山育ちのアーティストが描く、人類と世界を繋ぐアートの可能性

芸術・アート

Dustin Yellin makes mesmerizing artwork that tells complex, myth-inspired stories. How did he develop his style? In this disarming talk, he shares the journey of an artist — starting from age 8 — and his idiosyncratic way of thinking and seeing. Follow the path that leads him up to his latest major work (or two).

ダスティン・イェリンは、複雑で神話にインスパイアされた物語を語る魅力的なアートワークを制作しています。

彼はどのようにして自分のスタイルを発展させたのでしょうか?この心を打つようなトークで、彼はアーティストとしての旅を共有し、8歳から始まる彼の独特の考え方や見方を紹介します。彼を彼の最新の主要な作品(または2つ)に導く経路をたどってください。

タイトル A journey through the mind of an artist
アーティストの心を巡る旅
スピーカー ダスティン・イェリン
アップロード 2015/09/16

「アーティストの心を巡る旅(A journey through the mind of an artist)」の文字起こし

I was raised by lesbians in the mountains, and I sort of came like a forest gnome to New York City a while back. Really messed with my head, but I’ll get into that later. I’ll start with when I was eight years old. I took a wood box, and I buried a dollar bill, a pen and a fork inside this box in Colorado. And I thought some strange humanoids or aliens in 500 years would find this box and learn about the way our species exchanged ideas, maybe how we ate our spaghetti. I really didn’t know. Anyway, this is kind of funny, because here I am, 30 years later, and I’m still making boxes.

Now, at some point I was in Hawaii — I like to hike and surf and do all that weird stuff, and I was making a collage for my ma. And I took a dictionary and I ripped it up, and I made it into a sort of Agnes Martin grid, and I poured resin all over it and a bee got stuck. Now, she’s afraid of bees and she’s allergic to them, so I poured more resin on the canvas, thinking I could hide it or something. Instead, the opposite happened: It sort of created a magnification, like a magnifying glass, on the dictionary text.

So what did I do? I built more boxes. This time, I started putting electronics, frogs, strange bottles I’d find in the street — anything I could find — because I was always finding things my whole life, and trying to make relationships and tell stories between these objects. So I started drawing around the objects, and I realized: Holy moly, I can draw in space! I can make free-floating lines, like the way you would draw around a dead body at a crime scene.

So I took the objects out, and I created my own taxonomy of invented specimens. First, botanical — which you can kind of get a sense of. Then I made some weird insects and creatures. It was really fun; I was just drawing on the layers of resin. And it was cool, because I was actually starting to have shows and stuff, I was making some money, I could take my girlfriend for dinner, and like, go to Sizzler. It was some good shit, man.

At some point, I got up to the human form, life-size resin sculptures with drawings of humans inside the layers. This was great, except for one thing: I was going to die. I didn’t know what to do, because the resin was going to kill me. And I went to bed every night thinking about it. So I tried using glass. I started drawing on the layers of glass, almost like if you drew on a window, then you put another window, and another window, and you had all these windows together that made a three-dimensional composition. And this really worked, because I could stop using the resin.

So I did this for years, which culminated in a very large work, which I call “The Triptych.” “The Triptych” was largely inspired by Hieronymus Bosch’s “[The] Garden of Earthly Delights,” which is a painting in the [Museo del] Prado in Spain. Do you guys know this painting? Good, it’s a cool painting. It’s kind of ahead of its time, they say.

So, “The Triptych.” I’ll walk you through this piece. It weighs 24,000 pounds. It’s 18 feet long. It’s double-sided, so it’s 36 feet of composition. It’s kind of weird. Well, that’s the blood fountain. To the left, you have Jesus and the locusts. There’s a cave where all these animal-headed creatures travel between two worlds. They go from the representational world, to this analog-mesh underworld, where they’re hiding. This is where the animal-headed creatures are by the lighthouse, and they’re all about to commit mass suicide into the ocean. The ocean is made up of thousands of elements. This is a bird god tied up to a battleship.

Billy Graham is in the ocean; the Horizon from the oil spill; Waldo; Osama Bin Laden’s shelter — there’s all kinds of weird stuff that you can find if you look really hard, in the ocean. Anyway, this is a lady creature. She’s coming out of the ocean, and she’s spitting oil into one hand and she has clouds coming out of her other hand. Her hands are like scales, and she has the mythological reference of the Earth and cosmos in balance. So that’s one side of “The Triptych.” It’s a little narrative thing. That’s her hand that she’s spitting into. And then, when you go to the other side, she has like a trunk, like a bird’s beak, and she’s spitting clouds out of her trunk. Then she has an 18-foot-long serpent’s tail that connects “The Triptych.” Anyway, her tail catches on fire from the back of the volcano. I don’t know why that happened. That happens, you know. Her tail terminates in a cycloptic eyeball, made out of 1986 terrorist cards. Have you guys seen those? They were made in the 1980’s, they’re like baseball cards of terrorists. Way ahead of their time.

That will bring you to my latest project. I’m in the middle of two projects: One’s called “Psychogeographies.” It’s about a six-year project to make 100 of these humans. Each one is an archive of our culture, through our ripped-up media and matter, whether it’s encyclopedias or dictionaries or magazines. But each one acts as a sort of an archive in the shape of a human, and they travel in groups of 20, 4, or 12 at a time. They’re like cells — they come together, they divide. And you kind of walk through them. It’s taking me years. Each one is basically a 3,000-pound microscope slide with a human stuck inside. This one has a little cave in his chest. That’s his head; there’s the chest, you can kind of see the beginning. I’m going to go down the body for you: There’s a waterfall coming out of his chest, covering his penis — or not-penis, or whatever it is, a kind of androgynous thing. I’ll take you quickly through these works, because I can’t explain them for too long. There are the layers, you can kind of see it. That’s a body getting split in half. This one has two heads, and it’s communicating between the two heads. You can see the pills coming out, going into one head from this weird statue. There’s a little forest scene inside the chest cavity. Can you see that? Anyway, this talk’s all about these boxes, like the boxes we’re in. This box we’re in, the solar system is a box. This brings you to my latest box. It’s a brick box. It’s called Pioneer Works.

Inside of this box is a physicist, a neuroscientist, a painter, a musician, a writer, a radio station, a museum, a school, a publishing arm to disseminate all the content we make there into the world; a garden. We shake this box up, and all these people kind of start hitting each other like particles. And I think that’s the way you change the world. You redefine your insides and the box that you’re living in. And you come together to realize that we’re all in this together, that this delusion of difference — this idea of countries, of borders, of religion — doesn’t work. We’re all really made up of the same stuff, in the same box. And if we don’t start exchanging that stuff sweetly and nicely, we’re all going to die real soon. Thank you very much.

「アーティストの心を巡る旅(A journey through the mind of an artist)」の和訳

私は山奥でレズビアンの親に育てられ、しばらく前にまるで森の妖精のようにニューヨークにやってきました。それは本当に私の頭を混乱させましたが、その話は後でします。まずは私が8歳の時の話から始めます。私は木の箱を手に入れて、その中に1ドル札、ペン、フォークを入れてコロラドに埋めました。そして、500年後に奇妙な人型生物や宇宙人がその箱を見つけて、私たちの種がどのようにしてアイデアを交換したか、もしかしたらスパゲッティをどうやって食べたかを知るだろうと思っていました。本当のところ、何が起こるかはわかりませんでした。とにかく、この話はちょっと面白いです。というのも、30年後の今でも私は箱を作り続けているからです。

ある時、私はハワイにいました。ハイキングやサーフィンなどの奇妙なことが好きで、母のためにコラージュを作っていました。辞書を取り出して、それを破ってアグネス・マーティン風のグリッドにし、樹脂を全体にかけたら蜂が引っかかってしまいました。母は蜂が怖くて、アレルギーも持っていたので、私はそれを隠そうともっと樹脂をかけました。しかし、逆にそれが拡大鏡のような効果を生み、辞書の文字が拡大されました。

それで何をしたかというと、もっと箱を作りました。今度は電子機器、カエル、道で見つけた奇妙な瓶など、見つけたものを何でも入れました。私は一生を通じて物を見つけ、それらの間に関係を作り、物語を語ろうとしていました。そして、物の周りに絵を描き始めました。すると、「なんてこった、空間に絵が描ける!」と気づきました。まるで犯罪現場で死体の周りに描くように、自由に浮かぶ線を描くことができるのです。

そこで、物を取り出し、自分で発明した標本の分類を作りました。最初は植物学的なものでしたが、その感覚がつかめました。その後、奇妙な昆虫や生物を作りました。本当に楽しかったです。樹脂の層に絵を描いていました。そして、それは素晴らしかったです。実際に展示会を開くことができ、お金も稼げ、ガールフレンドをディナーに連れて行き、シズラーに行くこともできました。素晴らしいことでした。

やがて、人間の形にまで到達しました。実物大の樹脂の彫刻で、人間の絵を層の中に描きました。これは素晴らしいことでしたが、一つだけ問題がありました。私は死にかけていました。樹脂が私を殺そうとしていたのです。毎晩そのことを考えながら寝ていました。そこでガラスを使ってみることにしました。窓に絵を描くようにガラスの層に絵を描き、さらに別の窓を重ねて、三次元の構図を作りました。これで樹脂を使うのをやめることができました。

これを何年も続け、大きな作品「三部作」を完成させました。「三部作」は、スペインのプラド美術館にあるヒエロニムス・ボスの「快楽の園」に大いにインスパイアされました。皆さん、この絵を知っていますか?良いですね、素晴らしい絵です。当時にしては進んでいると言われています。

さて、「三部作」です。この作品について説明します。重さは24,000ポンド、長さは18フィートです。両面に描かれているので、全体の構図は36フィートになります。ちょっと奇妙ですね。さて、これは血の泉です。左にはイエスとイナゴがあります。動物の頭を持つ生物たちが二つの世界を行き来する洞窟があります。彼らは具象の世界からこのアナログメッシュの地下世界に隠れています。これは動物の頭を持つ生物たちが灯台のそばにいて、全員が海に飛び込んで集団自殺をしようとしているところです。海は何千もの要素でできています。これは戦艦に縛られた鳥の神です。

ビリー・グラハムが海にいて、石油流出の地平線や、ウォルド、オサマ・ビン・ラーディンの隠れ家など、海の中をよく見れば色々な奇妙なものが見つかります。さて、これは女性の生物です。海から出てきて、片手に油を吐き、もう片方の手からは雲を出しています。彼女の手は天秤のようで、地球と宇宙の神話的なバランスを表しています。これが「三部作」の片面の物語です。彼女が吐いている手です。そして、反対側に行くと、彼女は鳥のくちばしのようなものを持っていて、そこから雲を吐いています。そして、18フィートの長い蛇の尾が「三部作」をつなげています。ちなみに、その尾は火山の背後から火がついて燃えています。なぜそうなったのかはわかりません。そういうこともありますよね。その尾はサイクロプスの目で終わっていて、それは1986年のテロリストカードで作られています。皆さん、このカードを見たことがありますか?1980年代に作られたもので、テロリストのベースボールカードのようなものです。当時としてはかなり先進的でした。

さて、これが私の最新のプロジェクトに繋がります。現在、私は2つのプロジェクトに取り組んでいます。1つは「サイコジオグラフィー」です。これは約6年かけて100体の人間を作るプロジェクトです。それぞれが、百科事典や辞書、雑誌など、私たちの文化を裂き取ったメディアや物質を通じてアーカイブしています。しかし、各作品は人間の形をしたアーカイブとして機能し、20体、4体、12体のグループで移動します。それらは細胞のようで、集まり、分裂します。そして、あなたはそれらの間を歩くことができます。これには何年もかかります。それぞれが基本的に3,000ポンドの顕微鏡スライドであり、その中に人間が閉じ込められています。これは彼の胸に小さな洞窟があります。これが頭です。胸が見えますね。これが体の部分です。胸から滝が流れ出していて、彼のペニス、あるいはペニスでない何か、両性具有的なものを覆っています。これらの作品を手短に紹介します。長く説明する時間がないので。層が見えますね。これは体が真っ二つに割れています。これは2つの頭を持ち、それらの間でコミュニケーションを取っています。薬が出ていて、変な像から一方の頭に入っていくのが見えます。胸の中には小さな森のシーンがあります。見えますか?この話はすべて箱についてです。私たちがいる箱、太陽系も箱です。これが私の最新の箱、「パイオニア・ワークス」と呼ばれるレンガの箱です。

この箱の中には、物理学者、神経科学者、画家、音楽家、作家、ラジオ局、博物館、学校、そしてそこで作ったコンテンツを世界に広めるための出版部門があります。それに庭もあります。私たちはこの箱を振り動かし、これらの人々が粒子のようにお互いにぶつかり合い始めます。そして、これが世界を変える方法だと思います。自分の内面と住んでいる箱を再定義し、一緒に集まり、この違いの幻想、国や国境、宗教という考えが機能しないことを認識します。私たちは皆、同じ箱の中で、同じ物質でできているのです。そして、もし私たちがその物質をうまく優しく交換し始めなければ、私たちはすぐに滅びてしまうでしょう。どうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました