未来の技術が引き起こす恐怖と希望の物語

テクノロジー

Technology should work for us, but what happens when it doesn’t? Comedian Chuck Nice explores the unintended consequences of technological advancement and human interaction — with hilarious results.

テクノロジーは私たちに役立つはずですが、うまくいかない場合はどうなるのでしょうか?

コメディアンのチャック・ナイスは、テクノロジーの進歩と人間の相互作用がもたらす予期せぬ結果を探求し、笑える結果をもたらします。

タイトル
A funny look at the unintended consequences of technology
テクノロジーの意図せぬ結果を面白い視点で見る
スピーカー チャック・ナイス
アップロード 2018/02/28

「テクノロジーの意図せぬ結果を面白い視点で見る(A funny look at the unintended consequences of technology)」の文字起こし

Future tech always comes with two things: promise and unintended consequences. And it’s those consequences that I want to explore. And before we get to how future tech may affect us, I’d like to spend a little time exploring the unintended consequences of some of our recent tech, namely, social media.

Social media, a few short years ago, was the tech of future you. Now it just is you. Social media was supposed to bring us together in ways we could never imagine. And the predictors were correct. These three girls are talking to one another without the awkward discomfort of eye contact. I call that advancement. We were supposed to be caught up in a communication tsunami, the likes of which the world has never seen. And that did happen. And so did this.

(Sings) One of these things is not like the other. (Speaks) Now, look at this picture. If you picked the guy with the book, you’re wrong — or, as a certain president would say, “Wrong!” Clearly, three of these guys are reading, and one guy, on the end, is listening to music and playing “Candy Crush.” So are we more connected, or are we just more connected to our devices?

Social media was supposed to place us in a veritable town square, where we could engage one another with challenging ideas and debates. And instead what we got were trolls. This is an actual tweet that I received. “Chuck, no one wants to hear your stupid, ill-informed political views! I hope you get leprosy and die. Love, Dad” Now, the great thing about that tweet if you look at it, just like most trolls, it’s not that bad, because he wished “leporsy” on me instead of “leprosy,” and “leporsy” is not dangerous at all.

Along with trolls, we got a brand new way of torturing teenagers — cyberbullying. A concept that my 75-year-old mother just can’t seem to wrap her head around. “So, uh, did they hit him?” “No, Mom, they didn’t hit him.” “Did they take his money?” “No, Mom, they didn’t take his money.” “Did they put his face in the toilet?” “No, Mom, they didn’t –” “Well, what did they do?” “They attacked him on the internet.” “Attacked him on the internet?” “Well, why don’t you just turn off the internet?” “Your whole generation is a bunch of wussies.” She’s got a point. She’s got a point.

And I don’t even want to talk about what social media has done to dating. I was on Grindr until I found out it wasn’t a sandwich app.

And I can’t even tell you about Tinder, except for the fact that if you think there is a limit to the amount of anonymous sex we can have on this planet, you are sadly mistaken.

So where do we go from here? Well, let’s just jump right in and play the hits. Driverless cars. Something that has already been around for many years, just without the assistance of computers.

Because for years, we have been driving while texting, putting on makeup, shaving, reading — actually reading — that would be me.

The other thing is that since driverless cars will be shared, most people won’t own cars, and that means the DMV will go away. The DMV — I know what you’re saying right now. “There’s no way this guy is going to stand up here and make a case for the DMV.” Well, I don’t know about you, but I do not want to live in a world where harsh fluorescent lights, endless lines, terrible forms to fill out and disaffected, soulless bureaucrats remind me that I am pretty damn lucky not to work here.

That is the real service they provide. The DMV: come for the registration renewal, stay for the satisfaction of knowing you made some pretty good life choices.

Nobody will own their car in the future, and that means teenagers will not have a place to make out. So you know what that means. That means they will order driverless cars to do just that. I do not want to step into a vehicle and ask the question: “Why does this car smell like awkwardness, failure and shame?” If I want to ask that question, I’ll walk into my own bedroom.

So what else do we have to look forward to? That’s right, artificial intelligence. Artificial intelligence, yes. You know, there was a time when artificial intelligence was a joke. I mean, literally a quip that you would hear at a cocktail party when somebody would bring it up in conversation: “Artificial intelligence. The only real artificial intelligence is our American Congress. Ha, ha, ha, ha, ha.” Well, it’s not funny anymore.

Stephen Hawking, Elon Musk and Bill Gates have all gone on record expressing grave reservations about artificial intelligence. That’s like Jesus, Moses and Muhammad coming together and saying, “Guy, guys — here’s something we can all believe in.” You might want to go with that, is all I’m saying. We are actually teaching machines how to think, how to understand our behavior, how to defend themselves and even practice deception. What could possibly go wrong?

The one thing that’s for sure: the creation always despises its creator. OK? The Titans rose up against the gods; Lucifer against Jehovah. And anybody who has a teenager has heard these words: “I hate you and you’re ruining my life! I hate you!” Now just imagine that sentiment with a machine that can outthink you and is heavily armed. The result? Absolutely.

What we need to do before we perfect artificial intelligence is perfect artificial emotions. That way, we can teach the robots or machines how to love us unconditionally, so that when they figure out that the only real problem on this planet is us, instead of destroying us — which, by the way, is totally logical — they will find us adorable — like baby poop. “Oh my god, I just love the way you just destroyed the planet. I can’t stay mad at you, you’re so cute! You’re so cute!”

Can’t talk about this without talking about robotics. OK? Remember when you thought robotics were cool? I remember when I thought robotics were cool, until I figured out that they were going to take everybody’s place, from the delivery guy down to the heart surgeon. The one thing, though, that is very disappointing about robotics is the holy grail of robotics, and it hasn’t even happened. I’m talking about the robot girlfriend, the dream of one lonely geek in a windowless basement who vowed one day: “I am going to marry my creation.” And there actually is a movement underway to stop this from happening, for fear of exploitation. And I, for one, am against that movement. I believe we should have robot girlfriends. I just believe that they should come with a feminist protocol and artificial intelligence, so she can take one look at that guy and go, “I am too good for you. I’m leaving.”

And finally, I have to talk about bioengineering, an area of science that promises to end disease before it even begins, to help us live longer, fuller, healthier lives. And when you couple that with implantable hardware, you are looking at the next incarnation of human evolution. And all of that sounds great, until you figure out where it’s really going. One place: designer babies, where, no matter where you are on the globe or what your ethnicity, babies will end up looking like that. That boy is surprised because he just found out both his parents are black. Can you imagine him at a cocktail party in 20 years? “Yeah, both my parents are black. I mean, it’s a little awkward at times, but you should see my credit rating. Impressive, very impressive.”

Now, all of this seems scary, and everybody in this room knows that it isn’t. Technology isn’t scary. Never has been and it never will be. What’s scary is us and what we will do with technology. Will we allow it to expose our humanity, showing our true selves and reinforcing the fact that we are indeed our brother’s keeper? Or will we allow it to reveal our deepest, darkest demons? The true question is not whether or not technology is scary. The true question is: How human are you? Thank you.

「テクノロジーの意図せぬ結果を面白い視点で見る(A funny look at the unintended consequences of technology)」の和訳

未来の技術には常に2つのものが伴います。それは、約束と予期せぬ結果です。そして、私が探りたいのはその予期せぬ結果です。未来の技術が私たちにどのような影響を与えるかに入る前に、最近の技術、特にソーシャルメディアの予期せぬ結果について少し考えてみたいと思います。

ソーシャルメディアは、ほんの数年前には未来の技術として語られていましたが、今や私たちの生活そのものです。ソーシャルメディアは、私たちをこれまで想像もできなかった方法で結びつけるはずでした。そして、その予測は正しかったのです。この写真の3人の女の子は、目を合わせるという気まずい不快感なしにお互いに話しています。これは進歩と呼べるでしょう。私たちは、世界がこれまで見たことのないコミュニケーションの津波に巻き込まれるはずでした。そして、それも実現しました。しかし、こんなことも起こりました。

(歌う)「これらの中の一つは他と違う。」(話す)さて、この写真を見てください。もし本を持っている人を選んだなら、あなたは間違っています。ある大統領なら「間違っている!」と言うでしょう。明らかに、この4人のうち3人は読書をしており、1人は音楽を聴きながら「キャンディクラッシュ」をプレイしています。私たちは本当にもっと繋がっているのでしょうか、それとも単にデバイスに繋がっているだけでしょうか?

ソーシャルメディアは、私たちを実質的な町の広場に置き、挑戦的なアイデアや議論でお互いに関わり合う場を提供するはずでした。しかし、私たちが手に入れたのはトロールでした。これは実際に私が受け取ったツイートです。「チャック、お前の愚かで無知な政治的見解なんか誰も聞きたくない!ハンセン病にかかって死ね。愛してる、パパ」このツイートの素晴らしい点は、他の多くのトロールと同じように、それほど悪くないということです。なぜなら、「leprosy(ハンセン病)」ではなく「leporsy」と書かれており、「leporsy」は全く危険ではないからです。

トロールに加えて、私たちはティーンエイジャーを新しい方法で苦しめるサイバーブルーリングも手に入れました。私の75歳の母は、この概念をどうしても理解できないようです。「で、彼を殴ったの?」「いや、母さん、彼らは殴ってないよ。」「お金を取ったの?」「いや、母さん、お金も取ってないよ。」「顔をトイレに突っ込んだの?」「いや、母さん、そういうことじゃないんだ。」「じゃあ、何をしたの?」「インターネットで攻撃したんだ。」「インターネットで攻撃? それならインターネットを切ればいいじゃないの?あなたの世代は本当に腰抜けね。」彼女の言うことも一理あります。確かにそうです。

それから、ソーシャルメディアがデートに与えた影響について話したくもありません。私はグラインダーを使っていましたが、それがサンドイッチアプリではないと知るまででした。

ティンダーについては言いたくもありませんが、匿名のセックスには限界があると考えるなら、それは大きな間違いです。

さて、ここからどこに向かうのでしょうか?では、ヒット曲に飛び込んでみましょう。自動運転車です。これはすでに何年も前から存在していますが、コンピュータの助けなしに行われていたのです。

なぜなら、何年もの間、私たちは運転中にテキストメッセージを送ったり、化粧をしたり、髭を剃ったり、読書をしたりしてきたからです。実際に読書をしていたのは私です。

もう一つのポイントは、自動運転車が共有されるようになると、多くの人が車を所有しなくなるということです。これはつまり、DMV(車両管理局)がなくなるということです。DMVがなくなる?きっと今こう思っているでしょう。「この男がここに立って、DMVを擁護するわけがない。」でも、どうでしょうか?私は、厳しい蛍光灯の光、終わりのない行列、ひどい書類、そして無感動で魂のない官僚たちが私に「ここで働いていない自分はかなり幸運だ」と思い出させてくれる世界に住みたくはないのです。

それが彼らが提供する本当のサービスです。DMVは、登録更新のために来て、人生の選択が結構良かったと確認するために留まる場所です。

未来には誰も自分の車を所有しなくなります。それはつまり、ティーンエイジャーがイチャイチャする場所がなくなるということです。では、どうなるか分かりますか?彼らはイチャイチャするために自動運転車を注文するのです。私は車に乗り込んで、「なぜこの車は気まずさ、失敗、恥の臭いがするのか?」と問いかけたくはありません。その質問をしたいなら、自分の寝室に行けばいいのです。

では、他に何を楽しみにしているのでしょうか?そうです、人工知能です。人工知能、そう。かつては人工知能が笑い話でした。文字通り、カクテルパーティーで誰かが話題にした時に聞くような冗談でした。「人工知能って?本当の人工知能はアメリカの議会だけだよ。ハハハハハ。」でも、もう笑い事ではありません。

スティーブン・ホーキング、イーロン・マスク、ビル・ゲイツは皆、人工知能について重大な懸念を表明しています。それはまるで、イエス、モーセ、ムハンマドが集まって「皆さん、これは全員が信じることができるものです」と言っているようなものです。それを信じる価値がある、と言っているに等しいのです。私たちは実際に機械に考え方を教え、私たちの行動を理解させ、自分自身を守り、さらには欺くことを練習させています。何がうまくいかないかもしれませんか?

確かなことは一つだけあります:創造物は常にその創造主を軽蔑します。わかりましたか?ティターンは神々に反旗を翻しました。ルシファーはヤハウェに反旗を翻しました。そして、十代の子供を持つ親なら誰でもこれらの言葉を聞いたことがあります。「あなたが嫌いで、私の人生を台無しにしている!嫌い!」今、その感情を持つ機械を想像してください。あなたよりも優れた思考力を持ち、重火器を装備している機械と一緒に。結果は?まったくです。

完璧な人工知能を作り上げる前に、我々は人工感情を完璧にする必要があります。その方法で、ロボットや機械に私たちを無条件に愛することを教えることができます。そして、彼らがこの地球上で唯一の真の問題が私たちであることを理解したときに、私たちを破壊する代わりに – それは完全に論理的ですが – 彼らは私たちをかわいいと思うでしょう。赤ちゃんのうんちのように。「おお、私はただ地球を破壊するあなたのやり方が大好き。私はあなたを怒ることはできない、あなたはとてもかわいい!とてもかわいい!」

これについて話すことなしに、ロボティクスについて話すことはできません。わかりますか?かつてロボティクスはクールだと思ったことを覚えていますか?私もかつてロボティクスはクールだと思っていましたが、それが誰の仕事を奪い取るか、配達員から心臓外科医まで。ただ、ロボティクスについて非常に失望したことがあります。それはロボティクスの聖杯であり、まだ実現していません。私が話しているのは、ロボットの彼女、窓のない地下室の一人の孤独なギークの夢です。彼はある日誓いました。「私は私の創造物と結婚するつもりだ。」そして、これを阻止する運動が実際に進行中です。その運動は、搾取を恐れています。そして私はその運動に反対です。私はロボットの彼女を持つべきだと信じています。ただし、彼女はフェミニストプロトコルと人工知能を備えているべきです。彼女はその男を見て、「私はあなたにはふさわしくありません。私は去ります」と言えるように。

最後に、私はバイオエンジニアリングについて話さなければなりません。これは疾病を予防し、私たちがより長く、充実した、健康的な生活を送る手助けを約束する科学の分野です。そして、それを埋め込み可能なハードウェアと組み合わせると、次の進化段階の人類を見ています。それはすべて素晴らしいように聞こえますが、本当の進展がどこに向かっているかを考えると、怖くなります。一つの場所:デザイナーベビー、どこにいても、どの人種であっても、赤ちゃんはあのように見えるようになります。その少年は驚いていますが、両親が黒人であることを知ったばかりです。20年後のカクテルパーティで彼を想像できますか?「うん、両親は黒人です。少し気まずいこともありますが、私のクレジットレーティングを見たことがあるべきです。印象的です、非常に印象的です。」

これらすべてが怖いように思えますが、この部屋の誰もがそれがそうではないことを知っています。技術そのものが怖いわけではありません。決して怖くありませんし、怖いこともないでしょう。怖いのは私たち自身であり、技術をどのように利用するかです。それは私たちの人間性をさらけ出し、真の自己を示し、私たちは確かに互いの番人であることを強調するか?それとも、私たちの最も深い闇の悪魔を明らかにすることを許しますか?真の問題は、技術が怖いかどうかではありません。真の問題は:あなたはどれだけ人間的ですか?ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました