有機化学を楽しく学ぶ:エピネフリンの驚きの化学構造と作用

化学

Jakob Magolan is here to change your perception of organic chemistry. In an accessible talk packed with striking graphics, he teaches us the basics while breaking the stereotype that organic chemistry is something to be afraid of.

ヤコブ・マゴランは、有機化学に対するあなたの認識を変えるためにここにいます。

印象的なグラフィックを満載した親しみやすいトークで、有機化学は怖いものであるという固定観念を打ち破りながら、基本を教えてくれます。

タイトル A crash course in organic chemistry
有機化学の短期集中コース
スピーカー ヤコブ・マゴラン
アップロード 2018/07/28

「有機化学の短期集中コース(A crash course in organic chemistry)」の文字起こし

I’d like you to ask yourself, what do you feel when you hear the words “organic chemistry?” What comes to mind? There is a course offered at nearly every university, and it’s called Organic Chemistry, and it is a grueling, heavy introduction to the subject, a flood of content that overwhelms students, and you have to ace it if you want to become a doctor or a dentist or a veterinarian. And that is why so many students perceive this science like this … as an obstacle in their path, and they fear it and they hate it and they call it a weed-out course. What a cruel thing for a subject to do to young people, weed them out. And this perception spread beyond college campuses long ago. There is a universal anxiety about these two words. I happen to love this science, and I think this position in which we have placed it is inexcusable. It’s not good for science, and it’s not good for society, and I don’t think it has to be this way. And I don’t mean that this class should be easier. It shouldn’t. But your perception of these two words should not be defined by the experiences of premed students who frankly are going through a very anxious time of their lives.

So I’m here today because I believe that a basic knowledge of organic chemistry is valuable, and I think that it can be made accessible to everybody, and I’d like to prove that to you today. Would you let me try? Audience: Yeah! Jakob Magolan: All right, let’s go for it.

Here I have one of these overpriced EpiPens. Inside it is a drug called epinephrine. Epinephrine can restart the beat of my heart, or it could stop a life-threatening allergic reaction. An injection of this right here will do it. It would be like turning the ignition switch in my body’s fight-or-flight machinery. My heart rate, my blood pressure would go up so blood could rush to my muscles. My pupils would dilate. I would feel a wave of strength. Epinephrine has been the difference between life and death for many people. This is like a little miracle that you can hold in your fingers. Here is the chemical structure of epinephrine. This is what organic chemistry looks like. It looks like lines and letters … No meaning to most people. I’d like to show you what I see when I look at that picture. I see a physical object that has depth and rotating parts, and it’s moving. We call this a compound or a molecule, and it is 26 atoms that are stitched together by atomic bonds. The unique arrangement of these atoms gives epinephrine its identity, but nobody has ever actually seen one of these, because they’re very small, so we’re going to call this an artistic impression, and I want to explain to you how small this is.

In here, I have less than half a milligram of it dissolved in water. It’s the mass of a grain of sand. The number of epinephrine molecules in here is one quintillion. That’s 18 zeroes. That number is hard to visualize. Seven billion of us on this planet? Maybe 400 billion stars in our galaxy? You’re not even close. If you wanted to get into the right ballpark, you’d have to imagine every grain of sand on every beach, under all the oceans and lakes, and then shrink them all so they fit in here.

Epinephrine is so small we will never see it, not through any microscope ever, but we know what it looks like, because it shows itself through some sophisticated machines with fancy names like “nuclear magnetic resonance spectrometers.” So visible or not, we know this molecule very well. We know it is made of four different types of atoms, hydrogen, carbon, oxygen and nitrogen. These are the colors we typically use for them. Everything in our universe is made of little spheres that we call atoms. There’s about a hundred of these basic ingredients, and they’re all made from three smaller particles: protons, neutrons, electrons. We arrange these atoms into this familiar table. We give them each a name and a number. But life as we know it doesn’t need all of these, just a smaller subset, just these. And there are four atoms in particular that stand apart from the rest as the main building blocks of life, and they are the same ones that are found in epinephrine: hydrogen, carbon, nitrogen and oxygen. Now what I tell you next is the most important part. When these atoms connect to form molecules, they follow a set of rules. Hydrogen makes one bond, oxygen always makes two, nitrogen makes three and carbon makes four. That’s it. HONC — one, two, three, four. If you can count to four, and you can misspell the word “honk,” you’re going to remember this for the rest of your lives.

Now here I have four bowls with these ingredients. We can use these to build molecules. Let’s start with epinephrine. Now, these bonds between atoms, they’re made of electrons. Atoms use electrons like arms to reach out and hold their neighbors. Two electrons in each bond, like a handshake, and like a handshake, they are not permanent. They can let go of one atom and grab another. That’s what we call a chemical reaction, when atoms exchange partners and make new molecules. The backbone of epinephrine is made mostly of carbon atoms, and that’s common. Carbon is life’s favorite structural building material, because it makes a good number of handshakes with just the right grip strength. That’s why we define organic chemistry as the study of carbon molecules. Now, if we build the smallest molecules we can think of that follow our rules, they highlight our rules, and they have familiar names: water, ammonia and methane, H20 and NH3 and CH4. The words “hydrogen,” “oxygen” and “nitrogen” — we use the same words to name these three molecules that have two atoms each. They still follow the rules, because they have one, two and three bonds between them. That’s why oxygen gets called O2. I can show you combustion. Here’s carbon dioxide, CO2. Above it, let’s place water and oxygen, and beside it, some flammable fuels. These fuels are made of just hydrogen and carbon. That’s why we call them hydrocarbons. We’re very creative.

So when these crash into molecules of oxygen, as they do in your engine or in your barbecues, they release energy and they reassemble, and every carbon atom ends up at the center of a CO2 molecule, holding on to two oxygens, and all the hydrogens end up as parts of waters, and everybody follows the rules. They are not optional, and they’re not optional for bigger molecules either, like these three.

This is our favorite vitamin sitting next to our favorite drug, and morphine is one of the most important stories in medical history. It marks medicine’s first real triumph over physical pain, and every molecule has a story, and they are all published. They’re written by scientists, and they’re read by other scientists, so we have handy representations to do this quickly on paper, and I need to teach you how to do that. So we lay epinephrine flat on a page, and then we replace all the spheres with simple letters, and then the bonds that lie in the plane of the page, they just become regular lines, and the bonds that point forwards and backwards, they become little triangles, either solid or dashed to indicate depth. We don’t actually draw these carbons. We save time by just hiding them. They’re represented by corners between the bonds, and we also hide every hydrogen that’s bonded to a carbon. We know they’re there whenever a carbon is showing us any fewer than four bonds. The last thing that’s done is the bonds between OH and NH. We just get rid of those to make it cleaner, and that’s all there is to it. This is the professional way to draw molecules. This is what you see on Wikipedia pages. It takes a little bit of practice, but I think everyone here could do it, but for today, this is epinephrine. This is also called adrenaline. They’re one and the same. It’s made by your adrenal glands. You have this molecule swimming through your body right now. It’s a natural molecule. This EpiPen would just give you a quick quintillion more of them.

We can extract epinephrine from the adrenal glands of sheep or cattle, but that’s not where this stuff comes from. We make this epinephrine in a factory by stitching together smaller molecules that come mostly from petroleum. And this is 100 percent synthetic. And that word, “synthetic,” makes some of us uncomfortable. It’s not like the word “natural,” which makes us feel safe. But these two molecules, they cannot be distinguished. We’re not talking about two cars that are coming off an assembly line here. A car can have a scratch on it, and you can’t scratch an atom. These two are identical in a surreal, almost mathematical sense. At this atomic scale, math practically touches reality. And a molecule of epinephrine … it has no memory of its origin. It just is what it is, and once you have it, the words “natural” and “synthetic,” they don’t matter, and nature synthesizes this molecule just like we do, except nature is much better at this than we are. Before there was life on earth, all the molecules were small, simple: carbon dioxide, water, nitrogen, just simple things. The emergence of life changed that. Life brought biosynthetic factories that are powered by sunlight, and inside these factories, small molecules crash into each other and become large ones: carbohydrates, proteins, nucleic acids, multitudes of spectacular creations. Nature is the original organic chemist, and her construction also fills our sky with the oxygen gas we breathe, this high-energy oxygen. All of these molecules are infused with the energy of the sun. They store it like batteries. So nature is made of chemicals. Maybe you guys can help me to reclaim this word, “chemical,” because it has been stolen from us. It doesn’t mean toxic, and it doesn’t mean harmful, and it doesn’t mean man-made or unnatural. It just means “stuff,” OK?

You can’t have chemical-free lump charcoal. That is ridiculous.

And I’d like to do one more word. The word “natural” doesn’t mean “safe,” and you all know that. Plenty of nature’s chemicals are quite toxic, and others are delicious, and some are both … toxic and delicious. The only way to tell whether something is harmful is to test it, and I don’t mean you guys. Professional toxicologists: we have these people. They’re well-trained, and you should trust them like I do. So nature’s molecules are everywhere, including the ones that have decomposed into these black mixtures that we call petroleum. We refine these molecules. There’s nothing unnatural about them. We purify them. Now, our dependence on them for energy — that means that every one of those carbons gets converted into a molecule of CO2. That’s a greenhouse gas that is messing up our climate. Maybe knowing this chemistry will make that reality easier to accept for some people, I don’t know, but these molecules are not just fossil fuels. They’re also the cheapest available raw materials for doing something that we call synthesis. We’re using them like pieces of LEGO. We have learned how to connect them or break them apart with great control. I have done a lot of this myself, and I still think it’s amazing it’s even possible. What we do is kind of like assembling LEGO by dumping boxes of it into washing machines, but it works. We can make molecules that are exact copies of nature, like epinephrine, or we can make creations of our own from scratch, like these two. One of these eases the symptoms of multiple sclerosis; the other one cures a type of blood cancer that we call T-cell lymphoma. A molecule with the right size and shape, it’s like a key in a lock, and when it fits, it interferes with the chemistry of a disease. That’s how drugs work. Natural or synthetic, they’re all just molecules that happen to fit snugly somewhere important. But nature is much better at making them than we are, so hers look more impressive than ours, like this one. This is called vancomycin. She gave this majestic beast two chlorine atoms to wear like a pair of earrings. We found vancomycin in a puddle of mud in a jungle in Borneo in 1953. It’s made by a bacteria. We can’t synthesize this cost-efficiently in a lab. It’s too complicated for us, but we can harvest it from its natural source, and we do, because this is one of our most powerful antibiotics. And new molecules are reported in our literature every day. We make them or we find them in every corner of this planet. And that’s where drugs come from, and that’s why your doctors have amazing powers …

to cure deadly infections and everything else. Being a physician today is like being a knight in shining armor. They fight battles with courage and composure, but also with good equipment. So let’s not forget the role of the blacksmith in this picture, because without the blacksmith, things would look a little different …

But this science is bigger than medicine. It is oils and solvents and flavors, fabrics, all plastics, the cushions that you’re sitting on right now — they’re all manufactured, and they’re mostly carbon, so that makes all of it organic chemistry. This is a rich science. I left out a lot today: phosphorus and sulfur and the other atoms, and why they all bond the way they do, and symmetry and non-bonding electrons, and atoms that are charged, and reactions and their mechanisms, and it goes on and on and on, and synthesis takes a long time to learn. But I didn’t come here to teach you guys organic chemistry — I just wanted to show it to you, and I had a lot of help with that today from a young man named Weston Durland, and you’ve already seen him. He’s an undergraduate student in chemistry, and he also happens to be pretty good with computer graphics.

So Weston designed all the moving molecules that you saw today. He and I wanted to demonstrate through the use of graphics like these to help someone talk about this intricate science. But our main goal was just to show you that organic chemistry is not something to be afraid of. It is, at its core, a window through which the beauty of the natural world looks richer. Thank you.

「有機化学の短期集中コース(A crash course in organic chemistry)」の和訳

「有機化学」という言葉を聞いたとき、あなたはどんな気持ちになりますか?何を思い浮かべますか?ほとんどの大学で提供されている「有機化学」という科目があります。それはこの科目への骨太な導入であり、学生たちを圧倒する内容の洪水です。医者や歯医者、獣医になりたいなら、これをクリアしなければなりません。だからこそ、多くの学生がこの科学を…道の障害と捉え、恐れ、嫌いで、これを選別課程と呼んでいます。科目が若者を選別するなんて、何とも残酷なことです。このような認識は大学キャンパスを越えて広がりました。これらの二つの言葉について普遍的な不安があります。私はこの科学が大好きで、私たちが置いてしまったこの立場は許されないと考えています。これは科学にとっても、社会にとっても良くないし、このようになる必要はないと思います。私は、この授業が簡単になるべきだとは言いません。簡単にはすべきではありません。しかし、あなたがこの二つの言葉に対する認識が、正直なところ非常に不安な人生を送っている予医学生の経験によって定義されるべきではないと思います。

だから、私は今日ここにいるのです。基本的な有機化学の知識が価値があり、それが誰にでもアクセスできるようになると信じています。そして、今日、それを証明したいと思います。私に試させていただけますか?観客:はい! Jakob Magolan:いいですね、やってみましょう。

ここには、値が張るエピペンの一つがあります。中にはエピネフリンと呼ばれる薬が入っています。エピネフリンは、私の心臓の鼓動を再起動させたり、命に関わるアレルギー反応を止めたりすることができます。これをここに注射すればそれができます。それはまるで、私の体の戦闘か逃走の機械のイグニッションスイッチを入れるようなものです。私の心拍数、血圧は上昇し、血液が筋肉に急いで流れます。私の瞳孔は広がります。私は力の波を感じるでしょう。エピネフリンは、多くの人々の命の違いとなってきました。これは、指で持つことができる小さな奇跡のようなものです。こちらがエピネフリンの化学構造です。これが有機化学の見た目です。線と文字のようなものです…ほとんどの人には意味がありません。私がその写真を見るときに見ているものをお見せしたいと思います。私は、深さと回転する部品を持つ物理的なオブジェクトを見ています。これを化合物または分子と呼び、これは26個の原子が原子結合によって縫い合わされたものです。これらの原子のユニークな配列がエピネフリンの個性を与えていますが、実際にはこれを見たことがある人は誰もいません。なぜなら、それらは非常に小さいからです。したがって、これを芸術的な印象と呼ぶことにしましょう。そして、これがどれほど小さいかを説明したいと思います。

ここには、水に溶解された半分未満のミリグラムが含まれています。それは砂粒の質量です。ここに含まれるエピネフリン分子の数は、1クイントリリオンです。それは18個のゼロです。その数を視覚化するのは難しいです。この地球上に70億人いるでしょうか?おそらく我々の銀河に4000億個の星がありますか?それでも遠いです。適切な領域に入るためには、すべてのビーチ、すべての海洋と湖の下にあるすべての砂粒を想像して、それらを縮小してここに収める必要があります。

エピネフリンはとても小さいので、いかなる顕微鏡でも見ることはできません。しかし、私たちはそれがどのように見えるかを知っています。なぜなら、その分子は「核磁気共鳴分光計」という洒落た名前の高度な機器を通じて自らを示すからです。見えるかどうかに関係なく、私たちはこの分子をよく知っています。それが水素、炭素、酸素、窒素という四種類の異なる原子でできていることを知っています。これらは通常、それぞれの色で表現されます。我々の宇宙のすべては、我々が原子と呼ぶ小さな球体からできています。約100種類のこれらの基本的な成分があり、それらはすべて3つの小さな粒子、陽子、中性子、電子からなります。これらの原子をこの見慣れた表に配置します。それぞれに名前と番号を付けます。しかし、私たちが知る生命は、すべてを必要としません。その中でも、より小さなサブセット、つまりこれだけが必要です。そして、生命の主要な構成要素として他の原子と区別されるのは、窒素、炭素、酸素、水素の四つであり、これらの原子がエピネフリンでも見られます。では、次に伝えることが最も重要な部分です。これらの原子が分子を形成する際には、一連のルールに従います。水素は1つの結合を作り、酸素は常に2つの結合を作り、窒素は3つの結合を作り、炭素は4つの結合を作ります。それだけです。HONC – 1、2、3、4。4まで数えることができ、”honk”という単語をつづることができれば、あなたたちはこれを一生覚えることができます。

ここには、これらの原料で作った四つのボウルがあります。これらを使って分子を作ることができます。まず、エピネフリンから始めましょう。これらの原子間の結合は、電子でできています。原子は、隣接する原子に手を伸ばして抱きしめるように電子を使います。各結合には2つの電子があり、それは握手のようなものであり、握手と同様、それらは永久的ではありません。一つの原子から離れ、別の原子を掴むことができます。それが化学反応と呼ばれるものであり、原子がパートナーを交換し、新しい分子を作るときに起こります。エピネフリンの骨格は、ほとんどが炭素原子でできており、これは一般的です。炭素は生命のお気に入りの構造材料です。なぜなら、ちょうど適切な握力で多くの握手をするからです。そのため、有機化学は炭素分子の研究と定義されています。次に、私たちが考えることができる最も小さな分子を構築すると、ルールが強調され、馴染みのある名前が付けられます。水、アンモニア、メタン、H2O、NH3、CH4。”水素”、”酸素”、”窒素”という言葉は、2つの原子からなるこれらの3つの分子にも同じ言葉を使います。それでもルールに従っています。1つ、2つ、3つの結合があります。そのため、酸素はO2と呼ばれます。燃焼を示すことができます。二酸化炭素、CO2です。それの上に、水と酸素を置き、その横に、いくつかの可燃性の燃料を置きます。これらの燃料は、水素と炭素だけでできています。それが、私たちはそれらを炭化水素と呼ぶ理由です。私たちは非常に創造的です。

これらが酸素分子と衝突すると、エンジンやバーベキューで行われるように、エネルギーが放出され、再結合されます。そして、すべての炭素原子がCO2分子の中心になり、二酸化酸素を2つつかんでいます。すべての水素は水の一部として残ります。みんながルールに従っています。それらは任意のものではなく、これらのような大きな分子にとっても任意のものではありません。

これは私たちのお気に入りのビタミンが私たちのお気に入りの薬の隣に座っている様子であり、モルヒネは医学史上最も重要な物語の一つです。それは医学が身体的な痛みに対する最初の本当の勝利を示しており、すべての分子には物語があり、それらはすべて公開されています。それらは科学者によって書かれ、他の科学者によって読まれます。ですので、私たちはこれを迅速に紙上で行うための便利な表現があります。私はあなた方にそれを教える必要があります。ですので、私たちはエピネフリンをページに平らに置き、そしてすべての球体を単純な文字で置き換え、そしてページの平面にある結合は、ただ普通の線になり、前後に向かう結合は、深さを示すために小さな三角形になります。私たちはこれらの炭素原子を実際には描かないのです。私たちは彼らを隠すことで時間を節約します。それらは結合の間のコーナーで表され、また、炭素に結合した水素原子はすべて隠します。私たちは、炭素が4本の結合を示しているときに水素が存在することを知っています。最後に、OHとNHの間の結合を取り除き、よりクリーンにします。これが分子を描くプロの方法です。これがWikipediaページで見られるものです。少し練習が必要ですが、ここにいる皆さんなら誰でもできると思いますが、今日はこれがエピネフリンです。これはアドレナリンとも呼ばれます。それらは同じものです。それは副腎から作られます。あなたの体の中を泳いでいる自然な分子です。このEpiPenは、それらをさらに何兆も提供するだけです。

私たちは羊や牛の副腎からエピネフリンを抽出することができますが、この物質はそこから来ているわけではありません。私たちはこのエピネフリンを、主に石油由来のより小さな分子を縫い合わせて工場で作っています。そして、これは100パーセント合成です。そして、その言葉、「合成」という言葉は私たちの中のいくつかを不快にさせます。それは私たちを安心させる「自然」という言葉のようではありません。しかし、これらの2つの分子は区別できません。ここでは組み立てラインから出てくる2つの車について話しているわけではありません。車には傷がつくことがありますが、原子には傷がつきません。これらの2つのものは、超現実的でほぼ数学的な意味で同一です。この原子のスケールでは、数学は実際に現実に触れるほど近いものです。そして、エピネフリン分子…それは起源の記憶を持っていません。それは単に存在するものであり、一度手に入れたら、「自然」と「合成」という言葉は重要ではありません。自然はこれを私たちがするのと同じようにこの分子を合成しますが、自然の方がその点でずっと優れています。地球上に生命が存在する前、すべての分子は小さく、単純でした:二酸化炭素、水、窒素、単純なものだけでした。生命の出現がそれを変えました。生命は、太陽の光で動力を得る生体合成工場をもたらし、これらの工場の中では、小さな分子が互いに衝突して大きなものになります:炭水化物、タンパク質、核酸、数々の素晴らしい創造物。自然こそが元の有機化学者であり、彼女の構造も私たちが呼吸する酸素ガスで空を満たしています。これらすべての分子は、太陽のエネルギーで充満しています。彼らはバッテリーのようにそれを蓄えます。ですので、自然は化学物質でできています。おそらくあなたたちが私を手伝ってこの言葉「化学物質」を取り戻すのに役立つかもしれません、なぜなら、それは私たちから奪われてしまったからです。それは有毒を意味するわけではなく、有害を意味するわけでもなく、人工的や不自然を意味するわけでもありません。それは単に「物質」を意味します、わかりましたか?

化学物質のフリーの木炭などありえないですよ。

そして、もう一つの単語について話したいです。「自然」という言葉は「安全」を意味しないことを皆さんは知っています。自然の化学物質の中にはかなり有毒なものもありますし、他のものはおいしいですし、それらは両方です…有毒でおいしいです。何かが有害かどうかを判断する唯一の方法は、それをテストすることです。そして、私はあなたたちのことではありません。専門の毒性学者たちがいます。これらの人々がいます。彼らは十分に訓練されており、私が信頼するようにあなたたちも信頼すべきです。自然の分子はどこにでもあります。それには、私たちが石油と呼ぶこれらの黒い混合物に分解されたものも含まれます。私たちはこれらの分子を精製します。それには何の不自然さもありません。私たちはそれらを精製します。それでは、エネルギーに対する私たちの依存は、それぞれの炭素が二酸化炭素の分子に変換されることを意味します。それは私たちの気候を狂わせています。この化学を知っていることが、これを受け入れやすくするかもしれません、私はわかりませんが、これらの分子はただの化石燃料ではありません。それらはまた、私たちが合成と呼ぶ何かをするための最も安価な利用可能な原料です。私たちはそれらをLEGOのピースのように使用しています。私たちは、それらをつなげたり、分解したりする方法を大きな制御力を持って学んでいます。私自身もこれをたくさんやりましたが、それが可能だと思うこと自体が驚くべきことです。私たちがやっていることは、まるで洗濯機にLEGOの箱を投げ込んで組み立てるようなものですが、それはうまくいきます。私たちは、エピネフリンのような自然の正確なコピーを作ることができますし、私たち自身の創造物をゼロから作ることもできます。これらの2つのうちの1つは多発性硬化症の症状を緩和し、もう1つはT細胞性リンパ腫と呼ばれる血液がんを治すものです。適切な大きさと形を持つ分子は、鍵と錠のようなものであり、それが合うと、病気の化学反応に干渉します。それが薬が働く仕組みです。自然または合成、それらはすべて重要な場所にきちんと合うための偶然の分子です。しかし、自然は私たちよりもはるかにそれを上手にしているので、彼女の方が私たちよりも印象的に見えます。これはそのうちの1つです。これはバンコマイシンと呼ばれています。彼女はこの壮大な獣に2つの塩素原子をイヤリングのようにつけました。1953年にボルネオのジャングルの水たまりでバンコマイシンを見つけました。それは細菌によって作られています。私たちはこの物質を実験室で効率的に合成することはできません。それは私たちにとって複雑すぎますが、私たちはその自然の源からそれを収穫することができます。そして、私たちはそうします。なぜなら、これは私たちの最も強力な抗生物質の1つです。新しい分子は毎日のように私たちの文献に報告されています。私たちはそれらを作成するか、またはこの惑星のあらゆる角にそれらを見つけます。それが薬がどこから来るのか、医師がなぜ素晴らしい力を持っているのか…

この科学は医学以上のものです。それは油や溶媒や風味、布地、すべてのプラスチック、あなたが今座っているクッションなど、すべてが製造されていて、それらはほとんどが炭素でできているので、それら全てが有機化学です。これは豊かな科学です。今日は多くのことを省略しました: リンや硫黄やその他の原子、そしてなぜ彼らがすべてそのように結合するのか、対称性や非結合電子、帯電した原子、反応やそのメカニズムなど、それは続いていきます。そして合成は学ぶのに時間がかかります。しかし、私は有機化学を教えるためにここに来たわけではありません ? ただそれを見せたかっただけです。そして、その複雑な科学について語るのに、今日、ウェストン・ダーランドという若者から多くの助けを受けました。彼をもう見ているかもしれませんね。彼は化学の学部生であり、また、コンピュータグラフィックスもかなり得意です。

だからウェストンが今日あなたが見たすべての動く分子をデザインしました。彼と私は、このようなグラフィックスを使用して、この複雑な科学について語るのを助けることを通じて、誰かにそれを説明したかったのです。しかし、私たちの主な目標は、有機化学が恐れるものではないことをただ示すことでした。それはその本質において、自然界の美しさがより豊かに見える窓です。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました