アメリカ横断!イスラム系コメディツアー『The Muslims Are Coming!』の挑戦

社会

TED Fellow Negin Farsad weaves comedy and social commentary to cleverly undercut stereotypes of her culture. In this uproarious talk/stand-up hybrid, Farsad speaks on her documentary, The Muslims Are Coming!, narrates her fight with the MTA in New York and offers a detailed breakdown of the different types of haters she’s encountered in her work. “Comedy is one of our best weapons,” she says. “We’ve tried a lot of approaches to social justice, like war and competitive ice dancing — but a lot of things are still kind of awful. I think it’s time we try and tell a really good poop joke.”

TEDフェローのネギン・ファーサドは、自分の文化のステレオタイプを巧みに風刺するためにコメディと社会的解説を織り交ぜます。

この笑いとトークのハイブリッドである爆笑のトークで、ファーサドは自身のドキュメンタリー作品である『ザ・ムスリムズ・アー・カミング!』について語り、ニューヨークのMTAとの闘いを語り、自身の仕事で出会った異なるタイプのヘイターを詳細に分析します。「コメディは私たちの最高の武器の1つです」と彼女は言います。

「戦争や競技アイスダンスなど、社会正義に向けたさまざまなアプローチを試してきましたが、多くのことはまだかなりひどい状態です。本当に良いうんちのジョークを言ってみる時が来たと思います。」

タイトル
A highly scientific taxonomy of haters
高度に科学的な嫌悪者の分類
スピーカー ネギン・ファーサド
アップロード 2016/07/06

「高度に科学的な嫌悪者の分類(A highly scientific taxonomy of haters)」の文字起こし

I’m an Iranian-American Muslim female, like all of you. And I’m also a social justice comedian, something that I insist is an actual job. To explain what that is, let me tell you how I got here. I’ve performed all over the country. And let me tell you, America is majestic, right? It’s got breathtaking nature, waffle houses and diabetes as far as the eye can see. It is really something.

Now, the American population can be broken up into three main categories: there’s mostly wonderful people, haters and Florida. Besides Florida, the most troubling category here are the Haters. They are a minority, but they overcompensate by being extra loud. They have the Napoleon complex of demographics, and yes, some of the men do wear heels. As a social justice comedian, it’s my goal to convert these haters, because they hate a lot of things, which leads to negative outcomes, like racism, violence and Ted Nugent. This is not an exhaustive list; I’m probably missing 3-7 items. But the point is, we have to reckon with the haters. But there’s variance within this group and it’s not efficient to go after all of them, right? So what I’ve done is created a highly scientific Taxonomy of Haters. I basically took all of the haters, I put them in a petri dish, like a scientist, and this is what I found.

First off, we have the trolls. These are your garden-variety digital haters. They’re the people who quit their jobs so they can post on YouTube videos all day long. There’s also the drive-by haters. Now, these people will be at a stoplight, they’ll wait for the light to turn green and when it does, they yell, “Go back to your own country!” Now back in the day, they would’ve actually gotten out of their cars and hated you to your face. But they just don’t make them like they used to — which is another sign of the decline in America.

The next category is the mission-oriented-bigot-whose-group-affiliation-gives-them-cover-for-hating hater. These guys like to hate via a seemingly nice organization, like a church or a nonprofit, and they oftentimes like to speak in an old-timey voice. But the group I’m most interested in is the swing hater. The swing hater is sister to the swing voter — they just can’t decide! They’re like ideological sluts who move from hating to not hating. And they do it because they don’t have enough information. This is the group I like to target with social justice comedy. Why comedy? Because on a scale of comedy to brochure, the average American prefers comedy, as you can see from this graph.

Comedy is very popular. And by the way, this is a mathematically accurate graph, generated from fake numbers.

Now, the question is: Why does social justice comedy work? Because, first off, it makes you laugh. And when you’re laughing, you enter into a state of openness. And in that moment of openness, a good social justice comedian can stick in a whole bunch of information, and if they’re really skilled, a rectal exam.

Here are some ground rules for social justice comedy: first off, it’s not partisan. This isn’t political comedy, this is about justice, and no one is against justice. Two, it’s inviting and warm, it makes you feel like you’re sitting inside of a burrito. Three, it’s funny but sneaky, like you could be hearing an interesting treatise on income inequality, that’s encased in a really sophisticated poop joke.

Here’s how I see social justice comedy working. A few years ago, I rounded up a bunch of Muslim-American comedians — in a non-violent way — And we went around the country to places like Alabama, Arizona, Tennessee, Georgia — places where they love the Muzzies — and we did stand-up shows. We called the tour “The Muslims Are Coming!”

We turned this into a movie, and then after the movie came out, a known hate group spent 300,000 dollars on an anti-Muslim poster campaign with the MTA — that’s the New York City subway system. Now, the posters were truly offensive, not to mentioned poorly designed — I mean, if you’re going to be bigoted, you might as well use a better font.

But we decided, why not launch our own poster campaign that says nice things about Muslims, while promoting the movie. So myself and fellow comedian Dean Obeidallah decided to launch the fighting-bigotry-with-delightful-posters campaign. We raised the money, worked with the MTA for over 5 months, got the posters approved, and two days after they were supposed to go up, the MTA decided to ban the posters, citing political content. Let’s take a look at a couple of those posters. Here’s one.
Facts about Muslims: Muslims invented the concept of a hospital. OK. Fact: Grown-up Muslims can do more push-ups than baby Muslims. Fact: Muslims invented Justin Timberlake.

Let’s take a look at another one. The ugly truth about Muslims: they have great frittata recipes. Now clearly, frittatas are considered political by the MTA. Either that, or the mere mention of Muslims in a positive light was considered political — but it isn’t. It’s about justice. So we decided to change our fighting-bigotry-with-delightful-posters campaign and turn it into the fighting-bigotry-with-a-delightful-lawsuit campaign.

So basically, what I’m saying is a couple of dirt-bag comedians took on a major New York City agency and the comedians won.

Thank you.
Victory was a very weird feeling. I was like, “Is this what blonde girls feel like all the time? ‘Cause this is amazing!”

Here’s another example. I’m asked everywhere I go: “Why don’t Muslims denounce terrorism?” We do. But OK, I’ll take the bait. So I decided to launch thedailydenouncer.com. It’s a website that denounces terrorism every day of the week, while taking the weekends off. Let’s take a look at an example. They generally appear as single-panel cartoons, “I denounce terrorism! I also denounce people who never fill the paper tray!” The point of the website is that it denounces terrorism while recognizing that it’s ridiculous that we have to constantly denounce terrorism. But if bigotry isn’t your thing, social justice comedy is useful for all sorts of issues. For example, myself and fellow comedian Lee Camp went to the Cayman Islands to investigate offshore banking. Now, the United States loses something like 300 billion dollars a year in these offshore tax havens. Not to brag, but at the end of every month, I have something like 5-15 dollars in disposable income. So we walked into these banks in the Cayman Islands and asked if we could open up a bank account with eight dollars and 27 cents.

The bank managers would indulge us for 30-45 seconds before calling security. Security would come out, brandish their weapons, and then we would squeal with fear and run away, because — and this is the last rule of social justice comedy — sometimes it makes you want to take a dump in your pants. Most of my work is meant to be fun. It’s meant to generate a connection and laughter. But yes, sometimes I get run off the grounds by security. Sometimes I get mean tweets and hate mail. Sometimes I get voice mails saying that if I continue telling my jokes, they’ll kill me and they’ll kill my family. And those death threats are definitely not funny. But despite the occasional danger, I still think that social justice comedy is one of our best weapons. I mean, we’ve tried a lot of approaches to social justice, like war and competitive ice dancing. But still, a lot of things are still kind of awful. So I think it’s time we try and tell a really good poop joke. Thank you.

「高度に科学的な嫌悪者の分類(A highly scientific taxonomy of haters)」の和訳

私はイラン系アメリカ人のムスリム女性です、みなさんと同じです。そして、社会正義のコメディアンでもあります。これは私が本当の仕事だと主張しています。それが何かを説明するために、私がここに来るまでの経緯を話します。私は全米各地で公演してきました。そして、アメリカは壮大ですよね。息をのむような自然、ワッフルハウス、そして糖尿病が目に及ぶ限り広がっています。本当に何かがあります。

さて、アメリカの人口は主に3つの大きなカテゴリーに分けられます。ほとんど素晴らしい人々、ヘイター、そしてフロリダがあります。フロリダを除いて、ここの最も問題なのはヘイターです。彼らは少数派ですが、追いつめられたように大声で反対意見を述べます。人口統計のナポレオンコンプレックスを持っており、はい、一部の男性はヒールを履いています。社会正義のコメディアンとして、私の目標はこれらのヘイターを改心させることです。彼らは多くのことを憎んでおり、それが人種差別や暴力、テッド・ニュージェントのような否定的な結果につながっています。これは完全なリストではありませんが、3から7の項目が抜けているかもしれません。しかし、ポイントは、私たちはヘイターと向き合わなければならないということです。しかし、このグループ内にはばらつきがあり、すべてにアプローチするのは効率的ではありませんよね?ですから、私はヘイターの高度に科学的な分類法を作成しました。基本的には、すべてのヘイターを取り、科学者のようにペトリ皿に入れ、これが私が見つけたものです。

まず第一に、トロールがいます。これらはあなたの一般的なデジタルヘイターです。彼らは仕事を辞めてYouTubeの動画に一日中投稿する人々です。そして、ドライブバイヘイターもいます。これらの人々は信号待ちで、信号が青に変わるのを待ち、変わったら「自国に帰れ!」と叫びます。昔は、彼らは実際に車から降りて、あなたの顔を憎んでいました。しかし、彼らは昔のようには作られていません?これもアメリカの衰退の兆候です。

次のカテゴリーは、ミッション志向の偏見を持つグループの所属が彼らに憎しみの隠れ蓑を与えるヘイターです。これらの人々は、教会や非営利団体のように見える素敵な組織を通じて憎むのが好きで、しばしば古風な声で話すことが好きです。しかし、私が最も興味を持っているグループはスイングヘイターです。スイングヘイターは、スイング有権者の姉妹であり、決められない人々です!彼らはイデオロギーの浮気者であり、憎むことから憎まないことに移ります。そして、情報が不足しているためにそうします。このグループを私は社会正義コメディでターゲットにしています。なぜコメディなのか?なぜなら、コメディからパンフレットまでのスケールで、平均的なアメリカ人はコメディを好むからです。このグラフからわかるように、コメディは非常に人気があります。そして、ところで、これは数学的に正確なグラフで、フェイクの数字から生成されています。

さて、疑問は、なぜ社会正義コメディが機能するのか?まず第一に、笑わせます。そして、笑っていると、あなたは開放的な状態に入ります。そして、その開放的な瞬間に、優れた社会正義のコメディアンは、たくさんの情報を詰め込むことができます。そして、もしそれらが本当に熟練していれば、肛門検査さえできます。

社会正義コメディのためのいくつかの基本ルールがあります。まず第一に、これは党派的ではありません。これは政治的なコメディではなく、これは正義についてであり、誰もが正義に反対するわけではありません。第二に、それは招待的で暖かく、あなたがブリートの中に座っているような気分にさせます。第三に、それは面白いですが、こっそりとしています。まるで収入の不平等についての興味深い論文を、非常に洗練されたウンチのジョークに包んだかのようです。

社会正義コメディがどのように機能するかを説明します。数年前、私は一堂に会した一団のムスリム系アメリカ人のコメディアンたちを、非暴力的な方法で、アラバマ、アリゾナ、テネシー、ジョージアなど、ムスリムが大好きな場所に回り、スタンドアップショーを行いました。私たちはそのツアーを「ムスリムがやってきた!」と呼びました。

この出来事を映画化し、映画が公開された後、ある憎悪グループが30万ドルを費やして、MTA(ニューヨーク市地下鉄システム)で反ムスリムのポスターキャンペーンを行いました。ポスターは本当に攻撃的で、言及すらすれば十分なくらい設計が悪かったです。もし偏見を持つのであれば、もっと良いフォントを使っても良かったのにと思います。

しかし、なぜムスリムについて素敵なことを言いながら映画を宣伝する私たち自身のポスターキャンペーンを展開しないのか、と考えました。そこで、私と仲間のコメディアンであるディーン・オベイダラは、偏見に対抗するための愉快なポスターキャンペーンを立ち上げることにしました。私たちは資金を集め、5か月以上MTAと協力し、ポスターを承認しました。予定されていたポスターの掲示から2日後、MTAは政治的内容を理由にポスターを禁止することを決定しました。いくつかのポスターを見てみましょう。こちらが1つ目です。

ムスリムに関する事実:ムスリムは病院の概念を発明しました。ムスリムはジャスティン・ティンバーレイクを発明しました。そしてもう1つ見てみましょう。ムスリムに関する醜い真実:彼らは素晴らしいフリタータのレシピを持っています。明らかに、フリタータはMTAにとって政治的なものと見なされているようです。そうでなければ、ムスリムを肯定的な光で言及することが政治的に見なされたのかもしれません。しかし、それは違います。これは正義の問題です。だから私たちは、偏見に対抗する素敵なポスターキャンペーンを変えて、偏見に対抗する素敵な訴訟キャンペーンに変えることにしました。

つまり、何を言いたいかというと、ふたりのずる賢いコメディアンがニューヨーク市の主要機関と戦い、そして勝利を収めたということです。

感謝します。
勝利はとても奇妙な感覚でした。私は、「これがブロンドの女の子たちがいつも感じていることなのかな? だってこれはすごい!」と思いました。

もう1つの例を挙げます。私が行くどこでも質問されるのは、「なぜムスリムはテロを非難しないのですか?」ということです。私たちはします。でも、わかりました、私は釣られるでしょう。だから、私はthedailydenouncer.comを立ち上げることにしました。それは、毎週テロを非難するウェブサイトで、週末は休みます。例を見てみましょう。それらは通常、1枚のパネルの漫画として現れます。「私はテロを非難します! 紙のトレイに絶えず紙を補充しない人々も非難します!」 このウェブサイトの目的は、テロを非難しなければならないことがばかげていることを認識しながら、テロを非難することです。しかし、偏見があなたのことでない場合、社会正義コメディはあらゆる問題に役立ちます。たとえば、私と仲間のコメディアンのリー・キャンプは、オフショア銀行を調査するためにケイマン諸島に行きました。アメリカはこれらのオフショア租税回避地で年間約3000億ドルを失っています。自慢するつもりはありませんが、毎月末には5?15ドルの余裕資金があります。だから私たちはケイマン諸島の銀行に入り、8ドル27セントで口座を開設できるかどうか尋ねました。

銀行マネージャーは、警備員を呼ぶ前に30?45秒我々に耳を傾けてくれました。警備員が出てきて、武器を取り出し、私たちは恐れて叫んで逃げました。なぜなら、これが社会正義コメディの最後のルールであり、時にはパンツにうんちをする気持ちにさせることがあります。私のほとんどの仕事は楽しみのためのものです。それはつながりと笑いを生み出すことを意味します。でも、はい、時には警備員に追い払われます。時には意地悪なツイートや憎悪の手紙を受け取ります。時には、私や家族を殺すというボイスメールもあります。そして、それらの死亡脅迫は間違いなく面白くありません。しかし、たとえ時折危険があっても、私はまだ社会正義コメディが私たちの最高の武器の1つだと思います。戦争や競技アイスダンスなど、社会正義に対するさまざまなアプローチを試してきました。でも、まだまだ多くのことがひどい状態です。だからこそ、本当に良いうんちのジョークを言ってみる時が来たのではないでしょうか。ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました