炭素税と市民配当で家計を救う共和党の新気候政策

気候

Why are we so deadlocked on climate, and what would it take to overcome the seemingly insurmountable barriers to progress? Policy entrepreneur Ted Halstead proposes a transformative solution based on the conservative principles of free markets and limited government. Learn more about how this carbon dividends plan could trigger an international domino effect towards a more popular, cost-effective and equitable climate solution.

なぜ私たちは気候問題でこれほど行き詰まっているのでしょうか?進歩への一見乗り越えられない障壁を克服するには何が必要なのでしょうか?

政策起業家のテッド・ハルステッドは、自由市場と限られた政府という保守的な原則に基づいた革新的な解決策を提案しています。 この炭素配当計画が、より普及し、費用対効果が高く、公平な気候変動解決策に向けて国際的なドミノ効果をどのように引き起こす可能性があるかについて詳しく学びましょう。

タイトル
A climate solution where all sides can win
全ての立場が勝利する気候問題の解決策
スピーカー テッド・ハルステッド
アップロード 2017/06/09

「全ての立場が勝利する気候問題の解決策(A climate solution where all sides can win)」の文字起こし

I have a two-year-old daughter named Naya who is under the mistaken impression that this conference is named in honor of her father.

Who am I to contradict my baby girl? As many of you know, there’s something about becoming a parent that concentrates the mind on long-term problems like climate change. It was the birth of my daughter that inspired me to launch this climate organization, in order to counteract the excessive polarization of this issue in the United States, and to find a conservative pathway forward.

Yes, folks, a Republican climate solution is possible, and you know what? It may even be better.

Let me try to prove that to you. What we really need is a killer app to climate policy. In the technology world, a killer app is an application so transformative that it creates its own market, like Uber. In the climate world, a killer app is a new solution so promising that it can break through the seemingly insurmountable barriers to progress.

These include the psychological barrier. Climate advocates have long been encouraging their fellow citizens to make short-term sacrifices now for benefits that accrue to other people in other countries 30 or 40 years in the future. It just doesn’t fly because it runs contrary to basic human nature. Next is the geopolitical barrier. Under the current rules of global trade, countries have a strong incentive to free ride off the emissions reductions of other nations, instead of strengthening their own programs. This has been the curse of every international climate negotiations, including Paris.

Finally, we have the partisan barrier. Even the most committed countries — Germany, the United Kingdom, Canada — are nowhere near reducing emissions at the required scale and speed. Not even close. And the partisan climate divide is far more acute here in the United States. We are fundamentally stuck, and that is why we need a killer app of climate policy to break through each of these barriers.

I’m convinced that the road to climate progress in the United States runs through the Republican Party and the business community. So in launching the Climate Leadership Council, I started by reaching out to a who’s who of Republican elder statesmen and business leaders, including James Baker and George Schultz, the two most respected Republican elder statesmen in America; Martin Feldstein and Greg Mankiw, the two most respected conservative economists in the country; and Henry Paulson and Rob Walton, two of the most successful and admired business leaders.

Together, we co-authored “The Conservative Case For Carbon Dividends.” This represents the first time that Republican leaders put forth a concrete market-based climate solution.

Thank you.

We presented our plan at the White House two weeks after President Trump moved in. Almost every leading editorial board in the country has since endorsed our plan, and Fortune 100 companies from a wide range of industries are now getting behind it. So by now you’re probably wondering, what exactly is this plan? Well, our carbon dividends solution is based on four pillars.

The first is a gradually rising carbon tax. Although capitalism is a wonderful system, like many operating systems, it’s prone to bugs, which, in this case, are called “market failures.” By far the largest is that market prices fail to take social and environmental costs into account. That means every market transaction is based on incorrect information. This fundamental bug of capitalism, more than any other single factor, is to blame for our climate predicament. Now in theory, this should be an easy problem to fix. Economists agree that the best solution is to put a price on the carbon content of fossil fuels, otherwise known as a carbon tax. This would discourage carbon emissions in every single economic transaction, every day of the year. However, a carbon tax by itself has proven to be unpopular and a political dead end. The answer is to return all the money raised directly to citizens, in the form of equal monthly dividends. This would transform an unpopular carbon tax into a popular and populist solution, and it would also solve the underlying psychological barrier that we discussed, by giving everyone a concrete benefit in the here and now.

And these benefits would be significant. Assuming a carbon tax rate that starts at 40 dollars per ton, a family of four would receive 2,000 dollars per year from the get-go. According to the US Treasury Department, the bottom 70 percent of Americans would receive more in dividends than they would pay in increased energy prices. That means 223 million Americans would win economically from solving climate change. And that — is revolutionary, and could fundamentally alter climate politics.

But there’s another revolutionary element here. The amount of the dividend would grow as the carbon tax rate increases. The more we protect our climate, the more our citizens benefit. This creates a positive feedback loop, which is crucial, because the only way we will reach our long-term emission-reduction goals is if the carbon tax rate goes up every year.

The third pillar of our program is eliminating regulations that are no longer needed once a carbon dividends plan is enacted. This is a key selling point to Republicans and business leaders. So why should we trade climate regulations for a price on carbon? Well, let me show you. Our plan would achieve nearly twice the emissions reductions of all Obama-era climate regulations combined, and nearly three times the new baseline after President Trump repeals all of those regulations. That assumes a carbon tax starting at 40 dollars per ton, which translates into roughly an extra 36 cents per gallon of gas. Our plan by itself would meet the high end of America’s commitment under the Paris Climate Agreement, and as you can see, the emissions reductions would continue over time.

This illustrates the power of a conservative climate solution based on free markets and limited government. We would end up with less regulation and far less pollution at the same time, while helping working-class Americans get ahead. Doesn’t that sound like something we could all support?

The fourth and final pillar of our program is a new climate domino effect, based on border carbon adjustments. Now that may sound complicated, but it, too, is revolutionary, because it provides us a whole new strategy to reach a global price on carbon, which is ultimately what we need. Let me show you an example.

Suppose Country A adopts a carbon dividends plan, and Country B does not. Well, to level the playing field and protect the competitiveness of its industries, Country A would tax imports from Country B based on their carbon content. Fair enough. But here’s where it gets really interesting, because the money raised at the border would increase the dividends going to the citizens of Country A. Well, how long do you think it would take the public in Country B to realize that that money should be going to them, and to push for a carbon dividends plan in their own land? Add a few more countries, and we get a new climate domino effect. Once one major country or region adopts carbon dividends with border carbon adjustments, other countries are compelled to follow suit. One by one the dominoes fall.

And this domino effect could start anywhere. My preference, strongly, is the United States, but it could also start in the United Kingdom, in Germany or another European country, or even in China. Let’s take China as an example. China is committed to reducing greenhouse gas emissions, but what its leaders care even more about is transitioning their economy to consumer-led economic development. Well, nothing could do more to hasten that transition than giving every Chinese citizen a monthly dividend. In fact, this is the only policy solution that would enable China to meet its environmental and economic goals at the same time.

That’s why this is the killer app of climate policy, because it would enable us to overcome each of the barriers we discussed earlier: the psychological barrier, the partisan barrier, and, as we’ve just seen, the geopolitical barrier. All we need is a country to lead the way. And one method of finding what you’re looking for is to take out an ad. So let’s read this one together.

Wanted: country to pioneer carbon dividends plan. Cost to country: zero. Starting date: as soon as possible. Advantages: most effective climate solution, popular and populist, pro-growth and pro-business, shrinks government and helps the working class. Additional compensation: gratitude of current and future generations, including my daughter.

Thank you.

Chris Anderson: Just one question for you, Ted. I’m actually not sure I’ve seen a conservative get a standing O at TED before that. That’s pretty cool. The logic seems really powerful, but some people you talk to in politics say it’s hard to imagine this still getting through Congress. How are you feeling about momentum behind this?

Ted Halstead: So I understand that many are very pessimistic about what’s happening in the United States with President Trump. I’m less pessimistic; here’s why. The actions of this White House, the early actions on climate, are just the first move in a complex game of climate chess. So far it’s been a repeal-only strategy; the pressure is going to mount for a replacement program, which is where we come in. And there are three reasons why, which I’ll go through real quickly.

One, the business community is fundamentally parting ways with the White House on climate change. In fact, we’re finding a number of Fortune 100 companies supporting our program. Within two months, we’re going to be announcing some really surprising names coming out in favor of this program.

Two, there is no issue in American politics where there’s a more fundamental gap between the Republican base and the Republican leadership than climate change.

And three, thinking of this analogy of chess, the big decision up ahead is: Does the administration stay in Paris? Well, let’s pan it out both ways. If it stays in Paris, as many are pushing for in the administration, well then that begs a question: What’s the plan? We have the plan. But if they don’t stay in Paris, the international pressure will be overwhelming. Our Secretary of State will be asking other countries for NATO contributions, and they’ll be saying, “No, give us our Paris commitment. Come through on your commitments, we’ll come through on ours.” So, international, business and even the Republican base will all be calling for a Republican replacement plan. And, hopefully, we’ve provided one.

Chris Anderson: Thank you so much, Ted.

Ted Halstead: Thank you, Chris.

「全ての立場が勝利する気候問題の解決策(A climate solution where all sides can win)」の和訳

私にはナヤという2歳の娘がいます。彼女はこの会議が父親に敬意を表して名付けられたものだと誤解しています。

私には娘を否定する権利なんてありません。皆さんもご存知のように、親になると気候変動のような長期的な問題に注意が集中します。私の娘の誕生が、この気候組織を立ち上げるきっかけとなりました。この組織は、アメリカでのこの問題の過度な分極化を打破し、保守的な進路を見出すために立ち上げられました。

はい、皆さん、共和党の気候変動解決策は可能です。そして、それはたとえ良い方向に向かうかもしれません。

それを証明してみましょう。本当に必要なのは、気候政策のための最高のアプリです。技術の世界では、キラーアプリとは、市場を創造するほど革新的なアプリのことです、例えばUberのようなものです。気候の世界では、キラーアプリとは、進展の見込みがある新しい解決策のことです。この解決策は、 seemingly insurmountable barriers to progress(進展のための乗り越えがたい障壁)を打破する可能性があります。

これには心理的な障壁が含まれます。気候問題の提唱者は長年、他の国の他の人々のために今すぐ犠牲を払うように、国民に訴えてきました。しかし、これは基本的な人間の性質に反するので、うまくいかないのです。次に地政学的な障壁です。現在の世界貿易ルールでは、国々は他国の排出削減を利用して自国のプログラムを強化する代わりに、他国の減少を利用することに強い動機を持っています。これはパリを含むすべての国際的な気候交渉の呪いです。

最後に、私たちには党派的な障壁があります。最も熱心な国々であるドイツ、イギリス、カナダでさえ、必要な規模と速度での排出削減にはまったく達していません。ほど遠いです。そして、党派的な気候の分裂はアメリカではさらに深刻です。私たちは基本的に行き詰まっており、それが私たちが気候政策のキラーアプリを必要とする理由です。

私は、アメリカの気候進展の道が共和党とビジネス界を通ると確信しています。したがって、気候リーダーシップ評議会を立ち上げる際に、アメリカで最も尊敬されている共和党の長老やビジネスリーダーにアプローチしました。その中には、ジェームズ・ベイカーやジョージ・シュルツなど、アメリカで最も尊敬されている共和党の長老が含まれています。さらに、国内で最も尊敬されている保守派の経済学者であるマーティン・フェルドスタインとグレッグ・マンキウもいます。さらに、最も成功し尊敬されているビジネスリーダーであるヘンリー・ポールソンとロブ・ウォルトンもいます。

私たちは一緒に、「炭素ディビデンドの保守派ケース」を共著しました。これは共和党の指導者が具体的な市場ベースの気候変動解決策を提案する初めての機会です。

ありがとうございます。

私たちは、トランプ大統領が就任してから2週間後にホワイトハウスで私たちの計画を発表しました。その後、国内のほとんどの主要な編集局が私たちの計画を支持し、さまざまな産業のフォーチュン100社がこれに賛同しました。さて、あなたはおそらく今、この計画は具体的に何かと疑問に思っているでしょう。では、私たちの炭素ディビデンドソリューションは、四つの柱に基づいています。

第一は、徐々に上昇する炭素税です。資本主義は素晴らしいシステムですが、多くのオペレーティングシステムと同様に、この場合は「市場の失敗」と呼ばれるバグに対して脆弱です。その最大のものは、市場価格が社会的および環境的コストを考慮に入れないことです。つまり、すべての市場取引が誤った情報に基づいています。この資本主義の根本的なバグは、他のどの要因よりも、私たちの気候の困難を責める原因です。理論上、これは修正が容易な問題であるはずです。経済学者は、化石燃料の炭素含有量に価格をつける、通称炭素税が最善の解決策だと合意しています。これにより、毎日のすべての経済取引で炭素排出が抑制されます。しかし、炭素税単体では不人気であり、政治的な行き詰まりになります。答えは、集められたすべての資金を市民に直接均等な月々の配当金として返却することです。これにより、不人気な炭素税が人気のある大衆的な解決策に変わり、また、ここで今すぐに誰にでも具体的な利益を与えることで、先ほど議論した根本的な心理的障壁も解決されます。

そして、これらの利点は重要です。トン当たり40ドルから始まる炭素税率を想定すると、4人家族は最初から年間2,000ドルを受け取ります。米国財務省によると、アメリカ人の下位70%は、エネルギー価格の上昇に支払うよりも配当金を受け取るでしょう。つまり、2億2300万人のアメリカ人が気候変動の解決から経済的に利益を得ることになります。それは革命的であり、気候政治を根本的に変える可能性があります。

しかし、ここにもう一つ革命的な要素があります。配当金の額は、炭素税率が上昇するにつれて増加します。私たちが気候を保護するほど、市民が利益を得ることになります。これは重要なプラスのフィードバックループを作り出します。なぜなら、長期的な排出削減目標に到達する唯一の方法は、炭素税率が毎年上昇する場合だからです。

私たちのプログラムの第三の柱は、炭素配当計画が施行されると不要になる規制を廃止することです。これは共和党とビジネスリーダーにとっての重要なセリングポイントです。なぜなら、気候規制を炭素税に交換する理由は何でしょうか?さて、お見せしましょう。私たちの計画は、オバマ時代のすべての気候規制の排出削減をほぼ2倍に達し、トランプ大統領がこれらの規制を全て撤廃した後の新しいベースラインのほぼ3倍になります。炭素税率がトン当たり40ドルから始まると仮定しています。これは大体ガソリン1ガロン当たり約36セントの追加コストに相当します。私たちの計画単体で、パリ協定でのアメリカの高い目標に達することができます。そして、排出削減は時間と共に続きます。

これは、自由な市場と限られた政府に基づく保守的な気候対策の力を示しています。同時に、規制が少なく、汚染も少なくなり、労働者階級のアメリカ人が前進できる手助けになります。それは皆が支持できる何かではないでしょうか?

私たちのプログラムの第四かつ最後の柱は、国境炭素調整に基づく新しい気候連鎖効果です。これは複雑に聞こえるかもしれませんが、これもまた革命的です。なぜなら、これによって我々は最終的に必要とされる世界的な炭素価格に到達するための全く新しい戦略が提供されるからです。例を示しましょう。

国Aが炭素配当計画を採用し、国Bがそうしないとします。まあ、競争力のある産業を保護し、フィールドを均等にするために、国Aは国Bからの輸入品に炭素含有量に基づいて税金を課します。公正ですね。しかし、ここが本当に興味深いところです。国境で課税されたお金が国Aの市民に支払われる配当金を増やすでしょう。では、国Bの一般市民がそのお金が自分たちに行くべきだと気付くのにどれくらいの時間がかかると思いますか?そして、彼ら自身の土地で炭素配当金計画を推進するために動き出すでしょうか?他のいくつかの国を追加すると、新しい気候連鎖効果が得られます。主要な国や地域が炭素配当金と国境炭素調整を採用すると、他の国もそれに追随せざるを得なくなります。一つずつドミノが倒れていきます。

このドミノ効果はどこからでも始まる可能性があります。私の強い希望はアメリカですが、他の国々でも始まる可能性があります。例えば、イギリス、ドイツ、または他のヨーロッパの国、あるいは中国です。中国を例に取りましょう。中国は温室効果ガス排出削減に取り組んでいますが、彼らのリーダーがさらに重視しているのは、経済を消費者主導の経済発展に移行させることです。さて、その移行を加速させるものは、中国の市民全員に月々の配当金を支給すること以外にありません。実際、これは中国が環境と経済の両方の目標を同時に達成する唯一の政策解決策です。

それがなぜ気候政策のキラーアプリなのか、それは私たちが以前に議論した障壁を克服することができるからです:心理的な障壁、党派的な障壁、そして、私たちが見てきたように、地政学的な障壁。必要なのは先導する国です。そして、求めているものを見つける方法の一つは、広告を出すことです。一緒にこの広告を読みましょう。

【募集】炭素配当金計画を先駆ける国を募集します。国への費用:ゼロ。開始日:できるだけ早く。利点:最も効果的な気候対策、人気があり、大衆的、成長を促進し、ビジネスを支援、政府を縮小し、労働者階級を支援。追加の報酬:私の娘を含む現在と将来の世代からの感謝。

ありがとうございました。

Chris Anderson: テッド、1つ質問があります。実は、これまでに保守派がTEDでスタンディングオベーションを受けたことは見たことがないかもしれません。それはかなりすごいことですね。論理は非常に力強いようですが、政治の中でこれが議会を通過するのは難しいと考える人もいます。この計画に対する勢いについてどう思いますか?

Ted Halstead: わかります。アメリカでのトランプ大統領の動きについて、多くの人々は非常に悲観的です。私はそれほど悲観的ではありません。なぜなら、このホワイトハウスの行動は、気候に関する複雑なチェスゲームの最初の一手に過ぎないからです。これまでのところ、ただの廃止の戦略でしたが、代替プログラムに対する圧力が高まるでしょう。そこで私たちが登場するのです。そして、その理由は3つあります。簡単に説明します。

まず第一に、ビジネス界が気候変動に関してホワイトハウスと根本的に意見が分かれつつあることです。実際、私たちのプログラムを支持するフォーチュン100社がいくつか見つかっています。2ヶ月以内に、このプログラムを支持するという驚くべき名前を発表する予定です。

第二に、アメリカの政治の中で、共和党の基盤と共和党の指導部との間に、気候変動に関してより根本的なギャップがある問題はありません。

そして3つ目に、チェスのアナロジーを考えると、今後の大きな決定は、この政権がパリ協定に残るかどうかです。まず、両方の可能性を考えてみましょう。もし政権がパリに残ることを選ぶ場合、多くの人々がそのように主張していますが、そうすると次の疑問が生じます。それでは、具体的な計画は何ですか?私たちはその計画を持っています。しかし、もし彼らがパリから離脱する場合、国際的な圧力は圧倒的になるでしょう。私たちの国務長官は他の国々にNATOへの貢献を求めることになるでしょうが、彼らは「いいえ、私たちのパリへの約束を守ってください。あなたが約束を守れば、私たちも約束を守ります」と言うでしょう。したがって、国際的にも、ビジネス界にも、そして共和党の基盤にも、共和党の代替プランを求める声が上がるでしょう。そして、願わくば、私たちはその代替案を提供しています。

Chris Anderson: 本当にありがとうございます、テッド。

Ted Halstead: ありがとうございます、クリス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました