幼少期から始めるプログラミング教育の重要性とその効果

IT

Computer code is the next universal language, and its syntax will be limited only by the imaginations of the next generation of programmers. Linda Liukas is helping to educate problem-solving kids, encouraging them to see computers not as mechanical, boring and complicated but as colorful, expressive machines meant to be tinkered with. In this talk, she invites us to imagine a world where the Ada Lovelaces of tomorrow grow up to be optimistic and brave about technology and use it to create a new world that is wonderful, whimsical and a tiny bit weird.

コンピューター コードは次の汎用言語であり、その構文は次世代のプログラマーの想像力によってのみ制限されます。

リンダ・リューカスは、問題解決能力のある子供たちの教育に貢献しており、コンピュータを機械的で退屈で複雑なものとしてではなく、いじくり回すためのカラフルで表現力豊かな機械として捉えるよう奨励しています。 この講演で彼女は、明日のエイダ・ラブレスがテクノロジーに対して楽観的かつ勇敢に成長し、それを利用して素晴らしく、風変わりで、少し奇妙な新しい世界を創造する世界を想像するよう私たちに勧めています。

タイトル A delightful way to teach kids about computers
子供たちにコンピューターについて教える楽しい方法
スピーカー リンダ・リューカス
アップロード 2016/02/24

「子供たちにコンピューターについて教える楽しい方法(A delightful way to teach kids about computers)」の文字起こし

Code is the next universal language. In the seventies, it was punk music that drove the whole generation. In the eighties, it was probably money. But for my generation of people, software is the interface to our imagination and our world. And that means that we need a radically, radically more diverse set of people to build those products, to not see computers as mechanical and lonely and boring and magic, to see them as things that they can tinker and turn around and twist, and so forth.

My personal journey into the world of programming and technology started at the tender age of 14. I had this mad teenage crush on an older man, and the older man in question just happened to be the then Vice President of the United States, Mr. Al Gore. And I did what every single teenage girl would want to do. I wanted to somehow express all of this love, so I built him a website, it’s over here. And in 2001, there was no Tumblr, there was no Facebook, there was no Pinterest. So I needed to learn to code in order to express all of this longing and loving. And that is how programming started for me. It started as a means of self-expression. Just like when I was smaller, I would use crayons and legos. And when I was older, I would use guitar lessons and theater plays. But then, there were other things to get excited about, like poetry and knitting socks and conjugating French irregular verbs and coming up with make-believe worlds and Bertrand Russell and his philosophy. And I started to be one of those people who felt that computers are boring and technical and lonely.

Here’s what I think today. Little girls don’t know that they are not supposed to like computers. Little girls are amazing. They are really, really good at concentrating on things and being exact and they ask amazing questions like, “What?” and “Why?” and “How?” and “What if?” And they don’t know that they are not supposed to like computers. It’s the parents who do. It’s us parents who feel like computer science is this esoteric, weird science discipline that only belongs to the mystery makers. That it’s almost as far removed from everyday life as, say, nuclear physics. And they are partly right about that. There’s a lot of syntax and controls and data structures and algorithms and practices, protocols and paradigms in programming. And we as a community, we’ve made computers smaller and smaller. We’ve built layers and layers of abstraction on top of each other between the man and the machine to the point that we no longer have any idea how computers work or how to talk to them. And we do teach our kids how the human body works, we teach them how the combustion engine functions and we even tell them that if you want to really be an astronaut you can become one.

But when the kid comes to us and asks, “So, what is a bubble sort algorithm?” Or, “How does the computer know what happens when I press ‘play,’ how does it know which video to show?” Or, “Linda, is Internet a place?” We adults, we grow oddly silent. “It’s magic,” some of us say. “It’s too complicated,” the others say. Well, it’s neither. It’s not magic and it’s not complicated. It all just happened really, really, really fast. Computer scientists built these amazing, beautiful machines, but they made them very, very foreign to us, and also the language we speak to the computers so that we don’t know how to speak to the computers anymore without our fancy user interfaces. And that’s why no one recognized that when I was conjugating French irregular verbs, I was actually practicing my pattern recognition skills. And when I was excited about knitting, I actually was following a sequence of symbolic commands that included loops inside of them. And that Bertrand Russell’s lifelong quest to find an exact language between English and mathematics found its home inside of a computer. I was a programmer, but no one knew it. The kids of today, they tap, swipe and pinch their way through the world.

But unless we give them tools to build with computers, we are raising only consumers instead of creators. This whole quest led me to this little girl. Her name is Ruby, she is six years old. She is completely fearless, imaginative and a little bit bossy. And every time I would run into a problem in trying to teach myself programming like, “What is object-oriented design or what is garbage collection?”, I would try to imagine how a six-year-old little girl would explain the problem. And I wrote a book about her and I illustrated it and the things Ruby taught me go like this. Ruby taught me that you’re not supposed to be afraid of the bugs under your bed. And even the biggest of the problems are a group of tiny problems stuck together. And Ruby also introduced me to her friends, the colorful side of the Internet culture. She has friends like the Snow Leopard, who is beautiful but doesn’t want to play with the other kids. And she has friends like the green robots that are really friendly but super messy. And she has friends like Linux the penguin who’s really ruthlessly efficient, but somewhat hard to understand. And idealistic foxes, and so on. In Ruby’s world, you learn technology through play. And, for instance, computers are really good at repeating stuff, so the way Ruby would teach loops goes like this. This is Ruby’s favorite dance move, it goes, “Clap, clap, stomp, stomp clap, clap and jump.” And you learn counter loops by repeating that four times. And you learn while loops by repeating that sequence while I’m standing on one leg. And you learn until loops by repeating that sequence until mom gets really mad.

And most of all, you learn that there are no ready answers. When coming up with the curriculum for Ruby’s world, I needed to really ask the kids how they see the world and what kind of questions they have and I would organize play testing sessions. I would start by showing the kids these four pictures. I would show them a picture of a car, a grocery store, a dog and a toilet. And I would ask, “Which one of these do you think is a computer?” And the kids would be very conservative and go, “None of these is a computer. I know what a computer is: it’s that glowing box in front of which mom or dad spends way too much time.” But then we would talk and we would discover that actually, a car is a computer, it has a navigation system inside of it. And a dog — a dog might not be a computer, but it has a collar and the collar might have a computer inside of it. And grocery stores, they have so many different kinds of computers, like the cashier system and the burglar alarms. And kids, you know what? In Japan, toilets are computers and there’s even hackers who hack them.

And we go further and I give them these little stickers with an on/off button on them. And I tell the kids, “Today you have this magic ability to make anything in this room into a computer.” And again, the kids go, “Sounds really hard, I don’t know the right answer for this.” But I tell them, “Don’t worry, your parents don’t know the right answer, either. They’ve just started to hear about this thing called The Internet of Things. But you kids, you are going to be the ones who are really going to live up in a world where everything is a computer.” And then I had this little girl who came to me and took a bicycle lamp and she said, “This bicycle lamp, if it were a computer, it would change colors.” And I said, “That’s a really good idea, what else could it do?” And she thinks and she thinks, and she goes, “If this bicycle lamp were a computer, we could go on a biking trip with my father and we would sleep in a tent and this biking lamp could also be a movie projector.” And that’s the moment I’m looking for, the moment when the kid realizes that the world is definitely not ready yet, that a really awesome way of making the world more ready is by building technology and that each one of us can be a part of that change.

Final story, we also built a computer. And we got to know the bossy CPU and the helpful RAM and ROM that help it remember things. And after we’ve assembled our computer together, we also design an application for it. And my favorite story is this little boy, he’s six years old and his favorite thing in the world is to be an astronaut. And the boy, he has these huge headphones on and he’s completely immersed in his tiny paper computer because you see, he’s built his own intergalactic planetary navigation application. And his father, the lone astronaut in the Martian orbit, is on the other side of the room and the boy’s important mission is to bring the father safely back to earth. And these kids are going to have a profoundly different view of the world and the way we build it with technology.

Finally, the more approachable, the more inclusive, and the more diverse we make the world of technology, the more colorful and better the world will look like. So, imagine with me, for a moment, a world where the stories we tell about how things get made don’t only include the twentysomething-year-old Silicon Valley boys, but also Kenyan schoolgirls and Norwegian librarians. Imagine a world where the little Ada Lovelaces of tomorrow, who live in a permanent reality of 1s and 0s, they grow up to be very optimistic and brave about technology. They embrace the powers and the opportunities and the limitations of the world.

A world of technology that is wonderful, whimsical and a tiny bit weird. When I was a girl, I wanted to be a storyteller. I loved make-believe worlds and my favorite thing to do was to wake up in the mornings in Moominvalley. In the afternoons, I would roam around the Tatooines. And in the evenings, I would go to sleep in Narnia. And programming turned out to be the perfect profession for me. I still create worlds. Instead of stories, I do them with code. Programming gives me this amazing power to build my whole little universe with its own rules and paradigms and practices. Create something out of nothing with the pure power of logic.

Thank you.

「子供たちにコンピューターについて教える楽しい方法(A delightful way to teach kids about computers)」の和訳

コードは次の普遍的な言語です。70年代には、パンク音楽が世代全体を駆り立てました。80年代には、おそらくお金でしょう。しかし、私の世代の人々にとって、ソフトウェアは想像力と世界とのインターフェースです。つまり、私たちはそれらの製品を構築するために、極端に、極端に多様な人々が必要であり、コンピュータを機械的で孤独で退屈で魔法のようなものとして見ないで、いじり回し、回転させ、ねじ曲げることができるものとして見る必要があります。

私のプログラミングとテクノロジーの世界への個人的な旅は、14歳の幼い頃に始まりました。当時、私は年上の男性に熱烈な思いを抱いており、その男性は当時のアメリカ合衆国副大統領であるアル・ゴア氏でした。私は、どの十代の少女もやりたいと思うことをしました。私は何とかしてこの愛情を表現したかったので、彼にウェブサイトを作りました。それが2001年で、TumblrもFacebookもPinterestもありませんでした。だから、この切望と愛情を表現するためにコーディングを学ぶ必要がありました。そして、それが私にとってプログラミングの始まりでした。それは自己表現の手段として始まりました。小さい頃、クレヨンやレゴを使っていたのと同じように。そして、大きくなってからは、ギターのレッスンや劇の上演を使っていました。しかし、それからもっと興奮することがありました。詩や靴下の編み物やフランス語の不規則動詞の活用など、架空の世界やベルトランド・ラッセルとその哲学を考え出すこと。そして、私はコンピュータが退屈で技術的で孤独だと感じる人々の一人になり始めました。

今日私が考えることはこうです。小さな女の子たちは、自分たちがコンピュータが好きでないはずだということを知りません。小さな女の子たちは素晴らしいです。彼女たちは物事に集中するのがとても得意で、正確で、驚くほど素晴らしい質問をします。「何?」や「なぜ?」、「どうして?」、「もしも?」などです。そして、彼女たちは自分たちがコンピュータが好きでないはずだということを知りません。それを感じるのは、親です。私たち親がコンピュータサイエンスがこの神秘的で奇妙な科学的分野であり、その秘密の製作者たちにしか属していないと感じるのです。それは、ほとんど日常生活から遠ざかった、例えば核物理学のようなものです。そして、彼らはそれについて部分的に正しいです。プログラミングには、構文や制御、データ構造やアルゴリズム、プラクティス、プロトコル、パラダイムがたくさんあります。そして、私たちは、コンピュータをどんどん小さくしました。私たちは、人間とマシンの間に層を何層にも積み重ねました。その結果、もはやコンピュータがどのように動作するか、どのようにしてそれと話をするかが分からなくなりました。私たちは子供たちに人体の仕組みを教えますし、内燃機関がどのように機能するかを教えます。本当の宇宙飛行士になりたいならなれるとも伝えます。

でも、子供が私たちに「じゃあ、バブルソートアルゴリズムって何?」「再生ボタンを押したら、コンピュータは何が起こるか、どのビデオを表示するかをどうやって知っているの?」と尋ねてくると、大人たちは不思議なほど黙ってしまいます。「魔法だよ」という人もいます。「難しすぎる」という人もいます。まあ、どちらでもありません。それは魔法でもなく、複雑でもありません。すべては本当に、本当に、本当に速く起こったことです。コンピュータサイエンティストたちはこれらの素晴らしく美しい機械を作りましたが、それらを私たちにとって非常に非常に外国的なものにしました。また、私たちがコンピュータと話す言語も同様に、私たちのファンシーなユーザーインターフェースなしでコンピュータと話す方法を知らないようにしました。だから誰も気づかなかったんです。私がフランス語の不規則動詞を活用しているとき、実際には自分のパターン認識スキルを練習していたのです。そして、私が編み物に興奮しているとき、実際にはその中にループを含む一連の象徴的なコマンドに従っていたのです。そして、ベルトランド・ラッセルの生涯を通じた正確な英語と数学の間の言語を見つけるという探求は、コンピュータの中でその場を見つけました。私はプログラマーだったのですが、誰も知りませんでした。今日の子供たちは、世界をタップ、スワイプ、ピンチする方法で進んでいます。

しかし、私たちがコンピュータを使って何かを構築するための道具を与えない限り、私たちは消費者ではなく、創造者を育てていません。この全体の探求が私をこの小さな女の子に導いてくれました。彼女の名前はルビーで、6歳です。彼女は完全に恐れ知らずで、想像力豊かで、少しボスっぽいです。私がプログラミングを自分で学ぼうとしているときに、「オブジェクト指向設計とは何か?ガベージコレクションとは何か?」というような問題にぶつかるたびに、6歳の女の子がその問題を説明するだろうと想像してみました。そして、私は彼女についての本を書き、イラストを描きました。ルビーから教わったことは次のとおりです。ルビーは、ベッドの下の虫を恐れる必要はないと教えてくれました。そして、最も大きな問題でさえも、たくさんの小さな問題が一緒になっているだけです。そして、ルビーは、彼女の友達である、インターネット文化のカラフルな側面を紹介してくれました。彼女は美しいけれども他の子供たちと遊びたがらないスノーレオパードなどの友達がいます。そして、本当に親しみやすいけれどもとても散らかっている緑のロボットのような友達がいます。そして、非常に無駄のないがやや理解しにくいリナックスペンギンという友達がいます。そして理想主義のキツネなどです。ルビーの世界では、遊びを通じてテクノロジーを学びます。たとえば、コンピュータは何度も繰り返すのが得意ですので、ルビーがループを教える方法は次のようになります。これはルビーのお気に入りのダンスの動きで、拍手、拍手、足音、足音、拍手、拍手、そしてジャンプです。そして、そのシーケンスを4回繰り返すことで、カウンターループを学びます。そして、私が片足で立っている間にそのシーケンスを繰り返すことで、ホワイルループを学びます。そして、そのシーケンスを母が本当に怒るまで繰り返すことで、アンティルループを学びます。

そして何よりも、準備された答えはないことを学びます。ルビーの世界のカリキュラムを考える際、私は本当に子供たちに世界をどのように見ているか、どんな質問を持っているかを尋ね、プレイテストセッションを組織しました。最初に、子供たちにこれらの四つの絵を見せます。車、食料品店、犬、トイレの絵を見せ、「これらの中でどれがコンピュータだと思いますか?」と尋ねます。子供たちは非常に保守的で、「これらはどれもコンピュータではありません。私はコンピュータが何かを知っています。それは、母または父があまりにも多くの時間を費やすあの光る箱です。」と答えます。しかし、その後話し合い、実際には、車はコンピュータであり、内部にナビゲーションシステムがあります。そして犬 – 犬はコンピュータかもしれませんが、首輪にはコンピュータが内蔵されているかもしれません。そして、食料品店には、レジシステムや防犯アラームなど、さまざまな種類のコンピュータがあります。子供たち、日本ではトイレがコンピュータです。ハッカーがそれらをハッキングすることさえありますよ。

さらに進んで、子供たちにオン/オフボタンの付いた小さなステッカーを渡します。そして、「今日はこの部屋の何でもコンピュータに変える魔法の能力を持っています。」と子供たちに伝えます。再び、子供たちは「とても難しそうだし、これについて正しい答えはわからないな。」と言います。しかし、「心配しないでください。あなたの両親も正しい答えを知りません。彼らはただ『Internet of Things(モノのインターネット)』というものについて聞き始めたばかりです。でも、あなたたちの子供たちが本当にすべてがコンピュータになっている世界で生きる人たちになるでしょう。」と伝えます。そして、ある日、私のところに来たある小さな女の子が自転車のランプを持ってきて、「この自転車のランプ、もしコンピュータだったら色が変わるんです。」と言いました。私は「それは本当に素晴らしいアイデアだね。他に何ができるか考えてみて。」と言いました。彼女は考えて考えて、そして「もしこの自転車のランプがコンピュータだったら、私たちは父親と自転車旅行に行って、テントで寝ることができ、この自転車ランプは映画プロジェクターにもなれるだろう。」と言います。それが私が探している瞬間です。子供が世界はまだ十分に準備ができていないと気づく瞬間。世界をより準備させる素晴らしい方法は、技術を構築することであり、私たち一人ひとりがその変革の一部になれることを理解する瞬間です。

最後に、私たちはコンピューターも作りました。そして、わがままなCPUや役立つRAM、ROMと親しみを持ちました。それらは物事を覚えるのに役立ちます。そして、一緒にコンピューターを組み立てた後、それにアプリケーションを設計しました。私のお気に入りの物語は、この6歳の少年です。彼の世界で一番のお気に入りは宇宙飛行士になることです。少年は大きなヘッドフォンをかぶり、彼の小さな紙のコンピューターに完全に没頭しています。なぜなら、彼は自分自身の星間航法アプリケーションを作成しているからです。そして、彼の父親である火星軌道の孤独な宇宙飛行士は部屋の反対側にいます。少年の重要な任務は、父親を安全に地球に連れ戻すことです。これらの子供たちは、技術で世界をどのように構築するかについて、非常に異なる見方を持つことになるでしょう。

最後に、技術の世界をよりアクセスしやすく、包括的で多様性に富んだものにするほど、世界はよりカラフルで良くなるでしょう。ですから、一緒に想像してみてください。もう一つの物語が、20代のシリコンバレーの男性だけでなく、ケニアの女子学生やノルウェーの司書など、さまざまな人々が含まれる世界です。明日の小さなエイダ・ラブレースたちが、1と0の永続的な現実の中で育ち、技術について非常に楽観的で勇敢になる世界を想像してください。彼らは世界の力や機会、制限を受け入れます。

技術の世界は素晴らしく、気まぐれで、少し奇妙なものです。私が少女の頃、私は物語作りがしたいと思っていました。私は架空の世界が大好きで、朝起きるとムーミン谷にいることが大好きでした。午後はタトゥイーンを歩き回り、夕方はナルニアで眠りにつくことが好きでした。そして、プログラミングは私にとって完璧な職業だったことがわかりました。私はまだ世界を創造しています。物語ではなく、コードでそれを行います。プログラミングは、自分自身のルールやパラダイム、プラクティスを持つ自分自身の小さな宇宙を構築する驚くべき力を私に与えてくれます。純粋な論理の力で何もないものを作り出す。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました