シアトル出身の音楽家が語る貧困問題と自由市場の重要性

社会

Conservatives and liberals both believe that they alone are motivated by love while their opponents are motivated by hate. How can we solve problems with so much polarization? In this talk, social scientist Arthur Brooks shares ideas for what we can each do as individuals to break the gridlock. “We might just be able to take the ghastly holy war of ideology that we’re suffering under and turn it into a competition of ideas,” he says.

保守派もリベラル派も、自分たちだけが愛によって動機づけられているのに、反対派は憎しみによって動機づけられていると信じている。

これほど二極化が進む問題をどうやって解決できるのでしょうか? この講演では、社会科学者のアーサー・ブルックスが、行き詰まりを打破するために個人として何ができるかについてのアイデアを共有します。 「私たちが苦しんでいる恐ろしいイデオロギーの聖戦を、アイデアの競争に変えることはできるかもしれない」と彼は言う。

タイトル
A conservative’s plea: Let’s work together
保守派の訴え: 一緒に働きましょう
スピーカー アーサー・ブルックス
アップロード 2016/04/09

「保守派の訴え: 一緒に働きましょう(A conservative’s plea: Let’s work together)」の文字起こし

I come from one of the most liberal, tolerant, progressive places in the United States, Seattle, Washington. And I grew up with a family of great Seattlites. My mother was an artist, my father was a college professor, and I am truly grateful for my upbringing, because I always felt completely comfortable designing my life exactly as I saw fit. And in point of fact, I took a route that was not exactly what my parents had in mind.

When I was 19, I dropped out of college — dropped out, kicked out, splitting hairs. And I went on the road as a professional French horn player, which was my lifelong dream. I played chamber music all over the United States and Europe, and I toured for a couple of years with a great jazz guitar player named Charlie Bird. And by the end of my 20s, I wound up as a member of the Barcelona Symphony Orchestra in Spain. What a great life. And you know, my parents never complained. They supported me all the way through it. It wasn’t their dream. They used to tell their neighbors and friends, “Our son, he’s taking a gap decade.”

And — There was, however, one awkward conversation about my lifestyle that I want to tell you about. I was 27, and I was home from Barcelona, and I was visiting my parents for Christmas, and I was cooking dinner with my mother, and we were alone in the kitchen. And she was quiet, too quiet. Something was wrong. And so I said, “Mom, what’s on your mind?” And she said, “Your dad and I are really worried about you.” And I said, “What?” I mean, what could it be, at this point? And she said, “I want you to be completely honest with me: have you been voting for Republicans?”

Now, the truth is, I wasn’t really political, I was just a French horn player. But I had a bit of an epiphany, and they had detected it, and it was causing some confusion. You see, I had become an enthusiast for capitalism, and I want to tell you why that is. It stems from a lifelong interest of mine in, believe it or not, poverty.

See, when I was a kid growing up in Seattle, I remember the first time I saw real poverty. We were a lower middle class family, but that’s of course not real poverty. That’s not even close. The first time I saw poverty, and poverty’s face, was when I was six or seven years old, early 1970s. And it was like a lot of you, kind of a prosaic example, kind of trite. It was a picture in the National Geographic Magazine of a kid who was my age in East Africa, and there were flies on his face and a distended belly. And he wasn’t going to make it, and I knew that, and I was helpless. Some of you remember that picture, not exactly that picture, one just like it. It introduced the West to grinding poverty around the world.

Well, that vision kind of haunted me as I grew up and I went to school and I dropped out and dropped in and started my family. And I wondered, what happened to that kid? Or to people just like him all over the world? And so I started to study, even though I wasn’t in college, I was looking for the answer: what happened to the world’s poorest people? Has it gotten worse? Has it gotten better? What? And I found the answer, and it changed my life, and I want to share it with you.

See — most Americans believe that poverty has gotten worse since we were children, since they saw that vision. If you ask Americans, “Has poverty gotten worse or better around the world?”, 70 percent will say that hunger has gotten worse since the early 1970s. But here’s the truth. Here’s the epiphany that I had that changed my thinking. From 1970 until today, the percentage of the world’s population living in starvation levels, living on a dollar a day or less, obviously adjusted for inflation, that percentage has declined by 80 percent. There’s been an 80 percent decline in the world’s worst poverty since I was a kid. And I didn’t even know about it. This, my friends, that’s a miracle. That’s something we ought to celebrate. It’s the greatest antipoverty achievement in the history of mankind, and it happened in our lifetimes.

So when I learned this, I asked, what did that? What made it possible? Because if you don’t know why, you can’t do it again. If you want to replicate it and get the next two billion people out of poverty, because that’s what we’re talking about: since I was a kid, two billion of the least of these, our brothers and sisters, have been pulled out of poverty. I want the next two billion, so I’ve got to know why.

And I went in search of an answer. And it wasn’t a political answer, because I didn’t care. You know what, I still don’t care. I wanted the best answer from mainstream economists left, right and center. And here it is. Here are the reasons. There are five reasons that two billion of our brothers and sisters have been pulled out of poverty since I was a kid. Number one: globalization. Number two: free trade. Number three: property rights. Number four: rule of law. Number five: entrepreneurship. It was the free enterprise system spreading around the world after 1970 that did that.

Now, I’m not naive. I know that free enterprise isn’t perfect, and I know that free enterprise isn’t everything we need to build a better world. But that is great. And that’s beyond politics. Here’s what I learned. This is the epiphany. Capitalism is not just about accumulation. At its best, it’s about aspiration, which is what so many people on this stage talk about, is the aspiration that comes from dreams that are embedded in the free enterprise system. And we’ve got to share it with more people.

Now, I want to tell you about a second epiphany that’s related to that first one that I think can bring us progress, not just around the world, but right here at home. The best quote I’ve ever heard to summarize the thoughts that I’ve just given you about pulling people out of poverty is as follows: “Free markets have created more wealth than any system in history. They have lifted billions out of poverty.” Who said it? It sounds like Milton Friedman or Ronald Reagan. Wrong. President Barack Obama said that. Why do I know it by heart? Because he said it to me. Crazy. And I said, “Hallelujah.” But more than that, I said, “What an opportunity.” You know what I was thinking?

It was at an event that we were doing on the subject at Georgetown University in May of 2015. And I thought, this is the solution to the biggest problem facing America today. What? It’s coming together around these ideas, liberals and conservatives, to help people who need us the most.

Now, I don’t have to tell anybody in this room that we’re in a crisis, in America and many countries around the world with political polarization. It’s risen to critical, crisis levels. It’s unpleasant. It’s not right. There was an article last year in the Proceedings of the National Academy of Sciences, which is one of the most prestigious scientific journals published in the West. And it was an article in 2014 on political motive asymmetry. What’s that? That’s what psychologists call the phenomenon of assuming that your ideology is based in love but your opponents’ ideology is based in hate. It’s common in world conflict. You expect to see this between Palestinians and Israelis, for example. What the authors of this article found was that in America today, a majority of Republicans and Democrats suffer from political motive asymmetry. A majority of people in our country today who are politically active believe that they are motivated by love but the other side is motivated by hate. Think about it. Think about it. Most people are walking around saying, “You know, my ideology is based on basic benevolence, I want to help people, but the other guys, they’re evil and out to get me.” You can’t progress as a society when you have this kind of asymmetry. It’s impossible.

How do we solve it? Well, first, let’s be honest: there are differences. Let’s not minimize the differences. That would be really naive. There’s a lot of good research on this. A veteran of the TED stage is my friend Jonathan Haidt. He’s a psychology professor at New York University. He does work on the ideology and values and morals of different people to see how they differ. And he’s shown, for example, that conservatives and liberals have a very different emphasis on what they think is important. For example, Jon Haidt has shown that liberals care about poverty 59 percent more than they care about economic liberty. And conservatives care about economic liberty 28 percent more than they care about poverty. Irreconcilable differences, right? We’ll never come together. Wrong. That is diversity in which lies our strength. Remember what pulled up the poor. It was the obsession with poverty, accompanied by the method of economic freedom spreading around the world. We need each other, in other words, if we want to help people and get the next two billion people out of poverty. There’s no other way.

How are we going to get that? It’s a tricky thing, isn’t it. We need innovative thinking. A lot of it’s on this stage. Social entrepreneurship. Yeah. Absolutely. Phenomenal. We need investment overseas in a sustainable, responsible, ethical and moral way. Yes. Yes. But you know what we really need? We need a new day in flexible ideology. We need to be less predictable. Don’t we? Do you ever feel like your own ideology is starting to get predictable? Kinda conventional?

Do you ever feel like you’re always listening to people who agree with you? Why is that dangerous? Because when we talk in this country about economics, on the right, conservatives, you’re always talking about taxes and regulations and big government. And on the left, liberals, you’re talking about economics, it’s always about income inequality. Right? Now those are important things, really important to me, really important to you. But when it comes to lifting people up who are starving and need us today, those are distractions. We need to come together around the best ways to mitigate poverty using the best tools at our disposal, and that comes only when conservatives recognize that they need liberals and their obsession with poverty, and liberals need conservatives and their obsession with free markets. That’s the diversity in which lies the future strength of this country, if we choose to take it.

So how are we going to do it? How are we going to do it together? I’ve got to have some action items, not just for you but for me.

Number one. Action item number one: remember, it’s not good enough just to tolerate people who disagree. It’s not good enough. We have to remember that we need people who disagree with us, because there are people who need all of us who are still waiting for these tools. Now, what are you going to do? How are you going to express that? Where does this start? It starts here. You know, all of us in this room, we’re blessed. We’re blessed with people who listen to us. We’re blessed with prosperity. We’re blessed with leadership. When people hear us, with the kind of unpredictable ideology, then maybe people will listen. Maybe progress will start at that point. That’s number one.

Number two. Number two: I’m asking you and I’m asking me to be the person specifically who blurs the lines, who is ambiguous, who is hard to classify. If you’re a conservative, be the conservative who is always going on about poverty and the moral obligation to be a warrior for the poor. And if you’re a liberal, be a liberal who is always talking about the beauty of free markets to solve our problems when we use them responsibly. If we do that, we get two things.

Number one: we get to start to work on the next two billion and be the solution that we’ve seen so much of in the past and we need to see more of in the future. That’s what we get.

And the second is that we might just be able to take the ghastly holy war of ideology that we’re suffering under in this country and turn it into a competition of ideas based on solidarity and mutual respect. And then maybe, just maybe, we’ll all realize that our big differences aren’t really that big after all. Thank you.

「保守派の訴え: 一緒に働きましょう(A conservative’s plea: Let’s work together)」の和訳

私は、アメリカの最もリベラルで寛容で進歩的な場所の一つ、ワシントン州シアトル出身です。そして、素晴らしいシアトルの家族の元で育ちました。母はアーティストで、父は大学教授でした。私の育ちには本当に感謝しています。なぜなら、自分の人生を自分の望むようにデザインすることに完全に適応していると感じていました。実際、私は両親の考えていたものとは少し違う道を選びました。

19歳の時、大学を中退しました。中退したと言うか、追い出されたと言うか、微妙な違いです。そして、私は一生の夢であったプロのフレンチホルン奏者としての道を歩みました。私はアメリカとヨーロッパで室内楽を演奏し、偉大なジャズギタリストのチャーリー・バードといくつかの年をツアーしました。そして20代の終わりまでに、スペインのバルセロナ交響楽団の一員になりました。素晴らしい人生でした。両親は決して不満を言いませんでした。彼らはずっと私を支えてくれました。それは彼らの夢ではありませんでした。彼らは近所や友人に、「私たちの息子、彼は一時の休息期間を取っているの」とよく言っていました。

しかし、私のライフスタイルについての一つの気まずい会話があります。私が27歳の時、バルセロナから帰国して、クリスマスのために両親の家を訪れていました。母と一緒に夕食を作っていた私たち二人きりのキッチンでした。彼女は静かで、あまりにも静かでした。何かが違うと感じました。そして、私は言いました。「ママ、何か心配事でもあるの?」と。彼女は言いました。「パパと私は本当に心配しているのよ」。私は「何?」と言いました。この時点で、何があるのでしょうか?そして彼女は言いました。「完全に正直でいてほしいの。あなたは共和党に投票しているの?」

実際、私はあまり政治的ではありませんでした。ただのフレンチホルン奏者でした。でも、私は少しの瞑想を経験し、彼らはそれを察知し、それが混乱を引き起こしていました。私は資本主義の熱狂者になってしまったのです。その理由をお話ししたいと思います。それは、信じられないかもしれませんが、貧困への私の生涯の関心から生じています。

私がシアトルで育った子供の頃、本物の貧困を初めて見たのを覚えています。私たちは下層中流階級の家族でしたが、もちろんそれは本当の貧困ではありませんでした。それはほとんど近くにもありませんでした。初めて貧困、そして貧困の顔を見たのは、私が6歳か7歳の頃、1970年代初頭でした。そして、多くの人々が経験したように、それはありふれた例であり、陳腐でした。それは、ナショナルジオグラフィックマガジンの写真でした。東アフリカにいる私と同じ年の子供が写っていて、その子供の顔にはハエがいて、おなかが膨れていました。彼は生き残れないだろうと私は知っていましたが、何もできませんでした。あなたの中には、その写真を覚えている人もいるでしょう。まさにその写真ではなく、それに似た写真です。それは西洋に世界中の深刻な貧困を紹介しました。

さて、そのビジョンは私が成長し、学校に通い、中退し、家族を持ち始める中で私を苦しめました。私は、その子供に何が起こったのか、また世界中の彼と同じような人々に何が起こったのかを思いました。そして、私は答えを探して勉強し始めました。大学に通っていませんでしたが、世界で最も貧しい人々に何が起こったのか、それが悪化したのか、良くなったのかを探していました。そして、私は答えを見つけました。それは私の人生を変え、それをあなたと共有したいと思います。

見てください――私たちが子供の頃にそのビジョンを見た以来、貧困は悪化したと考えるアメリカ人がほとんどです。アメリカ人に「世界中の貧困は悪化しましたか、それとも良くなりましたか?」と尋ねると、70%が1970年代初頭以来、飢餓が悪化したと答えるでしょう。しかし、ここに真実があります。私の考えを変えた瞑想の真実です。1970年から今日まで、1日1ドル以下で生活している世界の人口の割合は、明らかにインフレを調整しても、80%減少しました。私が子供の頃から、世界で最も悲惨な貧困は80%減少しました。それについてさえ知りませんでした。これは、友人たち、それは奇跡です。私たちは祝うべきです。それは人類史上最大の貧困撲滅の成果であり、それは私たちの生涯の中で実現しました。

ですから、私がこれを知ったとき、私は「何がそれを可能にしたのか?」と尋ねました。なぜなら、なぜかわからないと、それをもう一度することができないからです。私たちはそれを複製し、次の20億人の貧困から脱却する必要があります。それが私が話していることです。私が子供の頃から、最も貧しい2億人が、私たちの兄弟姉妹の最低の者たちが、貧困から脱出しました。次の20億人を求めています、だから私はなぜか知らなければなりません。

そして、私は答えを探しました。そして、それは政治的な答えではなかった、なぜなら私は気にしませんでした。実際、今でも気にしません。私は、左派でも右派でもないメインストリームの経済学者から最良の答えを求めました。そして、それがここにあります。2億人の兄弟姉妹が私が子供の頃から貧困から脱出した理由は、5つあります。第一に、グローバリゼーション。第二に、自由貿易。第三に、所有権。第四に、法の支配。第五に、起業家精神。それは1970年以降、世界中に広がった自由企業システムがそれを成し遂げたのです。

私は単純な人間ではありません。自由企業が完璧ではないことを知っていますし、自由企業だけではより良い世界を構築するために必要なものではありません。しかし、それは素晴らしいことです。そして、それは政治を超えています。私が学んだことはこうです。これが瞑想です。資本主義は蓄積だけではありません。その最良の状態では、それは希望についてです。このステージにいる多くの人々が話していることは、夢に根ざした希望です。そして、私たちはもっと多くの人々とそれを共有しなければなりません。

今、私があなたに伝えたいのは、最初の瞑想と関連する2番目の瞑想についてです。これは、世界中だけでなく、ここでも進歩をもたらすと思われるものです。私が貧困から人々を引き上げることについてあなたに与えた考えを要約するために聞いた最高の引用は次のとおりです。「自由な市場は、歴史上のどのシステムよりも多くの富を生み出しました。数十億人を貧困から救い出しました。」これを言ったのは誰でしょうか?ミルトン・フリードマンやロナルド・レーガンのように聞こえますね。違います。バラク・オバマ大統領が言ったのです。なぜそれを心に留めているかというと、彼が私に言ったからです。信じられないことです。そして、私は「ハレルヤ」と言いました。しかし、それ以上に、私は「なんて機会なのか」と思いました。

これは2015年5月にジョージタウン大学で行ったイベントでした。そして私は考えました、これが今日のアメリカが直面する最大の問題の解決策です。何が?自由主義者と保守主義者が、私たちが最も必要としている人々を助けるためにこれらの考えを共有することです。

この部屋の誰にも私たちは危機に瀕していることを説明する必要はありません。アメリカや世界中の多くの国で政治的な分裂が起きています。それは危機的な、深刻なレベルに達しています。不快です。正しくありません。昨年、西洋で発行されている最も権威ある科学ジャーナルの一つである『国立科学アカデミー紀要』に記事が掲載されました。それは2014年に政治的動機の非対称性に関するものでした。それは何でしょう?それは心理学者があなたのイデオロギーが愛に基づいていると仮定する一方で、相手のイデオロギーが憎しみに基づいていると仮定する現象です。これは世界の紛争でよく見られます。例えば、パレスチナ人とイスラエル人の間で見られるでしょう。この記事の著者らが見つけたのは、今日のアメリカでは、多くの共和党員と民主党員が政治的動機の非対称性に苦しんでいるということでした。今日の私たちの国で、政治的に活発な多くの人々が、自分たちの動機が愛に基づいていると信じていますが、他の側は憎しみに基づいていると信じています。考えてみてください。考えてください。ほとんどの人々が、「私のイデオロギーは基本的な慈悲心に基づいている、私は人々を助けたいのですが、他の人たちは悪意があり、私を攻撃しようとしている」と言って歩き回っているのです。このような非対称性がある社会では進歩できません。それは不可能です。

どうやって解決するか?まず、正直に言いましょう:違いがあります。違いを最小限に抑えるべきではありません。それは本当に甘稚です。これについて多くの良い研究があります。TEDステージのベテラン、ジョナサン・ハイトという友人がいます。彼はニューヨーク大学の心理学教授です。彼はさまざまな人々のイデオロギーや価値観、道徳についての研究を行い、それらがどのように異なるかを見ています。たとえば、ジョン・ハイトは、リベラル派が貧困について考える割合が経済的自由よりも59%高いことを示しています。そして、保守派は貧困について考える割合が経済的自由よりも28%高いことを示しています。解決不可能な違い、ですよね?私たちは決して一緒になることはありません。違います。それが私たちの強みがある多様性です。貧困に対する執着心と、世界中に広がる経済的自由の方法がそれを可能にしました。つまり、私たちが次の20億人を貧困から救い出したいなら、お互いが必要です。他に方法はありません。

それをどうやって実現するのか?それは難しいことですね。革新的な考えが必要です。このステージには多くのそれがあります。社会起業家精神。そうですね。まったくその通りです。驚くべきことです。私たちは海外への投資が必要です。持続可能で責任ある倫理的かつ道徳的な方法で。はい。そうです。でも本当に必要なのは何でしょうか?柔軟なイデオロギーの新しい日を必要としています。私たちはもっと予測可能ではない方がいいのですよね。あなたもそう感じたことはありますか?自分のイデオロギーが予測可能になり始めているように?かなりの定石となっているように?

自分と同じ意見を持つ人々ばかりを聞いていると感じたことはありますか?なぜそれが危険なのでしょうか?なぜなら、この国で経済について話すとき、右派の保守派はいつも税金や規制、大きな政府について話しています。そして左派のリベラル派は、経済について話すとき、それは常に所得格差についてです。そうでしょう?これらは重要なことです。私にとっても、あなたにとっても本当に重要なことです。しかし、今日私たちを必要として飢えている人々を持ち上げるとき、これらは気を散らします。私たちは、私たちの利用可能な最良のツールを使って貧困を緩和する最良の方法を取りまとめるために、保守派がリベラル派と彼らの貧困への執着心を必要とし、リベラル派が保守派と彼らの自由市場への執着心を必要としています。それがこの国の未来の強みがある多様性であり、それを選択するならば、それがです。

では、それをどうやって実現するのか?どうやって一緒にやるのか?私たちにも、あなたにも、具体的な行動項目が必要です。

第一の行動項目:覚えておいてください、意見が異なる人をただ許容するだけでは十分ではありません。十分ではありません。私たちは、私たちとは異なる意見を持つ人々が必要なことを覚えておかなければなりません。なぜなら、これらのツールを待っている人々がまだいるからです。では、あなたは何をしますか?どのように表現しますか?これはどこから始まりますか?ここから始まります。この部屋の皆さん、私たちは恵まれています。私たちは私たちの話を聞いてくれる人々に恵まれています。繁栄にも恵まれています。リーダーシップにも恵まれています。私たちが予測不能なイデオロギーを持って話すと、おそらく人々が聞いてくれるかもしれません。おそらく進歩がその時点で始まるかもしれません。それが第一です。

第二に、私はあなたに、そして私自身に、線をぼかし、あいまいで、分類が難しい人物であることを求めます。もし保守派であれば、貧困について話し続け、貧困者の戦士である道徳的な責任について語る保守派になってください。そしてもしリベラル派であれば、自由市場の美しさについて、それらを責任を持って使用することで問題を解決するための自由市場の美しさについて常に話し続けるリベラル派になってください。そうすれば、二つのことが得られます。

第一に:私たちは次の二十億人に取り組み、過去にたくさん見てきた解決策であり、将来もっと見る必要がある解決策になることができます。それが得られるものです。

そして二つ目は、この国で苦しんでいるイデオロギーの聖戦を、連帯と相互尊重に基づくアイデアの競争に変えることができるかもしれません。そしておそらく、たったそのとおり、私たちの大きな違いが実際にはそんなに大きくないことに気づくでしょう。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました