恐竜以外の生物たちが明かす進化の秘密

歴史

In this hilarious, whirlwind tour of the last four billion years of evolution, paleontologist and TED Fellow Lauren Sallan introduces us to some of the wildly diverse animals that roamed the prehistoric planet (from sharks with wings to galloping crocodiles and long-necked rhinos) and shows why paleontology is about way more than dinosaurs.

過去 40 億年の進化のこの陽気でめまぐるしいツアーでは、古生物学者で TED フェローのローレン・サランが、先史時代の惑星を歩き回っていた非常に多様な動物 (翼のあるサメから疾走するワニや首の長いサイまで) を紹介します。 古生物学が恐竜以上のものである理由を示しています。

タイトル
A brief tour of the last 4 billion years (dinosaurs not included)
過去40億年の短い旅(恐竜は含まれていません)
スピーカー ローレン・サラン
アップロード 2020/03/11

「過去40億年の短い旅(恐竜は含まれていません)(A brief tour of the last 4 billion years (dinosaurs not included) )」の文字起こし

Paleontology, a science geared towards small children, focused on digging up dinosaurs while sporting a “Jurassic Park” costume. Skulls are popped out of the ground and put on display for public gawking. The relevance of this, beyond clickbait, coloring books and monster movies is unknown.

No … Wait. That’s not paleontology at all. Paleontology is nothing less than the study of past life. All past life. From ancestors to alien forms. It involves fundamental questions like “Who are we?” And “How did we get here?” — using the broadest possible definition of “we”: life itself.

Dinosaurs, a category of birds, are just a small percentage of that. Yet they get the most media attention. It’s a very accurate meme; I didn’t even make this one. This is just the truth.

Anyway, most of us paleontologists consider dinosaurs to be a gateway drug. There is so much cooler stuff in the fossil record, and we know so much about it. Let’s go on a brief, dinosaur-free tour of the last four billion years.

First up, genetic material. Viruses, basically, started producing proteins and wrecking their environment. The Earth was infected with life. Some of these new bacteria learned how to eat sunshine, producing oxygen, pulling in carbon from the air and destroying the iron food of other microbes by turning it into rust. This went on for billions of years. Some bacteria consumed other bacteria, gaining their power to turn oxygen into energy, becoming the precursors of animals and plants. But as a result, there were climate shocks, from hot to cold and back again, which ended up turning the Earth into a snowball covered with glaciers. The technical term for this time period is “Snowball Earth.” Seven hundred, eight hundred million years ago.

Anyway, microbes banded together, creating multicellular life. Six hundred million years ago, geometric colonies appeared, sucking microbes from the water. These were soon replaced by the ancestors of modern animals. The Cambrian explosion. Lobster relatives ate other animals, capturing them using their grasping arms. Armored wriggling clam worms crawled across the seafloor and into it, creating new ecosystems. Our tadpole-like ancestors flitted along ancient coastlines, while their eel-like relatives with gnashing throat teeth swam above the ice-cream cone corals of the first reefs, dodging school-bus-sized krakens and hungry sea scorpions. Plant fungus came onto land. But then the glaciers returned, killing pretty much everything. But mass extinctions open opportunities. Jawless fishes invaded the ocean, sporting points, prongs, and finally, fins. Spiders, scorpions, snails and worms came onto land. Somewhere around China, a fish developed jaws, and its descendants drove jawless fishes, sea scorpions and branching plankton to extinction. Some of these fishes, which had arm bones in their fins, sprouted fingers, seven or eight per flipper. On land, plants became trees, growing massive or spreading their spores only once before dying. But then the glaciers came back again, and it was mass extinction number two. It was the age of weird fishes and plated sea lilies. Sharks with wings. Sharks with buzz saw jaws. Sharks with fins covered in tiny teeth. Sharks with crushing tooth plates. Bony fishes that looked like modern angelfish and eels for the first time.

Wetlands developed, sporting ten-foot-long millipedes and giant dragon flies. These spread across the supercontinent of Pangaea and died, creating coal, leading to a 100-million-year Ice Age. Finally, vertebrates made it onto land on a permanent basis, leading to alligator-like amphibians and saber-toothed protomammals.

But then, volcanoes erupted all over Siberia, everything almost died and it was mass extinction number three.

The day life nearly died. A single, lonely tusked mammal survived and thrived, but it was soon replaced by galloping crocodiles. In the ocean, marine reptiles, giant rafts made of the living relatives of sea urchins and armored squids, ammonoids, of every kind and form.

But then, Pangaea started to split apart, forming a sea of lava that would one day become the Atlantic Ocean, spewing toxic gas into the atmosphere and mass extinction number four.

Yeah, there’s actually a lot more than these five, these are the big ones.

So, finally, there were whale-sized fishes, and modern fishes mobbed corals, made gigantic by using their captured algae to eat sunshine. Crabs, stingrays and other fishes with crushing teeth appeared, smashing shells and leading to an arms race between predators and prey. There was an explosion of marine biodiversity.

Mammals climbed trees, flew and did a lot of other things that are seemingly sort of modern. They were feeding on the first flowers pollinated by the first bees. There were ecological revolutions on land and at sea, leading to the modern world. Except that an asteroid hit Mexico, and then that triggered volcanoes on the other side of the world in India, and everything almost died again.

But — there’s always a but, because we’re still here — mammals arose from the ashes, became small under extreme heat and then ever larger. There were palm trees and snakes in the Arctic. Predatory deer dogs frolicked along ancient rivers, while their relatives returned to the ocean to become the first otter-like whales. Not hyenas and other sort of carnivores were chased off by giant long-necked rhinos. Everything at this point seems kind of familiar but not really.

In Antarctica, an ice age started, forming the first permanent polar ice cap in two hundred million years. This dried out the rest of the world, but it allowed the rise of grasses, of rodents, of cats. Somewhere in Africa, an ape started walking across the new savannah. Oh, and there were giant saber-toothed salmon, I just have to mention that.

So, we know all of this happened and so much more. How? Why? Paleontology is a thriving science at the intersection of multiple other fields and technologies. There is no bigger data than the fossil record, and we mine every bit of it. We use CAT scans, we use isotopes, we use genomes, we use robots, we use mathematical simulations and all kinds of analytics. We maximize all of it so that we can understand the past and how evolution works. It also lets us make predictions for the future.

What will happen after the next mass extinction? What weird things will show up? Will mammals get smaller again? Will there even be mammals? In sum, we have learned a lot about dinosaurs. But there’s so much left to learn from the other 99.9 percent of things that have ever lived. And that’s paleontology.

Thank you.

「過去40億年の短い旅(恐竜は含まれていません)(A brief tour of the last 4 billion years (dinosaurs not included) )」の和訳

古生物学は、小さな子どもたち向けの科学であり、ジュラシックパークのコスチュームを身に着けながら恐竜を掘り起こすことに焦点を当てています。頭蓋骨が地面から飛び出し、公衆の注目を集めるために展示されます。しかし、これらのネタや塗り絵、モンスター映画の向こうにある重要性は未知のままです。

いや…待ってください。それは全く古生物学ではありません。古生物学とは、過去の生命の研究に他なりません。すべての過去の生命。祖先から異星の形態まで。それは「私たちは誰か?」や「私たちはどうしてここにいるのか?」といった根本的な問いを含みます。 「私たち」という言葉の最も広い定義、つまり生命そのものを使用します。

恐竜は、鳥類の一部であり、その中でもほんの一部です。それでも、最もメディアの注目を浴びています。これは非常に正確なミームです。これは私が作ったものではありません。これはただの真実です。

とにかく、私たち古生物学者のほとんどは、恐竜をゲートウェイのドラッグと考えています。化石記録には、それよりもはるかにクールなものがあり、私たちはそれについて多くを知っています。では、最後の40億年間を恐竜のない簡単なツアーに出かけましょう。

ますます古くは、遺伝物質です。ウイルスは基本的に、タンパク質を生産し、環境を荒らし始めました。地球は生命に感染しました。これらの新しいバクテリアの中には、日光を食べる方法を学んだものもあり、酸素を生成し、空気中の炭素を引き込み、他の微生物の鉄の食物を錆に変えて破壊しました。これは何十億年も続きました。一部のバクテリアは他のバクテリアを摂取し、酸素をエネルギーに変える力を得て、動植物の前駆体となりました。しかし、その結果、気候が熱から冷たく、また戻る衝撃があり、地球を氷雪で覆われた雪玉に変えました。この時期の専門用語は「雪玉地球」といいます。約7億~8億年前です。

とにかく、微生物は集まり、多細胞生物を作り出しました。6億年前、幾何学的なコロニーが現れ、水中の微生物を吸い込みました。これらはやがて現代の動物の祖先に置き換えられました。カンブリア爆発。ロブスターの親戚が他の動物を食べ、つかむために掴む腕を使用しました。甲殻付きのボールヒルガニーが海底を這い、新しい生態系を作り出しました。私たちのオタマジャクシのような祖先は古代の海岸線を進みながら、その兄弟のウナギのような姿は最初のサンゴ礁のアイスクリームコーンの上を泳ぎ、スクールバスサイズのクラーケンや空腹の海サソリを避けました。植物の菌が陸上にやってきました。しかし、その後氷河が戻り、ほぼすべてを殺しました。しかし、大量絶滅は機会を提供します。無顎魚が海洋を侵略し、ポイント、プロング、そして最後にはヒレを身に着けました。クモ、サソリ、巻き貝、ミミズが陸地に上陸しました。どこかで、魚が顎を持ち、その子孫が無顎魚、海サソリ、枝分かれしたプランクトンを絶滅に追いやりました。これらの魚の一部は、ヒレに腕の骨を持ち、一枚につき7つか8つの指を生やしました。陸上では、植物が木になり、巨大化したり、一度だけ胞子を広げて死んだりしました。しかし、その後再び氷河が戻り、これが大量絶滅の2番目でした。これは奇妙な魚や鎧をつけた海百合の時代でした。翼のあるサメ。丸ノコのあるサメの顎。小さな歯で覆われたヒレのサメ。歯のプレートを持つサメ。初めてモダンなエンゼルフィッシュやウナギに似た骨のある魚が登場しました。

湿地が形成され、10フィートの長さのヤスデや巨大なトンボが出現しました。これらはパンゲア大陸全体に広がり、死に、石炭を生み出し、1億年間の氷河期をもたらしました。最終的に、脊椎動物が地上に永久的に到達し、ワニのような両生類や切り刻まれた原始哺乳類を生み出しました。

しかし、その後、シベリア中で火山が噴火し、ほとんどすべてが死にかけ、それが大量絶滅の3番目でした。
生命がほぼ絶滅した日。一頭の孤独な牙のある哺乳類が生き残り、栄えましたが、すぐに駆けるワニに取って代わられました。海中では、海胆や装甲イカ、あらゆる種類のアンモノイドから作られた巨大な筏である海洋爬虫類が現れました。

しかし、その後、パンゲアは分裂し始め、いつか大西洋となる溶岩の海を形成し、有毒ガスを大気中に吐き出し、大量絶滅の4番目をもたらしました。
実際にはこれらの5つ以上のものがあります。これらは大きなものです。

最終的に、鯨のような大きさの魚が出現し、自分たちの捕まえた藻を利用して日光を食べて巨大な珊瑚を作りました。カニ、エイ、そして他の歯で貫く魚が現れ、貝殻を粉砕し、捕食者と獲物の間で腕の競争が起こりました。海洋生物多様性の爆発がありました。

哺乳類は木に登り、飛び、そして見かけ上は現代的なことをたくさんしました。最初の蜂によって受粉された最初の花を餌にしました。陸地と海上で生態系の革命が起こり、現代の世界に至りました。メキシコに小惑星が衝突し、それが世界の反対側のインドで火山を引き起こし、ほとんどすべてが再び死にかけました。

しかし、?いつもですが、なぜなら私たちはまだここにいますから? 哺乳類は灰から生まれ、極端な熱の下で小さくなり、そしてますます大きくなりました。北極にはヤシの木とヘビがありました。古代の川沿いで捕食性の鹿犬が遊び回りましたが、その親戚は海に戻って最初のカワウソのような鯨になりました。ハイエナやその他の種類の肉食獣は巨大な長首のサイに追い払われました。この時点では、すべてが何となく馴染みがありますが、実際にはそうではありません。

南極では、2億年ぶりに最初の永久的な極地氷床が形成される氷河期が始まりました。これにより世界の残りが乾燥しましたが、草や齧歯類、猫の出現を可能にしました。アフリカのどこかで、猿が新しいサバンナを歩き始めました。ああ、巨大なサーベルトゥースサーモンがいました、これだけは言及しなければなりません。

したがって、私たちはこれらすべてが起こったことを知っており、さらに多くのことも知っています。どうして?なぜ?古生物学は複数の他の分野や技術と交差する繁栄する科学です。化石記録以上の大きなデータはありませんし、私たちはそのすべてを採掘します。私たちはCTスキャンを使用し、同位体を使用し、ゲノムを使用し、ロボットを使用し、数学的なシミュレーションやあらゆる種類の分析を行います。私たちは過去を理解し、進化がどのように機能するかを理解するために、すべてを最大限に活用します。また、これにより将来の予測も行うことができます。

次の大量絶滅の後に何が起こるのでしょうか?どんな奇妙なことが現れるのでしょうか?哺乳類は再び小さくなるのでしょうか?哺乳類はいますか?要するに、私たちは恐竜について多くのことを学びました。しかし、これまでに存在した99.9パーセントの他のものからまだ学ぶべきことがたくさんあります。それが古生物学です。

ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました