民主主義の未来を考える:数字で示す7つの障害と提案

社会

Conversation is a battlefield with only one winner. Or is it? Comedian and author Jordan Klepper believes we can get better at talking to each other (and perhaps save democracy) by learning how to lose.

会話は勝者が 1 人だけの戦場です。 またはそれは?

コメディアンで作家のジョーダン・クレッパーは、負け方を学ぶことで、私たちはお互いにうまく話し合うことができる(そしておそらく民主主義を救うことができる)と信じています。

タイトル A Comedian’s Take on How to Save Democracy
民主主義を救う方法についてコメディアンが語る
スピーカー ジョーダン・クレッパー
アップロード 2024/04/03

「民主主義を救う方法についてコメディアンが語る(A Comedian’s Take on How to Save Democracy)」の文字起こし

When TED asked me to be a part of this democracy event, I was flattered. When they told me it was a pro-democracy event, I paused. Like, really? We still think this is a good idea? Giving everyone a voice? Have you talked to everyone? One in 10 Americans believe chocolate milk comes from brown cows. We want those people weighing in on foreign policy. Because if democracy is hearing from the voice of the people, consider me skeptical of that conversation. Because I think we’re incapable of having it. Any conversation. And not just in America, globally, we’re tuning people out. Frankly, we’re bad at talking to other people. Didn’t always used to be this way. In the old days, it came naturally. We would talk to folks, we would negotiate over food or child care. So your kid didn’t get eaten by a bear or run off and invent fire. But since then, it’s gotten harder, more difficult. Screens have placed an impediment between people and thought. Partisanship has made talking to someone outside of your own POV traumatic. Now, talking to somebody with a different point of view than yourself is to be avoided at all costs. It’s like paying taxes. Like, you should do it, but if you can avoid it, makes you smart.

It’s an awful time for conversations, so much so that even right now I’ve opted for a lecture. I won’t be taking questions. I find it easier to speak at you. So how did we get here? Well, as someone in their 40s, I’m legally obligated to point the finger at social media. The cultural conversations we have are dictated by the forums we have them in. And all those forums, they just push us towards short, loud outbursts. Maximum volume, short duration. Now, even right now, this TED Talk is only seven minutes. I remember when TED Talks used to be 18 minutes long. Now you have to communicate the economics behind climate catastrophe in the time it takes for a potty break. Not great guys, not great.

I remember the good old days when TED Talks used to be “Theodore Discussions.” You know, a year from now, they’re just going to be T’s GIFs.

So how do we get better at talking to one another? If democracy depends on discourse, on compromise, how do we have civil conversations? Well … The long answer is destroy the bias of social media and the cesspool of misinformation that is propagated by the entertainment machine that dominates our politics and discourse. I could tell you how to do that, but TED only gave me seven minutes, so sorry. Maybe next time, it would have cleared everything up. But in the four minutes, wow, the four minutes we have left, I’ll give you a few tips of what you can do now. So, three tips for how to be slightly better at talking to a human you disagree with.

One, read a book. Easy. You know, you’re not as smart as you think you are, get inside the head of someone else. And make it a long book. We need to expand our attention beyond just TikToks. Two, travel. Mark Twain said it best. You know, bias is reduced by travel. It’s the easiest way. As a kid who grew up in Michigan, I hated Ohio. And then I traveled there, and you know what? I still hate Ohio. But now I know what Akron smells like. So I guess, progress, I think? And three, concede something. That’s a biggie. Concession. You have to give something up. You’re not as smart as you think you are. Concession is crucial to democracy. To concede comes from the Latin “consensus,” which means to find agreement. And if you challenge me on that, I would concede.

Because I totally made that up.

That’s how this thing works, you know? Even upstanding, charismatic people like myself are full of shit. Like many of us, I find my desire to be seen as smart outweighs my desire to shut up when I don’t know what I’m talking about. It’s hard for Americans to shut up when they don’t know what they’re talking about. When you make politics a sport, then everything becomes win or lose, every conversation becomes a negotiation over field position. Our guards are up. We’re defensive, we’re afraid of getting punched in the face. We think our strongest weapon is our certainty. But the most relatable thing about us is our failure. Has no one here been to therapy? It’s all there. And democracy in a bipartisan country is like a marriage. And in America, we are at the couple’s counseling phase. America, you’ve made some mistakes. Republicans, maybe vaccines aren’t the work of the devil. Democrats, maybe Portland does suck. Canada, Canada, it’s 2023, you can’t call your police “Mounties.” Alright? We’re imperfect, we have to accept that. It’s hard to say you don’t know. But it can also be liberating. Like, I don’t know how to throw away batteries, I don’t.

I don’t know what “40 percent chance of rain” means. Does it mean it’s 40 percent chance it will rain or that it’s going to rain, only 40 percent chance as hard? I don’t know, I don’t know, I don’t, but it’s liberating. We need to, we need to concede a little on everything. Except for gun safety reform. That’s a no-brainer. But everything else — And climate. See, it’s tough. It’s hard, it’s hard. We’re not very good at it. It’s not popular to concede. In America, there’s a big chunk of the population right now who hasn’t conceded the last presidential election. It’s hard to give any ground when you can’t agree that the Earth you stand on is either round or flat. But, but, perhaps a gesture of understanding, if not towards irrefutable facts, but to your own uncertainty is a step towards progress. I think the phrase “I don’t know” invites a softening, and the ground is too hard to grow much of anything right now. What I think, in order for American democracy to survive, we need a culture of vulnerability, or at least a space in that culture for vulnerability. The good news is, being wrong is sexy. Failure is an aphrodisiac. Every person who has ever loved me has told me how much of a loser I am.

The proof is in the pudding. And if conceding is too much for you, if that feels weak, OK, don’t think of it as conceding. Think of it as gamesmanship. You’re setting a trap. Trap them with your vulnerability. Hypnotize them with your humility. Distract them with your failure. And as they begin to reveal themselves to you in your uncertainty, smash those fools. In the game of democracy, in order to win, we may have to start with a loss. But what do I know? I could be wrong. Thank you.

「民主主義を救う方法についてコメディアンが語る(A Comedian’s Take on How to Save Democracy)」の和訳

TEDからこの民主主義のイベントに参加を依頼されたとき、光栄に思いました。でも、それがプロ民主主義のイベントだと聞いて、ちょっと立ち止まりました。本当に?まだこれを良いアイデアだと思っているの?みんなに声を与えるって?みんなと話したことある?10人に1人のアメリカ人がチョコレートミルクは茶色の牛から来ると信じているんだ。そういう人たちに外交政策について意見を求めるつもりか。だって、もし民主主義が人々の声を聞くことなら、私はその会話に懐疑的です。なぜなら、私たちはそれを行う能力がないと思うから。どんな会話も。そしてアメリカだけでなく、世界的に、人々を無視している。正直言って、他の人と話すのが下手くそだ。昔はそうじゃなかった。昔は自然なことだった。人々と話をし、食べ物や育児の交渉をした。だって、子供がクマに食べられたり、火を発明したりしないように。でもその後、もっと難しくなった。スクリーンが人々と考えの間に障害を作り出した。党派性が自分の視点と違う人と話すことを外傷的にした。今、自分と違う意見を持つ人と話すことは避けるべきだ。税金を払うようなものだ。払うべきだけど、避けられるなら、それが賢明だから。

今は会話するのに最悪の時期です。それほどまでに、今でも私は講義を選択しました。質問は受け付けません。あなたに向かって話す方が簡単だと思います。では、なぜここまで来たのでしょうか?40代の私としては、法的にSNSを指摘する義務があります。私たちが行う文化的な会話は、それを行うフォーラムによって決まります。そして、すべてのフォーラムは、私たちを短くて大声の発言に向かわせるだけです。最大の音量、短い期間。今でも、このTEDトークはたった7分です。以前はTEDトークが18分もあったのを覚えています。今は気候災害の経済を伝える時間がトイレ休憩の時間です。素晴らしくないですね。

以前はTEDトークが「セオドア・ディスカッション」だった良い古き良き時代を覚えていますか?あなたは、1年後、単なるTのGIFになっているでしょう。

では、お互いに話す方法を改善するにはどうすればいいでしょうか?民主主義が対話や妥協に依存しているなら、どうやって文明的な会話をするのでしょうか?それには… 長い答えは、SNSの偏見と、政治や対話を支配するエンターテイメント機構によって広まる誤情報の腐った巣を破壊することです。それをどうやって行うかをお伝えできるのですが、TEDはたったの7分しか与えてくれませんでした。すみません。次回には、すべてが解決されるでしょう。でも、残りの4分で、あなたが今すぐできるいくつかのヒントをお伝えします。したがって、異なる意見を持つ人と話すのが少し上手くいく方法を3つお教えします。

一、本を読む。簡単です。自分が思っているほど賢くないことを理解して、他の人の考えに入ってみましょう。そして、長い本を読みましょう。TikTokだけに注意を向けるのではなく、私たちは注意を広げる必要があります。二、旅行。マーク・トウェインが言ったことが最良の例です。バイアスは旅行によって減少します。それが一番簡単な方法です。ミシガンで育った子供として、私はオハイオを嫌いでした。そして、そこに行ってみたら、結局オハイオが嫌いです。でも今はアクロンの匂いを知っています。だから、進歩したと思います。三、何かを譲歩する。それは重要です。何かを譲歩しなければなりません。あなたは自分が思っているほど賢くないのです。譲歩は民主主義にとって重要です。譲歩とは、ラテン語の「consensus」に由来し、合意を見つけることを意味します。もしそれについて私に異議を唱えるなら、私は譲歩します。

なぜなら、私は完全にでっち上げたからです。

そう、これがこのやり方です。立派で魅力的な人でも、私のような人でも、みんなでっち上げです。私たちの多くと同様に、自分が賢いと見られたいという欲求が、自分が何を話しているのか分からないときに黙っている欲求よりも強いです。アメリカ人は、自分が何を話しているのか分からないときに黙っているのは難しいです。政治をスポーツにすると、すべてが勝ち負けになり、すべての会話がフィールドの位置に関する交渉になります。私たちは用心深くなり、守りに入ります。私たちは防御的で、顔を殴られるのを恐れています。私たちの最強の武器は確信だと思っています。でも、私たちの失敗について共感できることは、私たちにとって最も共感できることです。誰もここでセラピーに行ったことがありませんか?すべてそこにあります。バイパーティザンの国での民主主義は結婚と同じです。そしてアメリカでは、私たちはカップルのカウンセリング段階にいます。アメリカ、あなたはいくつかの間違いを犯しました。共和党員、ワクチンは悪魔の仕業かもしれません。民主党員、ポートランドは本当にダメかもしれません。カナダ、カナダ、2023年です、警察を「マウンティー」と呼んではいけませんよね。私たちは完璧ではなく、それを受け入れなければなりません。自分が分からないと言うのは難しいです。でも、解放されることもあります。例えば、私はどうやって電池を捨てるか分かりません。

「40%の雨の可能性」とは何を意味するのか分かりません。雨が降る可能性が40%あるということなのか、それとも雨が降るが、その強さは40%の確率なのか、私には分かりません。私は知りません、私は知りません、私は分かりませんが、それは解放されることです。私たちは、すべての点で少し譲歩する必要があります。銃の安全改革以外は、すべてです。それは明らかなことです。でも、他のことは―そして気候も―難しいです。それは厳しいです。難しいです。私たちはそれが得意ではありません。譲歩することは人気がありません。アメリカでは、大統領選挙の結果をまだ受け入れていない人々が大勢います。地球が丸いか平らかかについてさえ合意できない時、どんな譲歩もするのは難しいです。でも、でも、おそらく理解へのジェスチャー、確固たる事実ではなく、自分自身の不確実性への一歩が進歩につながると思います。「分からない」というフレーズは、和らげる招待状であり、今は何も育たないほど地面が硬いです。私が考えるに、アメリカの民主主義が生き残るためには、脆弱性の文化が必要です。少なくとも、その文化の中には脆弱性のためのスペースが必要です。良いニュースは、間違うことはセクシーです。失敗は媚薬です。私を愛したすべての人々が、私がどれほど負け犬かを教えてくれました。

証拠は結果に表れます。そして、譲歩することがあなたにとってあまりにも多すぎる場合、それが弱さに感じられるなら、構いません。それを譲歩と考えるのではなく、策略と考えてください。罠を仕掛けてください。脆弱性で彼らをおびき寄せてください。謙虚さで彼らを催眠術でかけてください。失敗で彼らをそらしてください。そして、彼らがあなたの不確実性の中で自分自身を明かし始めると、それらの愚か者たちを打ち破ってください。民主主義のゲームでは、勝つためには、まず敗北から始める必要があるかもしれません。でも、私は何も知らないかもしれません。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました