy, but that was only for one day. And then the news cycle moved on.

Meanwhile, in a pediatric hospital on Crete, little Masa was on the edge of death. She was really dehydrated. Her kidneys were failing. Her glucose levels were dangerously low. The doctors did everything in their medical power to save them, and the Greek nurses never left her side, holding her, hugging her, singing her words. My colleagues also visited and said pretty words to her in Arabic. Amazingly, little Masa survived. And soon the Greek press started reporting about the miracle baby, who had survived four days in the water without food or anything to drink, and offers to adopt her came from all over the country.

Meanwhile, Doaa was in another hospital on Crete, thin, dehydrated. An Egyptian family took her into their home as soon as she was released. And soon word went around about Doaa’s survival, and a phone number was published on Facebook. Messages started coming in. “Doaa, do you know what happened to my brother? My sister? My parents? My friends? Do you know if they survived?” One of those messages said, “I believe you saved my little niece, Masa.” And it had this photo. This was from Masa’s uncle, a Syrian refugee who had made it to Sweden with his family and also Masa’s older sister. Soon, we hope, Masa will be reunited with him in Sweden, and until then, she’s being cared for in a beautiful orphanage in Athens.

And Doaa? Well, word went around about her survival, too. And the media wrote about this slight woman, and couldn’t imagine how she could survive all this time under such conditions in that sea, and still save another life. The Academy of Athens, one of Greece’s most prestigious institutions, gave her an award of bravery, and she deserves all that praise, and she deserves a second chance. But she wants to still go to Sweden. She wants to reunite with her family there. She wants to bring her mother and her father and her younger siblings away from Egypt there as well, and I believe she will succeed. She wants to become a lawyer or a politician or something that can help fight injustice. She is an extraordinary survivor.

But I have to ask: what if she didn’t have to take that risk? Why did she have to go through all that? Why wasn’t there a legal way for her to study in Europe? Why couldn’t Masa have taken an airplane to Sweden? Why couldn’t Bassem have found work? Why is there no massive resettlement program for Syrian refugees, the victims of the worst war of our times? The world did this for the Vietnamese in the 1970s. Why not now? Why is there so little investment in the neighboring countries hosting so many refugees? And why, the root question, is so little being done to stop the wars, the persecution and the poverty that is driving so many people to the shores of Europe?

Until these issues are resolved, people will continue to take to the seas and to seek safety and asylum. And what happens next? Well, that is largely Europe’s choice. And I understand the public fears. People are worried about their security, their economies, the changes of culture. But is that more important than saving human lives? Because there is something fundamental here that I think overrides the rest, and it is about our common humanity. No person fleeing war or persecution should have to die crossing a sea to reach safety.

One thing is for sure, that no refugee would be on those dangerous boats if they could thrive where they are. And no migrant would take that dangerous journey if they had enough food for themselves and their children. And no one would put their life savings in the hands of those notorious smugglers if there was a legal way to migrate. So on behalf of little Masa and on behalf of Doaa and of Bassem and of those 500 people who drowned with them, can we make sure that they did not die in vain? Could we be inspired by what happened, and take a stand for a world in which every life matters? Thank you.

「難民500人を乗せたボートが海に沈没。 二人の生存者の物語(A boat carrying 500 refugees sunk at sea. The story of two survivors)」の和訳

毎日、私は人々が命をかけて逃げる壮絶な物語を聞いています。危険な国境や友好的でない海を越えて。しかし、私が夜眠れなくなる物語があります。それはドーアの物語です。シリアの難民で、19歳の彼女はエジプトで日雇いの仕事をしていました。父親はシリアで繁盛していた事業が爆弾によって吹き飛ばされてしまったことをいつも考えていました。そして、彼らをそこに追いやった戦争はまだ第4年目になっていました。かつて彼らを歓迎してくれたコミュニティも、彼らに飽き飽きしていました。

ある日、オートバイに乗った男たちが彼女を誘拐しようとしました。かつては将来のことだけを考えていた将来の有望な学生でしたが、今ではいつも怖い思いをしていました。しかし、彼女は希望に満ちていました。なぜなら、彼女は同じくシリアの難民であるバセムと恋に落ちていたからです。バセムもエジプトで苦しんでいましたが、彼はドーアにこう言いました。「ヨーロッパに行こう。亡命し、安全を求めよう。僕が働き、お前は勉強できるだろう。新しい生活の約束だ。」そして、彼は彼女の父親に結婚の許しを求めました。

しかし、彼らはヨーロッパに行くためには命をかけなければならないことを知っていました。地中海を渡り、残忍さで悪名高い密輸業者の手に身を委ねなければならないのです。ドーアは水が怖かった。彼女はいつも怖かった。泳ぐことを学んだことがありませんでした。その年の8月でした。すでに2,000人が地中海を渡ろうとして亡くなっていましたが、ドーアは北ヨーロッパまでたどり着いた友人のことを知っていました。「私たちも行けるかもしれない」と彼女は考えました。

彼女は両親に行けるかどうか尋ね、痛みを伴う議論の後、彼らは同意し、バセムは彼の生涯の貯金、それぞれ2,500ドルを密輸業者に支払った。電話がかかってきたのは土曜日の朝で、バスでビーチに連れて行かれ、何百人もの人々がビーチにいた。その後、小さなボートに乗って古い漁船に乗せられ、その船には500人が詰め込まれ、300人が下に、200人が上にいた。その船にはシリア人、パレスチナ人、アフリカ人、イスラム教徒、キリスト教徒がいた。100人の子供がおり、その中には6歳の小さなサンドラや18か月のマサもいた。その船には家族がいて、肩を並べ、足を並べてきゅうくつ詰め込まれていた。ドーアは足を胸に抱えながら座っており、バセムが彼女の手を握っていた。

2日目の海では、彼らは心配で病み、荒れた海で胃が痛くなった。3日目、ドーアは予感を感じました。そして彼女はバセムに言いました。「私たちはたどり着けないと恐れています。船が沈むと思います。」そしてバセムは彼女に言いました。「我慢してください。スウェーデンにたどり着き、私たちは結婚し、将来を持つでしょう。」

4日目、乗客たちは不安定な気分になっていました。彼らは船長に尋ねました。「いつ着くのですか?」彼は彼らに黙らせ、彼らを侮辱しました。「16時間後にイタリアの海岸に到達します」と彼らに言いました。彼らは弱って疲れていました。やがて彼らはボートが近づくのを見ました――より小さなボートで、10人の男が乗っていて、彼らに叫び、侮辱を浴びせ、棒を投げ、全員が下船し、より航行が危険な小さなボートに乗り換えるよう求めました。両親は子供たちのために恐れ、集団で下船を拒否しました。そこでボートは怒りで飛び立ち、半時間後に戻ってきて、ドーアの船の側面に穴を積極的にぶち込み始めました。ちょうどドーアとバセムが座っていた場所の下に。

そして彼女は彼らがどのように叫びながら言ったのを聞いていました。「魚にあなたの肉を食べさせろ!」そして彼らは船が転覆して沈んでいくのを見ながら笑い始めました。船の下にいた300人は死んでしまった。ドーアは船の側面にしがみついて、小さな子供がプロペラで切り刻まれるのを恐ろしさの中で見ていました。バセムは彼女に言いました。「手を離してください、そうしないとあなたも巻き込まれ、プロペラで殺されます。」そして覚えておいてください――彼女は泳げないのです。

しかし、彼女は手を離し、腕と足を動かし始めました。「これは泳ぎだ」と考えながら。奇跡的に、バセムは救命輪を見つけました。それは、プールや穏やかな海で遊ぶために使われる子供の輪の一つでした。そしてドーアはその輪に乗り、腕と足を横に垂らしました。バセムは上手な泳ぎ手で、彼は彼女の手を握り、水面に浮かんでいました。

彼らの周りには死体がありました。最初は約100人が生き残り、彼らはグループを作り、救助を祈って集まりました。しかし、1日が経っても誰も来なかったとき、一部の人々は希望を失い、ドーアとバセムは遠くで男たちが救命胴衣を脱ぎ、水中に沈んでいくのを見ました。一人の男が小さな赤ちゃんを肩に乗せ、9か月の男の子、マレク。彼は浮かぶためにガス缶にしがみついていました。そして彼は彼らに言いました。「私は生き残れないと恐れています。私は弱くて、もう勇気がありません。」そして彼は小さなマレクをバセムとドーアに手渡し、彼女を救命輪に乗せました。だから彼らは3人になりました。ドーア、バセム、そして小さなマレク。

この物語でここで一旦話を止めて、質問をしてみましょう。なぜ、ドーアのような難民はこのようなリスクを冒すのでしょうか?数百万の難民が追放され、行き場を失っています。4年間続く戦争から逃れるために、彼らは国を逃れました。彼らが帰りたいとしても、できません。彼らの家、ビジネス、町、市は完全に破壊されてしまいました。これはシリアのホムス、ユネスコの世界遺産都市です。だから人々は隣国に逃げ続け、私たちは彼らのために砂漠に難民キャンプを建設します。何十万人もの人々がこのようなキャンプで生活し、何千人も、何百万人もの人々が町や都市で生活しています。以前は歓迎していたコミュニティ、隣国はこれに圧倒されています。学校、水道施設、衛生施設が足りません。さらに、豊かなヨーロッパの国々でさえ、大規模な投資なしにはこのような流入を処理することはできません。シリアの戦争で約400万人が国境を越えましたが、国内で逃げ回っている人は700万人以上です。これはつまり、シリアの人口の半分以上が追い出されたことを意味します。これらの多くを受け入れる隣国に戻ります。彼らは豊かな世界が彼らを支援するのにあまりにも少ないと感じています。そして、日々が月に、月が年に変わっていきます。難民の滞在は本来一時的なものであるはずです。

バセムとドーアが水中にいる状況に戻ります。二日目で、バセムは非常に弱っていました。そして、今度はバセムがドーアに言う番でした。「愛しい人よ、希望を持ってください、私たちの未来を。私たちは生き延びます。」そして彼は彼女に言いました。「ごめんなさい、愛しい人、私があなたをこの状況に置いてしまって。私はあなたを愛する以外に誰も愛したことがありませんでした。」そして彼は水中に身を委ね、ドーアは彼女の目の前で愛する人が溺れ死ぬのを見守りました。その後、その日の後半に、一人の母親がドーアのもとに小さな18か月の娘、マサを連れて来ました。彼女こそが、以前に写真で見せた小さな女の子で、救命胴衣を着ていた子です。彼女の姉、サンドラが溺れてしまったばかりで、母親は自分の力を振り絞って娘を救わなければならないと分かっていました。そして彼女はドーアに言いました。「この子を連れてください。あなたの一部になってください。私は生き延びることができません。」そして彼女は去り、溺れました。それで、水が怖くて泳げなかった19歳の難民のドーアが、自分で2人の小さな赤ちゃんの面倒を見ることになりました。

彼らは喉が渇き、お腹が空き、イライラしていました。彼女は彼らを楽しませようと、歌ったり、クルアーンから言葉を言ったりしました。周りでは、死体が膨らみ、黒くなっていました。昼間は猛暑、夜は冷たい月と霧でした。非常に恐ろしい状況でした。水中での4日目、おそらくドーアが2人の子供たちと一緒に見えたであろう姿です。四日目に、一人の女性が彼女のもとにやってきて、もう一人の子供、たった4歳の男の子を連れてくるよう頼みました。ドーアが男の子を連れて母親が溺れると、「彼女はあなたに水と食べ物を探しに行っただけだよ」と泣きじゃくる子供に言いました。しかし彼の心臓はすぐに止まり、ドーアは男の子を水中に放さなければなりませんでした。

その後、彼女は希望を持って空を見上げました。なぜなら、空に2機の飛行機が交差しているのを見ました。彼女は腕を振り、彼らに見つけてもらえることを期待しましたが、飛行機はすぐに去っていきました。しかし、その午後、夕日が沈む頃に、彼女は船を見つけました、商船でした。そして彼女は言いました。「お願い、神様、彼らが私を救出してください。」彼女は腕を振り続け、約2時間叫び続けたように感じました。

そして暗くなっていましたが、ついに探照灯が彼女たちを見つけ、ロープを差し出しました。驚いたことに、2人の赤ちゃんを抱えた女性がいました。彼らは彼らを船に引き上げ、酸素と毛布を与え、ギリシャのヘリコプターが彼らをピックアップし、クレタ島に連れて行きました。しかし、ドーアは下を見て尋ねました。「マレクはどうなったの?」そして、彼らは彼女に、その小さな赤ちゃんは生き延びられなかったと伝えました-彼女は船のクリニックで最後の一息を引き取りました。しかし、ドーアは確信していました。彼らが救助船に引き上げられたとき、その小さな赤ちゃんは微笑んでいたに違いないと。その難破船の中で、500人のうちわずか11人が生き残りました。国際的な調査は行われませんでした。海上での大量殺人に関する一部の報道があり、ひどい悲劇だと報じられましたが、それはたったの一日だけでした。そして、その後、ニュースサイクルは次に進みました。

一方、クレタ島の小児病院では、マサちゃんが命の危機にさらされていました。彼女は本当に脱水状態でした。彼女の腎臓は機能を停止し始めました。彼女のグルコースレベルは危険なほど低かった。医師たちは彼女を救うためにできる限りのことをしました。ギリシャの看護師たちは彼女のそばを離れず、彼女を抱きしめ、歌いました。私の同僚たちも訪ねてきて、アラビア語で彼女に美しい言葉をかけました。驚くべきことに、マサちゃんは生き残りました。そしてすぐに、ギリシャの報道が水中で4日間も飲み物や食べ物なしで生き延びた奇跡の赤ちゃんについて報じ始め、全国から養子にする申し出が殺到しました。

一方、ドーアはクレタ島の別の病院にいました。やせ細って、脱水状態でした。彼女が解放されるとすぐに、エジプトの家族が彼女を引き取りました。そして、すぐにドーアの生存についての噂が広まり、Facebookに電話番号が公開されました。メッセージが届き始めました。「ドーア、私の兄弟のことを知っていますか?姉妹?両親?友達?生き残ったか知っていますか?」そのメッセージの1つには、「あなたが私の小さな姪、マサを救ったと信じています」とありました。この写真は、マサの叔父からのもので、彼は家族と一緒にスウェーデンに行き、マサの姉も同行しています。近いうちに、私たちはマサがスウェーデンで彼と再会することを願っています。それまでは、彼女はアテネの美しい孤児院で世話をされています。

ドーアについてはどうなったか? まあ、彼女の生存についても噂が広まりました。そして、メディアはこの小柄な女性について書き、どのようにして彼女がその海の中でこんな条件のもとでこれほどの時間を生き延び、まだ他の命を救うことができたのか想像できませんでした。ギリシャでも最も権威ある機関の1つであるアテネ学士院は彼女に勇気の賞を授与しました。彼女はその称賛を全て受けるに値し、そして彼女は第二のチャンスを受けるに値します。しかし、彼女はまだスウェーデンに行きたいと思っています。彼女は家族と再会したいです。彼女はエジプトから母親や父親、そして弟妹を一緒に連れて行きたいです。そして私は彼女が成功すると信じています。彼女は弁護士や政治家になりたい、または不正に立ち向かう何かになりたいと考えています。彼女は非凡な生存者です。

しかし、私は尋ねなければなりません。もし彼女がそのリスクを冒さなければどうなるのでしょうか?なぜ彼女はこれほどまでの困難な状況の中で生き延び、また他の命を救うことができたのでしょうか?彼女がヨーロッパで合法的な方法で学ぶことができなかったのはなぜですか?マサが飛行機でスウェーデンに行けなかったのはなぜですか?バッセムが仕事を見つけられなかったのはなぜですか?シリア難民、今世紀最悪の戦争の犠牲者のための大規模な再定住プログラムがないのはなぜですか?世界は1970年代にベトナム人にこれを行いましたが、今はなぜそうではないのですか?難民を受け入れている隣国への投資が少ないのはなぜですか?そして、根本的な問い、なぜ戦争、迫害、貧困を止めるための取り組みが少ないのですか?これらの問題が解決されるまで、人々は海に乗り続け、安全と亡命を求めるでしょう。次に何が起こるのか?それは主にヨーロッパの選択です。私は公衆の恐れを理解しています。人々は自分たちの安全、経済、文化の変化を心配しています。しかし、それは人命を救うことよりも重要ですか?なぜなら、ここには私たちの共通の人間性に関する基本的なものがあり、それが他のすべてを優先すると思います。戦争や迫害から逃れる人々は、安全に到達するために海を渡さなければなりません。

確かなことは、もし彼らがいる場所で繁栄できるなら、難民はあの危険なボートに乗ることはありません。そして、十分な食料を持っていれば、移民もその危険な旅に出ることはありません。そして、もし合法的な移住手段があれば、誰も自分の生活貯蓄を悪名高い密輸業者に委ねることはありません。だからこそ、小さなマサ、ドーア、バッセム、そして彼らと共に溺れた500人の人々のために、彼らが無駄に亡くなったことを確認してもらえますか?私たちは、起こったことからインスピレーションを受け、すべての命が重要な世界のために立ち上がることができるでしょうか?ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました