女性の友情の力を語るジェーン・フォンダとリリー・トムリンの対談

人間関係

Legendary duo Jane Fonda and Lily Tomlin have been friends for decades. In a raw, tender and wide-ranging conversation hosted by Pat Mitchell, the three discuss longevity, feminism, the differences between male and female friendship, what it means to live well and women’s role in future of our planet. “I don’t even know what I would do without my women friends,” Fonda says. “I exist because I have my women friends.”

伝説的なデュオ、ジェーン・フォンダとリリー・トムリンは何十年もの間友人です。パット・ミッチェルが司会を務める生々しく、優しく、幅広いトークの中で、3人は長寿、フェミニズム、男女の友情の違い、よく生きることの意味、そして私たちの惑星の未来における女性の役割について議論します。

「女性の友人がいなかったら、私はどうすればいいのかさえわかりません」とフォンダは言います。

タイトル A hilarious celebration of lifelong female friendship
生涯にわたる女性の友情を祝う陽気な祭典
スピーカー デュオ、ジェーン・フォンダ,リリー・トムリン,パット・ミッチェル
アップロード 2016/01/20

「生涯にわたる女性の友情を祝う陽気な祭典(A hilarious celebration of lifelong female friendship)」の文字起こし

Pat Mitchell: So I was thinking about female friendship a lot, and by the way, these two women, I’m very honored to say, have been my friends for a very long time, too.

Jane Fonda: Yes we have.

PM: And one of the things that I read about female friendship is something that Cervantes said. He said, “You can tell a lot about someone,” in this case a woman, “by the company that she keeps.” So let’s start with —

JF: We’re in big trouble.

Lily Tomlin: Hand me one of those waters, I’m extremely dry.

JF: You’re taking up our time. We have a very limited —

LT: Just being with her sucks the life out of me.

JF: You ain’t seen nothing yet. Anyway — sorry.

PM: So tell me, what do you look for in a friend?

LT: I look for someone who has a sense of fun, who’s audacious, who’s forthcoming, who has politics, who has even a small scrap of passion for the planet, someone who’s decent, has a sense of justice and who thinks I’m worthwhile.

JF: You know, I was thinking this morning, I don’t even know what I would do without my women friends. I mean it’s, “I have my friends, therefore I am.”

LT:

JF: No, it’s true. I exist because I have my women friends. They — You’re one of them. I don’t know about you. But anyway —

You know, they make me stronger, they make me smarter, they make me braver. They tap me on the shoulder when I might be in need of course-correcting. And most of them are a good deal younger than me, too. You know? I mean, it’s nice —

LT: Thank you.

JF: No, I do, I include you in that, because listen, you know — it’s nice to have somebody still around to play with and learn from when you’re getting toward the end. I’m approaching — I’ll be there sooner than you.

LT: No, I’m glad to have you parallel aging alongside me.

JF: I’m showing you the way.

LT: Well, you are and you have.

PM: Well, as we grow older, and as we go through different kinds of life’s journeys, what do you do to keep your friendships vital and alive?

LT: Well you have to use a lot of —

JF: She doesn’t invite me over much, I’ll tell you that.

LT: I have to use a lot of social media — You be quiet now. And so —

LT: And I look through my emails, I look through my texts to find my friends, so I can answer them as quickly as possible, because I know they need my counsel. They need my support, because most of my friends are writers, or activists, or actors, and you’re all three … and a long string of other descriptive phrases, and I want to get to you as soon as possible, I want you to know that I’m there for you.

JF: Do you do emojis?

LT: Oh …

JF: No?

LT: That’s embarrassing.

JF: I’m really into emojis.

LT: No, I spell out my — I spell out my words of happiness and congratulations, and sadness.

JF: You spell it right out —

LT: I spell it, every letter.

JF: Such a purist. You know, as I’ve gotten older, I’ve understood more the importance of friendships, and so, I really make an effort to reach out and make play dates — not let too much time go by. I read a lot so, as Lily knows all too well, my books that I like, I send to my friends.

LT: When we knew we would be here today you sent me a lot of books about women, female friendships, and I was so surprised to see how many books, how much research has been done recently —

JF: And were you grateful?

LT: I was grateful.

PM: And —

LT: Wait, no, it’s really important because this is another example of how women are overlooked, put aside, marginalized. There’s been very little research done on us, even though we volunteered lots of times.

JF: That’s for sure.

LT: This is really exciting, and you all will be interested in this. The Harvard Medical School study has shown that women who have close female friendships are less likely to develop impairments — physical impairments as they age, and they are likely to be seen to be living much more vital, exciting —

JF: And longer —

LT: Joyful lives.

JF: We live five years longer than men.

LT: I think I’d trade the years for joy.

LT: But the most important part is they found — the results were so exciting and so conclusive — the researchers found that not having close female friends is detrimental to your health, as much as smoking or being overweight.

JF: And there’s something else, too —

LT: I’ve said my part, so …

JF: OK, well, listen to my part, because there’s an additional thing. Because they only — for years, decades — they only researched men when they were trying to understand stress, only very recently have they researched what happens to women when we’re stressed, and it turns out that when we’re stressed — women, our bodies get flooded by oxytocin. Which is a feel-good, calming, stress-reducing hormone. Which is also increased when we’re with our women friends. And I do think that’s one reason why we live longer. And I feel so bad for men because they don’t have that. Testosterone in men diminishes the effects of oxytocin.

LT: Well, when you and I and Dolly made “9 to 5” …

JF: Oh —

LT: We laughed, we did, we laughed so much, we found we had so much in common and we’re so different. Here she is, like Hollywood royalty, I’m like a tough kid from Detroit, [Dolly’s] a Southern kid from a poor town in Tennessee, and we found we were so in sync as women, and we must have — we laughed — we must have added at least a decade onto our lifespans.

JF: I think — we sure crossed our legs a lot.

If you know what I mean.

LT: I think we all know what you mean.

PM: You’re adding decades to our lives right now. So among the books that Jane sent us both to read on female friendship was one by a woman we admire greatly, Sister Joan Chittister, who said about female friendship that women friends are not just a social act, they’re a spiritual act. Do you think of your friends as spiritual? Do they add something spiritual to your lives?

LT: Spiritual — I absolutely think that. Because — especially people you’ve known a long time, people you’ve spent time with — I can see the spiritual essence inside them, the tenderness, the vulnerability. There’s actually kind of a love, an element of love in the relationship.

PM: I just see deeply into your soul.

PM: Do you think that, Jane —

LT: But I have special powers.

JF: Well, there’s all kinds of friends. There’s business friends, and party friends, I’ve got a lot of those. But the oxytocin-producing friendships have … They feel spiritual because it’s a heart opening, right? You know, we go deep. And — I find that I shed tears a lot with my intimate friends. Not because I’m sad but because I’m so touched and inspired by them.

LT: And you know one of you is going to go soon.

PM: Well, two of us are sitting here, Lily, which one are you talking about? And I always think, when women talk about their friendships, that men always look a little mystified. What are the differences, in your opinion, between men friendships and women friendships?

JF: There’s a lot of difference, and I think we have to have a lot of empathy for men — that they don’t have what we have. Which I think may be why they die sooner. I have a lot of compassion for men, because women, no kidding, we — women’s relationships, our friendships are full disclosure, we go deep. They’re revelatory. We risk vulnerability — this is something men don’t do. I mean how many times have I asked you, “Am I doing OK?” “Did I really screw up there?”

PM: You’re doing great.

JF: But I mean, we ask questions like that of our women friends, and men don’t. You know, people describe women’s relationships as face-to-face, whereas men’s friendships are more side-by-side.

LT: I mean most of the time men don’t want to reveal their emotions, they want to bury deeper feelings. I mean, that’s the general, conventional thought. They would rather go off in their man cave and watch a game or hit golf balls, or talk about sports, or hunting, or cars or have sex. I mean, it’s just the kind of — it’s a more manly behavior.

JF: You meant —

LT: They talk about sex. I meant they might have sex if they could get somebody in their man cave to —

JF: You know something, though, that I find very interesting — and again, psychologists didn’t know this until relatively recently — is that men are born every bit as relational as women are. If you look at films of newborn baby boys and girls, you’ll see the baby boys just like the girls, gazing into their mother’s eyes, you know, needing that relational exchange of energy. When the mother looks away, they could see the dismay on the child, even the boy would cry. They need relationship. So the question is why, as they grow older, does that change? And the answer is patriarchal culture, which says to boys and young men that to be needing of relationship, to be emotional with someone is girly. That a real man doesn’t ask directions or express a need, they don’t go to doctors if they feel bad. They don’t ask for help. There’s a quote that I really like, “Men fear that becoming ‘we’ will erase his ‘I’.”
You know, his sense of self. Whereas women’s sense of self has always been kind of porous. But our “we” is our saving grace, it’s what makes us strong. It’s not that we’re better than men, we just don’t have our masculinity to prove.

LT: And, well —

JF: That’s a Gloria Steinem quote. So we can express our humanity —

LT: I know who Gloria Steinem is.

JF: I know you know who she is, but I think it’s a —

No, but it’s a great quote, I think. We’re not better than men, we just don’t have our masculinity to prove. And that’s really important.

LT: But men are so inculcated in the culture to be comfortable in the patriarchy. And we’ve got to make something different happen.

JF: Women’s friendships are like a renewable source of power.

LT: Well, that’s what’s exciting about this subject. It’s because our friendships — female friendships are just a hop to our sisterhood, and sisterhood can be a very powerful force, to give the world — to make it what it should be — the things that humans desperately need.

PM: It is why we’re talking about it, because women’s friendships are, as you said, Jane, a renewable source of power. So how do we use that power?

JF: Well, women are the fastest growing demographic in the world, especially older women. And if we harness our power, we can change the world. And guess what? We need to. And we need to do it soon. And one of the things that we need to do — and we can do it as women — for one thing, we kind of set the consumer standards. We need to consume less. We in the Western world need to consume less and when we buy things, we need to buy things that are made locally, when we buy food, we need to buy food that’s grown locally. We are the ones that need to get off the grid. We need to make ourselves independent from fossil fuels. And the fossil fuel companies — the Exxons and the Shell Oils and those bad guys — cause they are — are going to tell us that we can’t do it without going back to the Stone Age. You know, that the alternatives just aren’t quite there yet, and that’s not true. There are countries in the world right now that are living mostly on renewable energy and doing just fine. And they tell us that if we do wean ourselves from fossil fuel that we’re going to be back in the Stone Age, and in fact, if we begin to use renewable energy, and not drill in the Arctic, and not drill —

LT: Oh, boy.

JF: And not drill in the Alberta tar sands — Right. That we will be — there will be more democracy and more jobs and more well-being, and it’s women that are going to lead the way.

LT: Maybe we have the momentum to start a third-wave feminist movement with our sisterhood around the world, with women we don’t see, women we may never meet, but we join together that way, because — Aristotle said — most people — people would die without male friendships. And the operative word here was “male.” Because they thought that friendships should be between equals and women were not considered equal —

JF: They didn’t think we had souls even, the Greeks.

LT: No, exactly. That shows you just how limited Aristotle was. And wait, no, here’s the best part. It’s like, you know, men do need women now. The planet needs women. The US Constitution needs women. We are not even in the Constitution.

JF: You’re talking about the Equal Rights Amendment.

LT: Right. Justice Ginsberg said something like — every constitution that’s been written since the end of World War II included a provision that made women citizens of equal stature, but ours does not. So that would be a good place to start. Very, very mild —

JF: Right.

And gender equality, it’s like a tide, it would lift all boats, not just women.

PM: Needing new role models on how to do that. How to be friends, how to think about our power in different ways, as consumers, as citizens of the world, and this is what makes Jane and Lily a role model of how women can be friends — for a very long time, and even if they occasionally disagree. Thank you. Thank you both.

JF: Thanks.

LT: Thank you.

JF: Thank you.

「生涯にわたる女性の友情を祝う陽気な祭典(A hilarious celebration of lifelong female friendship)」の和訳

パット・ミッチェル: 女性の友情についてたくさん考えていました。それにしても、これらの2人の女性は、長い間私の友人でもあることを非常に光栄に思います。

ジェーン・フォンダ: そうね、長い間友達よ。

PM: 女性の友情について読んだことのひとつに、セルバンテスの言葉があります。彼は「人は、その人がどんな仲間と付き合っているかで多くを語る」と言いました。この場合、女性についてですね。では、始めましょうか――

JF: 私たちは大変なことになっているわね。

リリー・トムリン: その水のひとつを取って、喉がすごく渇いてるの。

JF: あなたが私たちの時間を取っているわ。限られた時間しかないのに――

LT: 彼女と一緒にいると、命が吸い取られる感じがするのよ。

JF: まだ何も見てないわよ。とにかく――ごめんなさい。

PM: では教えて、友達に求めるものは何ですか?

LT: 楽しさがあって、大胆で、率直な人、政治に関心があって、地球に対する小さな情熱でも持っている人、公正感があって、私のことを価値があると思ってくれる人を求めるわね。

JF: 今朝考えていたんだけど、女性の友達がいなかったらどうするかわからないわ。本当に、「友達がいるからこそ、私は存在する」って感じ。

リリー・トムリン:

ジェーン・フォンダ: いや、本当なのよ。私が存在するのは、女性の友人がいるから。彼女たち――あなたもその一人ね。あなたについてはどうか知らないけど。でも、まあ――

彼女たちは私を強くしてくれるし、賢くしてくれるし、勇気を与えてくれるの。進路を修正しなきゃならないときには肩を叩いて教えてくれるのよ。そして大半は私よりもずっと若いの。そうでしょ?つまり、素敵なこと――

リリー・トムリン: ありがとう。

JF: いや、本当に、あなたも含めているわ。だって、ねえ、終わりに近づいてきたときに、まだ一緒に遊んだり学んだりできる誰かがいるのは素晴らしいことよ。私はもうすぐそこに到達するわ。

LT: いや、あなたが私と一緒に年を取ってくれて嬉しいわ。

JF: 私が道を示しているのよ。

LT: そう、あなたはそうしてきたわね。

PM: さて、私たちが年を重ね、さまざまな人生の旅を続ける中で、友情を活気あるものに保つために何をしていますか?

LT: まあ、たくさんの――

JF: 彼女は私をあまり招待しないわよ、そのことは言っておくわ。

リリー・トムリン: 私はソーシャルメディアをたくさん使わなきゃならないの――黙っていて。だから――

メールやテキストメッセージを見て、友達を見つけて、できるだけ早く返信しようとするの。彼らは私の助言やサポートを必要としているからね。ほとんどの友達は作家や活動家、俳優で、あなたはそのすべてだし……さらにいろいろな表現が続くのよ。だから、できるだけ早くあなたたちに連絡して、私がそばにいることを知ってほしいの。

ジェーン・フォンダ: 絵文字は使う?

LT: ああ……

JF: 使わないの?

LT: それは恥ずかしいわ。

JF: 私は絵文字が大好きなの。

LT: いいえ、私は幸せやお祝い、悲しみの言葉を全部綴るの。

JF: 全部綴るのね――

LT: 一文字一文字綴るのよ。

JF: なんて純粋なの。年を重ねるにつれて、友情の重要性がますます分かるようになったから、本当に積極的に連絡を取って、遊びの約束をするようにしているの。時間が経ち過ぎないようにね。リリーもよく知っているけれど、私は本をたくさん読むので、気に入った本を友達に送るの。

リリー・トムリン: 今日ここに来ると分かったとき、あなたは女性や女性の友情についての本をたくさん送ってくれたのよね。そして最近、どれだけ多くの本や研究があるのかに驚いたわ――

ジェーン・フォンダ: 感謝した?

LT: 感謝したわ。

パット・ミッチェル: そして――

LT: ちょっと待って、これは本当に重要なことよ。これは、女性が見過ごされて、脇に追いやられて、疎外されているもう一つの例だから。私たちは何度もボランティアしてきたのに、私たちに関する研究は非常に少ないのよ。

JF: それは確かね。

LT: これは本当にエキサイティングなことだし、みんなも興味を持つと思うわ。ハーバード・メディカル・スクールの研究によると、親しい女性の友達がいる女性は、年を取るにつれて身体的な障害を発展させる可能性が低くなることが分かっているの。それに、もっと活気に満ちた、エキサイティングで――

JF: そして長生きする――

LT: 喜びに満ちた生活を送る可能性が高いの。

JF: 女性は男性より5年長生きするのよ。

LT: 私なら、年を取ることよりも喜びを選ぶわ。

リリー・トムリン: でも最も重要なのは、研究結果がとてもエキサイティングで決定的だったこと。研究者たちは、親しい女性の友達がいないことが、喫煙や過体重と同じくらい健康に悪影響を及ぼすと発見したのよ。

ジェーン・フォンダ: そして、もう一つ重要なことがあるの――

LT: 私の話はこれで終わりだから…

JF: そうね、でも私の話を聞いてちょうだい。もう一つ追加の情報があるの。長年、何十年も、ストレスについて研究する際には男性のみを対象にしてきたのが、最近になってやっと、女性がストレスを感じたときに何が起こるかを研究するようになったの。そしてわかったことは、私たち女性がストレスを感じると、体内にオキシトシンというホルモンが大量に分泌されるということ。これは気分を良くし、落ち着かせ、ストレスを軽減するホルモンなの。そして、私たちが女性の友達と一緒にいるときにさらに増えるのよ。これが私たちが長生きする一因だと思うの。男性はそれを持っていないからかわいそうに思うわ。男性のテストステロンはオキシトシンの効果を減少させてしまうの。

LT: そうね、あなたと私とドリーが「9時から5時まで」を作ったとき…

JF: ああ…

LT: 私たちは本当にたくさん笑ったわ。たくさん共通点があることがわかって、それでいて全く違っていたの。彼女はハリウッドのロイヤルティーのような存在だし、私はデトロイトのタフな子供、ドリーはテネシーの貧しい町の南部の子供で、でも私たちは女性として完全にシンクロしていたの。そして、私たちはたくさん笑ったわ。その笑いで寿命が少なくとも10年は延びたに違いないわ。

JF: 確かに、私たちはずいぶん足を組んで笑ったわ。

リリー・トムリン: みんなわかってると思うわ。

パット・ミッチェル: あなたたちは今、私たちの寿命を延ばしてくれてるのよ。それでね、ジェーンが私たちに読ませた女性の友情に関する本の中に、私たちが大いに敬愛しているジョーン・チッティスター修道女の本があったの。その本には「女性の友達は単なる社交行為ではなく、精神的な行為だ」と書かれていたの。あなたは自分の友達を精神的な存在だと考えていますか?彼らはあなたの生活に精神的な何かをもたらしていると思いますか?

LT: 精神的な存在って? 絶対にそう思うわ。特に長い間知っている人たち、一緒に過ごした時間のある人たちのことはね。私は彼らの中にある精神的な本質、優しさ、脆さを見ることができるの。実際、その関係には愛の要素があるのよ。

PM: あなたの魂を深く見つめてるのね。

PM: ジェーン、あなたもそう思う?

LT: でも、私は特別な力を持っているのよ。

ジェーン・フォンダ: 友達にはいろいろな種類がいるわ。ビジネスの友達やパーティーの友達、そういう友達はたくさんいるわ。でもオキシトシンを生み出す友情は…それは精神的なものに感じるわ。なぜなら、それは心を開くことだから。私たちは深く関わり合うの。そして、親しい友達と一緒にいると涙を流すことが多いわ。それは悲しいからじゃなくて、彼らに感動して触発されるからなの。

リリー・トムリン: そして、誰かが先に行ってしまうかもしれないわよね。

パット・ミッチェル: さて、二人がここに座っているけど、リリー、それってどっちのことを言ってるの? それから、女性が友達について話すとき、男性はいつも少し戸惑っているように見えるわ。あなたの意見では、男性の友情と女性の友情の違いは何ですか?

ジェーン・フォンダ: たくさんの違いがあるわ。そして、男性には私たちが持っているものがないことに共感しなければならないと思うの。それが彼らが早く亡くなる理由かもしれないわね。私は男性に対して多くの同情を感じるわ。なぜなら、女性の関係、私たちの友情は完全な開示であり、私たちは深く入り込むの。それは啓示的であり、脆弱性をリスクにするのよ。これは男性があまりしないことね。どれだけ多くの回数、私はあなたに「私はうまくやってる?」とか「本当にやらかしちゃったかな?」って聞いたことがあるかしら?

PM: あなたは素晴らしいわ。

JF: でも、そういう質問を女性の友達にするのよ。男性はそうしないの。人々は女性の関係を面と向かっていると言うけど、男性の友情はもっと並んでいる感じなのよね。

LT: 大多数の男性は感情を見せたくないし、深い感情を埋めようとするの。つまり、それが一般的な、従来の考え方よ。彼らは自分の男の隠れ家にこもって試合を観たり、ゴルフボールを打ったり、スポーツや狩り、車について話したり、セックスをしたりする方が好きなの。それが、もっと男性的な行動なのよ。

ジェーン・フォンダ: あなたが言いたいのは…

リリー・トムリン: 彼らはセックスのことを話すの。私は、もし彼らが自分の隠れ家に誰かを連れてこれたらセックスするかもしれないって言いたかったの。

JF: でもね、私がとても興味深いと思うことがあるの。これは心理学者たちも比較的最近まで知らなかったことだけど、男性も女性と同じくらい関係性を求めて生まれてくるの。新生児の男の子と女の子のフィルムを見れば、男の赤ちゃんも女の赤ちゃんと同じように、母親の目を見つめているのがわかるわ。関係性のエネルギー交換が必要なの。母親が目をそらすと、その子供の失望が見えて、男の子でも泣くのよ。彼らは関係を必要としているの。じゃあ、なぜ彼らが大きくなるとそれが変わるのかというと、それは父権的な文化のせいで、男の子や若い男性に対して、関係を求めたり、感情を表現することは女性的だと言っているからなの。真の男は道を聞いたり、助けを求めたりしない、具合が悪くても医者に行かないの。助けを求めないのよ。私が本当に好きな引用があるの、「男性は『私たち』になることが自分の『私』を消し去ることを恐れている。」

LT: それって…

JF: これはグロリア・スタイネムの引用なの。だから私たちは人間性を表現できるの。

LT: そして、それは…

リリー・トムリン: グロリア・スタイネムが誰かはわかってるわ。

ジェーン・フォンダ: あなたが彼女を知ってるのはわかってるけど、これはね —

いいえ、でもこれは素晴らしい引用だと思うの。私たちは男性より優れているわけじゃない。ただ、男性性を証明する必要がないということ。それが本当に重要なの。

LT: でも、男性は父権制の文化の中で快適に過ごすように教え込まれているわ。私たちは何か違うことを起こさないといけないのよ。

JF: 女性の友情は再生可能なエネルギー源のようなものだわ。

LT: そう、だからこのテーマが興味深いのよ。私たちの友情 — 女性の友情はシスターフッドへの一歩で、シスターフッドは世界をあるべき姿にするために — 人間が切実に必要としているものを与えるために非常に強力な力となり得るわ。

PM: だからこそ、私たちはこのことについて話しているのよ。ジェーンが言ったように、女性の友情は再生可能なエネルギー源だから。それをどうやって活用するのかしら?

JF: 女性は世界で最も急成長している人口層であり、特に高齢の女性よ。そして私たちがその力を利用すれば、世界を変えることができるわ。しかも、早急にそうする必要があるの。私たちがすべきことの一つは — それは女性としてできることだけど — 例えば、消費基準を設定すること。私たちはもっと少ない消費をしなければならないの。西洋社会では、もっと少なく消費し、購入するものは地元で作られたものを選ぶべきなの。食べ物を買うときも、地元で育てられたものを買うべきなの。私たちはグリッドから離れ、化石燃料に依存しない生活を目指すべきなの。エクソンやシェルオイルなどの化石燃料企業は、それができないと言うでしょう。石器時代に戻ると言うけど、それは真実ではないの。現在、再生可能エネルギーを主に使って生活している国もあり、問題なくやっているのよ。彼らは、化石燃料から離れたら石器時代に戻ると言うけれど、実際には再生可能エネルギーを使い始め、北極での掘削を止めれば —

LT: ああ、もう。

JF: アルバータのタールサンドでの掘削も止める — そう。そうすれば、より多くの民主主義、雇用、福祉がもたらされるでしょう。そして、その先頭に立つのは女性です。

LT: たぶん、私たちは世界中のシスターフッドと共に第三の波のフェミニスト運動を始める勢いがあるのかもしれません。私たちは会わないかもしれない、会うことがないかもしれない女性たちと一緒になって、そのように結束するのです。なぜなら — アリストテレスが言った — 多くの人々 — 男性の友情なしでは死んでしまうでしょう。そしてここでのキーワードは “男性” でした。なぜなら友情は平等な者同士の間にあるべきだと考えられ、女性は平等とは見なされていなかったから —

JF: 彼らは女性に魂すらないと思っていた、ギリシャ人。

LT: そう、まさにその通り。アリストテレスの考えがどれほど限定的だったかがわかるわね。それと、いい部分がまだ残ってるの。男性は今、女性が必要なんだ。地球が女性を必要としている。アメリカ合衆国憲法が女性を必要としている。私たちは憲法にも載っていない。

JF: 君は平等権利修正条項のことを話しているんだね。

LT: そう。ギンズバーグ判事が何か言ったわね — 第二次世界大戦後に書かれたあらゆる憲法には、女性を平等な地位の市民とする規定が含まれていますが、アメリカの憲法にはありません。だから、それが良いスタート地点になるでしょう。非常に、非常に穏やかな —

JF: そう。

そして、ジェンダー平等は潮流のようで、女性だけでなくすべての船を浮かび上がらせるでしょう。

PM: 新しい役割モデルが必要ですね。友達としてどうすればいいか、どうやって私たちの力を異なる方法で考えるか、消費者として、世界の市民として、そしてこれがジェーンとリリーがどのように女性が友達になれるかのモデルになる理由です — 長い間、時々意見が異なっても。ありがとう。ありがとうふたりとも。

JF: ありがとう。

LT: ありがとう。

JF: ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました