風刺画家の視点:20年の世界政治を振り返る

エンターテインメント

We need humor like we need the air we breathe, says editorial cartoonist Patrick Chappatte. In a talk illustrated with highlights from a career spent skewering everything from dictators and ideologues to selfies and social media mobs, Chappatte makes a resounding, often hilarious case for the necessity of satire. “Political cartoons were born with democracy, and they are challenged when freedom is,” he says.

パトリック・シャパットという風刺漫画家は、「私たちは風刺と同じくらいユーモアを必要としています」と言います。

独裁者やイデオロギーから自撮りやソーシャルメディアの暴徒までを風刺してきたキャリアのハイライトで語る彼のトークは、しばしば笑いが絶えない風刺の必要性を説きます。「政治風刺は民主主義と共に生まれ、自由が挑戦されるときに問題になります」と彼は言います。

タイトル
A free world needs satire
自由な世界には風刺が必要
スピーカー パトリック・シャパット
アップロード 2019/09/19

「自由な世界には風刺が必要(A free world needs satire)」の文字起こし

I’ve been a political cartoonist on the global stage for the last 20 years. Hey, we have seen a lot of things happen in those 20 years. We saw three different Catholic popes, and we witnessed that unique moment: the election of a pope on St. Peter’s Square — you know, the little white smoke and the official announcement.

We saw four American presidents. Obama, of course. Oh, Europeans liked him a lot. He was a multilateralist. He favored diplomacy. He wanted to be friends with Iran. And then … reality imitated caricature the day Donald Trump became the President of the United States of America.

You know, people come to us and they say, “It’s too easy for you cartoonists. I mean — with people like Trump?” Well, no, it’s not easy to caricature a man who is himself a caricature.

No.

Populists are no easy target for satire because you try to nail them down one day, and the next day, they outdo you. For example, as soon as he was elected, I tried to imagine the tweet that Trump would send on Christmas Eve. So I did this, OK? And basically, the next day, Trump tweeted this: [Happy New Year to all, including to my many enemies and those who have fought me and lost so badly they just don’t know what to do. Love!]

It’s the same!

This is the era of strongmen. And soon, Donald Trump was able to meet his personal hero, Vladimir Putin, and this is how the first meeting went:

And I’m not inventing anything. He came out of that first meeting saying that the two of them had agreed on a joint task force on cybersecurity. This is true, if you do remember. Oh, who would have imagined the things we saw over these 20 years. We saw Great Britain run towards a European Union exit.

In the Middle East, we believed for a while in the democratic miracle of the Arab Spring. We saw dictators fall, we saw others hang on. And then there is the timeless Kim dynasty of North Korea. These guys seem to be coming straight out of Cartoon Network. I was blessed to be able to draw two of them. Kim Jong-il, the father, when he died a few years ago, that was a very dangerous moment.

That was —

And then the son, Kim Jong-un, proved himself a worthy successor to the throne. He’s now friends with the US president. They meet each other all the time, and they talk like friends.

Should we be surprised to be living in a world ruled by egomaniacs? What if they were just a reflection of ourselves? I mean, look at us, each of us.

Yeah, we love our smartphones; we love our selfies; we love ourselves. And thanks to Facebook, we have a lot of friends all over the world. Mark Zuckerberg is our friend.

You know, he and his peers in Silicon Valley are the kings and the emperors of our time. Showing that the emperors have no clothes, that’s the task of satire, right? Speaking truth to power. This has always been the historical role of political cartooning.

In the 1830s, postrevolutionary France under King Louis Philippe, journalists and caricaturists fought hard for the freedom of the press. They were jailed, they were fined, but they prevailed. And this caricature of the king by Daumier came to define the monarch. It marked history. It became the timeless symbol of satire triumphing over autocracy.

Today, 200 years after Daumier, are political cartoons at risk of disappearing? Take this blank space on the front page of Turkish opposition newspaper “Cumhuriyet.” This is where Musa Kart’s cartoon used to appear. In 2018, Musa Kart was sentenced to three years in jail. For doing what? For doing political cartoons in Erdo?an’s Turkey. Cartoonists from Venezuela, Russia, Syria have been forced into exile.

Look at this image. It seems so innocent, right? Yet it is so provocative. When he posted this image, Hani Abbas knew it would change his life. It was in 2012, and the Syrians were taking to the streets. Of course, the little red flower is the symbol of the Syrian revolution. So pretty soon, the regime was after him, and he had to flee the country. A good friend of his, cartoonist Akram Raslan, didn’t make it out of Syria. He died under torture.

In the United States of America recently, some of the very top cartoonists, like Nick Anderson and Rob Rogers — this is a cartoon by Rob — they lost their positions because their publishers found their work too critical of Trump. And the same happened to Canadian cartoonist Michael de Adder. Hey, maybe we should start worrying.

Political cartoons were born with democracy, and they are challenged when freedom is. You know, over the years, with the Cartooning for Peace Foundation and other initiatives, Kofi Annan — this is not well known — he was the honorary chair of our foundation, the late Kofi Annan, Nobel Peace Laureate. He was a great defender of cartoons. Or, on the board of the Association of American Editorial Cartoonists, we have advocated on behalf of jailed, threatened, fired, exiled cartoonists. But I never saw a case of someone losing his job over a cartoon he didn’t do.

Well, that happened to me. For the last 20 years, I have been with the “International Herald Tribune” and the “New York Times.” Then something happened. In April 2019, a cartoon by a famous Portuguese cartoonist, which was first published in a newspaper “El Expresso” in Lisbon, was picked by an editor at the “New York Times” and reprinted in the international editions. This thing blew up. It was denounced as anti-Semitic, triggered widespread outrage, apologies, and a lot of damage control by the Times. A month after, my editor told me they were ending political cartoons altogether. So we could, and we should, have a discussion about that cartoon. Some people say it reminds them of the worst anti-Semitic propaganda.

Others, including in Israel,
say no, it’s just a harsh criticism of Trump,
who is shown as blindly following the Prime Minister of Israel.
I have some issues with this cartoon,
but that discussion did not happen at the “New York Times.”
Under attack, they took the easiest path:
in order to not have problems with political cartoons in the future,
let’s not have any at all.
Hey, this is new.
Did we just invent preventive self-censorship?
I think this is bigger than cartoons.
This is about opinion and journalism.
This, in the end, is about democracy.
We now live in a world
where moralistic mobs gather on social media
and rise like a storm.
The most outraged voices tend to define the conversation,
and the angry crowd follows in.
These social media mobs,
sometimes fueled by interest groups,
fall upon newsrooms in an overwhelming blow.
They send publishers and editors scrambling for countermeasures.
This leaves no room for meaningful discussions.
Twitter is a place for fury, not for debate.
And you know what?
Someone described pretty well our human condition in this noisy age.
You know who?
Shakespeare, 400 years ago.
This speaks to me. Shakespeare is still very relevant, no?
But the world has changed a bit.

It’s true.

You know, social media is both a blessing and a curse for cartoons.
This is the era of the image, so they get shared, they get viral,
but that also makes them a prime target.
More than often, the real target behind the cartoon
is the media that published it.
That relationship between traditional media and social media
is a funny one.
On one hand, you have the time-consuming process
of information, verification, curation.
On the other hand, it’s an open buffet, frankly,
for rumors, opinions, emotions,
amplified by algorithms.
Even quality newspapers mimic the codes of social networks on their websites.
They highlight the 10 most read, the 10 most shared stories.
They should put forward the 10 most important stories.

The media must not be intimidated by social media,
and editors should stop being afraid of the angry mob.

We’re not going to put up warnings the way we do on cigarette packs, are we?

Come on.
Political cartoons are meant to provoke, just like opinions.
But before all, they are meant to be thought-provoking.
You feel hurt?
Just let it go.
You don’t like it?
Look the other way.
Freedom of expression is not incompatible with dialogue
and listening to each other.
But it is incompatible with intolerance.

Let us not become our own censors in the name of political correctness.
We need to stand up, we need to push back,
because if we don’t, we will wake up tomorrow
in a sanitized world,
where any form of satire and political cartooning becomes impossible.
Because, when political pressure meets political correctness,
freedom of speech perishes.

Do you remember January 2015?
With the massacre of journalists and cartoonists
at “Charlie Hebdo” in Paris,
we discovered the most extreme form of censorship:
murder.

Remember how it felt. Whatever one thought of that satirical magazine, however one felt about those particular cartoons, we all sensed that something fundamental was at stake, that citizens of free societies — actually, citizens of any society — need humor as much as the air we breathe. This is why the extremists, the dictators, the autocrats and, frankly, all the ideologues of the world cannot stand humor. In the insane world we live in right now, we need political cartoons more than ever. And we need humor. Thank you.

「自由な世界には風刺が必要(A free world needs satire)」の和訳

私は過去20年間、国際舞台で政治漫画家として活動してきました。この20年でたくさんのことが起こりました。例えば、3人の異なるカトリック教皇を見ましたし、サン・ピエトロ広場での教皇選出という特別な瞬間も目撃しました――あの白い煙と公式発表の場面です。

アメリカの大統領も4人見てきました。もちろんオバマもいました。ヨーロッパ人は彼をとても好みました。彼は多国間主義者で、外交を重視し、イランとも友好関係を築こうとしていました。そして、ドナルド・トランプがアメリカ合衆国大統領になった日、現実が風刺画を模倣する瞬間が訪れました。

皆さんご存知のように、人々は私たちにこう言います。「トランプのような人がいるから漫画家にとっては簡単だろう?」いや、違います。自分自身が風刺画のような人物を風刺するのは簡単ではありません。

そうです。

ポピュリストは風刺の対象として容易ではありません。なぜなら、彼らをある日風刺しようとしても、次の日にはそれを上回る行動を取るからです。例えば、トランプが当選した直後に、クリスマスイブに彼が送るツイートを想像してみました。私はこれを作成しました。そして、翌日、トランプが実際にツイートした内容はこうでした:「敵も含めて、みんなに新年おめでとう。私と戦って負けた多くの人たち、彼らはどうしていいかわからないだけだ。愛をこめて!」

同じですね!

これは強い男たちの時代です。すぐにドナルド・トランプは彼の個人的な英雄であるウラジーミル・プーチンと会うことができました。そして、最初の会合はこんな感じでした。

私は何も発明していません。彼はその最初の会議の後、「サイバーセキュリティに関する共同タスクフォースを設立することで合意した」と言いました。本当です、覚えていますか?この20年で目撃したことは、誰が想像できたでしょう。イギリスがヨーロッパ連合からの離脱に向かって突進するのを見ました。

中東では、アラブの春の民主的奇跡を一時信じました。独裁者が倒れるのを見ましたし、他の独裁者が権力を握り続けるのも見ました。そして、北朝鮮の永遠の金王朝。彼らはまるでカートゥーンネットワークから出てきたようです。幸運にも私はそのうちの二人を描くことができました。父親の金正日が数年前に亡くなった時は非常に危険な時期でした。

そして、息子の金正恩はその王座にふさわしい後継者であることを証明しました。彼は今、アメリカ大統領と友達です。彼らは頻繁に会い、お互いに友達のように話しています。

自己愛者たちに支配される世界に生きていることに驚くべきでしょうか?もし彼らが私たち自身の反映だとしたら?つまり、私たちを見てください。

そう、私たちはスマートフォンが大好きです。自撮りが大好きです。自分自身が大好きです。そして、Facebookのおかげで世界中にたくさんの友達がいます。マーク・ザッカーバーグは私たちの友達です。

彼とシリコンバレーの仲間たちは私たちの時代の王であり皇帝です。皇帝が裸であることを示す、それが風刺の役割です。権力に真実を語ること。それが常に政治漫画の歴史的な役割でした。

1830年代、革命後のフランスでは、ルイ・フィリップ王のもとでジャーナリストや風刺画家たちは報道の自由のために激しく戦いました。彼らは投獄され、罰金を科されましたが、最終的には勝利を収めました。このドーミエによる王の風刺画は、その君主を象徴するものとなり、歴史に刻まれました。これは、風刺が専制政治に勝利した時代を象徴する永遠のシンボルとなりました。

今日、ドーミエから200年が経過した今、政治風刺画は消え去る危機に瀕しているのでしょうか?トルコの反対派新聞「ジュムフリイェット」の表紙のこの空白部分を見てください。ここにはかつてムサ・カートの風刺画が掲載されていました。2018年、ムサ・カートは3年間の懲役刑を宣告されました。その理由は?エルドアン政権下のトルコで政治風刺画を描いたからです。ベネズエラ、ロシア、シリアの風刺画家たちは国外追放を余儀なくされました。

この画像を見てください。一見、とても無邪気に見えますね?それでも、非常に挑発的です。この画像を投稿したとき、ハニ・アッバスはそれが彼の人生を変えることを知っていました。それは2012年のことで、シリア人たちは街頭に立ち始めていました。当然、この赤い小さな花はシリア革命のシンボルです。そのため、まもなく政権は彼を追い始め、彼は国を逃れる必要がありました。彼の親友で風刺画家のアクラム・ラスランはシリアから脱出することができず、拷問の末に命を落としました。

最近のアメリカ合衆国では、トップクラスの風刺画家たち、例えばニック・アンダーソンやロブ・ロジャース――これはロブの風刺画です――が、トランプに対して批判的すぎると見なされて職を失いました。同じことがカナダの風刺画家マイケル・デ・アダーにも起こりました。ねえ、心配し始めるべきかもしれませんね。

政治風刺画は民主主義とともに生まれ、自由が挑戦されるときに風刺画もまた試練を受けます。知っているでしょう、カートゥーニング・フォー・ピース財団やその他のイニシアティブを通じて、コフィー・アナンが――あまり知られていませんが――私たちの財団の名誉会長を務めていたのです。故コフィー・アナン、ノーベル平和賞受賞者は、風刺画の大いなる擁護者でした。また、アメリカ風刺漫画家協会の理事会でも、投獄されたり脅迫されたり解雇されたり追放された風刺画家のために活動してきました。しかし、描いてもいない風刺画で職を失った例は見たことがありませんでした。

それが私にも起こったのです。過去20年間、私は「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」と「ニューヨーク・タイムズ」で働いていました。そして、ある出来事が起こりました。2019年4月、ポルトガルの有名な風刺画家がリスボンの新聞「エル・エスプレッソ」に初めて掲載した風刺画が、「ニューヨーク・タイムズ」の編集者によって国際版に再掲載されました。このことが大きな問題になりました。それは反ユダヤ的だと非難され、広範な怒りを引き起こし、「タイムズ」も多くの謝罪やダメージコントロールを余儀なくされました。1か月後、私の編集者は政治風刺画を完全に終了することを告げました。あの風刺画については議論が必要でしょう。ある人々はそれが最悪の反ユダヤ宣伝を想起させると言っています。

他の人たち、特にイスラエルの中には、そうではない、これは単にトランプを厳しく批判しているだけだと言う人もいます。トランプがイスラエルの首相に盲目的に従っている様子が描かれています。この風刺画に対しては個人的にいくつか問題がありますが、「ニューヨーク・タイムズ」ではその議論は行われませんでした。攻撃を受けた彼らは、最も簡単な道を選びました。つまり、将来政治風刺画で問題が起こらないようにするために、風刺画自体をやめてしまおうというのです。これは新しいことです。我々は予防的自己検閲を発明したのでしょうか?

これは風刺画以上の問題だと思います。これは意見とジャーナリズムに関わることです。最終的には民主主義に関わることです。今、私たちは道徳的な群衆がソーシャルメディア上で嵐のように集まる世界に生きています。最も怒りに満ちた声が議論を定義し、その怒りの群衆がそれに続きます。これらのソーシャルメディアの群衆は、時には利害関係者によって煽られ、ニュースルームに圧倒的な打撃を与えます。それにより、出版者や編集者は対策に追われることになります。これでは意味のある議論の余地がありません。ツイッターは怒りの場であり、議論の場ではありません。そして、誰かがこの騒々しい時代の我々の人間の状態をうまく表現しました。誰でしょう?シェイクスピアです。400年前に。これは私に強く訴えかけます。シェイクスピアは今でも非常に関連性がありますよね?でも、世界は少し変わりました。

それは本当です。

ソーシャルメディアは風刺画にとって祝福でもあり呪いでもあります。これは画像の時代ですから、風刺画は共有され、バイラルになりますが、それが同時に主要な標的にもなります。しばしば、風刺画の背後にある真の標的は、それを掲載したメディアです。伝統的なメディアとソーシャルメディアの関係は面白いものです。一方では、情報の収集、確認、キュレーションという時間のかかるプロセスがあります。他方では、噂、意見、感情のオープンビュッフェがあり、アルゴリズムによって増幅されます。

質の高い新聞でさえ、自社のウェブサイトでソーシャルネットワークのコードを模倣しています。最も読まれた、最も共有された10の記事を強調しています。彼らは最も重要な10の記事を前面に押し出すべきです。

メディアはソーシャルメディアに怯えてはならず、編集者は怒りの群衆を恐れるのをやめるべきです。

私たちはタバコのパッケージに警告をつけるようなことはしないでしょう?

おいおい、風刺画は挑発するためにあるのです。意見と同じように。しかし、何よりもまず、風刺画は考えさせるためにあります。傷ついたと感じる?ただ流しましょう。気に入らない?他の方向を見てください。表現の自由は対話やお互いの意見を聞くことと矛盾しません。しかし、それは不寛容とは相容れません。

政治的正しさの名の下に自分自身を検閲者にしてはいけません。
私たちは立ち上がり、押し返さなければならないのです。
もしそうしなければ、明日には風刺や政治漫画が一切できない
殺菌された世界で目を覚ますことになるでしょう。
政治的圧力と政治的正しさが交わるとき、
言論の自由は死んでしまいます。

2015年1月のことを覚えていますか?
パリの「シャルリー・エブド」のジャーナリストと漫画家が
虐殺されたとき、
私たちは検閲の最も極端な形を目の当たりにしました。
それは殺人です。

そのときの感情を覚えていますか。あの風刺雑誌についてどう思っていたとしても、あの特定の漫画についてどう感じていたとしても、私たちは何か根本的なものが危機に瀕していると感じました。自由な社会の市民、実際にはどんな社会の市民でも、ユーモアは呼吸する空気と同じくらい必要だということです。これが、過激派、独裁者、専制政治家、そして正直なところ、世界中のすべてのイデオローグがユーモアを我慢できない理由です。今、私たちが生きているこの狂気の世界では、政治漫画がこれまで以上に必要です。そして、ユーモアも必要です。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました