民主主義への失望感を打破するための具体的な方法

政治

César Hidalgo has a radical suggestion for fixing our broken political system: automate it! In this provocative talk, he outlines a bold idea to bypass politicians by empowering citizens to create personalized AI representatives that participate directly in democratic decisions. Explore a new way to make collective decisions and expand your understanding of democracy. (Mira la charla en español:   

セザール・イダルゴは、壊れた政治システムを修復するための根本的な提案をしています。

それは自動化です。 この挑発的な講演の中で、彼は、民主的な決定に直接参加するパーソナライズされた AI の代表者を作成する権限を国民に与えることで、政治家を回避するという大胆なアイデアを概説しています。 集団で意思決定を行うための新しい方法を模索し、民主主義についての理解を深めましょう。 (ミラ・ラ・シャルラ・エン・スペイン語:

タイトル A bold idea to replace politicians
政治家を置き換えるという大胆なアイデア
スピーカー セザール・イダルゴ
アップロード 2019/04/04

「政治家を置き換えるという大胆なアイデア(A bold idea to replace politicians)」の文字起こし

Is it just me, or are there other people here that are a little bit disappointed with democracy? So let’s look at a few numbers. If we look across the world, the median turnout in presidential elections over the last 30 years has been just 67 percent. Now, if we go to Europe and we look at people that participated in EU parliamentary elections, the median turnout in those elections is just 42 percent. Now let’s go to New York, and let’s see how many people voted in the last election for mayor. We will find that only 24 percent of people showed up to vote. What that means is that, if “Friends” was still running, Joey and maybe Phoebe would have shown up to vote. And you cannot blame them because people are tired of politicians. And people are tired of other people using the data that they have generated to communicate with their friends and family, to target political propaganda at them.

But the thing about this is that this is not new. Nowadays, people use likes to target propaganda at you before they use your zip code or your gender or your age, because the idea of targeting people with propaganda for political purposes is as old as politics. And the reason why that idea is there is because democracy has a basic vulnerability. This is the idea of a representative. In principle, democracy is the ability of people to exert power. But in practice, we have to delegate that power to a representative that can exert that power for us. That representative is a bottleneck, or a weak spot. It is the place that you want to target if you want to attack democracy because you can capture democracy by either capturing that representative or capturing the way that people choose it.

So the big question is: Is this the end of history? Is this the best that we can do or, actually, are there alternatives? Some people have been thinking about alternatives, and one of the ideas that is out there is the idea of direct democracy. This is the idea of bypassing politicians completely and having people vote directly on issues, having people vote directly on bills. But this idea is naive because there’s too many things that we would need to choose. If you look at the 114th US Congress, you will have seen that the House of Representatives considered more than 6,000 bills, the Senate considered more than 3,000 bills and they approved more than 300 laws. Those would be many decisions that each person would have to make a week on topics that they know little about. So there’s a big cognitive bandwidth problem if we’re going to try to think about direct democracy as a viable alternative.

So some people think about the idea of liquid democracy, or fluid democracy, which is the idea that you endorse your political power to someone, who can endorse it to someone else, and, eventually, you create a large follower network in which, at the end, there’s a few people that are making decisions on behalf of all of their followers and their followers. But this idea also doesn’t solve the problem of the cognitive bandwidth and, to be honest, it’s also quite similar to the idea of having a representative.

So what I’m going to do today is I’m going to be a little bit provocative, and I’m going to ask you, well: What if, instead of trying to bypass politicians, we tried to automate them? The idea of automation is not new. It was started more than 300 years ago, when French weavers decided to automate the loom. The winner of that industrial war was Joseph-Marie Jacquard. He was a French weaver and merchant that married the loom with the steam engine to create autonomous looms. And in those autonomous looms, he gained control. He could now make fabrics that were more complex and more sophisticated than the ones they were able to do by hand.

But also, by winning that industrial war, he laid out what has become the blueprint of automation. The way that we automate things for the last 300 years has always been the same: we first identify a need, then we create a tool to satisfy that need, like the loom, in this case, and then we study how people use that tool to automate that user. That’s how we came from the mechanical loom to the autonomous loom, and that took us a thousand years. Now, it’s taken us only a hundred years to use the same script to automate the car. But the thing is that, this time around, automation is kind of for real. This is a video that a colleague of mine from Toshiba shared with me that shows the factory that manufactures solid-state drives. The entire factory is a robot. There are no humans in that factory. And the robots are soon to leave the factories and become part of our world, become part of our workforce.

So what I do in my day job is actually create tools that integrate data for entire countries so that we can ultimately have the foundations that we need for a future in which we need to also manage those machines. But today, I’m not here to talk to you about these tools that integrate data for countries. But I’m here to talk to you about another idea that might help us think about how to use artificial intelligence in democracy. Because the tools that I build are designed for executive decisions. These are decisions that can be cast in some sort of term of objectivity — public investment decisions. But there are decisions that are legislative, and these decisions that are legislative require communication among people that have different points of view, require participation, require debate, require deliberation. And for a long time, we have thought that, well, what we need to improve democracy is actually more communication. So all of the technologies that we have advanced in the context of democracy, whether they are newspapers or whether it is social media, have tried to provide us with more communication. But we’ve been down that rabbit hole, and we know that’s not what’s going to solve the problem. Because it’s not a communication problem, it’s a cognitive bandwidth problem.

So if the problem is one of cognitive bandwidth, well, adding more communication to people is not going to be what’s going to solve it. What we are going to need instead is to have other technologies that help us deal with some of the communication that we are overloaded with. Think of, like, a little avatar, a software agent, a digital Jiminy Cricket — that basically is able to answer things on your behalf. And if we had that technology, we would be able to offload some of the communication and help, maybe, make better decisions or decisions at a larger scale. And the thing is that the idea of software agents is also not new. We already use them all the time. We use software agents to choose the way that we’re going to drive to a certain location, the music that we’re going to listen to or to get suggestions for the next books that we should read.

So there is an obvious idea in the 21st century that was as obvious as the idea of putting together a steam engine with a loom at the time of Jacquard. And that idea is combining direct democracy with software agents. Imagine, for a second, a world in which, instead of having a representative that represents you and millions of other people, you can have a representative that represents only you, with your nuanced political views — that weird combination of libertarian and liberal and maybe a little bit conservative on some issues and maybe very progressive on others. Politicians nowadays are packages, and they’re full of compromises. But you might have someone that can represent only you, if you are willing to give up the idea that that representative is a human. If that representative is a software agent, we could have a senate that has as many senators as we have citizens.

And those senators are going to be able to read every bill and they’re going to be able to vote on each one of them. So there’s an obvious idea that maybe we want to consider. But I understand that in this day and age, this idea might be quite scary. In fact, thinking of a robot coming from the future to help us run our governments sounds terrifying. But we’ve been there before. And actually he was quite a nice guy. So what would the Jacquard loom version of this idea look like? It would be a very simple system. Imagine a system that you log in and you create your avatar, and then you’re going to start training your avatar. So you can provide your avatar with your reading habits, or connect it to your social media, or you can connect it to other data, for example by taking psychological tests. And the nice thing about this is that there’s no deception. You are not providing data to communicate with your friends and family that then gets used in a political system. You are providing data to a system that is designed to be used to make political decisions on your behalf.

Then you take that data and you choose a training algorithm, because it’s an open marketplace in which different people can submit different algorithms to predict how you’re going to vote, based on the data you have provided. And the system is open, so nobody controls the algorithms; there are algorithms that become more popular and others that become less popular. Eventually, you can audit the system. You can see how your avatar is working. If you like it, you can leave it on autopilot. If you want to be a little more controlling, you can actually choose that they ask you every time they’re going to make a decision, or you can be anywhere in between. One of the reasons why we use democracy so little may be because democracy has a very bad user interface. And if we improve the user interface of democracy, we might be able to use it more. Of course, there’s a lot of questions that you might have. Well, how do you train these avatars? How do you keep the data secure? How do you keep the systems distributed and auditable? How about my grandmother, who’s 80 years old and doesn’t know how to use the internet? Trust me, I’ve heard them all.

So when you think about an idea like this, you have to beware of pessimists because they are known to have a problem for every solution. So I want to invite you to think about the bigger ideas. The questions I just showed you are little ideas because they are questions about how this would not work. The big ideas are ideas of: What else can you do with this if this would happen to work? And one of those ideas is, well, who writes the laws? In the beginning, we could have the avatars that we already have, voting on laws that are written by the senators or politicians that we already have. But if this were to work, you could write an algorithm that could try to write a law that would get a certain percentage of approval, and you could reverse the process. Now, you might think that this idea is ludicrous and we should not do it, but you cannot deny that it’s an idea that is only possible in a world in which direct democracy and software agents are a viable form of participation.

So how do we start the revolution? We don’t start this revolution with picket fences or protests or by demanding our current politicians to be changed into robots. That’s not going to work. This is much more simple, much slower and much more humble. We start this revolution by creating simple systems like this in grad schools, in libraries, in nonprofits. And we try to figure out all of those little questions and those little problems that we’re going to have to figure out to make this idea something viable, to make this idea something that we can trust. And as we create those systems that have a hundred people, a thousand people, a hundred thousand people voting in ways that are not politically binding, we’re going to develop trust in this idea, the world is going to change, and those that are as little as my daughter is right now are going to grow up. And by the time my daughter is my age, maybe this idea, that I know today is very crazy, might not be crazy to her and to her friends. And at that point, we will be at the end of our history, but they will be at the beginning of theirs. Thank you.

「政治家を置き換えるという大胆なアイデア(A bold idea to replace politicians)」の和訳

民主主義に少し失望しているのは私だけでしょうか、それともここにいる他の人も同じように感じていますか?

では、いくつかの数字を見てみましょう。世界中を見渡してみると、過去30年間の大統領選挙の投票率の中央値はわずか67%に過ぎません。次に、ヨーロッパを見てみましょう。EU議会選挙に参加した人々を見ると、その選挙の投票率の中央値はわずか42%です。それでは、ニューヨークに行って、最後の市長選挙で何人の人々が投票したか見てみましょう。その結果、わずか24%の人々が投票に参加しました。つまり、「フレンズ」がまだ放映されているとすれば、ジョーイとおそらくフィービーが投票に参加していたでしょう。(笑い)それに責任を負わせることはできません。人々は政治家にうんざりしています。また、他の人々が彼らの友人や家族とのコミュニケーションや政治的なプロパガンダをターゲットにするために生成したデータを使用していることにもうんざりしています。

しかし、これに関しては新しいことではありません。今日では、人々はあなたの郵便番号や性別、年齢よりもプロパガンダをターゲットにするために「いいね」を使用しています。なぜなら、政治的な目的のためにプロパガンダをターゲットにするアイデアは政治と同じくらい古いからです。このアイデアがある理由は、民主主義には基本的な脆弱性があるからです。これが代表者のアイデアです。原則として、民主主義は人々が力を行使する能力です。しかし、実際には、私たちはその力を行使できる代表者にその力を委任しなければなりません。その代表者はボトルネックまたは弱点です。それはあなたが民主主義を攻撃したい場合にターゲットにしたい場所です。民主主義を捉えることができるのは、その代表者を捉えるか、人々がそれを選択する方法を捉えることができるからです。

ですので、大きな問題はここにあるのです:これが歴史の終わりなのでしょうか?これが私たちができる最善のことなのでしょうか、それとも実際には他に代替案があるのでしょうか? 一部の人々は代替案について考えており、その1つのアイデアが直接民主主義のアイデアです。これは完全に政治家をバイパスし、人々が問題に直接投票したり、法案に直接投票したりするアイデアです。しかし、このアイデアは甘い考えです。なぜなら、選択しなければならないものがあまりにも多すぎるからです。114回目の米国議会を見れば、下院が6000以上の法案を検討し、上院が3000以上の法案を検討し、300以上の法律を承認したことがわかります。これらはそれぞれの人が週に多くの意思決定をしなければならないであろうトピックについてのもので、彼らはそれについてあまり知識がありません。ですので、直接民主主義を実行可能な代替手段として考える場合、大きな認知的帯域幅の問題があります。

ですので、一部の人々は流動的な民主主義または液体民主主義のアイデアについて考えています。これは、あなたがあなたの政治的権力を誰かに委任し、その誰かが別の誰かにそれを委任し、最終的には自分や自分のフォロワー全体を代表して意思決定を行う少数の人々がいる大規模なフォロワーネットワークを作成するアイデアです。しかし、このアイデアも認知的帯域幅の問題を解決しませんし、正直なところ、これは代表者を持つアイデアと非常に似ています。

今日は少し挑発的になりますが、私が今日提案したいのは、政治家をバイパスしようとする代わりに、彼らを自動化しようとすることです。自動化のアイデアは新しいものではありません。それは300年以上前に始まりました、フランスの機織工が機織りを自動化しようと決めたときに。その産業戦争の勝者はジョセフ=マリ・ジャカールでした。彼はフランスの機織りであり、商人であり、その機織りを蒸気機関と結婚させて自律的な機織りを作り出しました。そして、その自律的な機織りで、彼は制御を得ました。彼は今や、手作業でできるものよりも複雑で洗練された生地を作ることができるようになっていました。

しかし、その産業戦争に勝利することで、彼は自動化の設計図を示しました。ここ300年で、私たちが物事を自動化する方法は常に同じでした:まず、必要性を特定し、その必要性を満たすツールを作成し、そのユーザーを自動化するために人々がそのツールをどのように使用するかを研究します。その結果、機械式の機織りから自律的な機織りに至ったのですが、それには千年かかりました。しかし、今回は、自動化が本物のようです。これは、東芝の同僚から共有された動画で、固体ドライブを製造する工場を示しています。その工場全体がロボットです。その工場には人間はいません。そして、そのロボットはすぐに工場を離れ、私たちの世界、私たちの労働力の一部となることでしょう。

私の日常の仕事では、実際には国全体のデータを統合するツールを作成しており、最終的にはそれらの機械を管理するために必要な基盤を構築しています。しかし、今日は国のデータを統合するツールについて話すためにここにいるのではありません。代わりに、人工知能を民主主義にどのように活用できるかについて考えるのに役立つかもしれない別のアイデアについて話すことになります。なぜなら、私が構築するツールは執行上の決定を対象として設計されているからです。これらは、一定の客観性の観点でキャストできる決定です – 公共投資の決定です。しかし、立法上の決定は意思決定であり、これらの立法上の決定には異なる視点を持つ人々とのコミュニケーションが必要であり、参加、議論、審議が必要です。長い間、我々は、民主主義を改善するためには実際にはより多くのコミュニケーションが必要だと考えてきました。ですので、新聞であるかソーシャルメディアであるかを問わず、民主主義の文脈で進歩した技術は、より多くのコミュニケーションを提供しようと試みてきました。しかし、我々はその迷路に迷い込み、それが問題を解決するものではないことを知っています。なぜなら、それはコミュニケーションの問題ではなく、認知的な帯域幅の問題だからです。

したがって、もし問題が認知的な帯域幅の問題であるなら、人々にさらに多くのコミュニケーションを加えることが解決策になるわけではありません。代わりに、私たちが過剰なコミュニケーションを扱うのを支援する他の技術が必要になるでしょう。たとえば、ちょっとしたアバター、ソフトウェアエージェント、デジタルのジミニークリケットのようなものを考えてみてください – (笑)基本的にはあなたの代わりに何かを答えることができるものです。もし私たちにそのような技術があれば、私たちはコミュニケーションの一部をオフロードし、おそらくより良い意思決定やより大規模な意思決定を支援することができるでしょう。そして、ソフトウェアエージェントのアイデアは新しいものではありません。私たちはすでにそれらを常に使っています。私たちは、特定の場所への行き方、聞く音楽、次に読むべき本の提案を得るためにソフトウェアエージェントを使用しています。

21世紀には、ジャカールの時代に蒸気機関を機械織機に組み合わせるというアイデアと同じくらい明白なアイデアがあります。それは、直接民主制とソフトウェアエージェントを組み合わせるというアイデアです。ひとつ想像してみてください。数百万人の他の人々と共にあなたを代表する代表者がいる代わりに、あなたの微妙な政治的見解を持つだけでなく、いくつかの問題については保守的でありながら、他の問題については非常に進歩的な、その奇妙な組み合わせの自由主義者である代表者がいる世界を想像してみてください。現代の政治家はパッケージされており、妥協でいっぱいです。しかし、あなたがその代表者が人間ではなく、ソフトウェアエージェントであるという考えを捨てる覚悟があるなら、あなただけを代表できる人がいるかもしれません。もしその代表者がソフトウェアエージェントであれば、我々は市民の数だけ上院を持つことができるでしょう。

そして、それらの上院議員はすべての法案を読むことができ、それぞれに投票することができます。ですので、考慮すべき明白なアイデアがあるかもしれません。しかし、この時代には、このアイデアがかなり恐ろしいかもしれません。実際、未来からやってきて政府の運営を手伝うために来たロボットのことを考えると、恐ろしいですね。しかし、私たちは以前にそのような経験をしています。実際、彼はかなりいいやつでした。では、このアイデアのジャカール織機バージョンはどのように見えるでしょうか?非常にシンプルなシステムになるでしょう。システムにログインしてアバターを作成し、その後、アバターのトレーニングを開始します。アバターにあなたの読書習慣を提供したり、ソーシャルメディアに接続したり、または心理テストを受けることによって他のデータに接続したりすることができます。そして、この素晴らしい点は、欺瞞がないことです。あなたは友達や家族とコミュニケーションするためにデータを提供し、それが政治システムで使用されるのではなく、あなたの代わりに政治的な決定を行うために設計されたシステムにデータを提供しています。

それから、そのデータを取得してトレーニングアルゴリズムを選択します。異なる人々が異なるアルゴリズムを提出して、提供されたデータに基づいてあなたの投票方法を予測するためのアルゴリズムを競うオープンマーケットプレイスです。システムはオープンであり、誰もがアルゴリズムを制御しません。人気のあるアルゴリズムとそうでないアルゴリズムがあります。最終的に、システムを監査することができます。あなたのアバターがどのように機能しているかを見ることができます。気に入れば、オートパイロットにしておくことができます。もう少しコントロールしたい場合は、彼らが決定を行うたびにあなたに尋ねるように選択することもできます。または、その中間地点にいることもできます。民主主義をあまり使わない理由の一つは、民主主義のユーザーインターフェイスが非常に悪いからかもしれません。民主主義のユーザーインターフェイスを改善すれば、もっと使えるかもしれません。もちろん、多くの疑問があるかもしれません。では、これらのアバターをどのようにトレーニングするのか?データのセキュリティをどのように保つのか?システムを分散して監査可能にするにはどうすればよいのか?80歳でインターネットの使い方を知らない祖母のことはどうですか?信じてください、これらの質問はすべて聞いたことがあります。

ですので、このようなアイデアを考えるときには、悲観主義者に注意する必要があります。なぜなら、彼らはあらゆる解決策に問題を抱えていると知られているからです。だからこそ、大きなアイデアについて考えていただきたいと思います。私が示した質問は、これがうまくいかない理由についての質問なので、それほど大きなアイデアではありません。大きなアイデアは、これがうまくいけば何ができるか、というアイデアです。その中の1つのアイデアは、誰が法律を書くのかということです。最初は、既存のアバターや政治家が書いた法律に投票することができるでしょう。しかし、これがうまくいった場合、ある一定の承認率を得るために法律を書こうとするアルゴリズムを作成し、そのプロセスを逆にすることができます。このアイデアがばかげていてやるべきではないと思うかもしれませんが、直接民主制とソフトウェアエージェントが参加の可能な形態である世界では、このアイデアしかありません。

では、革命をどう始めるか?我々は、この革命を垣根や抗議、現在の政治家たちをロボットに変えるよう要求することで始めるのではありません。それではうまくいきません。これははるかに単純で、はるかにゆっくりと、そしてはるかに謙虚なものです。我々は、大学院や図書館、非営利団体などでこのような単純なシステムを作成することで、この革命を始めます。そして、このアイデアを信頼できるものにするために、このアイデアを実現可能にするために、解決しなければならないすべての小さな問題や問題を見つけようと努めます。そして、政治的に拘束力のない方法で百人、千人、十万人が投票するシステムを作成するにつれて、このアイデアに対する信頼が築かれ、世界が変わり、私の娘が今のように小さい時から成長することになります。そして、私の娘が私の年齢になる頃には、私が今日知っているこの非常に狂ったアイデアが、彼女や彼女の友人にとって狂ったアイデアではなくなっているかもしれません。その時点で、私たちは自分たちの歴史の終わりにいるかもしれませんが、彼らは自分たちの始まりにいます。ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました